商品カテゴリー
荷物追跡

ご注文商品のお届け状況を確認することができます。お問い合わせ番号をご入力ください。

郵便局のホームページに移動します。

バイアグラ
  • お届けまで約5日~14日
  • 10,000円以上のご購入で
    送料無料
  • 郵便局留め可能
  • 荷物の追跡可能

トラザロン(デジレル)

  • 医薬品
  • ジェネリック
  • 内服薬

トラザロンはデジレルのジェネリック。鎮静系抗うつ剤と呼ばれる特殊な薬で、うつ病に対する抗うつ効果は弱いですが強力な睡眠作用があり副作用が少ないのが特徴です。また、睡眠薬としての出番も多い薬です。
トラザロン(デジレル) 50mg
内容量 販売価格 1錠単価 ポイント 購入する
100錠 4,500円
4,280円
1錠あたり
42円
128pt獲得 カートに入れる
200錠 9,000円
8,130円
1錠あたり
40円
243pt獲得 カートに入れる
300錠 13,500円
11,550円
1錠あたり
38円
346pt獲得 カートに入れる

よく一緒に購入される商品はこちら

トラザロン(デジレル)について詳しく見る

商品詳細

トラザロン(デジレル)とは、"鎮静系抗うつ剤"という種類の抗うつ剤です。
抗うつ剤といえば三環系やSSRI、SNRIなどが有名ですがトラザロン(デジレル)はいずれのグループにも属していない、独特な抗うつ剤となります。
トラザロン(デジレル)が持つ抗うつ効果は弱いため、単独でうつ病治療に用いることはほとんどありません。
しかしトラザロン(デジレル)にはその代わりに「眠気をもたらす」作用があるため抗うつ剤というよりも、不眠症に悩む方に向けた睡眠薬としての出番が増えています。

トラザロン(デジレル)の特徴トラザロン(デジレル)には、3つの特徴があります。

■抗うつ効果は弱い
■強力な睡眠作用
■副作用が少ない

トラザロン(デジレル)は抗うつ剤として開発された薬ですが、うつ病に対する治療効果は弱いです。
ですがトラザロン(デジレル)には優れた睡眠作用があり、しかもノンレム睡眠(深い眠り)を増やしてくれるためぐっすりと眠ることが可能になります。
さらにトラザロン(デジレル)は一般的な睡眠薬とは違った働き方をするため、他の睡眠薬では効き目を感じられないという場合にも頼れる薬です。

またトラザロン(デジレル)を服用すると眠気やふらつきが現れることがありますが、しかし全体的には副作用が少なく安全性にも優れた向精神薬となっています。

トラザロン(デジレル)の特徴人の脳では、様々な神経伝達物質(モノアミン)により情報伝達がおこなわれています。
しかしうつ病のような精神疾患を発症するとモノアミンの数が減少し、脳の働きに異常が起こるため気分の落ち込みや意欲の低下などの症状が現れてしまいます。
そこでトラザロン(デジレル)は、気分の落ち込みや不安感を改善させる効果を持つ"セロトニン"を増やすことでうつ病の症状を改善します。

セロトニンは脳内の「神経細胞」から放出され、その後不要だと判断されると神経細胞に再び回収されます。
トラザロン(デジレル)にはセロトニンの再回収を防ぐ作用があり、脳内にセロトニンが長く留まるようにしてくれます。
これにより脳内のセロトニン不足が解消され、うつ症状を改善することが可能となるのです。

またトラザロン(デジレル)には、"セロトニン2A受容体"という器官の働きを抑える作用もあります。
セロトニン2A受容体の働きが抑えられると脳の興奮が抑えられ、リラックスするため眠気が引き起こされるのです。

服用方法・使用方法

トラザロン(デジレル)の服用方法は、次のようになります。

1日75~100mgを初期用量として1日200mgまで増量し、1回~数回に分けて服用

なお年齢、症状により適宜増減します。
また抗うつ剤の服用により24歳以下の患者さんにおいて自殺念慮、自殺企図のリスクが増加するとの報告があります。
トラザロン(デジレル)の服用に当たってはリスクとベネフィットを考慮してください。

トラザロン(デジレル)の注意点■自動車の運転などは控えること
トラザロン(デジレル)の服用により眠気、注意力・集中力・反射運動能力などの低下が起こることがあります。
服用中は自動車の運転など危険を伴う機械の操作は控えるようにしてください。
■持続性勃起(プリアピズム)に注意
トラザロン(デジレル)の服用によりペニスおよびクリトリスの持続性勃起が起こることが報告されています。
こうした症状が現れた場合にはすぐに服用を中止してください。
■自殺企図に注意
うつ症状のある患者さんには希死念慮(「死にたい」と考えること)があり、自殺企図の恐れがあります。
このような患者さんがトラザロン(デジレル)の服用開始早期ならびに服用量を変更する場合には患者さんの状態および病態の変化を注意深く観察してください。
■副作用などに注意
トラザロン(デジレル)の服用により不安、焦燥、興奮、パニック発作、不眠、易刺激性、敵意、攻撃性、衝動性、アカシジア/精神運動不穏、軽躁、躁病などが現れることが報告されています。
また因果関係は明らかでないものの、これらの症状をきたした症例において基礎疾患の悪化または自殺念慮、自殺企図、他害行為が報告されています。
服用中は患者さんの状態および病態の変化を注意深く観察するとともに、これらの症状の増悪が見られた場合にはトラザロン(デジレル)の服用量を増量せず徐々に減量し、中止するなど適切な処置をおこなってください。
■最小限の処方に留めること
自殺目的での過量服用を防ぐため、自殺傾向がある患者さんにトラザロン(デジレル)を処方する場合には1回分の処方日数を最小限に留めることとされています。
■家族の方
トラザロン(デジレル)の服用により自殺念慮や自殺企図、興奮、攻撃性、易刺激性など行動の変化および基礎疾患の悪化が現れるリスクなどがあることを家族の方にも十分説明し。また医師と連絡を取り合うようにすることとされています。
■離脱症状に注意
トラザロン(デジレル)の服用量の急激な減少ないしは服用中止により嘔気、頭痛、けん怠感、不安、睡眠障害などの離脱症状が現れることがあります。
服用を中止する場合は徐々に減量をするなど慎重におこなってください。

