ED(勃起不全)の症状

ED(勃起不全)とは

ED(勃起不全)とは・・・ペニスの勃起力が低下し「満足な性行為が行えない状態」になる男性の性機能障害の一つです。
EDの原因は人それぞれで、器質性ED(器質性勃起不全)、心因性ED(心因性勃起不全)、薬剤性ED(薬剤性勃起不全)があります。
EDは年齢に関係なく男性なら誰でも発症する可能性があります。
改善にはED治療薬の服用が効果的です。


ED(勃起機能不全)とは EDとは、男性機能低下を意味します。

  • E・・・Erectile(勃起)
  • D・・・Dysfunction(機能不全)

直訳すれば、勃起機能不全になりますが、日本では「勃起不全」「勃起障害」「インポテンツ(インポ)」などと呼ばれています。

インポという言葉は侮蔑的(バカにしたりする)な意味が強いので、正確な表現としては勃起不全やEDと呼ばれることが多いです。

これらの言葉からEDを「まったく勃起ができない状態」とイメージしがちですが、実はそうではありません。

  • 勃起に対して時間がかかる
  • SEXの途中で萎えてしまう
  • 満足のいくSEXができない

これらの症状などもEDの疑いがあります。
EDは中高年代ばかりでなく、20~30代の若い世代にも症状を訴える人が増えてきています。
つまり、年齢に関係なくEDは発症するのです。

近年、日本をはじめとした先進国では健康寿命が長い傾向にあります。
年齢が上がってもSEXしたいという人も増えてきているので、EDへの関心が高まってきています。
そのためEDを発症した人も病院での処方や、海外医薬品のED治療薬を通販し、個人的に治療できる体制は整ってきています。

ED重症度セルフチェック(診断)

ED重症度セルフチェック 勃起がうまくいかなかったり、途中で元気がなくなってしまったら「EDかも・・・」と思ってしまうことはありますよね。

男性は、とても繊細です。
少しでも勃起がうまくいかなかったことが、思い込みによってED発症につながってしまうケースもあります。

EDかもと思ったら、まずは簡単にできるセルフチェックで診断してみてください。

(ED問診票(SHIM)診断チェック5項目25点(21点以下がEDの疑いあり)満点)

何点だったでしょうか?
もし21点以下だったのであれば、あなたはEDの疑いがあります。
あくまでもこれだけでEDであると診断することはできませんが、1つの目安として考えて下さい。

「もしかしたら・・・」と思うのであれば、治療することをオススメします。

また、古い戯れ歌(おもしろい和歌)にこんなものがあります。

「昨日はコンニャク。今日は生麩(なまふ)。たまにはチクワを食べてみたい。」

この歌は、江戸時代の女性がパートナーの股間事情を歌ったものです。
江戸時代にペニスの硬さをチェックするものは存在していませんでしたが、今では自分のペニスのグレード(硬さ)をチェックすることもできます。

こちらもEDを疑う1つの目安となるので、不安がある人はチェックしてみて下さい。

EHS(硬さセルフチェック)
グレード(硬さ)数値 症 状 フルーツ
0 勃起しない 該当なし
1 勃起するものの、硬さがない コンニャク
2 硬くはなるが、挿入には十分な硬さではない みかん
3 挿入には十分な硬さだが、完全に硬くはない グレープフルーツ
4 硬さは十分で、完全な勃起状態 リンゴ

グレードが1~2に該当する人は・・・EDの疑いがあります。
グレード3でも、SEXができないのであれば、EDの疑いがあります。

しかし、グレードが1~3に該当した場合でも、落ち込む必要はありません。
ED治療薬を使えばリンゴ(グレード4)にまで回復させられる可能性があるので、治療をはじめていきましょう。

EDの重症度

EDの重症度はSEXの成功率の目安 EDの重症度は、SEXの成功率の目安にもなるので知っておく必要があります。

  • 軽度ED・・・たまにSEXできない
  • 中等ED・・・時々、SEXできない
  • 重度ED・・・常に、SEXできない

たとえばですが・・・マスターベーションはできるけど、SEXがたまにできない。
こんな場合は、軽度のEDとなります。

重度の場合でもED治療薬は有効となっているので、中等ED以上に当てはまるのであれば治療を検討してみてください。

EDの治療・改善方法

EDを治療し、改善していくためには症状に応じて適切な方法をとる必要があります。

この項目では、ED治療薬とEDサプリメントを用いた治療・改善方法についてご紹介していきます。

ED治療薬

ED治療薬には多くの種類がありますが、代表的な薬としてバイアグラレビトラシアリスステンドラが挙げられます。

バイアグラ、レビトラ、シアリスの3種類の薬剤は国内で処方されていますが健康保険の適用外のため治療費がお高くなってしまいますが、個人輸入代行の通販サイトをご利用していただければお安くご購入していただくことが可能です。 また、ステンドラは海外医薬品のため国内処方はされていませんが、お薬110番(以下当サイト)でも取り扱っております。

