アレルギー性鼻炎とは

アレルギー性鼻炎とは鼻の症状が季節を問わず頻繁に現れるアレルギー症状です。詳しい症状や原因、治療方法など解説します。

アレルギー性鼻炎とは

アレルギー性鼻炎とは・・・くしゃみや鼻水、鼻づまりのような鼻炎症状が1年を通して現れてしまうアレルギー症状です。
ちなみに花粉が多い時期に辛くなってしまう花粉症も、アレルギー性鼻炎に含まれます。
アレルギー性鼻炎はハウスダストや花粉など、からだの中でアレルギー反応を起こすアレルゲンを吸い込んでしまうことで症状が現れます。
症状がどうしても辛い時は抗アレルギー薬を服用したり、また病院で手術を受けたりすることも効果的です。

くしゃみ、鼻水、鼻づまり…。
風邪をひいている訳でもないのに、そのような症状が1年中続く場合はアレルギー性鼻炎かもしれません。
アレルギー性鼻炎とは、鼻炎症状が頻繁に起こってしまうアレルギー症状です。

国内ではアレルギー性鼻炎の患者数は年々増えていると言われ、2016年には国民の約4割が罹患していると発表されています。
アレルギー性鼻炎は体質に関わる問題で、自然治癒することは少ないです。
また症状が重い場合は家事や仕事、睡眠にも悪影響を及ぼし生活の質(QOL)を低下させかねません。

しかしそれらの症状に対し、半分近くの患者さんは何の治療も行っていないことが現状です。
アレルギー性鼻炎は日常生活の中での心がけや薬の服用などで症状を抑えたり、また最近では症状を完治できる治療法も確立されています。

鼻炎症状に耐えきれなくなった場合は、いずれかの治療法を試してみることをオススメします。

アレルギー性鼻炎の原因

アレルギー性鼻炎の原因は、「アレルゲン」という物質です。
人のからだには、体内に異物が侵入した時にそれを外へ追い出そうとする免疫機能があります。
アレルゲンが体内に侵入した場合も同じく免疫機能が働き、さらにからだの中ではアレルゲンに対する「抗体」が作られます。
また作られた抗体は「肥満細胞」と呼ばれる細胞にくっつきます。
抗体は"センサー"のような役割があり、次にもう一度同じアレルゲンが入ってくると抗体が反応し、肥満細胞から「ヒスタミン」などのアレルギー誘発物質が放出されます。
このアレルギー誘発物質がからだの神経などを刺激し、くしゃみや鼻水でアレルゲンを洗い流し、鼻をつまらせて更なる侵入を防ごうとするのです。

こうした一連の働きを「抗原抗体反応」と呼びます。

アレルギー性鼻炎は誰もが発症する訳ではなく、遺伝や大気汚染による影響、また食生活の欧米化などが関わっていると言われます。

ちなみにアレルギー性鼻炎のアレルゲンとなる物質には、次のような種類があります。

■ハウスダスト
ダニ、動物の毛や羽など

■花粉
スギやヒノキ、ヨモギなど

■その他
カビ類、そば粉など

アレルギー性鼻炎の種類

アレルギー性鼻炎は、次のような2種類に分かれます。

  • 通年性アレルギー性鼻炎 ・・・ 症状が1年中続く
  • 季節性アレルギー性鼻炎 ・・・ 特定の季節にだけ症状が現れる

人によっては、これら2つのアレルギー性鼻炎を同時に発症することもあります。
通年性アレルギー性鼻炎は男性に多く見られ、症状が1年を通して現れることが特徴です。
特に冬の時期に症状が悪化する傾向があります。

一方で季節性アレルギー性鼻炎は女性に多く、毎年決まった季節にだけ症状が現れます。
一般的には「花粉症」と呼ばれる症状です。

花粉症の詳細はこちら

アレルギー性鼻炎の症状

アレルギー性鼻炎の代表的な症状はくしゃみ・鼻水・鼻づまりで、朝方や夜に強く現れる傾向があります。
風邪に似た症状になりますが、違いは鼻水で見分けることが可能だと言われています。

