癜風とは

癜風は春から夏にかけての暑くなる時期に多く見られ、男性が発症しやすい感染症です。原因・症状・治療方法を解説します。

癜風とは

癜風とは・・・カビの一種「癜風菌」によって引き起こされる感染症になります。
黒色癜風や白色癜風などと言われるシミが現れることが特徴です。
なぜ発症するのかは解明されていませんが、汗をかきやすい・脂っぽい体質や免疫力の低下が原因だと考えられています。
基本的な予防法はスキンケアとなり、キレイな皮膚を保つことがポイントです。
ですが発症してしまった場合は、抗真菌薬での治療が必要になります。

癜風とは、からだにシミができてしまう感染症です。
真菌(カビ)への感染によって引き起こされる皮膚真菌症の1つになります。

同じく真菌が原因で起こる水虫とは異なり、痒みなどの自覚症状が現れることはほとんどありません。
加えて症状が悪化する確率も極めて低いものの、自然治癒することは無いのでしっかりと治療に取り組むことが大切です。

ちなみに癜風を発症するはっきりとした原因は明らかにされていませんが、春から夏にかけて患者数が増加し、また症状が悪化する傾向があります。
20~40代の若年層が特にかかりやすく、男性にやや多く見られる病気です。

癜風の原因

癜風は、「癜風菌」という真菌への感染が原因となる病気です。
常在菌といって、成人の皮膚にほぼ確実に住み着いている菌の一種となります。
癜風菌の病原性はとても弱く、本来であれば人に悪さをすることはありません。

ですが、この菌が何らかの理由で繁殖をして増えすぎてしまうと、癜風を発症してしまいます。
癜風菌が繁殖を始める理由はいまだ解明されていないものの、次のような事柄が要因になり得ると考えられています。

■免疫力の低下
体調不良やストレス、糖尿病などによりからだの免疫力が落ちると、癜風菌が繁殖しやすくなります。

■汗っかき/脂っぽい体質
癜風菌は汗や脂肪により繁殖するため、体質によっては癜風が発症しやすくなります。
特に汗をかきやすくなる春から夏にかけての発症例が多いことも、これが理由だと言われています。
予防には、下着をこまめに取り替える・シャワーを浴びるなどのスキンケアが効果的です。

癜風の症状

癜風の症状は男女共通であり、からだにシミ(色素沈着)が現れます。
シミには次のように2種類のタイプがあります。

  • 黒色癜風(くろなまず) ・・・ 褐色のシミ
  • 白色癜風(しろなまず) ・・・ 白いシミ

こうした症状は汗や皮脂が出やすい、胸や背中によく見られます。
痒み・痛みはありませんが、シミの周囲に鱗屑(フケのような細かい角質)が現れることも特徴です。

癜風は重症化することはほとんどありませんが、「脂漏性皮膚炎」という病気に繋がるリスクがあるため早めに治療をするようにしましょう。

癜風の治療方法

癜風は抗真菌薬を使って治療します。
薬には様々な剤型がありますが、癜風には外用薬を使用することが一般的です。
一例として、通販でも購入可能な抗真菌薬の外用薬には次のような種類があります。

など

治療期間の目安は約2週間となりますが、治療後にシミがしばらく残ることもあります。
残ってしまったシミを取り除く方法は、今のところありません。
また癜風は再発しやすいという特性もあるので、毎日のスキンケアで予防をすることも大切です。

皮膚真菌症治療薬
取扱商品の品質は安心です
梱包方法
丁寧で中身の商品名がわからないような梱包をしています。
安心配送
ご注文から商品到着まで責任を持って取り組みます。
充実サポート
わからないことやご不安な点はメールでお問い合わせください。
配送
ページの先頭へ