商品カテゴリー
荷物追跡

ご注文商品のお届け状況を確認することができます。お問い合わせ番号をご入力ください。

郵便局のホームページに移動します。

バイアグラ
  • お届けまで約5日~14日
  • 10,000円以上のご購入で
    送料無料
  • 郵便局留め可能
  • 荷物の追跡可能

フェブシップ(フェブリク)

  • 医薬品
  • ジェネリック
  • 内服薬

フェブシップはフェブリクのジェネリック。フェブリクより安価に購入できます。血液中の尿酸値を下げることで痛風を治療する薬です。また、1日1回の服用で効果を発揮してくれ、腎機能障害があっても服用できます。
フェブシップ(フェブリク) 40mg
内容量 販売価格 1錠単価 ポイント 購入する
10錠 1,000円
900円
1錠あたり
90円
27pt獲得 カートに入れる
50錠 5,000円
3,600円
1錠あたり
72円
108pt獲得 カートに入れる
100錠 10,000円
6,300円
1錠あたり
63円
189pt獲得 カートに入れる
フェブシップ(フェブリク) 80mg
内容量 販売価格 1錠単価 ポイント 購入する
10錠 1,200円
1,080円
1錠あたり
108円
32pt獲得 カートに入れる
50錠 6,000円
4,320円
1錠あたり
86円
129pt獲得 カートに入れる
100錠 12,000円
7,560円
1錠あたり
75円
226pt獲得 カートに入れる

よく一緒に購入される商品はこちら

フェブシップ(フェブリク)について詳しく見る

商品詳細

フェブシップ(フェブリク)とは、血液中の尿酸値を下げて痛風を治療する生活習慣病治療薬になります。
2011年から販売がスタートしており、フェブシップ(フェブリク)は国内では初となる純国産の薬になります。
からだの中で尿酸が作られてしまうのを抑えることができる作用から「尿酸生成抑制薬」に分類されてます。

フェブシップ(フェブリク)の特徴
フェブシップ(フェブリク)は、2つの特徴があります。

■1日1回の服用で痛風改善効果を発揮
■腎機能に障害があっても服用が可能

フェブシップ(フェブリク)は少ない服用回数で効果を期待することができ、飲み忘れのリスクなども抑えることができます。

また、同じ痛風治療薬であるザイロリックは腎機能に障害があれば用量の調整が必要でしたが、フェブシップ(フェブリク)は腎機能に障害があっても用量の調整は必要ありません
ですが、重度の腎機能障害がある方の安全性は確認されていないので注意して下さい。

フェブシップ(フェブリク)の効果・効能
尿酸は、からだの中で次のように作られます。

核酸 → プリン体 → ヒポキサンチン → キサンチン → 尿酸

この過程の中で「キサンチン → 尿酸」へと代謝されるには、「XOR(キサンチン酸化還元酵素)」と呼ばれる酵素のはたらきが必要になります。

フェブシップ(フェブリク)は酵素のはたらきを阻害する作用によって、尿酸が作られにくくする効果を発揮します。
同じ尿酸が作られるのを抑えるザイロリックという薬がありますが、フェブシップ(フェブリク)にはより強い阻害作用があります。

服用方法・使用方法

フェブシップ(フェブリク)の服用方法は、次のようになります。

1日10mgからはじめ、1日1回の服用

その後は、血中の尿酸値を確認しながら必要に応じて徐々に増量していきます。
維持量は1日1回40mgで、状態により適宜増減してください。
なお1日の最大用量は、1日1回60mgまでとなっています。

またフェブシップ(フェブリク)の服用開始時には、血中の尿酸値が急激に低下することで痛風の発作を誘発することがあります。
次の日数を目安に増量をおこなうようにしてください。

■服用開始 … 10mg
■2週間以降 … 20mg
■6週間以降 … 40mg

フェブシップ(フェブリク)の注意点
■痛風の発作が起きた時は服用しない
痛風発作が現れた時にフェブシップ(フェブリク)を服用すると、症状を増悪させる恐れがあります。
服用前に痛風発作が現れた場合は、症状が治まるまでフェブシップ(フェブリク)を服用しないようにしてください。
またフェブシップ(フェブリク)の服用中に痛風の発作が起きた場合には、薬の用量を変更するのではなく、次の薬と併用をおこなうようにしてください。など
■甲状腺機能の検査
フェブシップ(フェブリク)の服用中は、甲状腺機能の検査を受けるようにしてください。
異常が認められた場合には、医師の判断に従うようにしてください。

副作用

フェブシップ(フェブリク)の副作用は、次のようになります。
血液頻度1%未満白血球数減少
頻度不明血小板数減少、貧血
内分泌頻度1%未満TSH増加
神経頻度1%未満手や足のしびれ感、浮動性めまい、傾眠
頻度不明頭痛、味覚異常
心臓頻度1%未満心電図異常
頻度不明動悸
胃腸頻度1%未満下痢、腹部不快感、悪心、腹痛
肝・胆道頻度1~5%未満肝機能検査での異常
皮膚頻度1%未満発疹、そう痒症、紅斑
頻度不明蕁麻疹(じんましん)、脱毛
筋骨格頻度1~5%未満関節痛
頻度不明四肢への痛み、四肢への不快感、CK(CPK)増加、筋肉痛
腎臓・尿路頻度1%未満β-NアセチルDグルコサミニダーゼ増加、尿中β2ミクログロブリン増加、血中クレアチニン増加、血中尿素増加、頻尿
頻度不明尿量減少
その他頻度1%未満倦怠感、口の渇き、血中トリグリセリド増加、CRP増加、血中カリウム増加
頻度不明むくみ(浮腫)


重い副作用症状
肝機能障害だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿の色が茶褐色
過敏症発疹、発赤、蕁麻疹(じんましん)、かゆみ

注意点

フェブシップ(フェブリク)の併用禁忌薬は、次のようになります。

併用禁止
■副作用を強める可能性のある薬
併用により、骨髄抑制などの副作用を強める可能性があります。
  • ロイケリン
  • イムラン/アザニン

フェブシップ(フェブリク)を服用できない方
■フェブシップ(フェブリク)成分フェブキソスタットに過敏症(アレルギー)の既往歴がある患者さん
■ロイケリンやイムラン/アザニンを服用中の患者さん

フェブシップ(フェブリク)との併用に注意が必要な薬
■アラセナA
併用により幻覚、振戦(ふるえ)、神経障害などアラセナAの副作用を強める可能性があります。
■ヴァイデックス
併用によりヴァイデックスの血中濃度が上昇する可能性があります。
フェブシップ(フェブリク)と併用する場合はヴァイデックスの用量に注意してください。

フェブシップ(フェブリク)のレビュー・口コミ

レビュー・口コミを書く

商品名

お名前(ニックネーム)

年齢

満足度

タイトル

レビュー・口コミ本文

関連商品はこちら