商品カテゴリー
荷物追跡

ご注文商品のお届け状況を確認することができます。お問い合わせ番号をご入力ください。

郵便局のホームページに移動します。

バイアグラ
  • お届けまで約5日~14日
  • 10,000円以上のご購入で
    送料無料
  • 郵便局留め可能
  • 荷物の追跡可能

プレモン(プレマリン)

  • 医薬品
  • ジェネリック
  • 内服薬

プレモンはプレマリンのジェネリック。プレマリンの約1/3の価格で購入でき、0.625mgと1.25mgの用量から選択できます。卵胞ホルモンを補うことで突然のほてりといった更年期障害の諸症状に有効です。
  • 有効成分
    結合型エストロゲン
  • メーカー
    West-Coast Pharmaceutical Works Ltd.
  • 適応症
プレモン(プレマリン) 0.625mg
内容量 販売価格 1錠単価 ポイント 購入する
112錠 3,000円
2,700円
1錠あたり
24円
81pt獲得 カートに入れる
224錠 6,000円
4,860円
1錠あたり
21円
145pt獲得 カートに入れる
336錠 9,000円
6,800円
1錠あたり
20円
204pt獲得 カートに入れる
プレモン(プレマリン) 1.25mg
内容量 販売価格 1錠単価 ポイント 購入する
56錠 3,000円
2,700円
1錠あたり
48円
81pt獲得 カートに入れる
112錠 6,000円
4,860円
1錠あたり
43円
145pt獲得 カートに入れる
224錠 9,000円
6,800円
1錠あたり
30円
204pt獲得 カートに入れる

よく一緒に購入される商品はこちら

プレモン(プレマリン)について詳しく見る

商品詳細

プレモン(プレマリン)は、女性ホルモンの1種の卵胞ホルモンを含んだホルモン剤です。
加齢と共に減少していく卵胞ホルモンを補うことができるため、40~50代の方に多く見られる更年期障害を緩和することができます。
特に、更年期障害の典型的な症状である、突然のほてりや目まいなどに強く有効です。
さらに、更年期障害だけではなく卵巣欠落症状や膣炎などの症状の治療にも適しています。
また、プレマリンを先発薬とするジェネリック医薬品であるため、お求めやすい価格になっています。

プレモン(プレマリン)成分:結合型エストロゲン古くから広く使われている女性ホルモン薬になります。
HRT(女性ホルモン補充療法)に用いられ、骨量の増加骨折予防効果世界的にも唯一認められています

プレモン(プレマリン)の効果・効能女性にとって、女性ホルモンのはたらきはとても重要です。
更年期障害などは、からだの中で女性ホルモンが急激に少なくなることによって起こります。
他にも機能性子宮出血など、女性特有の病気のほとんどに女性ホルモンのはたらきが関係しています。

こうした女性ホルモン不足補ってくれるのが結合型エストロゲンを成分としたプレモン(プレマリン)になります。
結合型エストロゲンはからだの中で活性のエストラジオールに変化し、子宮や卵巣、膣、乳腺、性中枢などにあるエストロゲンレセプター(受容体)に作用することで、不足した女性ホルモンを補い、更年期障害などの症状を改善します。

服用方法・使用方法

プレモン(プレマリン)の服用方法は、次のようになっています。

■通常

1日0.625~1.25mg(1~2錠)の服用

■膣炎や機能性子宮出血など

1日0.625~3.75mg(1~3錠)の服用

なお、症状や年齢によっても適宜増減することがあります。

プレモン(プレマリン)の注意点■リスクを十分に考えてから使用する
海外のデータでは、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの長期使用は、乳ガンになるリスクが高まることがわかっています。
プレモン(プレマリン)を必要以上に長期的に服用することは、控えるようにして下さい。
■プレモン(プレマリン)服用前に
病歴や家族素因などの問診や、乳房の検査や子宮内膜の検査を受けるようにして下さい。
「服用できない方」に当てはまる場合、プレモン(プレマリン)の服用は行なえません。
またプレモン(プレマリン)の服用を開始した際は、定期的に検査を受けるようにして下さい。
■血栓症のリスク
プレモン(プレマリン)の服用によって、重い副作用である「血栓症」が現れることがあります。
下肢の疼痛(とうつう)・むくみ(浮腫)、突然の呼吸困難、息切れ、胸の痛み、中枢神経症状(めまいや意識障害、四肢麻痺など)、急性視力障害などの症状が現れた際は、服用を中止し速やかに医師に相談するようにして下さい。

副作用

プレモン(プレマリン)の副作用は、次の通りになります。
電解質代謝頻度不明ナトリウムや体液の貯留(むくみ(浮腫)、体重の増加など)
生殖器頻度不明帯下(おりもの)の増加、不正出血、経血量の変化
乳房頻度不明乳房痛、乳房緊満感
過敏症頻度不明発疹蕁麻疹(じんましん)血管浮腫
消化器頻度不明腹痛、悪心、嘔吐、食欲不振、膵炎(すいえん)
皮膚頻度不明色素沈着、脱毛
精神神経頻度不明頭痛、めまい
肝臓頻度不明肝機能障害(AST(GOT)、ALT(GPT))、AI-P上昇
呼吸器頻度不明呼吸困難
循環器頻度不明血圧の低下

※赤文字の症状が現れた場合、プレモン(プレマリン)の服用は中止するようにして下さい。

重い副作用症状
血栓症下肢の疼痛(とうつう)・むくみ(浮腫)、突然の呼吸困難、息切れ、胸の痛み、中枢神経症状(めまいや意識障害、四肢麻痺など)、急性視力障害

注意点

プレモン(プレマリン)の併用禁忌薬は、特にありません。

プレモン(プレマリン)を服用できない方■エストロゲン依存性腫瘍またはその疑いがある患者さん
■乳がんの既往歴がある方
■血栓性静脈炎や肺塞栓症のある患者さんやその既往歴がある方
■動脈性の血栓塞栓症疾患(脳卒中や冠動脈性心疾患など)の患者さんやその既往歴がある方
■プレモン(プレマリン)成分の結合型エストロゲンに過敏症(アレルギー)の既往歴がある方
■妊娠または妊娠している可能性がある方
■重い肝障害がある患者さん
■診断が確定していない異常性器出血がある患者さん
■治療していない子宮内膜増殖症がある患者さん

プレモン(プレマリン)との併用に注意が必要な薬■オステン
オステンとの併用によって、プレモン(プレマリン)のエストロゲン作用(帯下(おりもの)、不正出血、経血量の変化など)が強まる恐れがあります。
■糖尿病治療薬
プレモン(プレマリン)と糖尿病治療薬の併用によって、血糖降下作用が弱まることがあります。
併用の際は、血糖値などを十分に観察してから糖尿病治療薬の用量などを調整して下さい。
  • オイグルコン(※リンク先はジェネリック)
  • グリミクロン
  • ジメリン
など
■副腎皮質ホルモン
プレモン(プレマリン)との併用によって、以下の薬の作用が強まる恐れがあります。
など

プレモン(プレマリン)のレビュー・口コミ

レビュー・口コミを書く

商品名

お名前(ニックネーム)

年齢

満足度

タイトル

レビュー・口コミ本文