バイアグラ
(バイアグラジェネリック)

並び替え
並び替え
ED治療薬 一覧はこちら

バイアグラとは

バイアグラとは、ED(勃起不全・勃起障害)と呼ばれる男性特有の生理病を改善することができる医薬品です。
ED治療薬と呼ばれるものですが、正式にはPDE-5阻害剤という薬に分類されます。
性行為の前に服用することで血流が改善され、再び力強い勃起状態を起こすことができるようになります。

1998年に世界ではじめて誕生したED治療薬がバイアグラになり、それまで治療方法が確立されていなかったEDを改善できるとあって発売当時は「夢の薬」とまで言われていました。
バイアグラの主要成分となるのがシルデナフィルクエン酸塩になり、この成分はもともとは狭心症治療薬の成分として開発を進めていた成分です。

しかし、臨床試験の結果からは狭心症に対して思うような結果がでませんでした。
そこで治験者から予備に渡していた薬を回収しようとしたところ、多くの方が返却を拒みました。
拒まれた理由を詳しく調べてみたところ、成分シルデナフィルクエン酸塩には勃起不全改善効果があることが認められ、転用されて誕生したのがバイアグラになります。

国内で購入するには病院または専門に取り扱っているクリニックへ受診する必要があり、市販薬としては販売できないので薬局などでも購入することはできません。
バイアグラには「バイアグラ25mg」と「バイアグラ50mg」の2種類があります。

2種類の違いは、中身に含まれる成分シルデナフィルクエン酸塩の用量の違いになり、用量が増えることで効果持続時間などにも多少の変化があります。
それぞれ1錠あたりの値段は、次のようになります。

  • バイアグラ25mg錠 ・・・ 1,300円
  • バイアグラ50mg錠 ・・・ 1,500円

1回の性行為につき1錠が必要になるので、性行為の頻度によっては非常に高額な治療費となります。
さらに初診料、通院時には再診料、他にも診察料や検査料などかかるので、簡単に見積もっても10,000円は超えます。
健康保険が利かないのがED治療の特徴でもあり、一般的な風邪などの治療費から考えればとても敷居が高い治療となります。

バイアグラのジェネリック医薬品

1錠あたりの値段が非常に高いバイアグラですが、EDに悩む日本国内の男性の多くは治療費を抑えるために海外通販個人輸入代行)を利用してバイアグラのジェネリック医薬品を購入する方が増えています。
もちろん通販で購入することは日本の薬の法律である薬事法でも認められており、低価格なバイアグラジェネリックを法律に則って購入することができます。

気になる値段ですが、製造するメーカーによって多少の違いはありますが、バイアグラの1/5ほどの価格で1錠を購入することができます。
国内では敷居の高いED治療でも、通販を利用することで大幅に値段を抑えることができ、誰でも簡単にED治療をはじめることができます。

バイアグラのジェネリック医薬品には、次のような製品があります。

バイアグラジェネリックはとても種類が豊富なことから、比較的人気が高い製品をご紹介しました。
また、成分シルデナフィルクエン酸塩の国内処方による最大用量は50mgまでですが、海外製品となることからどの製品にも100mgがあります。
2倍の用量が入って1錠の値段が1/5ほどになるので、圧倒的にお得になります。
さらに治療費を抑えるのであればピルカッターを使用して、半分の50mg、さらにその半分の25mgとして服用すれば、たった1錠で2~4回の服用が行えます。

またバイアグラジェネリックの種類によってはゼリータイプやチュアブルタイプ、そして発泡剤などもあるので、飲みやすさにも工夫が凝らされています。
錠剤が苦手な方やバイアグラの服用を他人に知られたくない方でも、錠剤以外に切り替えることでスムーズな服用が行えます。
もし病院処方でバイアグラの治療費の負担が大きいと感じて諦めていた方は、バイアグラジェネリックへの切り替えがお勧めです。

早漏改善効果もあるバイアグラジェネリック

バイアグラジェネリックのなかにはED改善効果だけでなく、早漏改善効果も兼ね備えているものもあります。
それはバイアグラの主成分であるシルデナフィルクエン酸塩クエン酸塩と、早漏防止薬であるプリリジーの主成分ダポキセチンのどちらも配合した複合薬と呼ばれる薬です。

EDを罹患している方は同時に早漏を併発している方が多いですが、そんな方の悩みを一挙に解決できる薬として人気の医薬品となっております。
また、バイアグラとプリリジーのような先発薬は値段が高く、なかなか手を出せない方も多い医薬品ですが、この複合薬はジェネリック医薬品のためお安く購入でき、しかも2種類に効果を同時に得ることができて大変お得です。

