商品カテゴリー
荷物追跡

ご注文商品のお届け状況を確認することができます。お問い合わせ番号をご入力ください。

郵便局のホームページに移動します。

バイアグラ
  • お届けまで約5日~14日
  • 10,000円以上のご購入で
    送料無料
  • 郵便局留め可能
  • 荷物の追跡可能

エゼンチア(ゼチーア)

  • 医薬品
  • ジェネリック
  • 内服薬

エゼンチアはゼチーアのジェネリック。ゼチーア1錠あたりの約1/2の価格で購入できます。血液中のコレステロール値を下げる脂質異常症治療薬です。また、1日1回の服用で長時間効果が持続するのが特徴です。
エゼンチア(ゼチーア) 10mg
内容量 販売価格 1錠単価 ポイント 購入する
30錠 3,000円
2,700円
1錠あたり
90円
81pt獲得 カートに入れる
60錠 6,000円
4,860円
1錠あたり
81円
145pt獲得 カートに入れる

よく一緒に購入される商品はこちら

エゼンチア(ゼチーア)について詳しく見る

商品詳細

エゼンチア(ゼチーア)とは、脂質異常症(高脂血症)の治療に用いられる生活習慣病治療薬ゼチーアのジェネリック医薬品です。
サンファーマ社が製造販売し、成分は「エゼチミブ」になっています。

脂質異常症は生活習慣病(成人病)の1つになり、血液中の2つのコレステロールが影響しています。

LDL-コレステロール
HDL-コレステロール

これらのコレステロールが多かったり、少なかったりすることで脂質異常症を発症します。
自覚症状はほとんどないので、気付かないうちにコレステロールが増えていきます。
コレステロールが溜まると血管が硬くなっていき、いずれ動脈硬化を起こすようになってしまいます。

エゼンチア(ゼチーア)はコレステロールの吸収を阻害し、血液中のコレステロール値を下げる効果がある薬になります。

エゼンチア(ゼチーア)の特徴エゼンチア(ゼチーア)の特徴は、次のようになります。

1日1回の服用で効果が続く
小腸からのコレステロールを阻害するため、1日1回の服用で長時間効果が持続します。
臨床試験ではエゼンチア(ゼチーア)だけの服用でLDLコレステロールを18.1%低下した結果がでています。
また、中性脂肪(トリグリセライド)も低下させる効果があり、しっかりとした効果で脂質異常症を改善していきます。

ゼチーアのジェネリックだから、同じ効果と品質を持ち安価で購入できる
新薬のゼチーアと同じ成分で製造されているため、同じ効果を持ちながら低価格で購入することができます。
同じ成分と効果なので、品質にも安心して服用できます。

エゼンチア(ゼチーア)の効果・効能エゼンチア(ゼチーア)は、小腸からコレステロールが吸収されるのを抑制する作用がある脂質異常症治療薬です。

コレステロールはからだの中での作られますが、食べ物として小腸から吸収されます。
小腸でのコレステロールの吸収は、「小腸コレステロールトランスポーター」と呼ばれる輸送隊が関係しています。
この小腸コレステロールトランスポーターの働きを阻害するのが、エゼンチア(ゼチーア)です。
エゼンチア(ゼチーア)は小腸コレステロールトランスポーター阻害剤ともいわれ、コレステロールの吸収を防ぎます
結果的にコレステロールを下げる効果を発揮してくれます。

服用方法・使用方法

エゼンチア(ゼチーア)の服用方法は、次のようになります。

1日1回10mgを食後に服用

年齢や症状などによっても適宜増減するとされています。

エゼンチア(ゼチーア)の注意点脂質異常症の基本治療をしっかり行う
脂質異常症の基本治療とされる「食事療法」・「運動療法」を行いましょう。
単にコレステロール値が高いだけではエゼンチア(ゼチーア)服用の判断は難しいので、高血圧禁煙などその他のリスクも十分考慮した上での服用となります。
定期的な検査
エゼンチア(ゼチーア)を服用中は定期的に検査を受け、エゼンチア(ゼチーア)の効果が認められない場合には服用を中止することとしています。
HMG-CoA還元酵素阻害剤との併用に注意
エゼンチア(ゼチーア)とHMG-CoA還元酵素阻害剤を併用して服用する場合は、HMG-CoA還元酵素阻害剤の添付文書を必ず確認して下さい
また、重い肝臓疾患が現れることがありますので、服用開始時と定期的に肝機能検査を受けるようにして下さい。
悪心や倦怠感などの初期症状が現れた場合には、医師に相談するようにして下さい。

