商品カテゴリー
荷物追跡

ご注文商品のお届け状況を確認することができます。お問い合わせ番号をご入力ください。

郵便局のホームページに移動します。

バイアグラ
  • お届けまで約5日~14日
  • 10,000円以上のご購入で
    送料無料
  • 郵便局留め可能
  • 荷物の追跡可能

アロプリノール(ザイロリック)

  • 医薬品
  • ジェネリック
  • 内服薬

アロプリノールは尿酸値を下げる効果を持つザイロリックのジェネリックです。尿酸が高くなることで発症する痛風の予防に役立ちます。痛風によって併発する可能性の高い尿路結石にも適応します。
アロプリノール(ザイロリック) 100mg
内容量 販売価格 1錠単価 ポイント 購入する
84錠 2,700円
2,430円
1錠あたり
28円
72pt獲得 カートに入れる

よく一緒に購入される商品はこちら

アロプリノール(ザイロリック)について詳しく見る

商品詳細

アロプリノール(ザイロリック)とは、高尿酸血症や痛風の治療薬ザイロリックジェネリック医薬品となります。
痛風は、尿酸がからだの中に残ってしまうことで足の親指などの関節に炎症を起こし、時に激痛が走ります。
痛みは、尿酸が結晶化したものが何らかの拍子で剥がれ落ちることで発作的に起こります。
アロプリノール(ザイロリック)は先発薬と同じ成分「アロプリノール」が含まれているので、尿酸を減らす効果を期待できる生活習慣病治療薬になります。

アロプリノール(ザイロリック)の効果・効能高尿酸血症や痛風の原因となる「尿酸」は、次のようにして作られます。

プリン体(食べ物などに含まれる) → ヒポキサンチン → キサンチン → 尿酸

この尿酸が作られるまでの過程で「ヒポキサンチン → キサンチン」、「キサンチン → 尿酸」へと変わる時に、XO(キサンチンオキシターゼ)という酵素が関係しています。

アロプリノール(ザイロリック)はこのXO(キサンチンオキシターゼ)を阻害する作用があります。
酵素を阻害することによって、尿酸が作られにくくなり、血液中や尿中の尿酸値を下げることで痛風治療薬としての効果を発揮してくれます。
このことからアロプリノール(ザイロリック)は「キサンチンオキシターゼ阻害薬」とも呼ばれています。

服用方法・使用方法

アロプリノール(ザイロリック)の服用方法は、次のようになっています。

1日量を200~300mgとして、2~3回に分けての服用

尚、はじめてアロプリノール(ザイロリック)を服用する方は、服用開始から1週間は100mgが望ましいとされています。

アロプリノール(ザイロリック)の注意点発熱や発疹に注意
アロプリノール(ザイロリック)の服用によって、発熱や発疹が現れることがあります。
これらの症状は重い副作用の初期症状になることから、服用を中止し医師に相談するようにして下さい。
■腎機能障害がある方
腎機能に障害がある方は、アロプリノール(ザイロリック)の排泄が遅れてしまうことがあります。
特に腎不全患者さんは、重い副作用症状へと発展する可能性があるので慎重な服用が必要となります。
■痛風発作と服用タイミング
アロプリノール(ザイロリック)は痛風の発作が治まるまで服用しないようにして下さい。
■はじめてのアロプリノール(ザイロリック)服用
アロプリノール(ザイロリック)をはじめて服用した際に、尿酸の移動によって一時的に痛風発作を誘発することがあります。
■アロプリノール(ザイロリック)服用中に痛風が悪化した場合
アロプリノール(ザイロリック)服用中に痛風が悪化した場合には、次の薬を併用するようにして下さい。
など

副作用

アロプリノール(ザイロリック)の副作用症状は、次のようになっています。
過敏症頻度0.1~5%未満発疹
頻度不明そう痒関節痛
血液頻度0.1%未満貧血
頻度不明白血球減少紫斑好酸球増多リンパ節症
腎臓頻度不明腎機能障害
消化器頻度0.1~5%未満食欲不振、胃部不快感、軟便、下痢
頻度不明口内炎
全身症状頻度0.1~5%未満全身倦怠感
頻度0.1%未満むくみ(浮腫)
頻度不明脱力感
その他頻度0.1~5%未満脱毛
頻度不明CK(CPK)上昇、味覚障害、女性化乳房、末梢神経障害

