商品カテゴリー
荷物追跡

ご注文商品のお届け状況を確認することができます。お問い合わせ番号をご入力ください。

郵便局のホームページに移動します。

バイアグラ
  • お届けまで約5日~14日
  • 10,000円以上のご購入で
    送料無料
  • 郵便局留め可能
  • 荷物の追跡可能

セディール

  • 医薬品
  • 先発薬
  • 内服薬

セディールは抗不安薬の中でも依存症の少ない安全性の高いお薬です。
日本でもセディールは抗不安薬の入り口として勧められることが多く、副作用や依存症が心配な方にオススメです。
セディール 10mg
内容量 販売価格 1錠単価 ポイント 購入する
42錠 6,500円
5,850円
1錠あたり
139円
175pt獲得 カートに入れる

よく一緒に購入される商品はこちら

セディールについて詳しく見る

商品詳細

セディールとは国内では1996年に発売された、「セロトニン1A部分作動薬」に分類される抗不安薬です。
抗不安薬として主に使用されるのは効き目の強さと素早さに優れる「ベンゾジアゼピン系抗不安薬」と呼ばれるものですが、依存性などの副作用が起こることを問題視されることもあります。
しかしセディールは正反対の特徴を持ち、抗不安作用の強さは物足りないものの依存性などの心配が少ない薬です。

さらにセディールには軽度の抗うつ作用もあり、不安障害だけでなくうつ病や精神的な要因による睡眠障害などの改善も期待できます。

セディールの特徴セディールの特徴は、4つあります。

■副作用が少なく、安全性が高い
■抗不安作用は弱い
■即効性や持続性が低い
■軽度の抗うつ作用がある

セディールの抗不安作用は弱く、毎日のように不安や恐怖と戦っている方からは敬遠されがちです。
しかし長期間服用しても、耐性や依存性が生じることが無く、さらに他の副作用も少ないため、非常に安全性に優れた精神安定剤と言えます。

セディールの効果・効能セディールは「セロトニン1A部分作動薬」に分類されます。
服用すると、セロトニンの放出を抑制する効果を発揮します。

神経伝達物質の1つであるセロトニンは、「幸せホルモン」とも呼ばれ、精神のバランスを整える作用を持ちます。
精神疾患の一種であるうつ病はセロトニンが不足することで起きる病気ですが、一方、不安障害はセロトニンの過剰な分泌が原因となります。

人は、脳内の神経伝達物質のやり取りによって様々な感情が生まれるため、そのバランスが崩れると、精神の病気を引き起こしてしまうのです。

そこでセディールは、脳内の「セロトニン1A受容体」を刺激します。
セロトニン1A受容体はセロトニンの放出を抑える作用があるため、これが刺激されることでセロトニンの量が調節され、抗不安作用を発揮します。

服用方法・使用方法

セディールの服用方法は、次のようになっています。

1日30mgを3回に分けての服用

年齢や症状によっても適宜増減するとされています。
また、1日の最高用量は60mgまでとなっています。

セディールの注意点■セディールの効果が現れない場合
次のような場合には、セディールの効果は現れにくくなります。
  • 不安障害を発症してから3年以上経過している場合
  • 不安障害が重症化している場合
  • 他の抗不安薬を服用しても症状が改善されなかった場合
また、1日60mgを服用しても効果が無かった場合は、すぐに服用を中止してください。
■高度の不安障害の場合
高度の不安障害の患者さんにはセディールの効果は現れにくいため、症状を観察しながら慎重に服用してください。
■服用後の車の運転や危険な作業は控える
眠気やめまいなどの副作用があるため、セディールの服用後は車の運転や危険な作業は控えるようにしてください。
■前薬からセディールに切り替える場合
ベンゾジアゼピン系抗不安薬を服用していた方がセディールに切り替える場合は、前薬の服用をすぐに止めてしまうと、離脱症状が引き起こされ、また重症化してしまうこともあります。
ベンゾジアゼピン系抗不安薬の服用を止めるときは、服用量を徐々に減らしながら、セディールに切り替えるようにしてください。

