商品カテゴリー
荷物追跡

ご注文商品のお届け状況を確認することができます。お問い合わせ番号をご入力ください。

郵便局のホームページに移動します。

バイアグラ
  • お届けまで約5日~14日
  • 10,000円以上のご購入で
    送料無料
  • 郵便局留め可能
  • 荷物の追跡可能

メトホルミン(メトグルコ)

  • 医薬品
  • ジェネリック
  • 内服薬

メトホルミンはメトグルコジェネリック。肥満型の糖尿病に向いているⅡ型糖尿病治療薬です。肝臓に作用し糖新生の働きを抑え、筋肉での糖の取り込みを促進させ、腸管での糖の吸収を抑えることで血糖値を下げます。

※発送時期により、パッケージが変更される場合がございます。成分に違いはございません。
メトホルミン(メトグルコ) 500
内容量 販売価格 1錠単価 ポイント 購入する
28錠 2,100円
1,890円
1錠あたり
67円
56pt獲得 カートに入れる
56錠 4,200円
3,400円
1錠あたり
60円
102pt獲得 カートに入れる
112錠 8,400円
5,440円
1錠あたり
48円
163pt獲得 カートに入れる
100錠 3,600円
3,240円
1錠あたり
32円
97pt獲得 売り切れ

よく一緒に購入される商品はこちら

メトホルミン(メトグルコ)について詳しく見る

商品詳細

メトホルミン(メトグルコ)とは、血糖値を下げる糖尿病の治療薬になります。
ビグアナイト系に分類されている薬になり、SU薬など他の糖尿病治療薬とは異なり肝臓に作用することで血糖値の上昇を抑えることができます。
インスリンの分泌は十分なものの、インスリンの効き目が弱まっている方に用います。
有効なのは2型糖尿病になり、なかでも肥満型の方に向いているとされています。
インスリンの変わりになる薬ではないので、1型糖尿病の方は服用できませんので注意してください。

メトホルミン(メトグルコ)の効果・効能
インスリンの効きが悪くなっていることを「インスリン抵抗性」と呼びます。
2型糖糖尿病の患者さんの中にはインスリンの分泌は十分なものの、インスリンの効き目が悪くなっている方がいます。
そこでインスリン抵抗性を改善するために使用するのが、メトホルミン(メトグルコ)です。

メトホルミン(メトグルコ)は、肝臓に作用します。
これにより3つの効果が期待できるとされます。

  • 新しく糖がつくられるのを抑える
  • 筋肉での糖の取り込みを促進させる
  • 腸管での糖の吸収を抑える

メトホルミン(メトグルコ)は肝臓に作用することで、新たに糖をつくる"糖新生"のはたらきを抑えることで血糖値を下げることができます。

また、メトホルミン(メトグルコ)は筋肉での糖の取り込みを促進させる効果があります。
血液中の糖が筋肉の中へと入っていくので、これによりHbA1c(ヘモグロビン)など血糖値を下げることが可能になります。

さらにメトホルミン(メトグルコ)は、腸管でグルカゴンのはたらきを抑えることで糖の吸収を防ぐと考えられています。

3つの作用で血糖値を下げてくれるのが、メトホルミン(メトグルコ)になります。

服用方法・使用方法

メトホルミン(メトグルコ)の服用方法は、次のようになります。

1日500mgより開始し、1日2~3回食直前または食後の服用

維持量は効果を観察しながら決め、通常750~1500mgとします。
なお、症状によって用量は適宜増減し、1日の最高用量は2250mgまでとなります。

メトホルミン(メトグルコ)の注意点
■重い副作用に注意
まれに重い副作用である"乳酸アシドーシス"を起こすことがあります。
次の3つのことには注意してください。
  • 過度のアルコール摂取は控える
  • 発熱、下痢、嘔吐、食事摂取不良などで脱水症状を懸念する場合、いったん服用は中止し医師に相談する
  • 乳酸アシドーシスの症状が現れた場合、速やかに医師に相談する
■ヨード造影剤を用いた検査を行う方
ヨード造影剤と併用することで乳酸アシドーシスを起こすことがあります。
検査前はメトホルミン(メトグルコ)の服用を中止し、ヨード造影剤投与から48時間はメトホルミン(メトグルコ)の服用を再開するのは控えるようにしてください。
■脱水症状に注意
脱水を起こすことで乳酸アシドーシスを起こすことがあります。
脱水症状が現れた場合、服用を中止し医師に相談するようにしてください。
また、利尿作用がある薬(利尿剤、SGLT2阻害剤など)とメトホルミン(メトグルコ)を併用する際は、特に注意が必要です。
■腎機能障害がある患者さん
腎機能障害がある場合、次のことに注意してください。
  • 腎機能や様態に十分注意し、医師と相談しながら用量を調整する
  • 定期的(高齢者は頻回)に肝機能の検査を受け、腎機能が悪化していれば服用は中止する
■肝機能障害がある場合
肝機能障害がある患者さんは、肝臓での乳酸の代謝機能が低下することがあります。
メトホルミン(メトグルコ)を服用している間は、定期的に肝機能を確認するようにしてください。
■危険な作業には注意
メトホルミン(メトグルコ)の服用により、低血糖を起こすことがあります。
自動車の運転や危険を伴う作業を行う場合、十分な注意が必要です。
■糖尿病と診断された方のみ服用
糖尿病以外にも、似たような症状があります。
  • 耐糖能異常
  • 尿糖陽性
  • 腎性糖尿
  • 甲状腺機能異常
など
メトホルミン(メトグルコ)の服用は、医師に糖尿病と診断された場合のみになります。
■まずは糖尿病の基本療法を行う
糖尿病治療の基本療法である食事・運動療法を行い、効果が不十分な場合にのみメトホルミン(メトグルコ)の服用してください。
■定期的な検査
メトホルミン(メトグルコ)を服用する場合、少量より服用を開始します。
それに伴い、血糖値、尿糖などを検査し薬の効果を確認するようにしてください。
もし3~4ヶ月経過しても効果が不十分である場合、速やかに他の治療方法に切り替えるようにしてください。
■服用継続の可否
  • 服用の必要がなくなる
  • 減量する必要がある
  • 不養生
  • 感染症
など
こういった場合には、薬の効果がなくなったり、不十分となることがあります。
常に服用を継続するかの可否は、医師の判断に従うようにしてください。

