商品カテゴリー
荷物追跡

ご注文商品のお届け状況を確認することができます。お問い合わせ番号をご入力ください。

郵便局のホームページに移動します。

バイアグラ
  • お届けまで約5日~14日
  • 10,000円以上のご購入で
    送料無料
  • 郵便局留め可能
  • 荷物の追跡可能

アトルリップ(リピトール)

  • 医薬品
  • ジェネリック
  • 内服薬

アトルリップはリピトールのジェネリック。脂質異常症の治療に用いられる薬で、国内治験でコレステロール低下作用に関して高い作用を示しました。また、5mg、10mg、20mgの用量から選択して購入できます。
アトルリップ(リピトール) 5mg
内容量 販売価格 1錠単価 ポイント 購入する
30錠 2,000円
1,800円
1錠あたり
60円
54pt獲得 カートに入れる
60錠 4,000円
3,240円
1錠あたり
54円
97pt獲得 カートに入れる
アトルリップ(リピトール) 10mg
内容量 販売価格 1錠単価 ポイント 購入する
30錠 3,000円
2,700円
1錠あたり
90円
81pt獲得 カートに入れる
60錠 6,000円
4,860円
1錠あたり
81円
145pt獲得 カートに入れる
アトルリップ(リピトール) 20mg
内容量 販売価格 1錠単価 ポイント 購入する
30錠 4,000円
3,600円
1錠あたり
120円
108pt獲得 カートに入れる
60錠 8,000円
6,480円
1錠あたり
108円
194pt獲得 カートに入れる

よく一緒に購入される商品はこちら

アトルリップ(リピトール)について詳しく見る

商品詳細

アトルリップ(リピトール)とは、脂質異常症の治療に用いられる生活習慣病治療薬です。
リピトールを先発薬とするジェネリックとなります。
そもそも脂質異常症とは中性脂肪・LDL(悪玉)コレステロールが多かったり、HDL(善玉)コレステロールが少なかったりする病気です。
糖尿病高血圧とならび、生活習慣病として扱われています。
アトルリップ(リピトール)は、それらの脂質の数値を整えることで正常な値に近づけてくれる薬です。

アトルリップ(リピトール)の特徴
アトルリップ(リピトール)には、次のような特徴があります。

スタチン系の薬の中ではコレステロール低下作用が強く、効果も確実

しっかりとしたコレステロール低下作用があることから、アトルリップ(リピトール)が脂質異常症治療薬として用いられる機会は非常に多いです。
アトルリップ(リピトール)を使った国内治験では、次のような結果がでています。
  • 総コレステロール値 ・・・ 30%低下
  • LDL-コレステロール値 ・・・ 41%低下
  • HDL-コレステロール ・・・ 9%増加
このような治験結果から、アトルリップ(リピトール)の効果の高さをうかがい知ることができます。

アトルリップ(リピトール)の効果・効能
アトルリップ(リピトール)は、体の中でコレステロールが作られるのを抑制する作用があります。
コレステロールは、食べ物から摂取する「糖質」「タンパク質」「脂質」などが分解されてできたアセチルCoAから作られます。

食べ物 → アセチルCoA → HMG-CoA → メバロン酸 → コレステロール

コレステロールが作られるまでの過程で「HMG-CoA → メバロン酸」へと変化する時にHMG-CoA還元酵素という酵素が必要になります。
アトルリップ(リピトール)は、このHMG-CoA還元酵素を阻害することによって、結果的にコレステロールが作られるのを阻害する効果を発揮してくれます。

服用方法・使用方法

アトルリップ(リピトール)の服用方法は、症状によって異なります。

■脂質異常症(高脂血症)

1日1回、10mgの服用

なお年齢・症状により適宜増減します。
また重症の場合は1日20mgまで増量できます。

■家族性脂質異常症(高脂血症)