副作用

エゼンチア(ゼチーア)の主な副作用は、次のようになります。
  • 便秘
  • 発疹
  • 下痢
  • 腹痛
  • 腹部膨満
  • 悪心・吐き気
  • 嘔吐
  • その他に現れる副作用は、次のようになります。
    精神神経系頻度1%未満頭痛、しびれ、めまい、坐骨神経痛
    頻度不明抑うつ、錯感覚
    消化器頻度1%以上便秘、下痢、腹痛、腹部膨満、悪心、嘔吐
    頻度1%未満アミラーゼ上昇、食欲不振、消化不良、逆流性食道炎、鼓腸放屁、口内炎、胃炎
    頻度不明膵炎、胆石症、胆のう炎、口内乾燥
    肝臓頻度1%以上ALT(GPT)上昇、γ-GTP上昇
    頻度1%未満AST(GOT)上昇、ビリルビン上昇
    頻度不明肝炎
    腎臓頻度1%以上蛋白尿
    頻度1%未満BUN上昇
    循環器頻度1%未満期外収縮、動悸、血圧上昇、胸痛
    頻度不明ほてり
    筋肉頻度1%以上CK(CPK)上昇
    頻度1%未満関節痛、背部痛、四肢痛
    頻度不明筋肉痛、筋力低下、筋痙縮
    血液頻度1%未満白血球減少
    頻度不明血小板減少
    皮膚頻度1%以上発疹
    頻度1%未満そう痒
    頻度不明蕁麻疹、多形紅斑
    その他頻度1%以上コルチゾール上昇
    頻度1%未満テストステロン低下、TSH上昇、尿酸上昇、リン値上昇、疲労、浮腫(顔面・四肢)、帯状疱疹、単純疱疹、結膜炎、咳嗽
    頻度不明無力症、疼痛


    重い副作用症状
    横紋筋融解症、ミオパチー手足のこわばり・しびれ、筋肉のぴくつき、力が入らない、筋力低下、筋肉痛、歩行困難、赤褐色の尿
    肝機能障害AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇、皮膚や白目が黄色くなる、尿が茶褐色
    過敏症発疹、じんま疹、全身発赤、顔や口・喉や舌の腫れ、咳き込む、ゼーゼー息苦しい

注意点

エゼンチア(ゼチーア)の併用禁忌薬はありませんが、次の薬品は安全性が確認されていないので併用することは避けてください。

フィブラート系薬剤
エゼンチア(ゼチーア)の血中濃度を上昇し、コレステロールの排泄を胆汁へ増加させ、胆石形成が起こる恐れがあります。

エゼンチア(ゼチーア)を服用できない方エゼンチア(ゼチーア)成分エゼチミブに過敏症(アレルギー)の既往歴がある方
肝臓の代謝機能が低下している方
妊娠または妊娠している可能性がある方
HMG-CoA還元酵素阻害剤を服用中で重篤な肝機能障害のある方

エゼンチア(ゼチーア)との併用に注意が必要な薬■陰イオン交換樹脂
エゼンチア(ゼチーア)との併用によって、血中濃度が低下したとの報告があります。
陰イオン交換樹脂と結合し、吸収がしにくくなり減少する可能性があるとされています。
  • コレスチミド
  • コレスチラミン
など
シクロスポリン
エゼンチア(ゼチーア)との併用によって、エゼンチア(ゼチーア)とシクロスポリンの血中濃度を上昇させるとの報告があります。
クマリン系抗疑血剤
プロトロンビン時間国際標準比(INR)の上昇があったとの報告があります。
  • ワルファリン
など

エゼンチア(ゼチーア)のレビュー・口コミ

レビュー・口コミを書く

商品名

お名前(ニックネーム)

年齢

満足度

タイトル

レビュー・口コミ本文