  • サラサラした透明な鼻水 → アレルギー性鼻炎
  • 粘りっ気のある黄色い鼻水 → 風邪

またアレルギー性鼻炎の症状の1つ、鼻づまりは睡眠とも大きな関わりがあります。
鼻がつまると息苦しくなるため熟睡できない、寝付けないなど睡眠への悪影響を及ぼしてしまうのです。
寝不足が続くと仕事や家事が手につかなくなったり、交通事故のリスクも高まるなどの様々な弊害も生じてしまいます。
さらに子どもの場合は脳の発達にも影響を与えてしまい、性格の変化や学業成績の低下などをもたらすことも指摘されています。

アレルギー性鼻炎にともなう睡眠障害は、個人や社会にも深刻な問題となっているのです。

アレルギー性鼻炎の改善、治療法

アレルギー性鼻炎は、次のような方法で治療することが可能です。

  • 薬物療法
  • 病院での治療
  • 自宅でのセルフケア

ここからは、それぞれの方法をご紹介します。

薬物療法

主にアレルギー性鼻炎治療薬として用いられるのが、「抗アレルギー薬」と「ステロイド薬」の2種類です。
一般的に使われることが多いのは、次のような抗アレルギー薬になります。

  • アレグラなどの抗ヒスタミン薬 ・・・ くしゃみや鼻水に高い効果
  • シングレアなどの抗ロイコトリエン薬 ・・・ 鼻づまりに高い効果

など

症状が抑えられない場合は必要に応じて複数の薬を併用したり、また効き目が強いステロイド薬の使用も選択肢となります。

しかし根本的な治療にはならず、あくまでも症状を抑えるだけの対症療法となることには注意して下さい。

病院での治療

アレルギー性鼻炎は、病院での治療を受けることもできます。
病院での治療法の一例として、次のような方法があります。

減感作療法 ・・・ アレルゲンを少しずつからだに投与していく治療法

レーザー治療 ・・・ レーザーで鼻の粘膜を焼く手術法

後鼻神経切断術 ・・・ 鼻の神経を切断する手術法

後鼻神経凍結術 ・・・ 鼻の神経を冷却する手術法

それぞれの手術法により効き目は異なりますが、どの方法も一度受けるだけで長期間症状を抑えることができます。
特に減感作療法は、現在ではアレルギー性鼻炎を完治できる唯一の治療法だと言われています。

自宅でのセルフケア

アレルギー性鼻炎は薬の服用や病院での治療だけでなく、セルフケアで予防することも重要です。

■アレルゲンを回避
アレルギー性鼻炎の症状は、ハウスダストや花粉、カビなどのアレルゲンを吸い込んでしまうことで現れます。
そのため日頃からこまめに自宅を掃除したり、室内の湿度・温度が上がりすぎないようにしてアレルゲンとの接触を避けるようにしましょう。
また花粉が多い時期はマスクをつけて外出し、帰ってきた時は衣服にブラシをかけて花粉を落とすなどの対策も有効です。

■食生活
アレルギー性鼻炎には食生活の欧米化も関わっているとされます。
そのため鼻炎症状を抑えるためには、栄養バランスのとれた食事が必要です。
肉などの動物性タンパク質の摂りすぎに注意し、また野菜を多く食べるようにすると予防につながります。
忙しくて食生活が乱れがちな場合は、サプリメントで栄養を補うようにしましょう。
また具体的にはヨーグルトやネギ、シソ、生姜などの腸内環境を整えてくれる食品もオススメです。
一方で刺激物(こしょうやトウガラシなど)の摂りすぎやお酒の飲みすぎは症状を悪化させるので注意してください。

■その他
鼻炎症状を起こす一番の原因はハウスダストなどのアレルゲンですが、生活習慣の乱れも間接的に関わっていると言われます。
睡眠をしっかりと取り、疲れやストレスを避けることでからだの抵抗力を高められるはずです。

またタバコの煙も鼻の粘膜を刺激するので、症状を悪化させる原因の1つとなります。
自分が喫煙しているかに関わらず、禁煙・分煙などを行うようにしましょう。

アレルギー治療薬
取扱商品の品質は安心です
梱包方法
丁寧で中身の商品名がわからないような梱包をしています。
安心配送
ご注文から商品到着まで責任を持って取り組みます。
充実サポート
わからないことやご不安な点はメールでお問い合わせください。
配送
ページの先頭へ