商品カテゴリー
荷物追跡

ご注文商品のお届け状況を確認することができます。お問い合わせ番号をご入力ください。

郵便局のホームページに移動します。

バイアグラ
  • お届けまで約5日~14日
  • 10,000円以上のご購入で
    送料無料
  • 郵便局留め可能
  • 荷物の追跡可能

フラジール

  • 医薬品
  • 先発薬
  • 内服薬

フラジールは性病のトリコモナス症の治療などに使われる薬です。
トリコモナス症だけでなく、ピロリ菌や赤痢アメーバなど様々な微生物や細菌に対して有効的で幅広く活用されています。
フラジール 500mg
内容量 販売価格 1錠単価 ポイント 購入する
20錠 2,500円
2,250円
1錠あたり
112円
67pt獲得 カートに入れる
60錠 7,500円
6,080円
1錠あたり
101円
182pt獲得 カートに入れる
100錠 12,500円
9,000円
1錠あたり
90円
270pt獲得 カートに入れる

よく一緒に購入される商品はこちら

フラジールについて詳しく見る

商品詳細

フラジールは、性病の一種であるトリコモナス症などの治療に効果的な抗原虫薬です。
トリコモナス症を引き起こすトリコモナス原虫やピロリ菌など、様々な微生物や細菌に対して効果があるので、幅広い病気に対して有効性があります

  • トリコモナス症
  • 嫌気性菌感染症(深在性皮膚感染症や肺炎など)
  • 感染性腸炎
  • 細菌性腟症
  • ヘリコバクター・ピロリ感染症
  • アメーバ赤痢
  • ランブル鞭毛虫感染症

また、トリコモナス症は症状が少なく感染していることに気付かないこともある病気ですが、パートナーが感染していた場合は一緒に検査・治療に取り組むことが必要です。

フラジールの特徴フラジールには、2つの特徴があります。

■病原体となる多くの微生物や細菌などに有効
■耐性菌が生まれにくい

フラジールは様々な微生物・細菌を排除してくれるため、多くの感染症の治療に用いることができる抗原虫薬です。
さらに、フラジールの成分「メトロニダゾール」には耐性が生まれにくいという特徴もあります。
近年では多くの薬剤耐性菌が誕生し、抗生物質を用いても感染症を治療できない場合もありますが、そのような場合でもフラジールであれば病原体をしっかりと取り除き、感染症を治療してくれます。

フラジールの効果・効能トリコモナス症は、トリコモナス原虫という微生物が原因となる感染症です。
トリコモナス症を治療するためには、その病原体を取り除く必要があるものの、人のからだの免疫機能だけではトリコモナス原虫を取り除くことはできません。
そこでフラジールには、トリコモナス原虫に対する殺虫作用があります。

人や微生物を含め、全ての生物の細胞には「DNA(デオキシリボ核酸)」という物質があります。
DNAは二重らせん状の物質であり、生物が生きるために必要となる全ての情報が刻まれています。
よって、DNAを失った生物は生きていくことができなくなり、死滅してしまいます。

フラジールの成分メトロニダゾールは、体内に取り込まれると「ニトロソ化合物」という物質に変化します。
ニトロソ化合物にはトリコモナス原虫のDNAを切断する作用があるのです。
この作用によりトリコモナス原虫はDNAを失ってしまい、死滅してしまうためトリコモナス症を治療できるようになります。

服用方法・使用方法

フラジールをトリコモナス症の治療に用いる際の服用方法は、次のようになります。

1回250mgを1日2回、10日間の服用

尚、他の感染症の治療に用いる場合は服用方法が異なりますので、ご注意下さい。

フラジールの注意点■最小限の服用に留めること
フラジールの服用の際は、耐性菌の発現等を防ぐため、感染症の治療に必要な最小限の服用に留めるようにして下さい。
■血液の状態に注意
フラジールの成分が血液に影響を及ぼすこともあるため、定期的に血液検査を行うなど、体調に注意しながら服用するようにして下さい。
■中枢神経障害に注意
フラジールの服用により、中枢神経障害現れることがあります。
ふらつきや歩行障害、意識障害、構語障害、四肢のしびれ等の初期症状には注意して下さい。
また、これらの症状が現れた後に、フラジールの服用による脳症が疑われた場合は、フラジールの服用を中止して下さい。
■副作用に注意
フラジールの服用により、末梢神経障害や中枢神経障害等の副作用が現れることがあります。
特に10日以上の服用を続ける場合や、1日1500mg以上を服用する場合などは副作用に十分注意して下さい。

副作用

フラジールの副作用症状は、次のようになっています。
過敏症頻度5%以上または頻度不明発疹
消化器頻度5%以上または頻度不明舌苔、食欲不振、悪心、胃の不快感、下痢、腹痛、味覚異常
肝臓頻度5%以上または頻度不明AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇、総ビリルビン上昇、AI-P上昇、LDH上昇、γ-GTP上昇
生殖器頻度5%以上または頻度不明カンジタ症
その他頻度5%以上または頻度不明暗赤色の尿、発熱

※赤文字の症状が現れた場合、フラジールの服用を中止するようにして下さい。

重い副作用症状
末梢神経障害掴んだ物を落とす、歩きにくい、四肢のしびれや痛み、感覚が鈍化、立ちくらみ、下痢・便秘
中枢神経障害痙攣(けいれん)、意識障害、錯乱、幻覚、脳症
無菌性髄膜炎発熱、頭痛、悪心・嘔吐、筋肉痛、発疹、意識混濁
中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群発熱、ノドの痛み、けん怠感、食欲の低下、全身の紅斑やただれ、眼の充血、まぶたが腫れる、排尿や排便をする時に痛みが生じる
急性膵炎腹痛、背中の痛み、悪心・嘔吐、腹部膨満感、食欲不振、発熱
白血球減少、好中球減少発熱、けん怠感、傷が治りにくくなる、感染症にかかりやすくなる、口内炎
出血性大腸炎腹痛、血便、下痢

注意点

フラジールの併用禁忌薬はありません。

フラジールを服用できない方■フラジールの成分メトロニダゾールに過敏症(アレルギー)の既往歴がある方
■脳や脊髄に器質的疾患(脳腫瘍は除く)のある患者さん
■妊娠3ヶ月以内の妊婦の方

フラジールとの併用に注意が必要な薬■アルコール
フラジールとの併用によりアルコールの分解が遅れるため、腹部の疝痛(せんつう)や嘔吐、潮紅が現れることがあります。
フラジールの服用中は、アルコールの摂取を避けて下さい。
■ノービア内用液
併用により、ノービア内用液に含有されているエタノールの分解が遅れジスルフィルム-アルコール反応が起きる恐れがあります。
■ノックビン
フラジールとの併用により、錯乱等の精神症状が起こることがあります。
■ワーファリン
併用によりワーファリンの抗凝血作用が強まり、出血等を起こすことがあります。
■リーマス
併用によりリーマスの血中濃度が高まり、リチウム中毒が現れることがあります。
■マブリン
併用によりマブリンの血中濃度が高まることで、マブリンの作用が強まることがあります。
■5-FU錠
併用により5-FU錠の血中濃度が高まることで、5-FU錠の作用が強まることがあります。
■サンディミュン
併用によりサンディミュンの血中濃度が高まることで、サンディミュンの作用が強まることがあります。
■フェノバール
フェノバールとの併用により、フラジールの血中濃度が低下するため作用が弱まることがあります。

フラジールのレビュー・口コミ

レビュー・口コミを書く

商品名

お名前(ニックネーム)

年齢

満足度

タイトル

レビュー・口コミ本文

最近閲覧した商品