商品カテゴリー
荷物追跡

ご注文商品のお届け状況を確認することができます。お問い合わせ番号をご入力ください。

郵便局のホームページに移動します。

バイアグラ
  • お届けまで約5日~14日
  • 10,000円以上のご購入で
    送料無料
  • 郵便局留め可能
  • 荷物の追跡可能

アスプリト(エビリファイ)

  • 医薬品
  • ジェネリック
  • 内服薬

アスプリトはエビリファイのジェネリック。エビリファイより安価に購入できます。ドーパミンのバランスを整える作用があり、統合失調症をはじめとする様々な精神疾患に効果がある上、副作用も少ない抗精神病薬です。
アスプリト(エビリファイ) 15mg
内容量 販売価格 1錠単価 ポイント 購入する
100錠 5,500円
4,950円
1錠あたり
49円
148pt獲得 カートに入れる
200錠 11,000円
9,400円
1錠あたり
47円
282pt獲得 カートに入れる
300錠 16,500円
13,360円
1錠あたり
44円
400pt獲得 カートに入れる

よく一緒に購入される商品はこちら

アスプリト(エビリファイ)について詳しく見る

商品詳細

アスプリト(エビリファイ)とは抗精神病薬に分類され、主に統合失調症の治療に効果を発揮する薬です。
国内では2006年から販売がスタートしたエビリファイのジェネリック医薬品となり、先発薬と同じ成分「アリピプラゾール」が含有されています。
この成分は脳内にあるドーパミンのバランスを整える作用があり、また他の抗精神病薬よりも副作用が抑えられていることが特徴です。
さらにアスプリト(エビリファイ)は統合失調症以外の精神疾患にも有効で、うつ病や躁うつ病の治療に用いられることもあります。

アスプリト(エビリファイ)の特徴アスプリト(エビリファイ)の特徴は、3つあります。

■他の抗精神病薬とは異なる作用がある
■副作用が少ない
■統合失調症の陰性症状や抗うつ効果も優れている

他の抗精神病薬とは異なる作用があることで、統合失調症以外でも効果を発揮してくれるのがアスプリト(エビリファイ)です。
また全体的に他の薬よりも副作用が少なめなことから、安全面にも優れた向精神薬となります。

アスプリト(エビリファイ)の効果・効能統合失調症は、脳の中でドーパミンと呼ばれる神経物質が分泌され過ぎていることが原因だと考えられています。
そのためほとんどの抗精神病薬が、ドーパミンを遮断する作用になっています。
簡単にいうと、ドーパミンがはたらきかけるドーパミン受容体にフタをするイメージです。
しかし、ドーパミンを遮断してしまうと必要以上に遮断してしまうこともあります。
ドーパミンが少なくなってしまうと、次はパーキンソン病のような神経症状が副作用として現れてしまうこともあります。

アスプリト(エビリファイ)が従来までの抗精神病薬と異なるのは、「ドーパミンの量を調整できる」ことになります。
ドーパミンのはたらきを遮断してしまうのではなく、適量になるように調整してくれる作用があります。
適量に調整してくれることで統合失調症をはじめ、さまざまな精神疾患に効果を発揮してくれます。
薬の作用によって無理矢理ドーパミンを遮断しないことから、副作用も全体的に少なめとなっています。

