商品カテゴリー
荷物追跡

ご注文商品のお届け状況を確認することができます。お問い合わせ番号をご入力ください。

郵便局のホームページに移動します。

バイアグラ
  • お届けまで約5日~14日
  • 10,000円以上のご購入で
    送料無料
  • 郵便局留め可能
  • 荷物の追跡可能

セレブレックス(セレコックス)

  • 医薬品
  • 先発薬
  • 内服薬

セレブレックスは国内ではセレコックスという名称でアステラス製薬が製造販売しています。この商品はファイザーが製造販売する海外版です。有効成分セレコキシブにはCOX-2選択的阻害薬で鎮痛剤です。
セレブレックス(セレコックス) 100mg
内容量 販売価格 1錠単価 ポイント 購入する
60錠 3,800円
3,420円
1錠あたり
57円
102pt獲得 カートに入れる
120錠 7,600円
6,150円
1錠あたり
51円
184pt獲得 カートに入れる

よく一緒に購入される商品はこちら

セレブレックス(セレコックス)について詳しく見る

商品詳細

セレブレックス(セレコックス)とは、解熱鎮痛剤になります。
解熱鎮痛剤はいわゆる「痛み止め」ことで、炎症を抑える効果により痛みを緩和できます。
つらい頭痛や生理痛、肩関節周囲炎(五十肩)といった幅広い痛みに効果を発揮します。

セレブレックス(セレコックス)の特徴
セレブレックスの特徴は、次のようになります。

■長く効く
■胃にやさしい

セレブレックス(セレコックス)は、効き目が半分になるまでの時間が7~8時間と長いです。
この時間は、市販の痛み止めとして馴染みがあるであろうロキソニンと比較しても長く効くことがわかります。

セレブレックス(セレコックス) ・・・ 7~8時間

ロキソニン ・・・ 1.31時間

長く効くことから、昼夜を問わず痛みが続く場合に向いている薬となります。

また、痛み止めはシクロオキシゲナーゼ(COX)を阻害することで痛みを和らげる効果を発揮します。
このシクロオキシゲナーゼには、似たような2つのタイプがあります。

COX-1 ・・・ 胃の粘膜を保護する物質

COX-2 ・・・ 痛みや炎症を起こす物質

セレブレックス(セレコックス)は、2つのうち「COX-2」だけを阻害します。
なので胃を守る物質を阻害することがないため、胃にやさしい痛み止めになっています。

ただし、胃へ副作用が0になるわけではありません。
既に潰瘍などの胃腸障害がある方は、注意が必要となります。

セレブレックス(セレコックス)の効果・効能
ヒトが「痛い!」と感じるのは、炎症が起きている部位に「痛みの物質」が放出されているからです。
いくつかの物質放出されますが、その中でも特に「プロスタグランジン(PG)」という物質が痛みに関わっています。

プロスタグランジン(PG) ・・・ 痛みの増大させる痛みの元

この痛みの元になる物質をつくる原料となっているのが、「シクロオキシゲナーゼ(COX)」です。
セレブレックス(セレコックス)は、この原料のはたらきを阻害する作用があります。
痛み物質をつくる原料が少なくなることで、痛みの元になるプロスタグランジンの数を減らすことができます。
この作用により、炎症による痛みを抑える効果が期待できます。

服用方法・使用方法

セレブレックス(セレコックス)の服用方法は、次のようになります。

1回100mgを1日2回(朝・夕食後)の服用

セレブレックス(セレコックス)の注意点
■アスピリンの代替えにはならない
セレブレックス(セレコックス)は血小板に対しての作用はありません。
もし心血管系疾患の予防目的で使用するのであれば、アスピリンの代りにはならないので注意してください。
■気管支喘息がある患者さん
気管支喘息がある患者さんがセレブレックスを服用すると、喘息の発作を誘発する恐れがあるので注意してください。
■高血圧がある患者さん
高血圧の患者さんがセレブレックス(セレコックス)を服用すると、血圧を上昇させる恐れがあります。
血圧を確認しながら慎重に服用するようにしてください。
■消化性潰瘍の既往歴がある患者さん
セレブレックス(セレコックス)の服用により、消化性潰瘍を再発させることがあります。
慎重に服用するようにしてください。