これらの薬剤は異なる成分を配合していますが、基本的な作用の仕組みは同じで、血管を拡張させ、勃起を抑制する酵素であるPDE-5を阻害する作用があります。

ですが、それぞれ効果発現時間や持続性、副作用の発生頻度に差があり、様々なシュチュエーションに応じて使い分けるのがベストです。

ED治療薬の詳細はこちら

EDサプリメント

EDサプリメントとは、ED治療薬が持病などで使えない方や副作用が心配な方、お安くED治療を行いたい方におすすめなサプリメントのことです。
当サイトでも数多くのEDサプリメントを取り扱っており、精子増量効果のあるスぺマン、精力増強効果で有名なマカ、精力を増強させてくれる塗り薬であるヒムコリンなどが人気の商品になります。

EDサプリメントは男性の活力を取り戻してくれる成分をふんだんに配合している商品が多く、EDの方だけでなく、いつまでも元気でありたい中高年男性にも人気です。

EDサプリメントの詳細はこちら

EDの症状

EDの症状とは ED(勃起不全)は、次のように定義されています。

「満足に性交が行えない状態」

つまり勃起が難しいだけでなく、「中折れ」「勃起状態が続かない」などもEDの症状だと言えます。

また、この状態が3ヶ月以上継続することとされています。
ただ、「満足できない」というのが難しいところです。

たとえば・・・あなたの意思に反して、勃起までに時間がかかることや、射精前に萎えてしまうと、SEXに満足はできませんよね。

定義を言い換えれば、「意思とは裏腹に、勃起機能が追いつかないことで満足にSEXができない」となるはずです。
言い方を変えて考えれば、「EDかも・・・」と疑う人も増えるのではないでしょうか。

ED(勃起不全)であることを、恥ずかしがる必要はまったくありません。
というのも、あなたが知らないだけで、この日本にも多くのED患者さんがいると言われているのです。

  • 40代・・・4人に1人
  • 50代・・・3人に1人
  • 60代・・・2人に1人

EDが中高年の病気のイメージが強いのは、中高年代だけでもこれだけ多くの人がEDを発症しているからです。

しかし最近では、こころの問題からEDの症状を訴える若者も増加している傾向にあります。
年齢に関係なく発症し、ED人口は1200万人を超えるとも言われているので、「自分だけ・・・」と落ち込む必要はまったくありません。

誰でも治療することはでき、ED治療薬などを使えば、再び男として返り咲くことは十分に可能です。
なので、いくつになってもSEXを諦める必要はありません。

EDの原因

EDの原因とは EDは年齢があがるにつれて、発症する人は確かに増えていきます。

しかし、「年齢」だけが原因とはなりません。
EDの原因は、男性の生活の身近なところに潜んでいます。

ストレス、不規則な生活習慣、運動不足、飲酒・喫煙などなど、毎日の生活の中のパターンがEDの原因になります。

原因は3つに分けることができ、次のようになります。

  • からだ
  • こころ
  • 薬(副作用)

この3つのどれか、あるいは複数が混ざることで、性的な刺激、あるいは興奮がうまく伝わらなかったり、ペニスへの血流が不十分になってしまうことでEDの症状が現れるようになります。

原因が生活に近いところに潜んでいるだけに、生活習慣などにも注意が必要です。

EDの原因の詳細はこちら

器質性ED(器質性勃起不全)

加齢、病気、手術、事故などの影響で、からだの機能が正常に働かなくなってしまうことで起こります。
からだが原因になるのを器質性EDと呼びます。

器質性EDは、さらに細かく3つに分けることができます。

  • ①血管障害
  • ②神経障害
  • ③内分泌機能の低下

心因性ED(心因性勃起不全)

「からだには何の問題もないのに、EDに・・・」、それは精神的あるいは心理的なことが影響して起こる心因性EDの可能性があります。

こころの乱れといえば、うつ病をはじめ統合失調症などの精神疾患をイメージするかも知れませんが、日常生活のストレスや幼少期の体験なども勃起に影響することがあります。

人のこころへの感じ方は、十人十色です。
つまり心因性EDは、人の数だけ原因があると言えます。
また、心因性EDは「現実」と「過去」に分けることができます。

薬剤性ED(薬剤性勃起不全)