服用方法・使用方法

アスプリト(エビリファイ)は症状ごとで服用方法が異なります。

■統合失調症
統合失調症の服用方法は、次の通りになります。

1日6~12mgを開始の用量、1日6~24mgを維持用量として、1~2回にわけての服用

尚、症状や年齢によって用量は適宜増減しますが、1日の用量は30mgを超えないようにして下さい。

■躁鬱病の躁症状の改善
躁鬱病の服用方法は、次のようになります。

1日12~24mgを1回の服用

尚、開始の用量は24mgとなり、年齢や症状などによって用量は適宜増減しますが、1日の用量は30mgを超えないようにして下さい。

■うつ病(現在行っている治療で十分な効果がない場合に限る)
うつ病の服用方法は、次のようになります。

1日3mgを1回服用

尚、年齢や症状によって用量は適宜増減しますが、用量を増やす場合には1日量を3mgとして、最大用量は15mgを超えないようにして下さい。

アスプリト(エビリファイ)の注意点■危険な作業は控える
アスプリト(エビリファイ)の服用によって、次のような症状が現れることがあります。
  • 眠気
  • 注意力や集中力、反射運動能力などの低下
など
アスプリト(エビリファイ)を服用してからの車の運転や危険を伴う作業は控えるようにして下さい。
■統合失調症は精神症状が悪化することも
統合失調症の場合、アスプリト(エビリファイ)の服用によって興奮や敵意、誇大性などの精神症状を悪化させることがあります。
悪化がみられた場合には医師に相談し、他の治療薬への切り替えを検討して下さい。
■低血糖には注意
アスプリト(エビリファイ)の服用によって、次のような低血糖症状が現れることがあります。
  • 脱力感
  • 倦怠感
  • 冷や汗
  • 振戦(ふるえ)
  • 傾眠
  • 意識障害
など
服用期間中は、血糖値の測定を定期的に行うようにして下さい。

副作用

アスプリト(エビリファイ)の副作用の中でも特に現れやすいのが、次のような症状です。
  • 不眠
  • 神経過敏
  • アカシジア
  • 振戦(ふるえ)
  • 不安
  • 体重の現象
  • 筋強剛
  • 食欲不振

