商品カテゴリー
荷物追跡

ご注文商品のお届け状況を確認することができます。お問い合わせ番号をご入力ください。

郵便局のホームページに移動します。

バイアグラ バイアグラ
  • お届けまで約5日~14日
  • 10,000円以上のご購入で
    送料無料
  • 郵便局留め可能
  • 荷物の追跡可能

トール(ルプラック)

  • 医薬品
  • ジェネリック
  • 内服薬

※10mg:4月下旬発送予定
トールはループ系利尿剤のルプラックのジェネリック医薬品です。
利尿作用が強いと言われているループ系利尿剤の中でも特に強力な効き目を発揮します。
効果の持続時間は4~6時間です。
トール(ルプラック) 5mg
内容量 販売価格 1錠単価 ポイント 購入する
100錠 2,500円
2,250円
1錠あたり
22円
67pt獲得 カートに入れる
トール(ルプラック) 10mg
内容量 販売価格 1錠単価 ポイント 購入する
150錠 3,500円
3,150円
1錠あたり
21円
94pt獲得 カートに入れる
トール(ルプラック) 20mg
内容量 販売価格 1錠単価 ポイント 購入する
150錠 4,000円
3,400円
1錠あたり
22円
102pt獲得 カートに入れる

よく一緒に購入される商品はこちら

トール(ルプラック)について詳しく見る

商品詳細

トール(ルプラック)とは、"ループ系利尿剤"に分類される利尿剤です。
利尿作用が強いと言われるループ系利尿剤の中でも、特に強力な効き目を発揮します。
そのため、むくみ取りとしての効果は高いです。
むくみは毎日の過ごし方、あるいは心不全などが原因で起こることもありますが、トール(ルプラック)はそれらの病気の治療に用いられています。

トール(ルプラック)の特徴
トール(ルプラック)には、次のような特徴があります。

■強力な利尿作用
■低カリウム血症が起こりにくい
■高血圧の治療には使われない

トール(ルプラック)には、ループ系利尿剤の中でも特に強い利尿作用があります。
同じ系統のラシックスと比べても、トール(ルプラック)の利尿作用はとても強力です。

  • 利尿作用 … ラシックスの約10~30倍
  • むくみの改善効果 … ラシックスの約10倍

またトール(ルプラック)には、さらに"抗アルドステロン作用"もあります。
ループ利尿剤は尿と一緒に体内のカリウムを排泄するため、低カリウム血症の副作用を起こすことがあります。
ですがトール(ルプラック)は抗アルドステロン作用によりカリウムをからだに留めるので、低カリウム血症が起こりにくいメリットもあります。

しかしトール(ルプラック)は多くの利尿剤と異なり、高血圧症への適応は認められていません。
そのため高血圧症の治療にはあまり使われず、むくみを取るために服用することが多いです。

トール(ルプラック)の効果・効能
むくみには、血液の流れが大きく関係しています。
血液は体内を循環していますが、血流が悪くなるとからだの一部分に血液が溜まってしまいます。
すると血液のほとんどは"水"でできているため、血液が溜まった箇所に水分が染み出すことで、からだはむくんでしまうのです。

そのためからだに溜まっている余分な水分を尿として排出すれば、むくみを取ることができます。
尿は腎臓によって作られ、そして尿管を通って膀胱へと溜められます。

腎臓 → 尿管 → 膀胱

ですが腎臓で作られた尿には、糖分やアミノ酸などの栄養素が含まれています。
なのでこれらの栄養素を排泄しないために、尿が尿管を通る時にはからだへの再吸収がおこなわれています。
そして再吸収されるのは栄養素だけではなく、水分も同じです。

からだの中で水分は、"ナトリウム"と一緒に動く性質があります。
また尿管には"ヘンレループ"という、ナトリウムを再吸収する器官が存在しています。
つまりヘンレループがナトリウムを再吸収する時には、同時に水分の再吸収もおこなわれているのです。

そこでトール(ルプラック)の成分トラセミドには、ヘンレループの働きを阻害する作用があります。
これによりナトリウムや水分の再吸収を防ぐことができ、結果として尿の量が増えます。
より多くの水分が尿として排泄されるようになり、むくみの改善につながるのです。

服用方法・使用方法

トール(ルプラック)の服用方法は、次のようになります。

1日1回4~8mgを服用

なお年齢・症状により適宜増減します。

トール(ルプラック)の注意点
■電解質失調などに注意
トール(ルプラック)の利尿効果は急激に現れることがあります。
電解質失調や脱水に十分注意し、少量から服用を始めて徐々に増量するようにしてください。
■定期的な検査をおこなう
トール(ルプラック)を連用する場合、電解質失調が現れることがあるので定期的に検査をおこなってください。
■自動車の運転などは注意する
トール(ルプラック)を服用すると、降圧作用に基づくめまい、ふらつきが現れることがあります。
服用中は高所での作業、また自動車の運転など危険をともなう機械の操作をおこなう際には注意してください。
■午前中に服用する
夜にトイレに行くことを避けるため、トール(ルプラック)は午前中に服用することが望ましいです。