1日1回、10mgの服用

なお年齢・症状により適宜増減します。
また重症の場合は1日40mgまで増量できます。

アトルリップ(リピトール)の注意点
■脂質異常症の基本治療をしっかり行う
アトルリップ(リピトール)の服用を始める前に、あらかじめ脂質異常症治療の基本である食事療法をおこないましょう。
さらに運動療法や高血圧・喫煙など虚血性心疾患のリスクファクターの軽減なども十分考慮してください
■定期的な検査
服用中は血中脂質値を定期的に検査し、アトルリップ(リピトール)の効果が認められない場合には服用を中止してください。
■ミオパチーに注意
近位筋脱力、CK(CPK)の高い値、炎症をともなわない筋繊維の壊死、抗HMG-CoA還元酵素(HMGCR)抗体陽性などを特徴とする免疫介在性壊死性ミオパチーが現れ、アトルリップ(リピトール)の服用中止後も持続する例が報告されています。
服用中は患者さんの状態を十分に観察してください。
なお免疫抑制剤の投与により改善が見られたとの報告例もあります。
■肝炎に注意
アトルリップ(リピトール)の服用中に、劇症肝炎などの肝炎が現れることがあります。
悪心・嘔吐、けん怠感などの症状が現れた場合には服用を中止し、医師に相談するようにしてください。
また服用中は、服用開始あるいは服用量を増やした時から12週までに1回以上、それ以降は定期的(半年に1回など)に肝機能検査をおこなってください。

副作用

アトルリップ(リピトール)による副作用症状は、次のとおりになります。
皮膚頻度0.1~5%未満そう痒感、発疹、皮疹
頻度0.1%未満発赤、皮膚乾燥、皮膚亀裂
頻度不明脱毛症、光線過敏、爪の障害
血液頻度0.1~5%未満貧血、白血球減少
頻度0.1%未満血小板減少
肝臓頻度0.1~5%未満AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇、γ-GTP上昇、Al-P上昇、LDH上昇、肝障害
消化器頻度0.1~5%未満アミラーゼ上昇、下痢、軟便、嘔気、悪心、胸やけ、便秘、胃不快感、心窩部痛(心窩部の疼痛)、腹部膨満感、食欲不振、消化不良
頻度0.1%未満嘔吐、胃炎、口内炎、腹痛、口渇、舌のしびれ、口のしびれ
頻度不明膵炎、胆汁うっ滞性黄疸、舌痛、舌炎、口唇炎、咽頭不快感
呼吸器頻度0.1%未満
筋骨格系頻度0.1~5%未満CK(CPK)上昇、筋肉痛、背部痛、頸・肩のこり、こわばり感
頻度0.1%未満痙攣、無力症、関節痛、胸痛
頻度不明筋炎、血中ミオグロビン上昇、腱炎、腱痛
感覚器頻度0.1%未満異常感覚、末梢神経障害、耳鳴、霧視
精神神経系頻度0.1~5%未満めまい、不眠、四肢しびれ
0.1%未満眠気
頻度不明ED(勃起不全)、健忘症、抑うつ、悪夢
内分泌頻度0.1~5%未満テストステロン低下、コリンエステラーゼ上昇、TSH上昇、ACTH上昇、アルドステロン低下
頻度不明女性化乳房
代謝異常頻度0.1~5%未満グルコース上昇、HbA1c上昇、血清鉄低下
頻度不明低血糖症
腎臓頻度0.1~5%未満K上昇、BUN上昇
頻度不明血中クレアチニン増加、血尿
その他頻度0.1~5%未満頭痛、全身倦怠(感)、浮腫(顔面・四肢等)
0.1%未満脳梗塞、肺炎、帯状疱疹、動悸、味覚異常、着色尿、熱感
頻度不明頻脈、頻尿、排尿困難、発熱


重い副作用症状
横紋筋融解症、ミオパチー手足のしびれ・脱力感、歩行困難、筋肉痛、赤褐色の尿
免疫介在性壊死性ミオパチー筋力の低下、筋肉痛、呼吸が苦しい
劇症肝炎、肝炎、肝機能障害、黄疸だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿が茶褐色
過敏症発疹、じんま疹、全身発赤、顔や口・喉や舌の腫れ、咳き込む、ゼーゼー息苦しい
無顆粒球症、汎血球減少症、血小板減少症発熱、喉の痛み、口内炎、だるい、皮下出血(血豆・青あざ)や鼻血・歯肉出血など出血傾向
中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群、多形紅斑発疹、発赤、水ぶくれ、うみ、皮がむける、皮膚の熱感や痛み、かゆみ、唇や口内のただれ、のどのみ、目の充血、発熱、全身けん怠感
高血糖、糖尿病口の渇き、トイレの回数が増える、全身がだるい、吐き気・嘔吐、下痢、腹痛
間質性肺炎から咳、息苦しさ、少し動くと息切れ、発熱

