商品カテゴリー
荷物追跡

ご注文商品のお届け状況を確認することができます。お問い合わせ番号をご入力ください。

郵便局のホームページに移動します。

バイアグラ
  • お届けまで約5日~14日
  • 10,000円以上のご購入で
    送料無料
  • 郵便局留め可能
  • 荷物の追跡可能

スキゾリル(クロザリル)

  • 医薬品
  • ジェネリック
  • 内服薬

スキゾリルは抗精神病薬であるクロザリルのジェネリックです。非常に強力な効果を持っているので、他の薬でコントロールできない場合に用いられます。しかしその強い効果の反面、副作用も重いことが知られています。
スキゾリル(クロザリル) 100mg
内容量 販売価格 1錠単価 ポイント 購入する
100錠 3,800円
3,610円
1錠あたり
36円
108pt獲得 カートに入れる
200錠 7,600円
6,860円
1錠あたり
34円
205pt獲得 カートに入れる
300錠 11,400円
9,750円
1錠あたり
32円
292pt獲得 カートに入れる

よく一緒に購入される商品はこちら

スキゾリル(クロザリル)について詳しく見る

商品詳細

スキゾリル(クロザリル)は、統合失調症の治療に用いられる抗精神病薬です。
統合失調症は薬を使うことで、多くの場合は症状をコントロールすることができます。
しかし中には、次のような「治療抵抗性統合失調症」と呼ばれる状態になることもあります。

  • 複数の薬を十分な量、期間使っても症状が抑えられない
  • 副作用が起こるため十分な量の薬を服用できない
  • 入院が長期間続いている
  • 症状が辛くて外に出られない
など

スキゾリル(クロザリル)はそのような場合にだけ、最終手段として用いられる薬です。
効果が強い分、重い副作用が現れることもあるため適切に使用するためには医師による管理が不可欠です。

スキゾリル(クロザリル)の特徴スキゾリル(クロザリル)には、3つの特徴があります。

■治療抵抗性の統合失調症にも治療効果を発揮
■無顆粒球症などの重い副作用が起きる可能性がある
■服用中は定期的な検査が必要

スキゾリル(クロザリル)は、他の薬では症状が抑えられない治療抵抗性統合失調症を治療する抗精神病薬です。
重い症状に悩んでいた多くの患者さんを救ったという実績もあり、世界の約100ヶ国で使用されています。
しかし、それだけ強力な効果を持つだけに無顆粒球症などのような重い副作用が起こりやすいというデメリットもあります。
実際に過去には死亡例もあり、国内では販売が中止されたこともありました。

スキゾリル(クロザリル)は統合失調症治療において最後の柱とも言える薬ですが、基本的には「CPMS(クロザリル患者モニタリングサービス)」に登録された医師の下での服用が必要になります。

スキゾリル(クロザリル)の効果・効能統合失調症に対して高い治療効果を発揮してくれるスキゾリル(クロザリル)ですが、具体的にどのような作用があるのかは分かっていません。

統合失調症の症状は、「ドーパミン」という物質が増えすぎることで起こると考えられています。
ドーパミンは「ドーパミン2受容体」と呼ばれる器官と結びつき、からだの中で様々な反応を起こします。
この時、受容体に大量のドーパミンが結びつくと"本来はあるはずがないモノ"を感じるようになって幻覚や妄想のような症状が起こります。

一般的な抗精神病薬にはドーパミン2受容体にフタをして、ドーパミンが受容体にくっつくことを阻害する作用があります。
つまりドーパミンの働きを弱めることで統合失調症の症状を和らげるのです。

しかし、スキゾリル(クロザリル)にはドーパミン2受容体に対する作用はほとんどありません。
そのため他の薬とは違う作用でドーパミンの働きを整え、統合失調症を治療すると考えられています。

服用方法・使用方法

スキゾリル(クロザリル)は他の抗精神病薬で治療できなかった統合失調症の患者さんのみ、次のような方法で服用できます。

  • 初日は12.5mgを1日1回の服用
  • 2日目は25mgを1日1回の服用
  • 3日目以降は症状により1日25mgずつ、原則3週間かけて1日200mgまで増量し、また1日量が50mgを超える場合は2~3回に分けて服用

維持量は1日200~400mgを2~3回に分けて服用することとし、症状に応じて適宜増減します。
ただし1回の増量には4日以上の間隔を空け、1日100mgを超えない範囲内で増量するようにして下さい。
また1日の最高用量は600mgまでとなります。

