目の病気には様々な種類があります。それぞれの種類、治療薬、予防方法などをご紹介します。

目の病気とは

目の病気とは・・・
目の病気には症状の軽いものから重いものまであり、そのまま放置したことによって失明してしまうものまであります。
現代SNSやインターネットの普及により昔に比べ目の病気になる人が増えてきました。
パソコンやスマホなど普段私たちがよく目にするLEDディスプレイにはブルーライトが多く含まれています。
ブルーライトは人の目で見れる光の中でもっとも強いエネルギーを持っており、目が疲れるだけでなく、網膜への影響、目が痛くなるなどの目の病気を起こしてしまう事もあります。

目は生き物にとって健康な生活を送る上で重要度の高いものです。目の病気を知り早めに治療を進めましょう。

目の病気の種類

一概に目の病気と言いましても、その種類はたくさんあります。先天性のものや、その他の病気が原因で発症してしまうもの、そして事故やケガ、日常生活が原因で目の病気になってしまうなどがあります。

目の病気の種類で代表的なのが、ドライアイ、白内障、緑内障、結膜炎です。どれも一度は耳にしたことがある目の病気ばかりで誰でもなる可能性がある病気です。
この4種類の詳細、治療薬、予防法などをご紹介します。

ドライアイ

ドライアイとは、その名のごとく目が乾いてしまうことによって、目を守るのに必要な涙の水分が不足したり、涙の質が悪くなったり、涙が均等に行きわたらなくなることによって起こる病気です。
ドライアイの主な症状は目が疲れやすくなる、ものがかすんで見える、目が乾く、ごろごろする、不快感を感じるなどです。
ドライアイの原因は様々ありますが、特にパソコンやスマホ、テレビやゲームの見すぎ、その他にはエアコン、コンタクトレンズの使用などがあります。
これらが原因で涙が蒸発しやすくなって乾燥し、目が傷つきやすくなるのです。

ドライアイは誰でもなりやすい目の病気で、高年齢になるにつれなりやすくなります。そして日本の人口の2割以上も患者がいると考えられています。
ドライアイが重症化すると、視力が落ちてしまったり、角膜がはがれる、目に激痛が走るなど発症してしまう事もあります。

ドライアイの詳細はこちら

ドライアイの治療薬

ドライアイの治療薬ですが、ドライアイは涙が不足してしまう事で起こりますので、涙の質やバランスを整える、あるいはその涙の代わりに目に潤いを与えたり保護する事で症状を緩和させる目薬が使われます。

ドライアイの治療薬はこちら

ドライアイの予防法

ドライアイの予防法ですが、ドライアイの原因であるものを取り除いていく必要があります。しかし、現代社会でスマホやパソコン、テレビやゲーム、そしてエアコン、コンタクトレンズなどすべてを排除することはほぼ不可能なことでしょう。
しかし、できる限り画面を見る時間を減らし目を休ませる、目の周りのマッサージ、蒸したタオルや、目の休息グッズなどを使って目を温める、瞬きを意識して増やす、加湿器などで感想を防ぐ、コンタクトレンズをつけっぱなしにしないなど簡単にできる予防法はたくさんあります。

白内障

白内障とは目のレンズの部分(水晶体)が何らかが原因で濁り、視力が低下してしまう病気の事を指します。レンズが白く濁ることで、光がまぶしく感じたり、ものが見えにくくなってしまったりなど、日常生活を送ることに支障がでてしまいます。
白内障には先天性と、後天性があり、後天性の場合、年齢や、怪我、病気、薬の副作用など原因は様々です。白内障は初期段階では気づきにくいですが、自覚症状が現れるようになったら早めに眼科を受診しましょう。

白内障の詳細はこちら

白内障の治療薬

白内障の治療薬ですが、点眼薬(目薬)と内服薬がありますが、現在ではほとんど点眼薬が使用されています。白内障の初期段階であれば、1日3~4回の点眼で進行を遅らせる事ができますが、レンズの部分の濁りを白内障の治療薬で治すことはできません。白内障を治したい場合は病院で手術などが必要です。

白内障の治療薬はこちら

白内障の予防法

白内障は高年齢になればなるほどなりやすく誰にでも起こりうる病気です。
白内障の原因のほとんどが加齢ですが、その進行は人によって異なります。遺伝も関係しますが、日常生活の習慣なども関連していると考えられています。
紫外線が白内障に関係していることが判明していますので、なるべく目を紫外線から守りUVカットのサングラスやメガネなどを着用しましょう。
その他にも生活習慣病の患者は白内障になりやすいので、糖尿病などを改善させることも白内障の予防にもつながります。

緑内障

緑内障とは眼圧の上昇により、視神経に障害が起き視力が段々低下してしまう目の病気です。
緑内障は年齢を増すことによっておこりやすくなる病気で、40歳以上であれば20人に1人は緑内障を患っています。しかもそのほとんどの方が自分が緑内障だということを自覚していません。

緑内障は国内の失明原因の中で第1位の割合を持っており、悪化すると目が見えなくなってしまう恐ろしい目の病気です。自覚症状が無い場合でも40歳を過ぎたあたりから定期的な検査をしましょう。

緑内障の詳細はこちら

緑内障の治療薬

緑内障の治療薬は眼圧を下げる作用があり、緑内障の進行を食い止める事ができます。
しかし、すでに視力が低下している場合、その低下した視力はもとにもどすことはできません。あくまでもその進行を抑えるための治療薬です。さらなる進行を抑えるためにも緑内障治療薬でしっかり治療をしていきましょう。

緑内障の治療薬はこちら

緑内障の予防法

緑内障の予防法ですが、原因が一定でない為予防が非常に難しいですが、眼圧が上がらないように血行の流れをよくすることが重要だと考えられています。
糖尿病などの生活習慣病患者は緑内障になりやすいので、生活習慣を見直し食事改善や、運動など健康的な生活を送り、紫外線から目を守る為にUVカットのメガネやサングラスで予防をしましょう。

結膜炎

結膜炎とは結膜に炎症が起きて目のかゆみや、充血、違和感などを引き起こす目の病気です。
年齢は関係なく、小さい子供から大人でも発症し、誰にでも関係してくる病気です。
結膜炎の原因は様々で、アレルギー性のものから、ウィルス性、細菌性など他人に感染する結膜炎もあります。
結膜炎を治療する場合、点眼薬(目薬)を使用しますが、その原因によって目薬を選択する必要があります。

結膜炎の詳細はこちら

結膜炎の治療薬

結膜炎の治療薬ですが、その原因によって異なります。アレルギー性の場合、抗アレルギー薬が含まれている目薬、細菌性の場合、抗生物質が含まれている目薬、ウィルス性の場合、抗生物質と、炎症を抑える目薬を使用します。結膜炎を治療する場合先に結膜炎の原因を知ることが重要です。

結膜炎の治療薬はこちら

結膜炎の予防法

結膜炎の予防法ですが、その原因を避けることが重要です。はやり目など感染力の強いものが流行っている場合は手洗いをいつも以上に行う、目をこすらないなど、そしてアレルギー性の場合ですが、特に花粉症はゴーグルやマスクを着用ししっかりと結膜炎の予防を行いましょう。

目薬
取扱商品の品質は安心です
梱包方法
丁寧で中身の商品名がわからないような梱包をしています。
安心配送
ご注文から商品到着まで責任を持って取り組みます。
充実サポート
わからないことやご不安な点はメールでお問い合わせください。
配送
ページの先頭へ