商品カテゴリー
荷物追跡

ご注文商品のお届け状況を確認することができます。お問い合わせ番号をご入力ください。

郵便局のホームページに移動します。

バイアグラ
  • お届けまで約5日~14日
  • 10,000円以上のご購入で
    送料無料
  • 郵便局留め可能
  • 荷物の追跡可能

アタラックス

  • 医薬品
  • 先発薬
  • 内服薬

アタラックスはアレルギー症状を抑え、鎮静と催眠作用を持つ抗ヒスタミン薬です。もともとは睡眠薬ですがアレルギー治療薬や精神薬として用いられることもあり、あらゆる病気に効果のある治療薬です。
アタラックス 25mg
内容量 販売価格 1錠単価 ポイント 購入する
25錠 1,800円
1,710円
1錠あたり
68円
51pt獲得 売り切れ
50錠 3,600円
3,250円
1錠あたり
65円
97pt獲得 売り切れ
75錠 5,400円
4,620円
1錠あたり
61円
138pt獲得 売り切れ
100錠 7,200円
5,810円
1錠あたり
58円
174pt獲得 売り切れ

よく一緒に購入される商品はこちら

アタラックスについて詳しく見る

商品詳細

アタラックスとは、1958年から販売されている抗ヒスタミン薬になります。
もともとは、睡眠薬として用いられていた薬です。

アタラックスには、2つの作用があります。


アレルギー治療薬として用いられる他、不安障害に伴った不安や緊張、抑うつなど精神症状の治療薬としても効果を発揮します。
さまざまな病気へ効果があるものの、副作用も多いことから正しい服用が大切になります。

アタラックスの特徴■アタラックスは痛みや吐き気を抑える作用も報告されている
■鎮静力が強い
■副作用が多め
■眠気と抗コリン作用

アタラックスは第1世代の抗ヒスタミン薬になります。
効果が強いものの、副作用も多めになっているので、現在はアレグラジルテック(※リンク先はジェネリック)、ザイザルなど第2世代の抗ヒスタミン薬をはじめに使用するのが一般的になっています。
アタラックスなどの第1世代の抗ヒスタミン薬の副作用が多い理由は「成分の性質」にあります。

  • 第1世代抗ヒスタミン薬 … 脂溶性が高い
  • 第2世代抗ヒスタミン薬 … 脂溶性が低い

脂溶性とは、脂に溶ける性質のことで、この脂溶性が高いと脳に成分が移行しやすくなります。
そのため脂溶性が低いことで余計な部分に薬が作用せず副作用を抑えることができる第2世代の抗ヒスタミン薬がはじめに選ばれます。

他にもアタラックスの特徴として、眠気や抗コリン作用には注意が必要です。
アタラックスなど古い抗ヒスタミン薬は、アセチルコリンと呼ばれる物質のはたらきもブロックしてしまいます。
これを抗コリン作用といい、次のような症状が現れるようになります。
など
アタラックスが悪い薬という訳ではありませんが、積極的に服用する薬に位置づけられる抗ヒスタミン薬ではありません

アタラックスの効果・効能アレルギーを抑えたり、精神状態なども整えてくれるアタラックスですが、それらの作用を別々に解説していきます。

■抗ヒスタミン作用
アレルギーを起こすのは「ヒスタミン」と呼ばれる物質が大きく関係しています。
アレルギーの原因であるアレルゲン(ホコリや花粉など)にさらされることで、ヒスタミンが分泌されるようになります。

アレルゲン(アレルギー物質) → ヒスタミン → H1受容体 → アレルギー反応

アタラックスは、ヒスタミンがH1受容体に結びつくことをブロックする作用があります。
ヒスタミンがH1受容体に結びつくことを邪魔することで、アレルギー反応を抑える効果が期待できます。

■鎮静・催眠作用
ヒスタミンはアレルギーを起こすだけでなく、脳の覚醒にも関わっています。
アタラックスは、脳にある中枢神経にヒスタミンが作用するのをブロックできます。
すると脳が覚醒しにくくなり、眠くなったり、ボーッとした状態になります。
これによって不眠の改善効果や、精神状態をリラックスさせる効果を期待できます。
ただし、抗ヒスタミン薬による催眠作用は、すぐに耐性(薬の効きが悪くなる)ができてしまいます。
なので長期的な服用や連用することは、控えた方が良いとされています。
また不安などを抑える薬であれば抗不安薬抗うつ剤などがあるので、副作用の多いアタラックスが処方される機会は少なくなってきています。

服用方法・使用方法

アタラックスの服用方法は、次のようになります。

■皮膚症状

1日30~60mgを2~3回にわけて服用

■神経症による不安・緊張・抑うつ

75~150mgを3~4回にわけて服用

なお、年齢や症状などによっても用量は適宜増減します。

アタラックスの注意点アタラックスの服用で症状が改善されない場合
アタラックスを服用し皮膚症状の改善がみられない場合、症状に考慮しながら服用中止など適切な処置を行うようにして下さい。
■危険を伴う作業は控える
アタラックスの服用によって、眠気を催すことがあります。
自動車の運転や危険を伴う作業は、控えるようにして下さい。

副作用

アタラックスの副作用は、次の通りになります。
精神神経頻度1%以上眠気、倦怠感
頻度1%未満めまい
頻度不明不安、不随意運動、振戦(ふるえ)、痙攣(けいれん)、頭痛、幻覚、興奮、錯乱、不眠、傾眠
消化器頻度1%未満口の渇き、食欲不振、胃の不快感、吐き気、嘔吐
頻度不明便秘
循環器頻度不明血圧の降下
過敏症頻度1%未満発疹
頻度不明紅斑多形滲出性紅斑浮腫性紅斑紅皮症そう痒蕁麻疹(じんましん)
その他頻度不明霧視、尿閉、発熱

※赤文字の症状が現れた場合、アタラックスの服用を中止するようにして下さい。

重い副作用症状
ショック、アナフィラキシー蕁麻疹(じんましん)、胸部不快感、喉頭浮腫、呼吸困難、顔面蒼白、血圧の低下
QT延長、心室頻拍動悸、脈が遅いあるいは速い、脈の乱れ、胸への痛みや違和感、めまい、立ちくらみ、失神
急性汎発性発疹性膿疱症発疹、紅斑、黄色いブツブツ、多数の小さい水ぶくれ、発熱

注意点

アタラックスの併用禁忌薬は、特にありません。

アタラックスを服用できない方■アタラックス成分ヒドロキシジンやセチリジン、ピペラジン誘導体、アミノフィリン、エチレンジアミンに過敏症(アレルギー)の既往歴がある方
■ポルフィリン症の患者さん
■妊娠または妊娠している可能性がある方

アタラックスとの併用に注意が必要な薬■バルビツール酸誘導体、麻酔薬など中枢神経抑制剤、アルコール、MAO阻害剤
アタラックスとの併用によって、お互いの作用を強めてしまう恐れがあります。
■メリスロン、抗コリンエステラーゼ剤
アタラックスとの併用によって、メリスロンや抗コリンエステラーゼ剤の作用を弱める恐れがあります。
■タガメット
タガメットとの併用によって、アタラックスの血中濃度が上昇したとの報告があります。
■不整脈を引き起こす恐れがある薬
アタラックスとの併用によって、副作用である心室性不整脈などが現れたとの報告があります。

アタラックスのレビュー・口コミ

レビュー・口コミを書く

商品名

お名前(ニックネーム)

年齢

満足度

タイトル

レビュー・口コミ本文

関連商品はこちら

最近閲覧した商品