スキゾリル(クロザリル)の注意点■重い副作用に注意
スキゾリル(クロザリル)の服用により無顆粒球症、心筋炎、糖尿病性ケトアシドーシス、糖尿病性昏睡などの重い副作用が現れる恐れがあります。
そのためCPMSに登録されている医療機関・薬局で、登録された医師・薬剤師のもとで患者さんはCPMSの規定を守り、薬が服用できるかを判断して下さい。
■血液障害に注意
スキゾリル(クロザリル)の服用により好中球減少症などの血液障害が現れることがあります。
医師のもとで適切な血液検査を行い、万が一症状が現れた場合は適切な処置を受けるようにして下さい。
■感染症に注意
スキゾリル(クロザリル)の服用中に感染症またはその徴候(発熱やノドの痛みなど)が現れた場合、患者さんや代諾者の方はすぐに医師に連絡をとるようにして下さい。
またこれらの症状が現れた時は、ただちに血液検査を受けて下さい。
■心疾患に注意
スキゾリル(クロザリル)の服用により心筋炎、心筋症、心膜炎、心嚢液貯留が現れることがあります。
服用中に次のような症状が見られた時は循環器内科医と相談し、服用を中止するなどの適切な処置を受けるようにして下さい。
  • 安静時の持続性頻脈、動悸、不整脈、胸の痛みなど
  • 心不全の症状やその徴候(原因不明の疲労、呼吸困難、頻呼吸など)
■血糖値に注意
スキゾリル(クロザリル)の服用により糖尿病性ケトアシドーシスや糖尿病性昏睡などの命に関わる重大な副作用が現れる恐れがあります。
服用中はCPMSに従って定期的に血糖値などを測定し、また高血糖の症状や徴候に注意して、糖尿病治療に関わる十分な知識・経験を持った医師と連携して適切な対応を行って下さい。
特に糖尿病やその既往歴、および危険因子を持っている患者さんは治療上のメリットが危険性を上回る場合のみスキゾリル(クロザリル)を服用して下さい。
なお糖尿病性ケトアシドーシスまたは糖尿病性昏睡の徴候が見られた時はスキゾリル(クロザリル)の服用を中止し、インスリン製剤を服用するなどの処置を行って下さい、
■血栓塞栓症に注意
スキゾリル(クロザリル)など抗精神病薬の服用により、肺塞栓症や静脈血栓症などの血栓塞栓症が起こることがあります。
長期間寝たきりの状態が続いていたり、肥満や脱水状態の危険因子を持っている方は注意して下さい。
■体重の増加に注意
スキゾリル(クロザリル)の服用により体重の増加をきたすことがあります。
服用中は肥満に注意し、その徴候が現れた場合は食事療法や運動療法などの適切なダイエット法を行って下さい。
■肝機能障害のある方は注意
肝機能障害のある患者さんがスキゾリル(クロザリル)を布教する場合は定期的に血液検査を受けるようにして下さい。
服用中に悪心、嘔吐、食欲不振などの肝機能障害を疑わせる症状が現れた場合、すぐに肝機能検査を行って下さい。
この際に数値の上昇や黄疸が見られた場合はスキゾリル(クロザリル)の服用を中止し、検査値が回復するまで服用を再開しないようにして下さい。
■自動車の運転などは控えること
スキゾリル(クロザリル)の服用により眠気や注意力・集中力。反射運動能力などの低下が起こることがあります。
服用中は自動車の運転など危険を伴う機械の操作は控えるようにして下さい。
■外来治療への切り替え
スキゾリル(クロザリル)は服用開始から18週間は入院管理下で服用していくのが原則です。
ただし薬の効き目や安全性が確認され、なおかつ以下の基準をすべて満たした時は外来での治療に切り替えることも可能です。
  • 服用開始から3週間を経過し、かつ至適用量を決めてから1週間以上経過した場合
  • 患者さんと同居して症状を確認し、規定量の服薬やCPMSの規定通りの通院を支援できる方がいる場合
ただし感染症の徴候などに関連しそうな賞状が見られた場合はすぐに主治医に相談して下さい。
■好酸球増多症に注意
スキゾリル(クロザリル)の服用により好酸球増多症が起きることがあるので、服用中に血液検査値が異常を示した場合は服用を中止することが望ましいとされています。
また異常が認められた場合は血液内科医に相談するようにして下さい。
なお、服用の再開は血液検査値がある程度回復してからにして下さい。
■血小板減少症に注意
スキゾリル(クロザリル)の服用により血小板減少症が起きることがあるので、服用中に血液検査値が異常を示した場合は服用を中止することが望ましいとされています。
また異常が認められた場合は血液内科医に相談するようにして下さい。