普段から常用している薬の副作用が影響して男性はEDを発症することがあります。
これを「薬剤性ED」と呼びます。

特に20代の若者に多く、若くして抗うつ剤や向精神薬、抗不安薬、睡眠薬などを服用していると、EDの症状を訴えるようになります。

また、降圧剤や高脂血症治療薬、糖尿病治療薬、胃潰瘍治療薬なども長期的に服用していると、薬剤性EDを引き起こす可能性があります。

この薬剤性EDで特に注意が必要なのが、「自分に起こっているEDは年齢のせい」と思い込んでしまうことです。

また、うつ病の人が「EDもこころの病気」と思い込んでしまい、さらに症状を悪化させてしまうケースも珍しくありません。

様々なEDの種類

上記でご説明したED以外にも様々な種類のEDがあります。

この項目では新婚ED、排卵日ED、妻だけED、バーチャルED、サイクリングEDといった普段聞きなじみのないEDについてご紹介していきます。

新婚ED

「新婚でラブラブな時にどうして?!」と思うかも知れませんが、ここには男性のこころの繊細さが現れています。

お見合いなどで結婚したカップルは、長く付き合って結婚したカップルに比べてSEXの経験が少ないです。

パートナーと裸の付き合いをすることに緊張してしまい、うまく勃起できなくなることがあります。
また、結婚後に付き合っていた頃のイメージと違ってしまい、現実とのギャップで勃起できなくなることがあります。

SEXはお互いにとって身近な幸せなだけに、放置するのは決して良いこととは言えません。
「性の不一致」として離婚に至る例も少なくないので、早めのED治療が望まれます。

排卵日ED

排卵日EDとは、夫婦が妊活をする際に妻からのプレッシャーや排卵日に必ず性交しなくてはならないという義務感に対して男性側がストレスを感じ、行為の際に勃たなくなってしまうことをいいます。

近年、晩婚化の影響もあり、不妊治療を行う夫婦が増えていますが、女性が子どもを望むあまり、夫婦に温度差が生まれそれが原因でEDになってしまうという男性もいます。

無理に排卵日に合わせて妊活すると心身ともにストレスがかかってしまうことも多いため、ストレスフリーな妊活を送るために週末に妊活することがベストであると近年提唱されています。

妻だけED

妻だけEDとは、妻側が夫に求めても反応がなく、セックスレスが続き、まるで妻だけEDのようになることを指す言葉です。

男性側が性欲が減退してきたり、妻を女性としてみなくなってきたり、妻側が積極的に求めすぎるあまり夫側が萎えてしまうといったことが原因で起こるEDで、以外にも悩んでいる方は多いです。

あまり身構えず、自然体で誘ってみることがセックスレスを解消する一つの手で、また日常においてもカップルだった頃のようにデートをするなどしてスキンシップを重ねることでマンネリ感もなくすことができます。

バーチャルED

バーチャルEDとはアダルトビデオやアニメなどの2次元のキャラクターでマスターベーションをしすぎることによって生身の女性で興奮できなくなったり、性交時に勃起しない、射精できないといった症状のEDです。

バーチャルなものと違い、生身の女性と性交する際には相手のことを気にかけながら行為に及ばなくてはなりません。
そうしたギャップに不安を感じ、結果萎えてしまうのです。

マスターベーションは悪いことありませんが、あまりやりすぎるとバーチャルEDになってしまう恐れがあるため、生身の女性とのコミュニケーションも大切にすることが重要であるといえます。

サイクリングED

日本はエコロジーや健康志向への変化によって、自転車などで通勤する人がいます。
俗にいう「自転車ツーキニスト」と呼ばれる人たちです。
自転車に乗れば、適度な運動にもなり血行が促進されるのでED改善にも効果的と思うかも知れません。

しかしそれが、逆に器質性EDを引き起こす原因になることがあります。
それが「サイクリングED」と呼ばれるものです。
自転車のサドルに当たる部分(股の部分)には、血管や神経など勃起に重要なものがたくさんあります。

長時間の自転車運転はそこに圧力がかかってしまい、血液の循環が悪くなります。
スポーツタイプのロードバイクやピストは、特にサドルが細いので圧力も強まります。
自転車に乗り続けた結果、器質性EDを起こすケースも珍しくはないのです。

実際に、自転車先進国であるアメリカでは、この自転車EDを発症している人は30万人にも上るというデータもあります。

日常生活で自転車に乗る分には問題ないですが、1日に2時間以上自転車に乗り続けるなら注意が必要です。

取扱商品の品質は安心です
梱包方法
丁寧で中身の商品名がわからないような梱包をしています。
安心配送
ご注文から商品到着まで責任を持って取り組みます。
充実サポート
わからないことやご不安な点はメールでお問い合わせください。
配送
ページの先頭へ