副作用

メトホルミン(メトグルコ)の副作用は、次の通りになります。
消化器頻度5%以上下痢悪心
頻度1~5%未満食欲不振腹痛消化不良嘔吐
頻度1%未満腹部膨満感便秘胃炎胃腸障害放屁増加
血液頻度1%未満貧血、白血球の増加・減少、好酸球の増加
頻度不明血小板の減少
過敏症頻度1%未満発疹そう痒
肝臓頻度1~5%肝機能異常
腎臓頻度1%未満BUN上昇、クレアチニンの上昇
代謝異常頻度1~5%未満乳酸の上昇
頻度1%未満CK(CPK)の上昇、血中カリウムの上昇、血中尿酸の増加
頻度不明ケトーシス
その他頻度1%未満めまい、ふらつき、全身の倦怠感、空腹感、眠気、動悸、脱力感、発汗、味覚異常、頭重、頭痛むくみ、ビタミンB12の減少
頻度不明筋肉痛

※赤文字の症状は、服用を中止するようにしてください。
※太文字の症状は、乳酸アシドーシスの初期症状でもあるので注意が必要です。

重い副作用症状
乳酸アシドーシス吐き気、嘔吐、腹痛、下痢、倦怠感、筋肉痛、手足のふるえ、脱力、歩けない、動悸、急激な体重の減少、息が苦しい、意識低下など
低血糖力が抜ける感じ、ふるえ、寒気、動悸、冷や汗、強い空腹感、頭痛、不安感、目のちらつき、眠気、イライラ、ぼんやりするなど
肝機能障害、黄疸からだがだるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、白目や皮膚が黄色くなる、尿の色が茶褐色など
横紋筋融解症手や足のしびれ、力がは入らない、けいれん、筋力の低下、歩行困難、筋肉痛、尿の色が赤褐色など

注意点

メトホルミン(メトグルコ)との併用禁忌薬は、特にありません。

メトホルミン(メトグルコ)を服用できない方
■乳酸アシドーシス既往
■中等度以上の腎機能障害
■透析の患者さん
■重い肝機能障害の患者さん
■心血管系(ショック、心不全、心筋梗塞、肺塞栓など)、肺機能に重い障害がある患者さんおよびその他の低酸素血症を伴いやすい状態にある方
■過度のアルコール摂取患者さん
■脱水症、脱水状態が懸念される下痢、嘔吐などの胃腸障害がある患者さん
■重症ケトーシス、糖尿病性または前昏睡、1型糖尿病の患者さん
■重い感染症、手術前後、重い外傷がある患者さん
■栄養不良状態、飢餓状態、衰弱状態、脳下垂体機能不全または副腎機能不全の患者さん
■妊娠または妊娠シている可能性がある女性
■メトホルミン(メトグルコ)の成分またはビグアナイド系の薬(BG薬)に対し過敏症(アレルギー)の既往歴がある方

メトホルミン(メトグルコ)との併用に注意が必要な薬
■乳酸アシドーシスを起こす可能性がある薬
メトホルミン(メトグルコ)との併用によって、乳酸アシドーシスを起こす可能性があります。
  • ヨード造影剤
  • 腎毒性が強い抗生物質(ゲンタマイシンなど)
  • 利尿作用がある薬(利尿剤、SGLT2阻害剤など)
■低血糖を起こす可能性がある薬
メトホルミン(メトグルコ)との併用により、血糖降下作用が強まり低血糖を起こす可能性があります。
  • 糖尿病治療薬(インスリン製剤、SU薬、速効型インスリン分泌促進薬、α-グルコシダーゼ阻害剤、チアゾリジン系の薬、DPP-4阻害剤、GLP-1受容体作動薬、SGLT2阻害剤)
  • タンパク同化ホルモン剤
  • グアネチジン
  • サリチル酸剤(アスピリンなど)
  • β遮断薬(インデラルなど)
  • MAO阻害剤
■血糖降下作用を弱める可能性がある薬
メトホルミン(メトグルコ)との併用で、血糖降下作用が弱まる可能性があります。
  • アドレナリン
  • 副腎皮質ホルモン
  • 甲状腺ホルモン
  • 卵胞ホルモン
  • 利尿剤
  • ピラマイド
  • イスコチン
  • ニコチン酸
  • フェノチアジン系の薬
■作用を強める可能性がある薬
メトホルミン(メトグルコ)との併用により、双方またはどちらか一方の血中濃度が上昇し作用が強まる恐れがあります。
  • シメチジン

メトホルミン(メトグルコ)のレビュー・口コミ

レビュー・口コミを書く

商品名

お名前(ニックネーム)

年齢

満足度

タイトル

レビュー・口コミ本文

関連商品はこちら