その他の症状は、次の通りになります。
精神神経頻度5%以上不眠、神経過敏、不安、傾眠
頻度1~5%未満めまい、頭痛、うつ病、幻覚
頻度1%未満リビドー(性欲)亢進、リビドー(性欲)減退、昏迷、自殺企図、攻撃的反応、異常思考、拒食、独語、知覚減退、注意力障害、もやもや感、末梢神経障害、持続勃起、射精障害、勃起不全(ED)、失神、感情不安定、錯乱、神経症、妄想、譫妄、躁病反応、精神症状、双極性障害、認知症、健忘、嗜眠、睡眠障害、鎮静、舌麻痺、気力低下、激越(不安、焦燥、興奮)、パニック反応、片頭痛、顔面痙攣(けいれん)、錯感覚
頻度不明記憶障害、びくびく感、夢遊症、悪夢、衝動制御障害(病的賭博、病的性欲亢進、強迫性購買、暴食など)
錐体外路症状頻度5%以上アカシジア、振戦(ふるえ)、流涎(りゅうぜん)
頻度1~5%未満寡動(かどう)、歩行異常、ジストニア(筋緊張異常)、ジスキネジア、構音障害、筋強剛
頻度1%未満嚥下障害、からだのこわばり、筋緊張、口のもつれ、眼瞼下垂、パーキンソン症候群、眼球挙上、眼球回転発作
頻度不明錐体外路障害、反射亢進
循環器頻度1~5%未満頻脈、高血圧
頻度1%未満心悸亢進、徐脈、低血圧、起立性低血圧、心電図異常(期外収縮、QT延長等)
頻度不明起立血圧異常、狭心症
消化器頻度1~5%未満便秘、悪心、嘔吐、腹痛、下痢、食欲不振、食欲亢進
頻度1%未満食欲不振、軟便、口内炎、舌炎、舌変色胃炎、びらん性胃炎、胃腸炎、腸炎、十二指腸炎、消化不良、口内炎、口唇炎、口唇腫脹、腹部膨満、胃食道逆流性疾患、歯周病
頻度不明膵炎(すいえん)、歯肉痛、舌障害
血液頻度1~5%未満赤血球減少、白血球減少、白血球増多、好中球減少、好中球増多、好酸球減少、単球増多、リンパ球減少、リンパ球増多、ヘモグロビン低下、ヘマトクリット値低下
頻度1%未満貧血、赤血球増多、好塩基球減少、好塩基球増多、好酸球増多、単球減少、血小板減少、血小板増多、ヘモグロビン上昇、ヘマトクリット値上昇
内分泌頻度1~5%未満プロラクチン低下、月経異常
頻度1%未満プロラクチン上昇
頻度不明血中甲状腺刺激ホルモン増加、卵巣障害
肝臓頻度5%以上ALT(GPT)上昇
頻度1~5%%未満AST(GOT)上昇、LDH上昇、γ-GTP上昇、Al-P上昇
頻度1%未満脂肪肝、Al-P低下、LDH低下、総ビリルビン上昇、総ビリルビン低下
頻度不明肺炎、黄疸
腎臓頻度1~5%未満BUN上昇、BUN低下、蛋白尿、尿沈渣異常
頻度1%未満クレアチニン上昇、尿糖、尿ウロビリノーゲン上昇、尿ビリルビン上昇、尿中NAG上昇、尿比重上昇、尿比重低下、血中尿素減少、血中尿酸減少、尿量減少
頻度不明ケトン尿
泌尿器頻度1~5%未満尿潜血
頻度1%未満排尿障害、血尿、膀胱炎、尿閉、頻尿、多尿
頻度不明尿失禁
過敏症頻度1%未満発疹、光線過敏反応、湿疹、紅斑、そう痒症、酒さ
頻度不明血管浮腫、蕁麻疹(じんましん)、薬物過敏症
皮膚頻度1%未満ざ瘡(ニキビ)、皮膚炎、皮膚乾燥、皮膚剥脱、乾皮症、色素沈着障害、脂漏、男性型多毛症
頻度不明真菌感染、脱毛
代謝異常頻度5%以上CK(CPK)上昇
頻度1~5%未満口の渇き、コレステロール低下、HDL-コレステロール上昇、トリグリセライド上昇、リン脂質低下
頻度1%未満多飲症、高血糖、水中毒、高尿酸血症、高脂血症、脂質代謝障害、コレステロール上昇、HDL-コレステロール低下、トリグリセライド低下、CK(CPK)低下
頻度不明血中ブドウ糖変動、血中インスリン増加
呼吸器頻度1%未満鼻炎、咽頭炎、気管支炎、気管支痙攣(けいれん)、咽喉頭症状、しゃっくり、鼻乾燥
頻度不明嚥下性肺炎
頻度1%未満霧視、眼乾燥、視力障害、調節障害、羞明、眼の異常感、眼痛
頻度不明眼のチカチカ
その他頻度5%以上体重の増加
頻度1~5%未満体重減少、倦怠感、脱力感、発熱、多汗、総蛋白減少、グロブリン分画異常、ナトリウム低下、カリウム低下、クロール低下
頻度1%未満疲労、ほてり、熱感、灼熱感、背部痛、四肢痛、関節痛、筋痛、頚部痛、肩こり、筋痙縮、悪寒、末梢冷感、性器出血、流産、胸痛、膿瘍、歯ぎしり、睡眠時驚愕、鼻出血、末梢性浮腫、挫傷、気分不良、味覚異常、耳鳴、寝汗、四肢不快感、薬剤離脱症候群、顔面浮腫、握力低下、転倒、総蛋白上昇、A/G上昇、A/G低下、アルブミン上昇、アルブミン低下、ナトリウム上昇、カリウム上昇、クロール上昇
頻度不明低体温、疼痛、顎痛、乳頭痛、乳腺炎、外陰膣乾燥、無オルガズム症(不感症)、死亡、関節脱臼、歯牙破折、筋攣縮