副作用

スキゾリル(クロザリル)の副作用症状は、次のようになります。
血液およびリンパ系障害頻度5%以上白血球増加、好酸球増加
頻度5%未満血小板減少、血小板増加、貧血
代謝および栄養障害頻度5%以上口の渇き、体重増加、体重減少、高トリグリセリド血症
頻度5%未満高コレステロール血症
精神神経系障害頻度5%以上傾眠、目まい、頭痛
頻度5%未満鎮静
頻度不明錯乱、せん妄、落ち着きのなさ、不安・焦燥・興奮、強迫症状、吃音、コリン作動性薬物離脱症候群(発汗、頭痛、悪心、嘔吐、下痢など)
錐体外路症状頻度5%以上振戦(ふるえ)、アカシジア、構語障害、遅発性ジスキネジア
頻度5%未満筋固縮
頻度不明ジストニア(側反弓)
眼の障害頻度不明霧視
心障害頻度5%以上頻脈、心電図変化
頻度5%未満QT延長
頻度不明不整脈、動悸、心房細動
血管障害頻度5%以上血圧低下
頻度5%未満高血圧
呼吸器系障害頻度5%以上肺炎
頻度不明誤嚥、嚥下性肺炎、呼吸抑制、呼吸停止、下気道感染
消化器系障害頻度5%以上流涎過多、便意、悪心、嘔吐、消化不良
頻度5%未満嚥下障害、耳下腺腫大、下痢
頻度不明口内乾燥
肝臓・胆管系障害頻度5%以上肝機能検査値上昇(ALT(GPT)増加、AST(GOT)増加、γ-GTP増加など)
頻度不明膵炎
皮膚・皮下組織障害頻度5%未満発疹
頻度不明血管性浮腫
腎臓・泌尿器系障害頻度5%以上尿失禁
頻度5%未満尿閉
頻度不明間質性腎炎
生殖器障害頻度不明持続勃起症、逆行性射精
全身障害頻度5%以上疲労・けん怠感、発熱、発汗・体温調節障害
頻度不明筋力低下、筋肉痛
臨床検査頻度5%以上CK(CPK)増加、ALP増加、LDH増加、プロラクチン増加、TSH低下
頻度5%未満脳波異常


重い副作用症状
無顆粒球症、白血球減少症、好中球減少症発熱、ノドの痛み、全身がだるい、細菌やウィルスに感染しやすくなる
心筋炎、心筋症、心膜炎、心嚢液貯留風邪のような症状(ノドの痛みや咳、発熱など)
高血糖、糖尿病性ケトアシドーシス、糖尿病性昏睡口の渇き、全身がだるい、悪心、嘔吐、下痢、腹痛
悪性症候群発熱、意識がもうろうとする、筋肉のこわばり、四肢の震え、脈が早くなる、筋肉痛
てんかん発作、痙攣、ミオクローヌス発作意識がもうろうとする、手足のけいれん、全身のけいれん、全身の力が抜ける
起立性低血圧、失神、循環虚脱午前中や食後・運動後にめまいやふらつきが現れる、失神
肺塞栓症、深部静脈血栓症息苦しい、息を吸う時に胸の痛み、ふくらはぎの腫れや痛み
劇症肝炎、肝炎、胆汁うっ滞性黄疸食欲不振、けん怠感、吐き気、嘔吐、コーラ色の尿、皮膚や白目が黄色くなる
腸閉塞、麻痺性イレウスお腹がはる、いちじるしい便秘、腹痛、吐き気、嘔吐

注意点

スキゾリル(クロザリル)の併用禁忌薬は、次のようになります。

併用禁忌■骨髄抑制を起こす可能性のある薬・放射線療法・化学療法
併用により、無顆粒球症が現れやすくなる恐れがあります。
■持続性抗精神病薬
副作用への対処が遅れるため、これらの薬が血中から無くなるまではスキゾリル(クロザリル)を服用しないようにして下さい。
  • ハロマンス/ネオペリドール
  • フルデカシン
  • リスパダールコンスタ
  • ゼプリオン
  • エビリファイ(※リンク先はジェネリック)
■アドレナリン作動薬
併用によりアドレナリンの作用が反転し、重篤な血圧低下を起こす恐れがあります。
  • ボスミン
  • ノルアドレナリン

