早漏(そうろう)の定義

早漏(そうろう)とは

早漏(そうろう)とは

早漏(PE)とは自分の意志とは関係なく、女性が満足する前に我慢できず射精してしまうことです。
このとき「性行為の際」であることがポイントとなります。

  • P・・・Premature(早すぎる)
  • E・・・Ejaculation(射精)

オナニーでの早漏は自分で気持ちのいいところを分かっているので、言ってしまえば当たり前の現象なのです。

日本人男性の80%が早漏であると考えられており、特に10~30代の方に見られる症状です。
しかし、若い男性ばかりではなく40代以上の方も多く悩んでいて、その場合、同時にEDを発症しているケースも少なくはありません。

早漏の定義

早漏の定義

一般的な早漏の定義は以下のようになります。

  • 挿入前や挿入後における1分以内の射精
  • 挿入後の射精をコントロールできない
  • 女性を満たすことができないから、性行為が苦痛やストレスなものになってしまう

早漏に悩む男性は多くいますが、その基準はとても曖昧なものでした。

「3分以下」と言う方もいれば「5分以下」「ピストン運動が10回以内」「射精コントロールがまったくできない」と言う方もいます。
「2分以内の射精でも女性が満足していれば早漏の治療対象とはならない」と言う専門家もいました。
逆に「30分挿入を続けられたとしても女性が満足していなければその性行為は失敗である」と言う専門家もいて、その見解はさまざまでした。

ハッキリとした定義がなかったため、2007年10月に国際性医学会議の主導により定義の検討が行われました。
その結果、2008年5月に上記の定義が発表されたのです。

~マイナスイメージとしての早漏~

いつから早漏がマイナスなイメージを持たれるようになったのかはハッキリと解明されていませんが、有力な説では明治時代からではないかと言われています。
江戸時代は精液が出なくなることが男性器の悩みでした。
明治時代の初期には西洋医学が導入され「妊娠」や「生殖器」など「性」に関するものが医学的に分析されるようになったのです。

指南書も出され、それらが比較対象となり、早漏に対してコンプレックス意識が生まれたのではないかと考えられています。
また「ペニスの文化史」では「射精の早さは社会によって価値観が違う」という記載もされていました。

早漏は男性にとっても女性にとっても深刻な性の悩みではありますが、アフリカのある民族では「早漏=最強」と言われているところもあります。
早ければ早いほど強い男ということなのでしょう。
性行為というのは本来「子孫を残すため」の行為であり、動物のように性行為中に敵襲にあわないためにも、素早く済ませるということなら納得はいきます。

早漏の治療方法

早漏の治療方法

早漏は男性にとって尽きない性の悩みのひとつです。
しかし、早漏だからといって諦める必要はありません。

以下に、早漏を克服する方法をいくつかご紹介します。

早漏治療薬による改善

早漏防止薬として代表的なのがプリリジーです。
飲み薬なので、性行為を行う前にパートナーにばれずにコッソリ服用することができます。

世界的にも信頼されており、国内でも100万人以上の方が使用しているのです。
72%という高確率で早漏対策ができるお薬です。
市販での販売は行っていないので病院で処方してもらうか、海外通販で購入するかのどちらかになります。

また、敏感すぎてすぐに射精してしまうという男性には、局所麻酔薬のキシロカインリドカイン)を使用した早漏防止法が効果的です。
更に、早漏とED治療の両方に効果のある医薬品もありますので、早漏克服と共に勃起力にも自信をつけたいという男性は、下記の商品もご検討ください。

早漏防止トレーニング

プリリジーといった早漏防止に有効なダポキセチン配合の医薬品を服用しながら、早漏防止トレーニングを行うのも、ひとつの対処法です。
トレーニングには「セマンズ法(スタートストップ法)」と「スクイーズ法(スクイーズテクニック法)」という方法があり、オナニーでも行えますし、女性と一緒に行うこともできます。

敏感すぎて早漏になってしまう方や、心の問題で早漏が起きてしまう方にはおすすめです。
また「PC筋トレーニング」といった筋肉を鍛える方法もあり、筋肉が衰えてしまって射精してしまう方には特にオススメです。

体位で防止する早漏

早漏治療薬と併せて、性行為の際の体位で予防するとより効果的だと考えられます。
「正常位」や「騎乗位」は激しく動きやすいので、早漏を招く引き金ともなります。

逆に「対面上体立位」「座位」「測位」などは激しく動きづらいですが、ゆっくりリラックスして性行為ができるので、早漏を解消できるでしょう。
この他にも男女どちらとも動きづらい体位であれば、早漏防止につながります。