重い副作用症状
悪性症候群動かず黙り込む、体の硬直、飲み込めない、急激な体温上昇、発汗、頻脈、ふるえ、精神変調、意識障害
遅発性ジスキネジア頻回なまばたき、口の周辺がピクピクけいれん、口をすぼめる、口をモグモグさせる、舌のふるえ
麻痺性イレウス食欲不振、吐き気、吐く、激しい腹痛、ひどい便秘、お腹がふくれる
アナフィラキシーじんま疹、全身発赤、顔や喉の腫れ、ゼーゼー息苦しい
横紋筋融解症手足のしびれ・けいれん、力が入らない、筋肉痛、歩行困難、赤褐色の尿
糖尿病性ケトアシドーシス、糖尿病性昏睡異常にノドが渇く、多飲、多尿、食欲亢進、多食、脱力感、もうろう、意識がうすれる
低血糖力の抜けた感じ、ふるえ、さむけ、動悸、冷や汗、強い空腹感、頭痛、不安感、吐き気、目のちらつき、イライラ、眠気、ぼんやり、重くなると・・・異常な言動、けいれん、昏睡(意識がなくなる)
痙攣(けいれん)めまい、頭痛、ふるえ、手足のしびれ感、筋肉のぴくつき、意識低下、全身けいれん
無顆粒球症、白血球減少発熱、ノドの痛み、口内炎、咳、痰、だるい
肺塞栓症、深部静脈血栓症手足(特にふくらはぎ)の痛み・はれ・むくみ・しびれ、爪の色が紫、突然の息切れ・息苦しい、深呼吸で胸が痛い、急な視力低下、視野が欠ける、目が痛む
肝機能障害だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿が茶褐色

注意点

アスプリト(エビリファイ)の併用禁忌薬は、次のようになります。

併用禁止■気管支拡張薬
アスプリト(エビリファイ)と次の気管支拡張薬を併用してしまうと、アドレナリンの作用が逆転してしまい血圧降下を招く恐れがあります。
  • ボスミン

アスプリト(エビリファイ)を服用できない方■昏睡状態の患者さん
■バルビツール酸誘導体・麻酔薬など中枢神経抑制剤の強い影響を受けている患者さん
■ボスミンを服用中の患者さん
■バルビツール成分アリピプラゾールに過敏症(アレルギー)の既往歴がある方

アスプリト(エビリファイ)との併用に注意が必要な薬■中枢神経抑制剤
アスプリト(エビリファイ)と中枢神経を抑制する作用がある薬を併用すると、中枢神経抑制作用が強まる恐れがあります。
  • バルビツール酸誘導体
  • 麻酔薬
など
■降圧剤
アスプリト(エビリファイ)と降圧剤の降圧作用が相互に強まる恐れがあります。
■抗コリン作用がある薬
アスプリト(エビリファイ)との併用によって、抗コリン作用が強まる恐れがあります。
■ドーパミン作動薬
アスプリト(エビリファイ)と併用すると、ドーパミン作動作用が弱まってしまう恐れがあります。
■飲酒(アルコール)
アスプリト(エビリファイ)とアルコールの併用は、相互に中枢神経抑制作用を強めるとされています。
■CYP2D6阻害作用がある薬
CYP2D6阻害作用がある薬と併用すると、アスプリト(エビリファイ)の作用を強めてしまう恐れがあります。
  • キニジン
  • パロキセチン
など
■CYP3A4阻害作用がある薬
CYP3A4阻害作用がある薬との併用によって、アスプリト(エビリファイ)の作用が強まる恐れがあります。
など
■肝臓代謝酵素を誘導する作用がある薬
肝臓代謝酵素(CYP3A4)を誘導する作用がある薬との併用によって、アスプリト(エビリファイ)の作用が弱まる恐れがあります。
  • テグレトール
  • リファジン
など

アスプリト(エビリファイ)のレビュー・口コミ

レビュー・口コミを書く

商品名

お名前(ニックネーム)

年齢

満足度

タイトル

レビュー・口コミ本文

関連商品はこちら