検査キット

検査キットとは

もしかしたら自分はアノ病気かもしれない…
もしかしたらアノ病気うつされたかもしれない…
このような場合、通常であれば病院へ行き検査してもらいますが、そうはいかない…という様々な事情があります。

他にも排卵日が知りたい、妊娠しているか早く知りたいなどすぐ検査結果が知りたいけど、病院へ行くのはちょっと…という事情もあります。

そんな時に大変便利なのが通販で購入できる検査キットです。

自宅で手軽に簡単、尚且つ病院で使われている正確性の高い検査キットが通販で購入することができます。
特に性感染症(以下性病)などは初期感染時、自覚症状が少ないものが多いです。
そのような場合、病院へ行くのは抵抗があるけど、検査キットであれば自宅で誰にも知られず検査できるという大変便利なものなのです。
自宅で検査できる検査キットは現在多数あります。
その多くが検査機関へ検体を送付し、検査結果を待たなければいけないものばかりです。

しかし当サイト(お薬110番)で取り扱っている検査キットは、医療機関などで活躍している、自宅ですぐ検査結果が出る優れたものばかりです。

性病検査キット

検査キットの中で人気が高いのは性病検査キットです。
性病はSTDと呼ばれる性行為によって感染する病気ですが、その多くが自覚がないまま放置してしまっているというのが現状です。
その結果、気付かないまままた性行為におよび、感染者が増加してしまうのです。
さらに放置したことによって重症化してしまうというリスクもあります。

性病の中には感染力が非常に高いものもあります。
もしかして性病に感染してるかも?と気になる場合は大変オススメです。
性病検査キットは自宅で誰にも知られず、正確性の高い検査をすることができます。
早めの検査により、初期の段階で治療することができるので、感染拡大も防げ、さらには重症化も防げます。

クラミジア検査キット

クラミジアは日本で一番感染者の多い性病です。 もし感染者と性行為をした場合、約50%の確率でクラミジアに感染してしまいます。
クラミジアは特に若い世代に感染者が多く、狭いコミュニティーの中での性行為によりどんどん増加してしまうのです。

クラミジアは実は怖い病気で、初期症状が無いまま放置したことによって、男女ともに不妊症、女子の場合は流産、卵管炎、男性の場合だと前立腺炎などになる可能性が非常に高くなります。
さらにHIVなど他の性病になる確率が3~5倍へと大きく膨らんでしまいます。
クラミジア検査キットは自宅で綿棒などを使用し、約20分ほどで検査結果を知ることができる大変便利な検査キットです。
正確性も高いので自分がクラミジアに感染しているか確実に判断することができます。

クラミジア検査キットの詳細はこちら

梅毒セルフテスト

梅毒ひと昔前の性病というイメージ持っている方が多いのではないでしょうか?
実際梅毒は抗生物質のペニシリンにより一旦、感染者が激減しました。
しかしここ最近により厚生労働省の調査によりまた感染者が増加してきているのが判明しています。
梅毒は最終的には死に至る可能性もある非常に怖い性病です。
しかし早期に発見、早期に抗生物質で治療することにより完治することができます。
梅毒セルフテストは、ボタンを押すと指に針が刺ささり簡単に採血することができます。
テストカードに採血したものを垂らし、その後約20分ほどで検査結果が判明します。
抗生物質のアモキシシリンと一緒に購入すると治療もすぐ行えますので確認してみてください。

梅毒セルフテストの詳細はこちら

淋病検査キット

淋病はクラミジアと同じく日本国内で感染者の多い性病です。
女性よりも男性の方が症状が出やすく、排尿時などに痛みを伴います。
女性や咽頭に感染した場合、ほとんど自覚症状が出なく感染していることに気付かないまま放置しがちです。

淋病に感染している場合、クラミジアに感染している確率は約30%と高く、両方検査する場合がほとんどです。
淋病検査キットは使い捨てタイプで、男性の場合はペニスに挿入させ、女性の場合は膣内に挿入させ検体を採取します。
約15分ほどで検査キットの色を見て検査結果を判断することができます。

