花粉症とは

花粉症とは花粉が多い時期に起こる季節性のアレルギー症状です。花粉症の詳細や自宅でできる対策、また治療法など解説します。

花粉症とは

花粉症とは・・・粉を吸い込んでしまうことでくしゃみや鼻水、鼻づまり、目のかゆみといった症状が現れるアレルギー症状です。
「化粧が決まらない」「仕事でミスしてしまう」「眠れない」など1日の様々な局面に影響を与えてしまいます。
春や秋に起こる症状と考えられがちですが、花粉は1年中飛散しているため近年では「通年病」と呼ぶ動きもあります。
花粉症を乗り切るにはマスクの着用などの予防や、症状に合わせた薬の服用が有効です。

国内での花粉症の推定患者数は2008年の時点で4人に1人とされ、さらに花粉症の罹患者は年々増加していると考えられています。
花粉症は、花粉が多くなる時期に鼻症状(くしゃみ、鼻水、鼻づまりなど)や目のかゆみが現れるアレルギー症状です。
症状が辛くなると日常生活の様々なタイミングでストレスを感じたり、夜は眠れなくなってしまうことさえあります。

また、花粉症は「季節性アレルギー性鼻炎」や「季節性アレルギー性結膜炎」とも呼ばれます。
同じような症状が起こるアレルギー性鼻炎やアレルギー性結膜炎もありますが、"特定の季節に、花粉が原因で"症状が起こる場合は花粉症と分類されるのです。
そのため、正しくは花粉症もアレルギー性鼻炎やアレルギー性結膜炎の症状の1つということになります。

花粉の種類や花粉症のメカニズム、治療法などを知ってつらい時期を乗り越えましょう。

花粉症の原因

花粉症は、人のからだが持つ「免疫機能」によって起こる症状です。
人のからだに入ってきた異物は、この免疫機能によって体外に追い出されます。
からだの中に初めて花粉が入ってくると体内では免疫機能によってそれを排除すると同時に、花粉への「抗体」が作られます。

そして再び同じ花粉が侵入すると、今度は抗体が反応して体内ではアレルギー誘発物質(ヒスタミンなど)が放出されます。
このアレルギー誘発物質がからだの神経などを刺激し、涙や鼻水で花粉を洗い流そうとしたり、鼻づまりを起こして花粉を追い出そうとするのです。

また次のような場合は、花粉症を発症しやすいと言われています。

  • 親や兄弟に花粉症の方がいる場合(遺伝)
  • インスタント食品やお菓子の食べ過ぎなど食生活が乱れがちな場合
  • 不規則な生活やストレスが多い生活を送っている場合
  • 花粉の飛散量や排気ガスが多い地域に住んでいる場合

など

ただし、これらに当てはまるからといって必ずしも花粉症になるとは限りません。
それに何の前触れもなく発症する場合もあるため、「自分は大丈夫」と思わずにしっかりと予防することが大切です。

花粉の種類

花粉症といえば春、あるいは秋に症状が現れるというイメージがあります。
しかし花粉症を引き起こす花粉は夏や冬にも飛散していて、近年では花粉症を「通年病」と呼ぶこともあります。

 → スギやヒノキなど
 → イネやシラカンバなど
 → ブタクサやヨモギなど
 → スギなど

また花粉の種類によって症状の現れ方も異なります。

  • スギやヒノキ ・・・ 目のかゆみや鼻症状、皮膚のかゆみなど
  • ブタクサ ・・・ 目や鼻症状などの他、喘息の原因にも

など

住んでいる地域によって花粉の種類や飛散時期も違うため、ご自身の地域における花粉情報に注意しましょう。

花粉症の症状

花粉症の主な症状はくしゃみや鼻水、鼻づまり、目のかゆみです。
これらの症状は起床時に最もひどくなることが多く、このことを「モーニングアタック」と呼びます。

朝につらい鼻や目の症状に襲われ、それが1日の生活に響いてしまうということも少なくありません。

また花粉症の時期は鼻呼吸がしにくくなり、ぐっすりと眠れない人も増えてしまいます。
鼻がつまることで睡眠障害が現れ、寝不足によりさらに花粉症が悪化してしまう悪循環に陥ることもあります。

花粉症の時期を快適に過ごすためにも、薬などでしっかりと対処していきましょう。

花粉症の対策、治療法

花粉症の対策・治療方法には次のような方法があります。

  • 自宅でのセルフケア
  • 薬物療法
  • 病院での治療

以下では、それぞれの方法について解説します。

自宅でのセルフケア

花粉症の対策として最も簡単に始められるのが、セルフケアです。
一番の原因はやはり花粉であるため、次のような方法でからだへの花粉の侵入を減らしましょう。

  • 外出時にマスクやメガネをつける
  • 帰宅時に手洗い・うがいをし、衣服にブラシをかける
  • 地域の花粉情報をチェックし、飛散量が多い時は外出を控える

など

また食生活や生活習慣の乱れも花粉症を悪化させる要因の1つとなります。
肉類を控えめにして野菜を中心に栄養バランスの整った食生活をとる、体調管理をしっかりとするなどの心がけも症状の緩和に繋がるはずです。
その他、民間療法となりますが乳酸菌食品(ヨーグルトなど)のように腸内環境をキレイにしてくれる食品も効果があると言われています。

薬物療法

花粉症の症状がつらい時は、薬を服用することで症状を抑えることもできます。
花粉症治療薬としては、基本的に次のような「抗アレルギー薬」が用いられます。

  • くしゃみや鼻水がつらい時 ・・・ 抗ヒスタミン薬(アレグラなど)
  • 鼻づまりがつらい時 ・・・ 抗ロイコトリエン薬(シングレアなど)
  • 目の症状がつらい時 ・・・ パタノールやアレジオンなどの目薬

など

これらの中ではパタノールに「IF2点眼液」、アレジオンに「リレスタット点眼液」などのジェネリック医薬品も登場しています。
個人輸入代行サイトを利用すれば通販での購入も可能です。

また症状が特に重い場合は、強い効き目を持つステロイド薬が使われることもあります。

病院での治療

花粉症の症状は、病院で治療を受けることでも抑えられます。
代表的な治療法が「レーザー治療」や「後鼻神経切断手術」などで、これらは日帰りで受けることも可能です。

またこれまでの花粉症の治療法は基本的に症状を抑えるだけの対症療法が主でしたが、最近では花粉症を完治できる「舌下免疫療法」という治療法も登場しています。
この方法は花粉のエキスを少しずつ舌の下に投与していき、からだを花粉に慣れさせることでアレルギー症状を起こらないようにします。
しかし最低でも2年以上は治療を受けなくてはならないので、どちらも一長一短です。

アレルギー治療薬
取扱商品の品質は安心です
梱包方法
丁寧で中身の商品名がわからないような梱包をしています。
安心配送
ご注文から商品到着まで責任を持って取り組みます。
充実サポート
わからないことやご不安な点はメールでお問い合わせください。
配送
ページの先頭へ