商品カテゴリー
荷物追跡

ご注文商品のお届け状況を確認することができます。お問い合わせ番号をご入力ください。

郵便局のホームページに移動します。

バイアグラ
  • お届けまで約5日~14日
  • 10,000円以上のご購入で
    送料無料
  • 郵便局留め可能
  • 荷物の追跡可能

セロフロ(アドエア)

  • 医薬品
  • ジェネリック
  • 内服薬

セロフロ(アドエア)はアドエアのジェネリック医薬品で、喘息治療配合剤、COPD治療配合剤です。
吸入剤とロタヘラーを組み合わせて利用するもので、吸入することで喘息の症状を軽減させてくれます。
セロフロ(アドエア) ロタヘラ―
内容量 販売価格 1錠単価 ポイント 購入する
1個 1,500円
1,350円
1個あたり
1,350円
40pt獲得 カートに入れる
セロフロ(アドエア) 100mcg
内容量 販売価格 1錠単価 ポイント 購入する
1箱 2,000円
1,800円
1箱あたり
1,800円
54pt獲得 カートに入れる
2箱 4,000円
3,240円
1箱あたり
1,620円
97pt獲得 カートに入れる
3箱 6,000円
4,320円
1箱あたり
1,440円
129pt獲得 カートに入れる
セロフロ(アドエア) 250mcg
内容量 販売価格 1錠単価 ポイント 購入する
1箱 2,500円
2,250円
1箱あたり
2,250円
67pt獲得 カートに入れる
2箱 5,000円
4,050円
1箱あたり
2,025円
121pt獲得 カートに入れる
3箱 7,500円
5,400円
1箱あたり
1,800円
162pt獲得 カートに入れる
セロフロ(アドエア)について詳しく見る

商品詳細

セロフロ(アドエア)は、呼吸が苦しくなる病気の喘息の症状を改善してくれる治療薬です。
「吸入剤」という、薬剤を吸って服用する喘息治療薬となります。

当サイトで販売している商品は、ロタキャップ(吸入薬)とロタヘラー(吸入口)を組み合わせて利用するものです。

使い捨てのものをお求めの場合はセロフロインヘラー(アドエア)をご確認ください。

近年では年齢を問わず喘息の患者さんが増加傾向にあり、特に「大人の喘息は治りにくい」と言われることもあります。
そこでセロフロ(アドエア)は、気管を拡げることで喘息の息苦しさを緩和してくれます
他にも、喫煙により呼吸が苦しくなってしまう病気の「COPD(慢性閉塞性肺疾患)」を改善することもできます。

セロフロ(アドエア)の特徴セロフロ(アドエア)には、3つの特徴があります。

■2つの成分の配合薬
■ゆっくりと、長く効く
■副作用が少ないので、安全性に優れている

セロフロ(アドエア)には、「フルチカゾン」と「サルメテロール」という2つの物質が含まれているため、それぞれの働きによって喘息の症状を強く改善することができます。
さらに、吸入剤は気管にしか作用されないため、副作用が少ないということも大きな利点です。

また、セロフロ(アドエア)の効果は持続性にも優れており、その効果は約12時間以上も続きます。
しかし効果が現れるには時間がかかり、吸入してから3日ほど必要となります。
なのでセロフロ(アドエア)は「予防薬」となり、服用を続けることで、最大限に効果を発揮します

セロフロ(アドエア)の効果・効能セロフロ(アドエア)には、2つの効果があります。

■抗炎症作用
■気管拡張作用

まず喘息などの病気は、空気の通り道となる気管支の内側に炎症が起こり、気道が狭くなることが原因となって起こります。
よって、喘息を改善するためには次のようなことが必要になります。

  • 炎症を抑える
  • 気道を拡げる

そこで、セロフロ(アドエア)に含まれる成分のフルチカゾンには、炎症の原因となる「PG(プロスタグランジン)」という物質が作られることを抑える効果があります。
PGの数が減ることで「抗炎症作用」が発揮され、気管支の炎症が抑えられるのです。

また、セロフロ(アドエア)のもう1つの成分であるサルメテロールには、「β2受容体」という器官を刺激する効果があります。
このことから、サルメテロールは「β2受容体刺激薬」と言われています。
β2受容体は、"気管や血管を拡げる"働きをするために「気管拡張作用」が発揮されます。

これらの相乗効果によって呼吸を楽にすることで、喘息やCOPDを治療します。

服用方法・使用方法

セロフロ(アドエア)の服用方法は、症状や年齢などによって異なります。

■吸入剤のセット方法
1.吸入器の穴に薬剤(ロタキャップ)を置くまで差し込んでください。
2.吸入器のマウスピースを持ち、底を回してください。
3.錠剤が粉末状になったとろこで使用します。

※1本で約30回使用できます。

■吸引の方法
1.マウスピースを口の中に挿入し、ゆっくり息を吐いてください。
2.顔を上に向けてゆっくりと息を吸い込み、同時に吸入缶を押し出してください。
3.肺がいっぱいになるまで吸い続けてください。
4.吸い切ったら口から吸入器を外し、10秒ほど息を止めてください。
5.最後にゆっくり息を吐きます。(終わったらうがいをするようにしてください)


■喘息(成人の場合)

1回100mcgを1日2回の吸入

尚、症状によって1回の用量を250mcg、または500mcgに増量できます。

■喘息(小児の場合)

1回50mcgを1日2回の吸入

尚、症状によって1回の用量を100mcgに増量できます。

■COPD(慢性閉塞性肺疾患)

