商品カテゴリー
荷物追跡

ご注文商品のお届け状況を確認することができます。お問い合わせ番号をご入力ください。

郵便局のホームページに移動します。

バイアグラ
  • お届けまで約5日~14日
  • 10,000円以上のご購入で
    送料無料
  • 郵便局留め可能
  • 荷物の追跡可能

ナイピル(ノルレボ)

  • 医薬品
  • ジェネリック
  • 内服薬

ナイピルはアフターピル(緊急避妊薬)のノルレボのジェネリック医薬品です。有効成分のレボノルゲストレルが排卵を抑えたり、排卵を遅らせることで妊娠を阻止するはたらきがあります。
  • 有効成分
    レボノルゲストレル
  • メーカー
    スマート
  • 適応症
ナイピル(ノルレボ)
内容量 販売価格 1錠単価 ポイント 購入する
4錠 4,000円
2,980円
1錠あたり
745円
89pt獲得 カートに入れる
8錠 8,000円
5,660円
1錠あたり
707円
169pt獲得 カートに入れる
12錠 12,000円
8,050円
1錠あたり
670円
241pt獲得 カートに入れる
16錠 16,000円
10,130円
1錠あたり
633円
303pt獲得 カートに入れる
20錠 20,000円
11,920円
1錠あたり
596円
357pt獲得 カートに入れる

よく一緒に購入される商品はこちら

ナイピル(ノルレボ)について詳しく見る

商品詳細

ナイピルは、アフターピル(緊急避妊薬)であるノルレボジェネリック医薬品です。
ナイピルには「レボノルゲストレル(LNG)」と呼ばれる黄体ホルモンが含まれています。

性行為後72時間以内に服用することでほぼ確実に避妊することができ、服用するのが早ければ早いほどさらに避妊成功率は上がります。
また、先発薬のノルレボは病院で処方してもらうと保険適用外のため自己負担になるので高額になりがちです。
ですがナイピルはジェネリックのため、安く購入することができるので万が一のときのために常備薬として備えておきたい方にオススメのアフターピルです。

ナイピルの特徴
  • レボノルゲストレルの効果で排卵を抑え、避妊を実現
  • ナイピルを製造しているスマート社はインド在住の日本人が商品の監修に携わっている

ナイピルに含まれるレボノルゲストレルは女性ホルモンの1種である黄体ホルモンですが、このホルモンを拡充することによって排卵を抑えることができ、避妊を実現することができます。

また、ナイピルを製造しているスマート社には日本人スタッフが携わっており、日本人の体格や体質に合った商品を展開しています。

ナイピルの錠剤はピンク色の小さい丸型が特徴的になっています。

ナイピルの効果・効能
ナイピルは不安な性行為があった後に服用することで避妊効果を発揮するアフターピルで、ナイピルには先発薬であるノルレボと同成分である「レボノルゲストレル」が含まれています。

効果は「排卵抑制作用」で、排卵前にレボノルゲストレルを体内に拡充することで排卵を抑え、精子と卵子の受精を防ぎます。たとえ排卵後であっても黄体期(月経周期の後期)の短縮によって避妊効果を発揮してくれます。
また、排卵日と排卵日後(危険日)でナイピルによる避妊成功率に差はないとされています。

服用方法・使用方法

ナイピルの服用方法は、次のようになっています。

・不安な性行為があってから72時間以内に1回1錠の服用

ナイピルは72時間以内の服用でも高い効果を発揮しますが、できる限り早めに服用することでさらに避妊率を上げることができます。
理想のナイピルの服用タイミングは24時間以内となっています。

ナイピルの時間別の妊娠率を目安にしてみてください。

時間別妊娠率
不安行為(性行為)後の時間妊娠率
12時間以内0.5%
13~24時間以内1.5%
25~36時間以内1.8%
37~48時間以内2.6%
49~60時間以内3.1%
61~71時間以内4.1%


ナイピルの注意点
■ナイピルの連続使用
ナイピルはあくまでも緊急時に用いる避妊薬になります。
1回の服用でもホルモンバランスを大きく変化させ、体にも負担がかかります。
連続での使用は避け、妊娠を目的としない性行為の際はコンドームなどの避妊具を使用するようにしてください。
計画的に避妊をしたい場合は、低用量ピルであるマーベロントリキュラーの定期的な服用がオススメです。

副作用

ナイピルの副作用症状は、次のようになっています。
精神神経系頻度5%以上頭痛、傾眠
頻度0.1~5%未満体位性めまい、浮動性めまい、不安
生殖器頻度5%以上不正子宮出血、消退出血
頻度0.1~5%未満月経過多
頻度不明月経遅延
消化器頻度5%以上悪心
頻度0.1~5%未満下痢、下腹部痛、腹痛
頻度不明嘔吐
血液頻度0.1~5%未満貧血
その他頻度5%以上けん怠感
頻度0.1~5%未満口の渇き、異常感、熱感、疲労、末梢性浮腫
頻度不明乳房圧痛

■副作用(嘔吐)の対処
ナイピルの副作用によって嘔吐してしまった場合、避妊を失敗する可能性があります。
成分がしっかり吸収されるまでの2~3時間以内に吐き出してしまうと効果が不十分になります。
また下痢によって排泄した場合にも避妊の失敗につながることもあります。
もし2時間以内にナイピルを嘔吐あるいは排泄した場合は、再服用が勧められます。

注意点

ナイピルとの併用禁忌薬は、特にありません。

ナイピルとの併用に注意が必要な薬
■ナイピルの作用を弱める薬
これらの薬との併用により、ナイピルの作用が弱まる恐れがあります。
  • 抗てんかん薬(フェノバール、アレビアチン/ヒダントール、プリミドン、テグレトール
  • HIVプロアテーゼ阻害剤(ノービア)
  • 非ヌクレオシド系逆転写酵素阻害剤(ストックリン、ミコブティン、リファジン)

■セイヨウオトギリソウ含有食品
併用によりナイピルの作用が弱まる恐れがあります。
服用中はセイヨウオトギリソウが含有された食品を摂取しないように注意してください。

ナイピルを服用できない方
■服用できない方
重い肝臓病を抱えている方はナイピルの服用ができません。
服用による肝臓への負担を避けるためです。
また、妊娠している方がナイピルを服用することもできません。

■服用に注意が必要な方
心臓病や肝臓病、あるいは腎臓病などを抱えている方はナイピルの服用には注意が必要です。

参考サイト
効果・効能、使用方法、副作用、注意点(併用禁忌)のご説明は、商品説明書の他に次のサイトを参考にしております。

KEGG - ノルレボ

ナイピル(ノルレボ)のレビュー・口コミ

レビュー・口コミを書く

商品名

お名前(ニックネーム)

年齢

満足度

タイトル

レビュー・口コミ本文

関連商品はこちら