スキゾリル(クロザリル)を服用できない方■スキゾリル(クロザリル)の成分クロザピンに過敏症(アレルギー)の既往歴のある方
■CPMS登録前(4週間以内)の血液検査で、白血球数が4000/mm3未満、または好中球数が2000/mm3未満の患者さん
■CPMSの規定を守れない患者さん
■CPMSの定める血液検査の中止基準により、スキゾリル(クロザリル)の服用を中止したことがある患者さん
■無顆粒球症、または重度の好中球減少症の既往歴のある方
■骨髄機能障害のある方
■骨髄抑制を起こす可能性のある薬を服用中、または治療を行っている患者さん
■持続性抗精神病薬を服用中の患者さん
■重度のけいれん性疾患、または賞状がコントロールできていないてんかん患者さん
■アルコールまたは薬物による急性中毒、昏睡状態の患者さん
■循環虚脱状態の患者さん、または中枢神経抑制状態の患者さん
■重度の心疾患(心筋炎など)のある患者さん
■重度の腎機能障害のある患者さん
■重度の肝機能障害のある患者さん
■麻痺性イレウスの患者さん
■アドレナリン作動薬を服用中の患者さん

また以下の患者さんは原則服用はできませんが、特に必要な場合にだけ慎重に服用して下さい。
■糖尿病、またはその既往歴のある患者さん

スキゾリル(クロザリル)との併用に注意が必要な薬■中枢神経抑制作用を持つ薬
併用により鎮静、傾眠などの中枢神経抑制作用が強く現れることがあります。
  • アルコール
  • MAO阻害剤
  • 中枢神経抑制剤(抗ヒスタミン薬、ベンゾジアゼピン系薬剤、麻薬系鎮痛剤など)
■ベンゾジアゼピン系薬剤
併用により循環虚脱が現れるリスクが高まり、心停止や呼吸停止につながる恐れがあります。
■抗コリン作用を持つ薬
併用により、抗コリン作用が強まる恐れがあります。
■降圧剤
併用により血圧低下、起立性低血圧が現れる恐れがあります。
■呼吸抑制作用を持つ薬
併用により、呼吸抑制佐用が強まる恐れがあります。
■リチウム製剤
併用により、悪性症候群のリスクが高まるとの報告があります。
■デパケン
併用によりてんかん発作、せん妄が現れたとの報告があります。
■CYP3A4を誘導する薬
併用によりスキゾリル(クロザリル)の血中濃度が低下し、作用が弱まる恐れがあります。
なおタバコについては、喫煙の中止によりスキゾリル(クロザリル)の血中濃度が増加する可能性があります。
  • リファジン
  • テグレトール(※リンク先はジェネリック)
  • アレビアチン/ヒダントール
など
■CYP1A2を誘導する薬
併用によりスキゾリル(クロザリル)の血中濃度が低下し、作用が弱まる恐れがあります。
なおタバコについては、喫煙の中止によりスキゾリル(クロザリル)の血中濃度が増加する可能性があります。
  • オメプラール/オメプラゾン
  • ニコチン(喫煙)
など
■CYP1A2を阻害する薬
併用によりスキゾリル(クロザリル)の血中濃度が高まる恐れがあるので、併用する場合は用量に注意して下さい。■カフェイン
カフェインの摂取によりスキゾリル(クロザリル)血中濃度が上昇し、カフェインの摂取を5日間中止するとスキゾリル(クロザリル)の血中濃度が半減したとの報告があります。
■CYP3A4を阻害する薬
スキゾリル(クロザリル)の血中濃度が高まる恐れがあるので、併用する場合は用量に注意して下さい。
  • エリスロマイシン
  • タガメット
  • アゾール系抗真菌薬(イトリゾール(※リンク先はジェネリック)、ブイフェンドなど)
  • HIVプロアテーゼ阻害薬
■ジェイゾロフト
ジェイゾロフトとの併用により、スキゾリル(クロザリル)の血中濃度が上昇する恐れがあります。
併用する場合は用量に注意して下さい。
■パキシル
パキシルとの併用により、スキゾリル(クロザリル)の血中濃度が上昇したとの報告があります。

スキゾリル(クロザリル)のレビュー・口コミ

レビュー・口コミを書く

商品名

お名前(ニックネーム)

年齢

満足度

タイトル

レビュー・口コミ本文

関連商品はこちら