1回250mcgを1日2回の吸入

セロフロ(アドエア)の注意点■服用を続けること
セロフロ(アドエア)は、喘息やCOPDに対しての改善効果が発揮されるまで時間がかかります。
そのため、毎日規則正しく服用を続けることが大切です。
■服用のタイミング
セロフロ(アドエア)は、喘息の症状が安定している時に服用するようにして下さい。
また、喘息の発作が重症化していたり、喘息が急激に悪化している時には服用は控えて下さい。
■不整脈や心停止に注意
セロフロ(アドエア)の過剰な服用を続けた場合、不整脈や心停止を引き起こすことがあります。
用量に注意しながら服用して下さい。
■感染症に注意
セロフロ(アドエア)の服用中に感染症が悪化した場合は、ステロイド療法の強化や感染症の治療を考慮して下さい。
■服用をやめる場合
セロフロ(アドエア)の服用を急にやめた場合は、喘息やCOPDが急激に悪化することもあります。
症状を観察しながら少しずつ減量するようにして下さい。
■ステロイドによる副作用に注意
発症率は低いですが、セロフロ(アドエア)の服用を続ける内にステロイドによる全身への副作用が起こることもあります。
そのため、喘息を抑えることができる、最小限の服用に留めて下さい。
また、もしも全身への副作用が現れた場合は、喘息の症状を観察しながら、セロフロ(アドエア)の服用量を少しずつ減量して下さい。
■好酸球増多症に注意
喘息の患者さんがセロフロ(アドエア)などのステロイド製剤を服用した場合、まれに好酸球増多症を発症することがあります。
セロフロ(アドエア)の服用中は、好酸球数の推移や、しびれ・発熱などの初期症状に注意して下さい。
■リトナビルとの併用
リトナビルとの併用によって、ステロイドによる全身性の副作用が現れたとの報告があります。
併用する場合は、十分に注意して下さい。
■肺炎に注意
COPDの治療のためにセロフロ(アドエア)を服用した場合は、副作用として肺炎を発症することもあります。
そのため、肺炎の発症リスクが高い方がセロフロ(アドエア)を服用する場合は、十分に注意して下さい。
またCOPDと肺炎の症状は似ているため、COPDの悪化が見られた場合には肺炎を発症している可能性も考慮し、適切な処置を行って下さい。

副作用

セロフロ(アドエア)の副作用として多いのが、次のような症状です。
  • 嗄声
  • 口腔やノドへの刺激感
など
その他の症状は、次の通りになります。
過敏症頻度1%未満発疹蕁麻疹顔のむくみ口腔・咽頭浮腫
口腔・呼吸器頻度1~10%未満口腔および呼吸器カンジタ症、嗄声、口腔やノドの刺激感(違和感や痛み、不快感など)、感染症
頻度1%未満味覚異常
頻度不明むせる、せき、口内の乾燥、気管支攣縮
循環器頻度1%未満心悸亢進、血圧の上昇、不整脈
頻度不明脈拍の増加
精神・神経系頻度1%未満頭痛、振戦、睡眠障害
頻度不明不安、易刺激性、攻撃性
消化器頻度1%未満悪心、腹痛、食道カンジダ症
その他頻度1~10%未満筋痙攣
頻度1%未満関節痛、むくみ(浮腫)、高血糖
頻度不明鼻炎、胸の痛み、皮膚挫傷(皮下出血など)

※赤文字の症状が現れた場合は、セロフロ(アドエア)の服用を中止して下さい。
※太文字の症状が現れた場合は、短時間作動型の気管支拡張剤の服用など、適切な処置を行って下さい。
 また過敏症が疑われる場合は、セロフロ(アドエア)の服用を中止し、適切な処置を行って下さい。

重い副作用症状
ショック、アナフィラキシー胸内苦悶、冷汗、呼吸困難、四肢の冷え、血圧低下、意識障害、蕁麻疹、血管浮腫、呼吸困難
血清カリウム値低下脱力感、悪心、嘔吐、便秘、多尿、四肢の麻痺、不整脈、腸閉塞
肺炎発熱、せき、たん、胸の痛み、息苦しさ、食欲不振、倦怠感、悪寒、頭痛、筋肉痛、関節痛

注意点

セロフロ(アドエア)を服用できない方■有効な抗菌剤がない感染症や深在性真菌症の患者さん
■セロフロ(アドエア)成分に対して過敏症(アレルギー)の既往歴がある方

セロフロ(アドエア)を原則服用できない方■結核性疾患がある患者さん
特に必要としない限りは、原則服用することができません。
ステロイドの作用によって、症状を悪化させる恐れがあります。

セロフロ(アドエア)との併用に注意が必要な薬■CYP3A4阻害作用がある薬
セロフロ(アドエア)との併用によって、クッシング症候群や副腎皮質機能抑制、QT延長などを起こす恐れがあります。
など
■カテコールアミン
セロフロ(アドエア)との併用によって、不整脈、時に心停止を起こす恐れがあります。
発作時は、過度な併用に注意して下さい。
  • アドレナリン
  • イソプレナリン
など
■キサンチン誘導体
セロフロ(アドエア)との併用によって、低カリウム血症による不整脈を起こす恐れがあります。

セロフロ(アドエア)のレビュー・口コミ

レビュー・口コミを書く

商品名

お名前(ニックネーム)

年齢

満足度

タイトル

レビュー・口コミ本文