商品カテゴリー
荷物追跡

ご注文商品のお届け状況を確認することができます。お問い合わせ番号をご入力ください。

郵便局のホームページに移動します。

バイアグラ
  • お届けまで約5日~14日
  • 10,000円以上のご購入で
    送料無料
  • 郵便局留め可能
  • 荷物の追跡可能

ボベランジェル(ボルタレン)

  • 医薬品
  • 先発薬
  • 外用薬

ボベランジェルは解熱鎮痛剤で、日本ではボルタレン名で販売されています。
患部に直接塗るジェルタイプで、とりわけ即効性や威力が高く、肩こりや腰痛、炎症、関節リウマチなどの症状を改善させてくれます。
ボベランジェル(ボルタレン) 30g
内容量 販売価格 1錠単価 ポイント 購入する
1本 1,200円
1,080円
1本あたり
1,080円
32pt獲得 カートに入れる
3本 3,600円
2,920円
1本あたり
973円
87pt獲得 カートに入れる
5本 6,000円
4,320円
1本あたり
864円
129pt獲得 カートに入れる
ボベランジェル(ボルタレン)について詳しく見る

商品詳細

ボベランジェルは、NSAIDs(非ステロイド性消炎鎮痛剤)に分類される解熱鎮痛剤です。
国内でもよく知られているボルタレンと同じ商品で、痛み発熱などの症状を抑えることができます。
また、ボベランジェルはゼリー状の塗り薬です。
本来の解熱鎮痛作用に加えて、患部を冷やす作用も期待できるため、強い痛みが現れた際には特に有効です。
ただし、あくまでも痛みなどを抑えるための対症療法であり、病気そのものを治療する効果はありません

ボベランジェルの特徴ボベランジェルには、3つの特徴があります。

■非常に強い解熱鎮痛作用
■十分な即効性
■内臓への副作用が現れない

ボベランジェルは、NSAIDsに分類される中では最も強い解熱鎮痛剤となり、その効き目も約30分ほどで発揮されるため、高い効果と即効性を期待できます。
また、先発薬のボルタレンは効果が強力な分、胃腸障害などの副作用も強く現れることがありました。
しかしボベランジェルは塗り薬となるため、内臓に関する副作用が現れません
そのため、内臓に障害がある方でも使用することができます。
ただし、皮膚への副作用のリスクがあることには注意が必要です。

ボベランジェルの効果・効能人が"痛み"を感じる原因として、からだの中にある「PG(プロスタグランジン)」という物質があります。
PGは痛みを作る物質となり、例えばからだに炎症が起きた時には、その部位でPGは作られるため、痛みを感じてしまいます。
他にも、風邪をひいた時などには体温を上げて発熱させる作用もあります。
また、PGは「アラキドン酸」という物質と「COX(シクロオキシゲナーゼ)」という酵素が結合することにより生成されます。

PG = アラキドン酸 + COX

そこで、ボベランジェルはCOXの働きを阻害することで、PGが新たに作られることを抑制します。
そうすることでPGの数が減るために、痛みが抑えられたり、熱が下がったりするのです。

服用方法・使用方法

ボベランジェルの服用方法は、次のようになっています。

症状により、適量を1日数回、患部に塗布

尚、外傷がある部位に対して使用する場合は痛みをともないますので注意して下さい。
また、眼や粘膜に対しては使用しないで下さい。

ボベランジェルの注意点■症状の根本的な治療にはならない
ボベランジェルによる治療は、症状の原因を治す訳ではなく、あくまでも対処療法であることには注意して下さい。
■重い肝機能障害に注意
ボベランジェルの使用によって、重い肝機能障害が現れることがあります。
特に連用する際は、定期的に病院で検査を行うようにして下さい。
■皮膚の感染症に用いる場合
ボベランジェルの使用によって皮膚の感染症が不顕性化(感染しているのに症状が現れない)させることがあります。
皮膚の感染症の炎症に対してボベランジェルを用いる際は、適切な感染症治療薬と併用して下さい。

副作用

ボベランジェルの副作用としては、皮膚の症状が多く見られます。
皮膚頻度0.1~5%未満皮膚炎、そう痒感、発赤、皮膚が荒れる、刺激感
頻度0.1%未満水疱、色素沈着、皮膚の剥脱
頻度不明光線過敏症、むくみ(浮腫)、腫脹
これらの症状が現れた場合は、ボベランジェルの使用は中止するようにして下さい。

重い副作用症状
ショック、アナフィラキシー胸内苦悶、冷汗、呼吸困難、四肢の冷却、血圧低下、意識障害、蕁麻疹(じんましん)、血管浮腫、呼吸困難
接触皮膚炎紅斑や丘疹、発疹、かゆみ、ずきずきとした痛み、腫脹、水疱、びらん

注意点

ボベランジェルとの併用禁忌となる薬はありません。

ボベランジェルを服用できない方■ボベランジェル成分ジクロフェナクに過敏症(アレルギー)の既往歴がある方
■アスピリン喘息または、その既往歴がある患者さん

ボベランジェルとの併用に注意が必要な薬■ニューキノロン系抗菌剤
ボベランジェルとの併用によって、痙攣(けいれん)を起こす恐れがあります。
など

ボベランジェル(ボルタレン)のレビュー・口コミ

レビュー・口コミを書く

商品名

お名前(ニックネーム)

年齢

満足度

タイトル

レビュー・口コミ本文