商品カテゴリー
荷物追跡

ご注文商品のお届け状況を確認することができます。お問い合わせ番号をご入力ください。

郵便局のホームページに移動します。

バイアグラ
  • お届けまで約5日~14日
  • 10,000円以上のご購入で
    送料無料
  • 郵便局留め可能
  • 荷物の追跡可能

コルヒチン

  • 医薬品
  • 先発薬
  • 内服薬

7月下旬頃入荷予定
コルヒチンは痛風の予防をする薬です。痛風発作が起きた場合には、なるべく早く使うことをおすすめします。長期的に服用すると腎臓や肝臓の機能障害が起きる可能性があるので注意をしてください。
コルヒチン 0.5mg
内容量 販売価格 1錠単価 ポイント 購入する
100錠 3,500円
3,150円
1錠あたり
31円
94pt獲得 売り切れ
200錠 7,000円
5,670円
1錠あたり
28円
170pt獲得 売り切れ

よく一緒に購入される商品はこちら

コルヒチンについて詳しく見る

商品詳細

コルヒチンとは、痛風の発作を予防してくれる痛風治療薬になります。
古くから痛風の発作を予防する薬として用いられ、紀元前から存在する歴史ある薬です。
痛風発作の初期段階で服用することで、痛みを回避することができます。
また痛風以外にも「家族性地中海熱」や「ベーチェット病」などに用いられることもあります。

コルヒチンの特徴コルヒチンの特徴は、2つあります。

■コルヒチン服用は、早ければ早いほど効果が高まる
■コルヒチンを長期に渡って服用することは、推奨されていない

コルヒチンは痛風予防のための生活習慣病治療薬になるので、痛風発作を予感した時にも服用は可能になっています。
早ければ早いほど、痛風の発作を大幅に軽減することができます。

また、コルヒチンは予防を目的として服用することから、長期にわたって服用してしまうと腎臓や肝臓の機能障害など重い副作用を起こすことがあるので注意が必要です。

コルヒチンの効果・効能痛風は、血液中の尿酸値が高いことが原因で起こります。
尿酸値が高い状態が続いてしまうことで、尿酸が関節で結晶化し蓄積するようになります。
関節で結晶化した尿酸は衝撃、あるいは急激に尿酸値が低下するなど、何かしらの刺激によって剥がれ落ち、激痛をともなう痛風の発作が起こります。
痛風の発作が起きている部位には、白血球の一種である「好中球」がたくさん集まります。
好中球は尿酸結晶を「異物」と判断し、排除しようと攻撃を加えます。
この時に好中球は炎症物質を放出するので、激痛が走るようになります。

コルヒチンは、好中球が集まるのを抑える作用があります。
好中球が集まるのを阻害することで、痛風の症状を和らげることができます。
ただし、コルヒチンには尿酸の排泄を促進する作用はありません
炎症などを抑えたい場合には、セレコックス(※リンク先はジェネリック)やロキソニンなどのNSAIDs(解熱鎮痛剤)の服用が必要になります。

服用方法・使用方法

コルヒチンの服用方法は、次のようになっています。

1日3~4mgを6~8回に分けて服用

痛風発作時は1回0.5mgを3~4時間を目安に服用し、1日量は1.8mgに留めるのが望ましいとされています。

また、予防や痛風発作予感時には、次の通りになります。

■予防

1日0.5~1mgを1回服用

■痛風発作予感時

1回0.5mgを服用

発作の3~4時間前に予感がしたら、すぐに服用することが望ましいとされています。

尚、年齢や症状などによってコルヒチンの用量は適宜増減します。

コルヒチンの注意点■用法用量の厳守
コルヒチンを大量に服用、あるいは誤用した場合、急性中毒症状が起こることがあります。
次のような症状が現れるので、注意して下さい。
  • 吐き気・嘔吐、悪心
  • 腹部の痛み
  • 激しい下痢
  • ノドや胃、皮膚などに灼熱感
  • 血管障害
  • ショック
  • 血尿
  • 乏尿
  • あからさまな筋脱力
  • 上行性麻痺
  • 譫妄(せんもう)
  • 痙攣(けいれん)
  • 呼吸抑制による死亡
■定期的な検査
コルヒチンは重い副作用を起こすことがあります。
服用中は、定期的に血液や尿などの検査を受けるようにしてください。

副作用

コルヒチンの副作用は、次のようになっています。
過敏症頻度不明全身のそう痒発疹発熱
消化器頻度不明下痢悪心・嘔吐腹痛腹部疝痛
腎臓頻度不明BUN上昇、クレアチニン上昇、尿蛋白陽性、血尿乏尿
その他頻度不明脱力感、脱毛

消化器への症状が現れた場合、減量または休薬するなどして下さい。
※赤文字の症状が現れた場合、コルヒチンの服用を中止するようにして下さい。

重い副作用症状
再生不良性貧血、顆粒球減少、白血球減少、血小板減少発熱、喉の痛み、口内炎、だるい、皮下出血(血豆・青あざ)や鼻血・歯肉出血など出血傾向
横紋筋融解症、ミオパチー手足のしびれ・けいれん、力が入らない、筋肉痛、歩行困難、赤褐色の尿
末梢神経障害手足のしびれ、感覚が鈍い、灼熱感、ピリピリ痛む

注意点

コルヒチンとの併用禁忌となる薬はありません。

コルヒチンを服用できない方■コルヒチンの成分に対して過敏症(アレルギー)の既往歴がある方
■肝臓または腎臓に障害がある方
■妊娠または妊娠の可能性がある方

コルヒチンとの併用に注意が必要な薬■肝臓の代謝酵素(CYP3A4)を阻害する薬
以下の薬との併用によって、コルヒチンの作用を強める恐れがあります。
併用する際は、減量または低用量 から服用して下さい。
また、肝臓の代謝酵素を強く阻害する薬との併用は控えるようにして下さい。
■強く阻害する薬
  • レイアタッツ
  • クラリス(※リンク先はジェネリック)、クラリシッド
  • クリキシバン
  • イトリゾール(※リンク先はジェネリック)
  • ビラセプト
  • ノービア
  • インビラーゼ
  • プリジスタ
  • ケテック
  • テラビック
  • コビシスタットを含有する製剤
■中等程度阻害する薬
  • レクシヴァ
  • イメンド
  • ヘルベッサー
  • エリスロマイシン
  • ジフルカン(※リンク先はジェネリック)
  • グレープフルーツジュース
■P糖タンパク質を阻害する薬
併用によって、コルヒチンの作用を強める恐れがあります。
併用する際は、減量または低用量から服用して下さい。
尚、肝臓あるいは腎臓に障害がある方は服用しないようにして下さい。
  • サンディミュン、ネオーラル

コルヒチンのレビュー・口コミ

レビュー・口コミを書く

商品名

お名前(ニックネーム)

年齢

満足度

タイトル

レビュー・口コミ本文

関連商品はこちら

最近閲覧した商品