副作用

セディールの主な副作用として起こりやすいのが、次のような症状になります。
  • 眠気
  • ふらつき
  • 悪心
  • 倦怠感
  • 気分が不快
  • 食欲不振
など
その他の副作用は、次の通りになります。
精神神経頻度1%以上眠気
頻度0.1~1%未満めまい、ふらつき、頭痛、頭重、不眠
頻度0.1%未満振戦(ふるえ)、パーキンソン様症状
頻度不明悪夢
肝臓頻度0.1~1%未満AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GTPの上昇
頻度0.1%未満ALPの上昇
循環器頻度0.1~1%未満動悸
頻度0.1%未満頻脈、胸内苦悶(胸に圧迫感、窒息感などの違和感を感じる)
消化器頻度0.1~1%未満悪心、食欲不振、口の渇き、腹部不快感、便秘
頻度0.1%未満嘔吐、胃痛、胃のもたれ、腹部膨満感、下痢
過敏症頻度0.1%未満発疹蕁麻疹(じんましん)そう痒感
その他頻度0.1~1%未満倦怠感、脱力感、気分不快、四肢のしびれ、目のかすみ
頻度0.1%未満悪寒、ほてり(顔面の紅潮、灼熱感など) 、多汗(発汗、寝汗など)、BUNの上昇、尿中NAGの上昇、好酸球増加、CK(CPK)の上昇
頻度不明むくみ(浮腫)
※赤文字の症状が現れた場合、セディールの服用を中止するようにして下さい。

重い副作用症状
肝機能障害、黄疸だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色になる、尿の色が茶褐色
セロトニン症候群落ち着かない、不安、興奮や混乱、不眠、からだの震え・ぴくつき、めまい、発熱、発汗、頻脈、下痢、血圧の上昇
悪性症候群動かず黙り込む、からだの硬直、物が飲み込みにくい、急激な体温の上昇、発汗、頻脈、ふるえ、精神変調、意識障害

注意点

セディールの併用禁忌薬や服用できない方は、特にありません。

セディールを慎重に服用しなければならい方■脳に器質的な障害がある方
セディールの作用が強まってしまう恐れがあります。
■中等程度または重い呼吸不全の患者さん
セディールの服用によって、呼吸不全の症状が悪化する恐れがあります。
■心臓に障害がある患者さん
セディールの服用によって、心臓の障害が悪化する恐れがあります。
■肝障害あるいは腎障害の患者さん
セディールの血中濃度が高い状態を維持する恐れがあります。
■高齢者の方
■脱水や栄養不良状態をともない、からだが疲弊している患者さん
セディールの服用によって、重い副作用症状である悪性症候群が起こりやすくなります

セディールとの併用に注意が必要な薬■ブチロフェノン系の薬
セディールの作用がブチロフェノン系の薬の作用を強める恐れがあります。
  • セレネース
  • インプロメン
  • スピロピタン
など
■カルシウム拮抗剤
セディールとの併用によって、カルシウム拮抗剤の降圧作用を強めてしまう恐れがあります。
など
■セロトニンの再取り込みを阻害する作用がある薬
セディールと併用することで重い副作用であるセロトニン症候群が現れる恐れがあります。
など

セディールのレビュー・口コミ

匿名希望 さん30歳
55
2017-09-08

社会不安障害持ちで違う薬を飲んでいましたが吐き気がとても強く出てしまい、飲み続けるのが辛くなってしまいました。 なので薬を変えようと思い、今度は安全面に配慮してセディールを飲むことにしました。 まだ飲み始めたばかりで効き目は感じられませんが、体調を崩すようなことは無いのでこれなら続けられそうです。
匿名希望 さん24歳
55
2017-09-08

3ヶ月前からセディールを飲み始めました。 効き目が弱いと書いてある通り、最初の頃はなかなか効果を感じられなくて「飲む意味あるのかな?」と思うほどでした。 でも続けていれば効果が出てくると自分に言い聞かせて飲み続けたところ、1ヶ月経った辺りから少しずつ気分が安定するようになりました。 飲んでいる間に副作用が起きることもほとんど無かったし、効き目は強くないけど、やっぱり安全な薬なんだなーと思いましたね。

レビュー・口コミを書く

商品名

お名前(ニックネーム)

年齢

満足度

タイトル

レビュー・口コミ本文

最近閲覧した商品