副作用

セレブレックス(セレコックス)の副作用は、次の通りになります。
全身頻度0.1~1%未満倦怠感、ノドの渇き、末梢性浮腫
頻度0.1%未満悪寒、全身浮腫、疲労、ほてり、体重の増加
頻度不明インフルエンザ様疾患
精神神経頻度1~5%未満傾眠
頻度0.1~1%未満頭痛、浮動性めまい、味覚異常
頻度0.1%未満多幸感、体位性めまい、感覚鈍麻、意識の低下
頻度不明不眠症、錯乱状態、不安、幻覚、筋緊張亢進、無嗅覚
肝胆道系頻度1~5%未満ALT(GOT)の増加
頻度0.1~1%未満AST(GOT)・γ-GTP・AI-Pの増加、血中ビリルビンの増加、尿ウロビリノーゲン陽性
代謝・栄養頻度1~5%未満BUNの増加
頻度0.1~1%未満CK(CPK)の増加、食欲不振、LDHの増加、尿糖陽性
頻度0.1%未満糖尿病
頻度不明血中カリウムの増加、血中ナトリウムの増加
消化器頻度1~5%未満腹痛、口内炎、下痢、便潜血陽性
頻度0.1~1%未満悪心、鼓腸、消化不良、便秘、胃炎、口内の乾燥、舌障害、嘔吐、口角びらん、腹部膨満、上腹部痛、胃不快感
頻度0.1%未満胃腸障害、舌炎、口腔内痛、食道炎、口の感覚鈍麻、アフタ性口内炎、口腔内粘膜水疱形成、みぞおちに不快感、胃腸炎
頻度不明歯の脱落、口腔内潰瘍、嚥下障害、胃食道逆流性疾患、膵炎、憩室、過敏性腸症候群、痔出血、排便回数の増加
泌尿器頻度5%以上β2-マイクログロブリンの増加
頻度1~5%未満NAGの増加、尿潜血の陽性
頻度0.1~1%未満尿蛋白の陽性
頻度0.1%未満多尿、尿閉、頻尿、腎機能障害
頻度不明腎結石症、良性前立腺肥大症、前立腺炎、PSA増加、血中クレアチニンの増加
循環器頻度0.1~1%未満高血圧、潮紅、動悸
頻度0.1%未満高血圧の悪化、循環虚脱
頻度不明不整脈、頻脈、洞性徐脈、狭心症、不安定狭心症、大動脈弁閉鎖不全症、冠動脈硬化症、心室肥大、深部静脈血栓症、血腫
呼吸器頻度0.1%未満咽頭炎、鼻出血、鼻咽頭炎
頻度不明気管支炎、咳嗽、鼻炎、副鼻腔炎、呼吸困難、発生障害
皮膚頻度1~5%未満発疹
頻度0.1~1%未満そう痒症、顔面浮腫、紅斑性皮疹、湿疹、蕁麻疹、薬疹
頻度0.1%未満点状出血、斑状丘疹状皮疹、皮膚乾燥、頭部粃糠疹、多汗、皮膚炎、紅斑
頻度不明斑状出血、光線過敏性反応、脱毛症、水疱性皮膚炎
感覚器頻度0.1~1%未満耳鳴り、回転性めまい
頻度0.1%未満耳痛、霧視、眼そう痒症
頻度不明硝子体浮遊物、結膜出血、聴力の低下
その他頻度0.1%未満背部痛、筋硬直、関節痛、四肢痛、不正子宮出血、月経障害、ウィルス感染、細菌性腸炎、頚部痛
頻度不明貧血、経目とくりっとの減少、ヘモグロビンの増加、真菌感染、細菌感染、ヘリコバクター感染、尿路感染、上気道感染、耳感染、帯状疱疹、丹毒、創傷感染、歯肉感染、迷路炎、アレルギーの悪化、無菌性髄膜炎、筋痙縮、脂肪腫、ガングリオン、膣出血、乳房圧痛、卵巣嚢胞、閉経期症状、血中テストステロンの減少、上顆炎、腱断裂、骨折、損傷