お薬110番(以下当サイト)で取り扱っている早漏改善効果のあるバイアグラジェネリックには以下のような商品があります。

もし、EDと早漏にお悩みの方で病院処方の治療費が負担になっていると感じている方がおられましたら、早漏改善効果のあるバイアグラジェネリックへの切り替えをオススメします。

バイアグラの特徴

バイアグラの特徴は、2つあります。

  • 鋭い効き目
  • 切れの良さ

バイアグラは、他のレビトラシアリスといったED治療薬に比べ、しっかりとした効き目があります。
服用した男性が「効いている!!」と実感することができるので、もっとも古いED治療薬ですが根強い人気があります。
しかし、はじめて服用する方など人によっては「強すぎる」と感じる方もいます。
そういった場合は、ピルカッターで錠剤を半分に割るなどして服用量を調節しましょう。

バイアグラの効果・効能

バイアグラの効果の作用時間はバイアグラ50mgで最大6時間となっています。
ED治療薬の中では短時間作用になり、いつまでも長く作用しないので「ここぞっ!!」という時に力を発揮してくれます。
乗り物で例えるならスポーツカータイプになるので、瞬間の爆発力はED治療薬の中でもトップクラスです。

また、バイアグラは、媚薬や精力剤などの類ではありません。
つまりバイアグラを服用したからといって、性的刺激や興奮がなければ勃起状態となることはありません。
また、性欲が増すという効果はありません。
あくまでもバイアグラを服用してから刺激や興奮を感じることで、バイアグラの血管拡張作用は発揮されます。
媚薬や精力剤と思ってバイアグラを服用するのは、控えるようにしてください。

バイアグラの作用

ED(勃起不全)は、血流不足によって起こります。
つまりEDを治療するには、血流を元通りにすることができれば良いことが分かります。
バイアグラの成分シルデナフィルクエン酸塩には、血管拡張作用があります。
血液の通り道である血管を拡げることによって、性的興奮あるいは刺激を受けた時に多くの血流をペニスに送ることができるようになります。

もう少し作用について詳しく説明すると、次の2つの物質のはたらきが重要になります。

  • cGMP(サイクリックGMP) → からだの中で分泌される天然の血管拡張物質
  • PDE-5 → 勃起を鎮めるはたらきがある勃起抑制酵素

EDを抱える男性は、勃起抑制酵素と呼ばれるPDE-5のはたらきが強くなっています。
この酵素にはcGMPを分解するはたらきがあるので、血管を拡げることが難しくなってしまいます。

そこでバイアグラの成分シルデナフィルクエン酸塩が酵素であるPDE-5を阻害することで、cGMPの分解を防いでくれます。
cGMPが分解されないことで血管はしっかりと拡張され、多くの血液がペニスへと流れ込むようになります。
ペニス内が血液で満たされることでEDを改善し、再び力強い勃起を起こすことができるようになります。

バイアグラの有効性は非常に高いとされ、重度のED患者さんを含めてもその有効性は70%を超えます。
軽度~中等程度の方だけであれば、その有効性は90%以上にもなると言われています。
多くの方に勃起不全改善の効果が期待でき、性生活の質を向上させてくれます。

バイアグラの飲み方

バイアグラの飲み方にはいくつか注意点があります。
この項目では、用法用量・食後は服用しない・お酒の後も控えるという3点に分けて詳しく解説していきます。

用法用量

バイアグラの用法用量は、性行為の1時間前に1回25~50mgを服用するのが基本となります。
高齢者の方や肝臓・腎臓に障害を持つ方は、血中濃度の上昇の恐れがあるため、25mgから服用してください。
また、ファイザー社の開発するバイアグラは50mgからの販売となるため、日本人の体格では服用量が多い場合がありますので、ピルカッターなどで半分に割って25mgから服用されることをオススメします。
その他の注意点として1日1回以上の服用はできませんので、次の服用まで24時間以上空けてください。

食後は服用しない

バイアグラは食事の影響を受ける医薬品のため、食後に服用してしまうとお薬の効能が効き始めるのが遅れる恐れがあるので食後は服用しないようにしましょう。
食事をした後、2時間以上経ってからであれば問題なく効果を発揮することができます。
また、空腹時にバイアグラを摂取して成分を体に吸収し終わった後であれば食事をとっても問題ありません。

お酒の後も控える

性行為の前に緊張をほぐすためにお酒を飲む方もおられるかと思いますが、バイアグラを摂取する前に少量飲む程度であれば問題ありません。
しかし、お酒を飲みすぎた後にバイアグラを服用してしまうとアルコールの影響により、勃起しづらくなり逆効果となってしまうためほどよい量にとどめておきましょう。
また、バイアグラは血管を拡張させる作用があるため、通常よりアルコールの回りが早くなるのでお酒が強い方でも普段より少なめに見積もって飲むようにするのがベストです。

