商品カテゴリー
荷物追跡

ご注文商品のお届け状況を確認することができます。お問い合わせ番号をご入力ください。

郵便局のホームページに移動します。

バイアグラ バイアグラ
  • お届けまで約5日~14日
  • 10,000円以上のご購入で
    送料無料
  • 郵便局留め可能
  • 荷物の追跡可能

ベルソムラ

  • 医薬品
  • 先発薬
  • 内服薬

ベルソムラは依存性や耐性がほとんどない不眠症治療薬です。効果は6~8時間持続し、脳の覚醒状態を抑えることで寝付けなかったり目が覚めてしまうような睡眠障害を改善する効果があります。
ベルソムラ 15mg
内容量 販売価格 1錠単価 ポイント 購入する
100錠 28,560円
24,680円
1錠あたり
246円
740pt獲得 カートに入れる
ベルソムラ 20mg
内容量 販売価格 1錠単価 ポイント 購入する
100錠 32,160円
29,580円
1錠あたり
295円
887pt獲得 カートに入れる

よく一緒に購入される商品はこちら

ベルソムラについて詳しく見る

商品詳細

ベルソムラとは国内で2014年から販売がスタートした、新しいタイプの睡眠薬です。
副作用が生じにくく、眠気をもたらす効果もしっかりしています。
さらに即効性・持続性のどちらにも優れているため、効果のバランスが良い睡眠薬です。
まだ登場したばかりで歴史は浅いものの、国内の病院でも不眠症の患者さんにベルソムラが処方される機会も増えてきています。

ベルソムラの特徴ベルソムラには、4つの特徴があります。

■これまでの睡眠薬とは違った効果
■即効性・持続性に優れる
■しっかりとした睡眠作用
■耐性・依存性が少ない

これまで使われる機会が多かった睡眠薬は"ベンゾジアゼピン系(ハルシオンなど)"、"非ベンゾジアゼピン系(ルネスタなど)"と呼ばれる薬です。
これらの薬は耐性や依存性が生じるという問題点はあるものの、しっかりとした効き目があるため人気が高い睡眠薬でした。

これに対しベルソムラは、"オレキシン受容体拮抗薬"という種類の薬になります。
眠気をもたらすメカニズムこそ違いますが効き目の強さは非ベンゾジアゼピン系などと同等で、しかも耐性や依存性はほとんど現れません。
さらに服用してから10~15分ほどで効き目が現れ、6~8時間も持続するとされています。

そのためベルソムラは「なかなか寝付けない(入眠障害)」、「夜中に目が覚める(中途覚醒)」などの不眠症状に悩んでいる方にとって頼れる睡眠薬です。

ベルソムラの効果・効能人の脳は1日の中で「覚醒」と「睡眠」を繰り返しています。
実際に脳の中で「覚醒状態を維持」させている物質が"オレキシン"です。
オレキシンは"オレキシン受容体"と呼ばれる組織と結びつくことで、脳の覚醒状態を保っています。

そこでベルソムラは、オレキシンの働きを阻害することで眠気を引き起こす睡眠薬となります。
ベルソムラを服用すると、含まれている成分がオレキシン受容体にフタをしてしまいます。
するとオレキシンと受容体はくっつくことができなくなるため脳は覚醒状態を維持できなくなり、次第に睡眠へと導かれていくのです。

服用方法・使用方法

ベルソムラの服用方法は、次のようになります。

■成人

1日1回、就寝前に20mgを服用

■高齢者

1日1回、就寝前に15mgを服用

ベルソムラの注意点■自動車の運転などは控えること
ベルソムラの効果は服用した日の翌朝にも影響を及ぼし、眠気や注意力・集中力・反射運動能力などの低下を起こすことがあります。
服用後は自動車の運転など危険を伴う機械の操作はおこなわないように注意してください。
■漫然と飲み続けないこと
不眠症の症状が改善された場合、ベルソムラの服用を続ける必要があるかどうかを検討して漫然と飲み続けないように注意してください。

副作用

ベルソムラによる副作用症状は、次の通りになります。
一般・全身障害及び投与部位の状態頻度1~5%未満疲労
神経系障害頻度1~5%未満傾眠、頭痛、浮動性めまい
頻度1%未満睡眠時麻痺
精神障害頻度1~5%未満悪夢
頻度1%未満異常な夢、入眠時幻覚
頻度不明睡眠時随伴症、夢遊症、傾眠時幻覚

注意点

ベルソムラとの併用禁忌薬は、次の通りになります。

併用禁忌■CYP3A4を強く阻害する薬
ベルソムラの作用が著しく強まる恐れがあるため、併用はしないようにしてください。
ベルソムラを服用できない方■ベルソムラの成分スボレキサントに過敏症(アレルギー)の既往歴のある方
■CYP3A4を強く阻害する薬を服用中の方

ベルソムラとの併用に注意が必要な薬■アルコール(飲酒)
精神運動機能が相加的に低下する可能性があります。
ベルソムラを服用中の飲酒は避けるようにしてください。
■中枢神経抑制剤
中枢神経系に対する抑制作用を強める恐れがあります。
  • フェノチアジン誘導体
  • バルビツール酸誘導体
など
■CYP3A4を阻害する薬
傾眠、疲労などのベルソムラによる副作用が強まる恐れがあります。
併用する際はベルソムラの用量を「1日1回10mg」に減量することを考慮すると共に服用した方の状態を慎重に観察してください。
■CYP3A4を強く誘導する薬
併用によりベルソムラの作用が弱まる恐れがあります。など
■ジゴシン
併用によりジゴシンの血漿中濃度が上昇する恐れがあります。

ベルソムラのレビュー・口コミ

レビュー・口コミを書く

商品名

お名前(ニックネーム)

年齢

満足度

タイトル

レビュー・口コミ本文

関連商品はこちら

最近閲覧した商品