淋病検査キットの詳細はこちら

HIV検査キット

現在、HIVは1度感染してしまうと体内から完全に排除する治療方法は残念ながらありません。
しかしエイズ発症の前の段階で、早期発見によりあきらかにエイズ発症を防ぐことができます。
その結果、長期間通常と同じ日常生活を送ることができるのです。
HIVの感染経路は血液感染、性的感染、母子感染の3パターンのみです。
まさか自分がと思いがちですが、そのまさかと思っている人たちがHIVに感染しています。
世界では1年間に200万人以上も新たにHIVに感染していると考えられています。
しかし現在は早期発見により治療を早い段階で行うことができるので、年間死亡者も2004年に比べると約半分近くも減少しているのです。

HIV検査キットは、自宅で手軽にHIVの検査ができます。
ランセットのボタンを押すだけで針が指を刺してくれ、採血することができるのです。
もちろん陰性であれば、それに越したことはありませんが、陽性の場合早期治療に繋がり、感染拡大予防にもなります。

※感染したかもしれないと思う性行為から、最低でも2週間以上経過していないと正確な検査結果はでません。

HIV検査キットの詳細はこちら

排卵・妊娠検査キット

排卵・妊娠検査キットは不妊症の治療をしている方にとって欠かせない検査キットです。
一般的なドラッグストアで手に入れることができるものもありますが、薬剤師の指示に従わなければいけないものもあります。
排卵や、妊娠は決して恥ずかしいことでもなんでもないのですが、店頭で買うことに抵抗がある人もたくさんいらっしゃいます。
そんな方には当サイトでご案内している検査キットであれば誰にも知られずまとめて購入することができるので大変オススメです。

排卵検査薬

排卵検査薬は、排卵日を予測することができる検査キットです。
排卵直前に、黄体形成ホルモンLHの分泌が急上昇するため、尿中のLH濃度により排卵を予測することができるのです。
これにより妊娠しやすいタイミングを計ることができるのです。

排卵誘発剤クロミッドのジェネリックなどと併用して使用することで、さらなるタイミングをしぼることができます。

日本で排卵検査薬は2009年まではドラッグストアなどの店頭で一般的に購入することができていました。
しかし、薬事法の改正によって「医療用体外診断用医薬品」となり、ドラッグストアでは買えないようになってしまったのです。
※その後2016年に、第一類医薬品として定められ、薬剤師説明を受けることが条件で店頭で購入できるようになりました。

排卵検査薬の詳細はこちら

早期妊娠検査薬

ドラッグストアで販売されている一般的な早期妊娠治療薬は、生理予定日から1週間以上たたなければ検査結果を知ることができません。
しかし妊娠しているかどうか知りたい人の多くは早く検査結果を知りたいものです。

そんな時に大変便利なのが早期妊娠検査薬です。
早期妊娠検査薬は、受精後9日~12日ほどで検査することができ、生理予定日よりも早く妊娠を知ることができます。

妊娠を早く知りたい方の中には、妊娠を望んでいない方もいらっしゃることでしょう。
そんな方にオススメしたいのが、アフターピルや、低用量ピルです。
アフターピルは性行為後でも避妊することができる避妊薬で、低用量ピルは毎日の服用でほぼ100%近い確率で避妊することができます。
どちらも日本でも病院で処方されている避妊薬ですので、気になる場合は確認してください。

早期妊娠検査薬の詳細はこちら

デング熱検査キット

デング熱は、蚊が吸血したことにより感染してしまう熱帯病の一種です。
世界で1億人以上もの人が発症している感染症で、高熱が出たり頭や、関節、筋肉などに強い痛みを伴います。

日本でも一時期、デング熱がニュースとなり話題になりました。
デング熱検査キットは、血中のデングNS1抗原、抗デングIgG/IgM抗体を検出することで、デング熱に感染しているか検査できます。
デング熱は重症化すると命に関わる危険性もでてきますので、早めの検査が求められます。

ドラッグテストキット

ドラッグテストキットは、日本国内で規制されている薬物が陽性かを検査できるキットです。
脱法ドラッグの成分も含んだ20種類の薬物を検査することができる非常に便利な検査キットです。
自宅で簡単に尿で検査できるので、誰でも簡単に使用することができます。

美容・ダイエット用品・サプリメント
取扱商品の品質は安心です
梱包方法
丁寧で中身の商品名がわからないような梱包をしています。
安心配送
ご注文から商品到着まで責任を持って取り組みます。
充実サポート
わからないことやご不安な点はメールでお問い合わせください。
配送
ページの先頭へ