バイアグラの副作用

バイアグラには血管拡張作用によってEDを改善に導く主作用がありますが、体に悪影響をもたらす副作用が起きてしまうこともあります。
服用してから約30分ほど経ち、勃起改善効果が出始めると同時に”目の充血””顔のほてり”が主な副作用として見られます。
この症状は服用した人の多くに見られるため、効果が発現したシグナルだと捉えられることの多い副作用です。
頭痛や鼻づまり、動悸といった症状も比較的起こりやすい副作用ですが、バイアグラの作用時間である4~6時間以内に収まる場合は問題ないことがほとんどになります。
頭痛が気になる方はロキソニンやバファリンなどの市販の頭痛薬を併用するのがオススメです。

また、稀に重篤な副作用が起きることもあります。
色の区別がつかないなどの視覚異常が作用時間を過ぎても治まらないであったり、著しい視力低下を感じた場合は非動脈炎性前部虚血性神経症(NAION)の恐れがあるため、眼科などの専門医を受診してください。
その他にも4時間以上の間、勃起状態が継続するといった場合、持続勃起症(プリアピズム)の恐れがあるためすぐに医師の診察を受けにいってください。

バイアグラの併用禁忌薬

バイアグラには一緒に併用してはいけない併用禁忌薬と呼ばれる薬剤があります。

硝酸剤・NO供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビドなど)―併用してしまうと降圧作用が強まることで、過剰に血圧を低下させてしまう恐れがあるため併用が禁じられています。
アンカロン(抗不整脈薬)―併用してしまうとQTc延長作用を強めてしまう恐れがあり、QT延長症候群・低カルシウム血症・低カリウム血症といった症状が現れる可能性があるため併用していはいけません。
sGC刺激剤(アムデパスなど)―併用してしまうと症候性低血圧という症状を引き起こしてしまう恐れがあるため併用することができません。

バイアグラの併用注意薬

バイアグラには併用する際に注意が必要な併用注意薬と呼ばれる薬剤があります。

CYP3A4阻害剤(ニゾラールイトリゾールなど)―併用すると最高血中濃度の上昇やAUCの増加がみられるため、半減期が延長してしまう恐れがあるため併用には注意が必要です。
CYP3A4誘導薬(トラクリア、リファジンなど)―併用するとバイアグラの成分の血中濃度を低下させる恐れがあるため併用には注意が必要です。
高血圧治療薬―併用すると降圧作用が強まる恐れがあるため併用には注意が必要です。
α遮断薬(カルデナリンなど)―併用すると血圧が低下することによってめまいなどの症状が現れる恐れがあるため併用には注意が必要です。 ■カリペプチド―併用すると降圧作用が強まる恐れがあるため併用には注意が必要です。

バイアグラを服用できない方

薬剤には服用できない方というものがありますが、バイアグラも例外ではなく、服用できない方がいます。
服用する前に自分が該当しないかを確認してから服用するようにしましょう。
以下がバイアグラを服用できない方になります。

■重篤な肝機能障害をお持ちの方
■心臓・血管の疾患をお持ちの方
■低血圧・高血圧の方
■シルデナフィルクエン酸塩に過敏症の既往歴のある方
■網膜色素変性症をお持ちの方
■脳梗塞・脳出血・心筋梗塞の既往歴が半年以内の方

バイアグラの偽物に注意

バイアグラといったED治療薬には偽物が存在しています。
インターネットを介して販売されているED治療薬の約40%が偽物であるとされており、実際に健康被害の報告も出ています。
外見を本物に似せて実際の成分は違ったり、不純物が混ざったりしているものがいわゆる偽物で、見た目からの判別は難しいため信頼できる通販サイトで購入するのがベストです。
信頼できる通販サイトの判断基準としては、特定商取引の表記があるか・利用規約や個人情報保護方針の記載があるか・口コミが多いかなどを参考にしてください。

バイアグラの開発秘話

バイアグラの成分であるシルデナフィルクエン酸塩は、もともと狭心症治療薬として開発されていました。
ですが、臨床試験の結果、狭心症への効果が芳しくなく、試験は中止となりましたが、なぜか被験者が薬の返却を拒みました。
その理由は「勃起できるから」というものでした。
これ以来、シルデナフィルクエン酸塩はED治療薬バイアグラとして生まれ変わり瞬く間に全世界に広まりました。
日本において1999年に製造承認が下り、それ以来多くのED患者に愛用され現在に至ります。

ED治療薬
取扱商品の品質は安心です
梱包方法
丁寧で中身の商品名がわからないような梱包をしています。
安心配送
ご注文から商品到着まで責任を持って取り組みます。
充実サポート
わからないことやご不安な点はメールでお問い合わせください。
配送
ページの先頭へ