商品カテゴリー
荷物追跡

ご注文商品のお届け状況を確認することができます。お問い合わせ番号をご入力ください。

郵便局のホームページに移動します。

バイアグラ
  • お届けまで約5日~14日
  • 10,000円以上のご購入で
    送料無料
  • 郵便局留め可能
  • 荷物の追跡可能

ロキソニン

  • 医薬品
  • 先発薬
  • 内服薬

ロキソニンは頭痛や歯の痛みなど痛みを緩和させる解熱鎮痛剤です。
日本では痛み止めと言えばロキソニンと浮かぶくらい馴染みの深いお薬で、安全性も高く効果もしっかりと感じられます。
  • 有効成分
    ロキソプロフェンナトリウム
  • メーカー
    第一三共
  • 適応症
ロキソニン 60mg
内容量 販売価格 1錠単価 ポイント 購入する
100錠 10,000円
9,000円
1錠あたり
90円
270pt獲得 カートに入れる

よく一緒に購入される商品はこちら

ロキソニンについて詳しく見る

商品詳細

ロキソニンとは、痛みや腫れ、熱などを下げる効果がある解熱鎮痛剤になります。
成分であるロキソプロフェンナトリウムは「非ステロイド抗炎症薬(NSAID)」になり、安全性が高く、効き目も良いことから非ステロイド抗炎症薬の中ではもっともよく使われているプロピオン酸系のお薬になります。
熱やノドに痛みがある風邪などにも使用することができます。

ロキソニンの特徴ロキソニンの特徴は、2つあります。

■強い効き目と即効性
■からだの中で活性化し効果を発揮するプロドラッグ

服用してから素早く効き目を現し、しっかりとした効き目が痛みなどを抑えてくれます。
またロキソニンはプロドラッグになることから、胃の中を通過していく際に薬としての作用を示すことはありません
腸から成分が吸収され、からだの中で代謝されることで作用します。
これによって副作用である胃腸障害を抑えることができ、副作用症状を軽減させることができます。

ロキソニンの効果・効能からだに物理的な痛み(打撲など)が起こると、人はその瞬間に痛みを感じます。
その後は炎症を起こし、持続的な痛みが続くようになります。
この"痛み"は、痛みの物質の1つであるプロスタグランジン(PG)が発生しているために起こります。
プロスタグランジンは痛みを誘発するだけでなく、脳内で放出されることによって発熱を起こします
つまり、風邪などを引いた時には体温が上昇していきます。

ロキソニンの成分であるロキソプロフェンナトリウムは、このプロスタグランジンを発生させる酵素を阻害する作用があります。
その酵素がシクロオキシゲナーゼ(COX)になり、この酵素を阻害することで痛みの物質であるプロスタグランジン(PG)の発生を防ぎ、痛みや炎症を抑えたり、解熱効果を期待することができます。

ただしロキソニンは、痛みや炎症、発熱などの原因を治療できるお薬ではなく、あくまでも対処療法となることから原因は別に治療する必要があります

服用方法・使用方法

ロキソニンの服用方法は、症状によって異なります。
尚、空腹時の服用は避けることが望ましいとされています。

■関節リウマチ・変形性関節症・腰痛症・肩関節周囲炎・頸肩腕症候群・歯痛

1回1錠(60mg)1日3回の服用

症状に応じて服用(頓用)する場合は、1回1~2錠(60~120mg)を服用

■急性上気道炎(かぜ)

1回1錠(60mg)を頓用

原則として1日2回までの服用となり、1日の最大は3錠(180mg)までが上限となっています。

ロキソニンの注意点■服用にあたって
食後の服用が望ましいとされています。
もしタイミングが合わず空腹時の服用になるようであれば、軽食や牛乳の飲むことで胃への負担を減らすことができます。
■妊娠中や授乳中の女性の服用
妊娠中の女性はできる限りロキソニンの服用は避けるようにしてください。
どうしても必要な場合にのみ、服用を行ってください。
また妊娠末期であれば、長期的に連用することは避けなければなりません。
■その他
風邪などによる発熱やノドの腫れは、からだに侵入した菌を殺菌駆除するためのからだの防衛システムでもあります。
ロキソニンによってむやみに症状を抑えてしまうと、かえって治りが遅くなることがあります。
特にインフルエンザなどのウィルス性の病気は、熱を下げれば良い訳ではありません。

副作用

もっとも多いとされる副作用症状は「胃腸症状」になります。
  • 胃痛
  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 腹痛
  • 食欲不振
  • 口内炎
重症化してしまうことは少ないとされていますが、胃潰瘍消化性潰瘍などに発展することもあるので、特に高齢者の方やロキソニンの服用が長期になる方は念のために注意してください。