食生活で早漏を治す

食生活での早漏予防は、心の問題を抱えている方にオススメです。
自律神経の乱れによって射精が引き起こされるので、食べ物や飲み物で心を落ち着かせましょう。
牛乳やチーズ・ヨーグルトといった「乳製品」「牡蠣」「バナナ」「赤身肉」「緑茶」などは早漏に効くと考えられています。

上記の対策法を一気に全部行わずとも早漏治療薬を服用しながら、できることから少しずつやってみましょう。

早漏の原因

多くの男性を悩ませている早漏ですが、引き起こされる原因はおもに3つあります。

  • からだの問題(過敏性早漏)
  • 加齢による衰えの問題(衰弱性早漏)
  • こころの問題(心因性早漏)

早漏の原因の詳細はこちら

早漏に対する女性の考え方

早漏に対する女性の考え方

早漏について女性はどのような考えを持っているのか、このことを気にしている男性は多いと思います。
一般的に早漏はマイナスに捉えられがちですが、女性全員がそのように思っているのかというと違います。

早漏遅漏に対する女性の意見をご紹介しますので、参考にしてみてください。

早漏のほうがいいという女性
  • 長い挿入時間は疲れる
  • ずっと挿入されて痛くなるよりマシ
  • 挿入時間が長いと「私ではイケないのか」と不安になる
  • 早いと「私で感じてくれたんだ」と思う
  • 前戯をしっかりしてくれれば問題はない
  • 回数をこなしてくれればOK
  • 早くイかれるのは寂しいけど、早いなりに我慢してくれたのかなと思うと可愛らしい
  • 早漏だと言うことを伝えてくれて愛情を感じさせてくれればOK

中には、こんな意見もありました。
「早漏でもいいけど挿入前の射精はさすがに寂しい」

早漏でも構わないけど前戯に時間をかけて愛情も伝えてほしい、でも挿入前の射精はいや、ということなのでしょう。
遅漏の方からすれば「女性を満足させてあげられないことには変わりはない」と思うでしょうが、これが早漏押しの女性の意見なのです。

遅漏のほうがいいという女性
  • 射精が早いとエッチした気にならない
  • 早漏は一体感を感じられない
  • 愛されているのか不安になる
  • 早漏の慰めに困る
  • いろんな体位ができる
  • 自分も気持ちよくなれる

世間の女性の意見をまとめてみたところ賛否両論はありますが、遅漏より早漏のほうが良いという意見のほうが多いようです。

早漏が絶対的に悪いことではないということは分かりました。
しかし「男性だけが満たされている」といったフラストレーションが女性を苦しめ、破局や離婚を招くというケースも少なくないようなのです。
早漏でもいいと言ってくれていたとしても、少しくらいは満足したいと思うのも女性の本音です。

女性が望む平均挿入時間

女性が望む平均挿入時間
  • 1位:5~10分
  • 2位:10~20分
  • 3位:20~30分
  • 4位:1~5分

これは、女性が望む平均挿入時間のランキングです。
大体15分ほどは挿入してもらいたいということが分かります。

一方で、日本人男性の平均挿入時間のランキングは以下のようになります。

  • 1位:7~9分
  • 2位:1~3分
  • 3位:5~7分
  • 4位:1分以下

もっとも多いのが7~9分でした。

オランダ・イギリス・スペイン・アメリカ・トルコの世界5ヶ国で、500組のカップルに協力してもらい挿入時間について調査を行ったところ、平均時間は5分ほどだということが分かりました。
一番早い方は33秒で、一番長い方は44分だそうです。

性行為は男性が一方的に満足するものではなく、女性と一緒に快感を得てこそのものです。
言い換えると、男女どちらともに気持ちよくなって成り立つのです。
少しでも挿入時間を延ばしてパートナーとより良い関係を構築するためにも、早漏改善や早漏防止は行うにこしたことはありません。

ある程度、早漏が改善できて射精をコントロールできるようになると、女性器の変化や温度・人による女性器の違いなど、些細なことも感じ取れるようになります。
女性がイッたふりをするのも、感じ取れるようになったりということもあるかもしれません。
男性としての威厳を保つことや、パートナーとの関係を気まずくさせないためにも、早めの早漏治療をオススメします。

早漏防止薬
取扱商品の品質は安心です
梱包方法
丁寧で中身の商品名がわからないような梱包をしています。
安心配送
ご注文から商品到着まで責任を持って取り組みます。
充実サポート
わからないことやご不安な点はメールでお問い合わせください。
配送
ページの先頭へ