更年期障害とは

ホットフラッシュなどの自律神経失調症が代表的な更年期障害は、閉経後の女性に多く起こります。原因や対策と併せて解説します。

更年期障害とは

更年期障害とは・・・閉経をはさんだ10年間の更年期に女性ホルモンが減少し、ホルモンバランスが乱れることで起こる身体と精神の不調のことです。
発汗、動悸、疲労感、イライラ、物忘れ、むくみ、吐き気など様々な症状があります。
ホルモンの減少はストレスや生活習慣の乱れでも起こるので、更年期障害は若い人や男性にも発症します。
生活習慣を見直すことも大切ですが、プレマリンなどのホルモン補充療法で効果的に更年期障害を改善することができます。

更年期障害とは

更年期障害を理解するにあたり、まずは更年期とはなにかを知る必要があります。
人の一生は生まれてから「小児期」「思春期」「性成熟期」「更年期」「老年期」となっていきます。
更年期とは閉経をはさんだ10年間を指します。

閉経は卵巣の機能が低下して1年以上生理が来なくなり、月経が永久に停止した状態になることです。

個人差があり、早い人だと40代前半で閉経を迎えますが、日本人女性の平均は50歳~51歳となっています。
なので、更年期は45歳~55歳とされています。

更年期に入るとホルモンバランスが乱れ、身体と精神に不調が生じる更年期症状があらわれます。
更年期症状が日常生活に支障が出るほど強い場合を「更年期障害」と呼びます。

更年期障害の治療

更年期障害の症状

更年期障害の改善には更年期障害治療薬を使うとともに、規則正しい生活にすることが大切です。
他にもエストロゲンの代わりになる大豆イソフラボンが含まれている豆乳や、納豆などを食べることも効果が期待できます。

カウンセリングや周囲の人に話を聞いてもらいストレスを和らげるなども改善の一つです。
男性は筋トレや肉を多めに食べることによって、テストステロンの分泌を増やすことができます。

他にもホルモン補充療法という、男性は男性ホルモン、女性は女性ホルモン剤を飲み薬や塗り薬、貼り薬で補充する方法があります。

更年期障害の原因

更年期障害の原因

更年期障害の原因は「エストロゲン」という女性ホルモンの減少です。
脳の視床下部から下垂体へ性腺刺激ホルモンが放出され、下垂体は卵胞刺激ホルモンという性腺刺激ホルモンを分泌します。

その指令により卵巣が反応して卵巣の中の卵胞を成長させ、エストロゲンが分泌します。

閉経が近づく更年期になると卵巣の働きが低下してしまい、脳から指令を受けてもエストロゲンを十分に分泌できなくなります。
エストロゲンが分泌されなくなると、視床下部や下垂体はエストロゲンを分泌させようとして、より多くの性腺刺激ホルモンを放出します。

それでも、卵巣は働きが低下していて指令に応えられない状態なので、視床下部は混乱してパニック状態に陥ってしまいます。
視床下部は自律神経の中枢でもあるため、パニックになることで自律神経の調整ができなくなり、心身や神経に不調が生じてしまいます。

つまり、エストロゲンの減少によりホルモンバランスが乱れ、自律神経の調整ができなくなることによって更年期障害を引き起こします。

エストロゲンとは

更年期障害とエストロゲン

女性ホルモンのエストロゲンは「卵胞ホルモン」とも呼ばれ、女性らしいからだをつくる働きがあります。

髪や肌を美しくするのはもちろん、子宮や卵巣、乳房の働きを活発にして子宮内膜を厚くさせるなど、妊娠や出産の準備をしてくれる女性には大切なホルモンです。

女性らしいからだをつくる働きの他にも骨を丈夫にしたり、自律神経のバランスを保ってくれるなどの作用もあります。
エストロゲンの分泌量は10代の思春期に増え、20代~30代の性成熟期に安定します。
そこから徐々に減少していき、閉経前後の更年期で急激に減少します。

エストロゲンが減少すると、エストロゲンの働きで保っていたものが崩れて以下のような症状が起こります。

  • 生理不順
  • 排卵障害
  • 動脈硬化
  • 骨粗しょう症
  • FAGA(女性男性型脱毛症)…頭髪が全体的に薄くなっていく薄毛、抜け毛の一つ

女性に必要なホルモンだからといって過剰に分泌されてしまうと、生理痛がひどくなったり乳がんや子宮がんなどを発症しやすくなります。
エストロゲンは増えすぎても減りすぎてもいけない、バランスが難しいホルモンでもあります。

エストロゲンが減少する原因

更年期障害とエストロゲン減少の原因

エストロゲンの減少する原因は、加齢だけではありません。

「ストレス」「過労」「生活習慣の乱れ」「運動不足」「過度なダイエット」など、ちょっとした影響によりエストロゲンの分泌が減少します。

そのため更年期障害は年齢に関係なく若い女性にも発症する可能性があり、20代や30代にも更年期症状がでる「若年性更年期障害(プレ更年期)」になることがあります。

また、更年期障害は女性特有のものと思われがちですが、男性もホルモンバランスが乱れることにより「男性更年期障害」を引き起こします。
更年期障害は「女性ホルモンの影響だから男性には無関係だ」だということはまったくありません。

男性には「テストステロン」という男性ホルモンがあります。
テストステロンは筋肉や骨、生殖器、ヒゲなど男らしさをつくる働きを持っています。
個人差はありますが20代をピークに、年齢とともにテストステロンの分泌量は減少していきます。
減少していくスピードが緩やかであれば、大きな不調は感じない程度で済むことがあります。

しかし、ストレスでテストステロンが急激に減少するとからだがついていかず、ホルモンバランスが乱れて男性更年期障害を起こしてしまいます。

更年期障害の症状

更年期障害の症状

更年期症状は症状が軽い場合や出ない人と、「更年期障害」となるほど重い症状になる人とで個人差が大きいです。

更年期障害の症状はさまざまあり、大きく「自律神経失調症状」「精神症状」「その他の症状」に分けられます。

自律神経失調症状 「発汗、ほてり、のぼせ(ホットフラッシュ)」「動悸、息切れ」「めまい」「頭痛
「冷え、寒気」「疲労感」「肩こり」「耳鳴り」「不眠

精神症状 うつ状態、不安感」「イライラ」「記憶力や意欲の低下」「涙もろくなる」

その他の症状 「腰痛、腹痛」「関節痛、筋肉痛」「むくみ」「吐き気、嘔吐」「食欲不振」「便秘、下痢」
「肌の乾燥感、湿疹、かゆみ」「頻尿、排尿障害」「性交痛」

これら複数の症状が一緒にあらわれたり、一つの症状が重くでることもあります。
更年期障害は、からだがエストロゲンの減った状態に慣れて、次第に自律神経がバランスを保てるようになることで、症状が軽減したり治まってきます。

若い人がなる若年性更年期障害の症状は、更年期障害の症状に加えて生理不順や無月経があります。
男性更年期障害では、女性と同じ症状の他に性欲減退ED(勃起不全)など性機能の低下もみられます。

更年期障害治療薬
取扱商品の品質は安心です
梱包方法
丁寧で中身の商品名がわからないような梱包をしています。
安心配送
ご注文から商品到着まで責任を持って取り組みます。
充実サポート
わからないことやご不安な点はメールでお問い合わせください。
配送
ページの先頭へ