その他にある副作用症状としては、次のような症状があります。
過敏症頻度0.1~1%未満発疹
頻度0.05~0.1%未満そう痒感
頻度0.05%未満蕁麻疹(じんましん)
頻度不明発熱
消化器頻度0.1~1%未満腹痛、胃部不快感、食欲不振、悪心、嘔吐、下痢
頻度0.05~0.1%未満消化性潰瘍、便秘、胸やけ、口内炎
頻度0.05%未満消化不良
頻度不明口渇、腹部膨満、小腸、大腸の潰瘍
循環器頻度0.05%未満動悸
頻度不明血圧上昇
精神神経頻度0.1~1%未満眠気
頻度0.05%未満頭痛
頻度不明しびれ、めまい
血液頻度0.05%未満貧血、白血球減少、好酸球増多
頻度不明血小板減少
肝臓頻度0.1〜1%未満AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇
頻度0.05%未満ALP上昇
泌尿器頻度不明血尿、蛋白尿、排尿困難
その他頻度0.1〜1%未満むくみ(浮腫)
頻度0.05%未満顔面熱感
頻度不明胸痛、倦怠感

※赤文字の症状が現れた場合、ロキソニンの服用を中止するようにして下さい。

重い副作用症状
消化管潰瘍による穿孔、狭窄、閉塞、出血胃痛、激しい腹痛、持続する腹痛、吐き気、嘔吐、お腹が張る、便秘、吐血(コーヒー色のものを吐く)、下血(血液便、黒いタール状の便)
腎臓の重い症状尿が少ない/出ない、尿の濁り/泡立ち、血尿、むくみ、だるい、吐き気、側腹部痛、腰痛、発熱、発疹
肝臓の重い症状
だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿が茶褐色
重い血液成分の異常発熱、喉の痛み、口内炎、だるい、皮下出血(血豆、青あざ)や鼻血/歯肉出血など出血傾向
重い皮膚、粘膜障害発疹、発赤、水ぶくれ、膿(うみ)、皮がむける、皮膚の熱感や痛み、かゆみ、唇や口内のただれ、のどの痛み、目の充血、発熱、全身けん怠感
喘息発作の誘発咳き込む、ゼイゼイ息をする、息をするとヒューヒュー音がする、息切れ、呼吸しにくい
心不全息苦しい、息切れ、胸が苦しい、動悸、疲れやすい、むくみ、急な体重増加
ショック、アナフィラキシー様症状気持ちが悪い、冷汗、顔面蒼白、手足の冷え/しびれ、蕁麻疹(じんましん)、全身発赤、顔や喉の腫れ、ゼーゼー息苦しい、めまい、血圧低下、目の前が暗くなり意識が薄れる
無菌性髄膜炎発熱/頭痛、吐き気、吐く、首の硬直、意識がうすれる
横紋筋融解症手足のしびれ/けいれん、力が入らない、筋肉痛、歩行困難、赤褐色の尿

注意点

ロキソニンの併用禁忌薬は、特にありません。

ロキソニンを服用できない方■消化性潰瘍がある患者さん
■重い血液異常がある患者さん
■重い肝機能障害がある患者さん
■重い腎機能障害がある患者さん
■重い新機能不全がある患者さん
■ロキソニン成分「ロキソプロフェンナトリウム」に過敏症(アレルギー)の既往歴がある方
■アスピリン喘息またはその既往歴がある患者さん
■妊娠末期の方

ロキソニンとの併用に注意が必要な薬■抗血栓薬
血栓をつくらないために、血液の凝固を抑えてくれるお薬です。
ロキソニンと併用してしまうと、抗血栓薬の副作用によって出血しやすくなるリスクが高くなる可能性があります。
  • ワーファリン
■糖尿病治療薬(SU薬)
SU剤(スニホル尿素剤)は、血糖値を下げるお薬です。
ロキソニンと併用すると、血糖値を下げる作用が強まってしまい、低血糖のリスクが高まります。
  • オイグルコン
  • ダオニール
  • グリミクロン
  • アマリール
  • ヘキストラスチノン
■キノロン系の抗菌薬(抗生物質)
性感染症など、さまざま細菌の感染を治療することができるお薬です。
ロキソニンとの併用は、副作用である痙攣(けいれん)を誘発するリスクを高めます。
■抗リウマチ薬
関節リウマチの症状である関節の炎症を抑え、痛みを和らげる効果があるお薬です。
ロキソニンとの併用は血中濃度を上昇させてしまい、作用を強める恐れがあります。
  • リウマトレックス
  • メトレート
■気分安定薬(抗躁薬)
うつ病や躁鬱病に用いられるお薬です。
ロキソニンとの併用によって血液中のリチウム濃度が上昇してしまい、リチウム中毒を起こす恐れがあります。
  • リーマス
■チアジド系(サイアザイド系)の利尿剤とACE阻害薬
利尿剤は、からだにたまった余分な水分を排泄し、むくみなどを改善するお薬になります。
またACE阻害薬は、高血圧の治療薬となります。
ロキソニンとの併用によって、利尿・降圧作用を弱めてしまう恐れがあります。
など

ロキソニンのレビュー・口コミ

レビュー・口コミを書く

商品名

お名前(ニックネーム)

年齢

満足度

タイトル

レビュー・口コミ本文

関連商品はこちら

最近閲覧した商品