副作用

トラザロン(デジレル)による副作用症状は、次のとおりになります。
循環器頻度0.1~5%未満低血圧、動悸・頻脈
頻度0.1%未満湿疹、徐脈、不整脈
頻度不明高血圧、起立性低血圧
精神神経系頻度0.1~5%未満眠気、目まい・ふらつき、頭痛・頭重、構音障害、振戦(ふるえ)などのパーキンソン症状、頭がボーっとする、視調節障害(霧視、複視など)、不眠、運動失調、躁転
頻度0.1%未満痙攣、焦燥感、流涎、健忘、知覚障害、幻覚、運動方、不安、見当識障害、口周囲不随意運動、集中力低下
頻度不明興奮、妄想、性欲亢進、悪夢、怒り・敵意(攻撃的反応)、異常感覚、インポテンス、協調運動障害、激越
過敏症頻度0.1~5%未満浮腫(むくみ)、発疹
頻度0.1%未満そう痒感
頻度不明眼瞼そう痒感
血液頻度0.1~5%未満白血球減少、貧血
頻度0.1%未満白血球増多
頻度不明溶血性貧血、血小板減少
消化器頻度0.1~5%未満口の渇き、便秘、悪心・嘔吐、食欲不振、腹痛
頻度0.1%未満下痢、胃重感、嚥下障害、腹部膨満感、味覚異常
頻度不明食欲亢進、胸やけ
肝臓頻度0.1~5%未満肝機能障害(AST(GOT、ALT(GPT)、AI-P、γ-GTPの上昇など)
その他頻度0.1~5%未満けん怠感、ほてり、脱力感、排尿障害
頻度0.1%未満鼻閉、関節痛、筋肉痛、発汗、眼精疲労、耳鳴、尿失禁、頻尿、射精障害、月経異常、乳房痛、胸痛、体重減少、体重増加、疲労、悪寒、血清脂質増加
頻度不明息切れ、血尿、乳汁分泌、眼球充血、低ナトリウム血症、発熱

※赤文字の症状が現れた時はトラザロン(デジレル)の服用を中止してください。

重い副作用症状
QT延長、心室頻拍、心室細動、心室性期外収縮胸が急にドキドキする、息切れ、めまい、ふらつく、失神
悪性症候群動かず黙り込む、筋強剛、水や食べ物を飲み込むのが困難になる、頻脈、血圧の変動、発汗
セロトニン症候群錯乱、発汗、ミオクローヌス(からだの一部が急にピクッと動く)、頻脈、ふるえ、発熱
錯乱、せん妄幻覚、妄想、今いる場所や時間がわからなくなる
麻痺性イレウス食欲不振、吐き気、嘔吐、著しい便秘、お腹が張る感じ
持続性勃起ペニスやクリトリスの勃起が4時間以上続く
無顆粒球症発熱・ノドの痛みなど風邪のような症状、細菌やウイルスに感染しやすくなる

注意点

トラザロン(デジレル)との併用禁忌薬は、次のとおりになります。

併用禁忌■インビラーゼ
併用によりトラザロン(デジレル)の血中濃度が増加し、重篤な心血管系の副作用(QT延長など)を起こす恐れがあります。

トラザロン(デジレル)を服用できない方■トラザロン(デジレル)の成分トラゾドンに過敏症(アレルギー)の既往歴のある患者さん
■インビラーゼを服用中の患者さん

トラザロン(デジレル)との併用に注意が必要な薬■降圧剤
併用により起立性低血圧およに失神を含む低血圧を起こす恐れがあるので、降圧剤の用量の調節に注意してください。
■アルコール・中枢神経抑制剤
併用によりトラザロン(デジレル)の作用が強まる恐れがあります。
なお、服用中はできるだけ飲酒を避けるようにしてください。
  • バルビツール酸誘導体
など
■モノアミン酸化酵素阻害剤
モノアミン酸化酵素阻害剤の服用中止直後あるいは併用する場合に、トラザロン(デジレル)の作用が強まる恐れがあります。
トラザロン(デジレル)の服用量を徐々に増量するなど慎重に服用を開始してください。
■強心配糖体(ジゴシンなど)・アレビアチン/ヒダントール
併用により血清中のジゴシン、またはアレビアチン/ヒダントールの濃度が上昇する恐れがあります。
■フェノチアジン誘導体
併用により血圧低下を起こす恐れがあります。など
■ワーファリン
併用によりプロトロンビン時間の短縮が見られたとの報告があります。
■テグレトール
テグレトールとの併用によりトラザロン(デジレル)の血中濃度が低下し、作用が弱まる恐れがあります。
■CYP3A4阻害剤
併用によりトラザロン(デジレル)の血中濃度が上昇し作用が強まる恐れがあるので、トラザロン(デジレル)を減量するなど用量に注意してください。
  • ノービア
  • クリキシバン
■セロトニン症候群を起こす恐れのある薬
併用によりセロトニン症候群を起こす恐れがあります。

トラザロン(デジレル)のレビュー・口コミ

レビュー・口コミを書く

商品名

お名前(ニックネーム)

年齢

満足度

タイトル

レビュー・口コミ本文

関連商品はこちら