注意点

アトルリップ(リピトール)との併用禁忌薬は、次のようになります。

併用禁忌
■テラビック
アトルリップ(リピトール)のAUCが7.9倍に上昇したとの報告があります。
つまり併用によりアトルリップ(リピトール)の血中濃度が上昇し、重篤なまたは命に危険を及ぼすような事象(横紋筋融解症を含むミオパチーなど)が起こる恐れがあります。
■ヴィキラックス
アトルリップ(リピトール)の血中濃度が上昇し、重篤なまたは命に危険を及ぼすような副作用が現れやすくなる恐れがあります。

原則併用禁忌
■フィブラート系薬剤
併用により急激な腎機能悪化をともなう横紋筋融解症が現れやすいです。
自覚症状(筋肉痛、脱力感)が現れたり、CK(CPK)の上昇、血中および尿中ミオグロビン上昇ならびに血清クレアチニン上昇など腎機能の悪化が見られた場合はすぐに服用を中止してください。など

アトルリップ(リピトール)を服用できない方
■アトルリップ(リピトール)の成分アトルバスタチンに対し過敏症(アレルギー)の既往歴のある患者さん
■肝臓の代謝機能が低下していると考えられる患者さん
■妊婦または妊娠している可能性のある方および授乳婦
■テラビック、ヴィキラックスを服用中の患者さん

アトルリップ(リピトール)との併用に注意が必要な薬
■横紋筋融解症が現れやすい薬
併用により筋肉痛、脱力感、CK(CPK)上昇、血中および尿中ミオグロビン上昇を特徴とし、急激な腎機能の悪化をともなう横紋筋融解症が現れやすいとの報告があります。
またサンディミュン/ネオーラルとの併用により、アトルリップ(リピトール)のAUCが8.7倍に上昇したとの報告もあります。
  • フィブラート系薬剤(ベザトールSR/ベザリップなど)
  • ニコチン酸製剤(ペリシットなど)
  • サンディミュン/ネオーラル
  • アゾール系抗真菌薬(イトリゾールなど)
  • エリスロマイシン
■クラリス
クラリスとの併用により、アトルリップ(リピトール)の血漿中濃度の上昇が見られたとの報告があります。
■HIVプロアテーゼ阻害剤
ビラセプトとの併用によりアトルリップ(リピトール)のAUCが約1.7倍に上昇するとの報告があります。
  • ビラセプト
など
■グラジナ
グラジナとの併用により、アトルリップ(リピトール)の血漿中濃度が上昇したとの報告があります。
■グレープフルーツジュース
併用によりアトルリップ(リピトール)のAUCが約2.5倍に上昇したとの報告があります。
■ストックリン
併用によりアトルリップ(リピトール)の血漿中濃度が低下したとの報告があります。
■リファジン
リファジンの服用から17時間後にアトルリップ(リピトール)を服用したところ、アトルリップ(リピトール)の血漿中濃度が低下したとの報告があります。
■タルグレチン
タルグレチンとの併用により、アトルリップ(リピトール)のAUCが約50%低下したとの報告があります。
■陰イオン交換樹脂
併用によりアトルリップ(リピトール)の血漿中濃度が約25%低下したものの、LDLコレステロールの低下率はそれぞれを単剤で服用した時よりも大きかったとされています。
■ジゴシン
ジゴシンの血漿中濃度が上昇することが報告されています。
■経口避妊薬
併用により、経口避妊薬の血漿中濃度の上昇が認められました。

アトルリップ(リピトール)のレビュー・口コミ

レビュー・口コミを書く

商品名

お名前(ニックネーム)

年齢

満足度

タイトル

レビュー・口コミ本文

関連商品はこちら