重い副作用症状
ショック、アナフィラキシー蕁麻疹、全身の発赤、顔やノドの腫れ、ゼーゼーと息苦しいなど
消化性潰瘍、消化管出血、消化管穿孔胃の痛み、腹痛、吐き気、嘔吐、吐血、下血など
心筋梗塞息切れや息苦しさを感じる、胸が苦しい、動悸、疲労感、むくみ、急な体重の増加など
脳卒中からだ半分の手足がしびれる・麻痺する、口がゆがむ、視野がかける、モノが二重に見える、ふらつく、激しい頭痛など
心不全、うっ血性心不全胸が痛い、すぐに息が切れる、風邪でもないのに咳がでるなど
肝不全、肝炎、肝機能障害、黄疸からだがだるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、白目や皮膚が黄色くなる、尿の色が茶褐色など
重い血液成分の異常(再生不良性貧血、汎血球減少症、無顆粒球症)ノドの痛み、発熱、口内炎、からだがだるい、皮下出血(アザや血豆など)、鼻血、歯肉からの出血など
急性腎不全、間質性腎炎尿の量が少ない・でない、尿が濁る・泡立つ、血尿、むくみ、からだがだるい、吐き気、腰痛、発熱、発疹など
皮膚への重い症状(中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群、多形紅斑、多形紅斑、急性汎発性発疹性膿疱症、剥脱性皮膚炎)発疹、発赤、水ぶくれ、膿(うみ)、皮がむける、皮膚の熱感や痛み、かゆみ、唇や口内のただれ、ノドの痛み、目の充血、発熱、全身の倦怠感など
間質性肺炎空咳、息苦しい、すぐに息が切れる、発熱など

注意点

セレブレックス(セレコックス)との併用禁忌薬は、特にありません。

セレブレックス(セレコックス)を服用できない方
■セレブレックス(セレコックス)の成分に過敏症(アレルギー)の既往歴がある方
■アスピリン喘息またはその既往歴がある方
■消化性潰瘍がある患者さん
■重い肝障害がある患者さん
■重い腎障害がある患者さん
■重い新機能不全がある患者さん
■冠動脈バイパス再建術前後の期間
■妊娠末期の女性

セレブレックス(セレコックス)との併用に注意が必要な方
■ACE阻害剤・アンジオテンシンⅡ受容体拮抗剤
併用によりACE阻害剤・アンジオテンシンⅡ受容体拮抗剤の血圧を下げる効果が弱まる可能性があることが報告されています。
など
■利尿剤
併用により利尿作用を低下させる可能性があります。
など
■アスピリン
セレブレックス(セレコックス)と低用量(1日325mg以下)でアスピリンを併用した場合、単体のみで服用した時にくらべ消化性潰瘍などの発生率が高くなることが報告されています。
■リチウム
併用により、リチウムの作用が強まる恐れがあります。
■ジフルカン
ジフルカンとの併用により、セレブレックス(セレコックス)の作用が強まる恐れがあります。
■ローコール
併用により、相互に作用が強まる恐れがあります。
■クマリン系抗凝血剤
併用により、プロトロンビン時間(血液が凝固するまでの時間)が延長する恐れがあります。
  • ワーファリン
■パキシル
セレブレックス(セレコックス)の作用が弱まり、パキシルの作用が強まる恐れがあります。
■メジコン
併用により、メジコンの作用が強まる恐れがあります。
■制酸剤
併用により、セレブレックス(セレコックス)の作用はが弱まる恐れがあります。
  • アルミニウム製剤
  • マグネシウム製剤
など

セレブレックス(セレコックス)のレビュー・口コミ

レビュー・口コミを書く

商品名

お名前(ニックネーム)

年齢

満足度

タイトル

レビュー・口コミ本文

関連商品はこちら