副作用

トール(ルプラック)による副作用症状は、次のとおりです。
血液頻度0.1~5%未満血液障害(血小板数減少、白血球数減少、赤血球数減少、ヘマトクリット値減少など)
代謝異常頻度0.1~5%未満電解質失調(低ナトリウム血症、低カリウム血症、低クロール性アルカローシス)、血清尿酸値上昇、カリウム血症
頻度0.1%未満血清脂質増加、高血糖症
過敏症頻度0.1%未満発疹、そう痒
消化器頻度0.1~5%未満口の渇き
頻度0.1%未満食欲不振、下痢、腹痛、嘔気・嘔吐、胸やけ
肝臓頻度0.1~5%未満AST(GOT)、ALT(GPT)の上昇
頻度0.1%未満γ-GTP、AI-Pの上昇
腎臓頻度0.1~5%未満BUN、クレアチニンの上昇、頻尿
精神神経系頻度0.1~5%未満頭痛、めまい
頻度0.1%未満手足のしびれ、聴覚障害
その他頻度0.1~5%未満けん怠感
頻度0.1%未満動悸、痛風様発作、関節痛、筋痙攣、CK(CPK)上昇、LDH上昇
頻度不明女性化乳房

※赤文字の症状が現れた場合、トール(ルプラック)の服用を中止してください。

重い副作用症状
肝機能障害、黄疸皮膚や白目が黄色くなる、コーラ色の尿、だるい、吐き気、発熱、食欲の低下、かゆみ
血小板減少出血傾向(歯磨きの時に血が出るなど)、出血が止まりにくい、内出血、血便、血尿、鼻血
低カリウム血症、高カリウム血症筋力の低下、けいれん、便秘、不整脈

注意点

トール(ルプラック)との併用禁忌薬はありません。

トール(ルプラック)を服用できない方
■無尿の患者さん
■肝性昏睡の患者さん
■体液中のナトリウム、カリウムが明らかに減少している患者さん
■トール(ルプラック)の成分トラセミドまたはスルフォンアミド誘導体に対し過敏症(アレルギー)の既往歴のある患者さん

トール(ルプラック)との併用に注意が必要な薬
■昇圧アミン
併用により昇圧アミンの作用が弱まる恐れがあります。
手術前の患者さんが服用する場合には一時休薬をするなどの処置をとってください。
  • ノルアドレナリン
など
■ツボクラリンおよびその類似物質
併用により麻痺作用を強めることがあります。
手術前の患者さんが服用する場合には一時休薬をするなどの処置をとってください。
  • ツボクラリン塩化物塩酸塩水和物
■降圧剤
降圧作用を強める恐れがあります。
併用する場合には降圧剤の用量調節に注意してください。
  • ACE阻害剤
  • β遮断剤
など
■アミノグリコシド系抗生物質
腎障害および第8脳神経障害(聴覚障害)を強める恐れがあるので、併用を避けることが望ましいです。
やむを得ず併用する場合には、アミノグリコシド系抗生物質の血中濃度を観察して投与量・投与間隔を調節してください。
  • ゲンタシン
  • アミカシン
など
■セファロスポリン系抗生物質
腎毒性を強める恐れがあるので、併用する場合には慎重に服用してください。
■ジギタリス剤
併用により不整脈を起こす恐れがあります。
血清カリウム値をモニターし、カリウム剤の補充をおこなってください。
  • ジギトキシン
  • ジゴシン
など
■糖質副腎皮質ホルモン剤、ACTH、グリチルリチン製剤
過剰なカリウム放出を起こす恐れがあるので、併用する場合には慎重に服用してください。
■糖尿病治療薬
併用により糖尿病治療薬の作用を著しく弱める恐れがあります。
■リチウム
併用によりリチウム中毒を起こす恐れがあるので、血中リチウム濃度に注意してください。
  • リーマス
■サリチル酸誘導体
併用によりサリチル酸中毒が現れる恐れがあります。など
■非ステロイド性消炎鎮痛剤
併用によりトール(ルプラック)の利尿作用が弱まる恐れがあります。など
■尿酸排泄促進剤
併用により尿酸排泄促進剤の、尿酸排泄作用が弱まる恐れがあります。
  • ベネシッド
など
■テグレトール
テグレトールとの併用により症候性低ナトリウム血症が現れることがあります。

トール(ルプラック)のレビュー・口コミ

レビュー・口コミを書く

商品名

お名前(ニックネーム)

年齢

満足度

タイトル

レビュー・口コミ本文

関連商品はこちら