※赤文字になっている症状が現れた場合、アロプリノール(ザイロリック)の服用を中止するようにして下さい。

重い副作用症状
中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、剥脱性皮膚炎等の重篤な皮膚障害または過敏性血管炎発疹、発赤、水ぶくれ、うみ、皮がむける、皮膚の熱感や痛み、かゆみ、唇や口内のただれ、のどの痛み、目の充血、発熱、全身けん怠感
再生不良性貧血、汎血球減少、無顆粒球症、血小板減少発熱、喉の痛み、口内炎、だるい、皮下出血(血豆・青あざ)や鼻血・歯肉出血など出血傾向
ショック、アナフィラキシー気持ちが悪い、冷汗、顔面蒼白、手足の冷え・しびれ、じんま疹、全身発赤、顔や喉の腫れ、ゼーゼー息苦しい、めまい、血圧低下、目の前が暗くなり意識が薄れる
劇症肝炎等の重篤な肝機能障害、黄疸だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿が茶褐色
腎不全、腎不全の増悪、間質性腎炎を含む腎障害尿が少ない・出ない、尿の濁り・泡立ち、血尿、むくみ、だるい、吐き気、側腹部痛、腰痛、発熱、発疹
間質性肺炎から咳、息苦しさ、少し動くと息切れ、発熱
横紋筋融解症手足のしびれ・けいれん、力が入らない、筋肉痛、歩行困難、赤褐色の尿

注意点

アロプリノール(ザイロリック)の併用禁忌はありません。

アロプリノール(ザイロリック)を服用できない方■アロプリノール(ザイロリック)成分アロプリノールに過敏症(アレルギー)の既往歴がある方

アロプリノール(ザイロリック)との併用に注意が必要な薬■メルカプトプリン(6-MP)
アロプリノール(ザイロリック)との併用によって、副作用を強めてしまう恐れがあります。
  • アザチオプリン
■抗ウィルス薬
アロプリノール(ザイロリック)との併用によって、幻覚・ふるえ・神経障害などの副作用が現れたとの報告があります。
  • アラセナ-A軟膏
■クマリン系抗凝血剤
アロプリノール(ザイロリック)との併用によって、クマリン系抗凝血剤の作用を強めてしまう恐れ があります。
  • ワーファリン
■スルホニル尿素薬(SU薬)
アロプリノール(ザイロリック)との併用によって、スルホニル尿素薬(SU薬)の作用を強めてしまう恐れがあります。
  • アベマイド
■アルキル化薬
アロプリノール(ザイロリック)との併用によって、骨髄抑制の副作用の報告があります。
  • エンドキサン
■免疫抑制剤
アロプリノール(ザイロリック)との併用によって免疫抑制剤の血中濃度が上昇し、腎機能低下が現れたとの報告があります。
  • サンディミュン、ネオーラル
■抗てんかん薬
アロプリノール(ザイロリック)との併用によって抗てんかん薬の血中濃度が上昇し、嗜眠(しみん)が現れた報告があります。
  • アレビアチン、ヒダントール
■キサンチン系薬剤
アロプリノール(ザイロリック)との併用によって、キサンチン系薬剤の血中濃度を上昇させる恐れがあります。
  • テオドール
など
■抗ウィルス化学療法剤(エイズ治療薬)
アロプリノール(ザイロリック)との併用によって、最高血中濃度などが上昇したとの報告があります。
  • ヴァイデックス
■抗ガン剤
アロプリノール(ザイロリック)との併用によって、重い血管炎が現れたとの報告があります。
  • コホリン
■ACE阻害剤
アロプリノール(ザイロリック)との併用によって、重い皮膚への副作用症状であるStevens-Johnson症候群が現れたとの報告があります。
  • カプトリル
■利尿剤
アロプリノール(ザイロリック)との併用によって、過敏症(アレルギー)が現れたとの報告があります。
  • ヒドロクロロチアジド
■ペニシリン系抗生物質
アロプリノール(ザイロリック)との併用によって、副作用である発疹が現れやすくなるとの報告があります。
  • ビクシリン

アロプリノール(ザイロリック)のレビュー・口コミ

レビュー・口コミを書く

商品名

お名前(ニックネーム)

年齢

満足度

タイトル

レビュー・口コミ本文

関連商品はこちら