ゾクラー(クラリス)
ゾクラー(クラリス) ゾクラー(クラリス) ゾクラー(クラリス) ゾクラー(クラリス)
商品名 ゾクラー(クラリス)
有効成分 クラリスロマイシン
メーカー シプラ
対応症状 性病(性感染症)  クラミジア  淋病  ニキビ(尋常性ざ瘡)  
個数選択 定価 販売価格 ポイント 商品購入
1錠 1錠
250mg × 12錠 ¥250 ¥3,000 ¥225 ¥2,700 81pt 購入する
250mg × 20錠 ¥250 ¥5,000 ¥202 ¥4,050 121pt 購入する
250mg × 40錠 ¥250 ¥10,000 ¥180 ¥7,200 216pt 購入する
個数選択 定価 販売価格 ポイント 商品購入
1錠 1錠
500mg × 8錠 ¥375 ¥3,000 ¥337 ¥2,700 81pt 購入する
500mg × 16錠 ¥375 ¥6,000 ¥303 ¥4,860 145pt 購入する
500mg × 24錠 ¥375 ¥9,000 ¥270 ¥6,480 194pt 購入する

ゾクラー(クラリス)の商品説明

ゾクラー(クラリス)

商品詳細

ゾクラー(クラリス)とは、クラミジア症などの性感染症や、咽頭炎・扁桃炎、慢性気管支炎(喘息)あるいはニキビ治療など"細菌"を原因とする感染症を治療する抗生物質になります。

感染した細菌を死滅させるにはからだの免疫が大切になりますが、より早く感染症を治療するためにゾクラー(クラリス)などの抗生物質の使用が必要になります。
もちろん、クラミジア症は自然に治癒することはなく、ゾクラー(クラリス)などの抗生物質が必要になります。

クラミジア症が悪化すると、細菌はからだの奥へと病巣を広げてしまい治療期間が延びることはもちろん、男女ともに不妊症の原因となることもあります。
もっともクラミジアは性行為によって感染するので、感染したまま性行為に望んでしまうとパートナーに感染を拡大させる恐れもあります。

さまざまな細菌は人から人へと感染を広げていくだけに、ゾクラー(クラリス)を使った早期の治療が大切です。

ゾクラー(クラリス)の特徴ゾクラー(クラリス)の特徴は、3つあります。

■からだへの吸収が良い
■半減期が長い
■一般的な抗生物質(βラクタム系)が効かないクラミジア症やマイコプラズマにも有効

ゾクラー(クラリス)の中身に含まれる成分である「クラリスロマイシン」は、エリスロマイシンという抗生物質を改良して作られた治療薬になります。
なので弱点でもあった服用してから胃酸の影響をほとんど受けることなく高濃度を保ったまま、からだに良く吸収されます。
この特徴によって半減期(薬の効く時間の長さ)が長くなり、少ない服用回数でクラミジア症などを治療することができます。

またゾクラー(クラリス)はマクロライド系と呼ばれる抗生物質になり、過敏症(アレルギー)を起こすことが少ない系統の抗生物質になります。
抗生物質には他にも「ペニシリン系(サワシリン/ビクシリンなど)」や「セフェム系(フロモックス/メイアクトなど)」と呼ばれるものがありますが、これらに過敏症(アレルギー)がある方でもゾクラー(クラリス)を服用することができます。

ゾクラー(クラリス)の効果・効能ゾクラー(クラリス)の作用をひとことで言うと「からだの細菌を排除する」ということです。
細菌を殺してしまう薬はからだにも影響があると思うかも知れませんが、ゾクラー(クラリス)は人には毒性がなく、細菌に対してのみ毒性を示すので問題なく服用することができます。

細菌というのは、1つの細胞で成り立っています。
感染してから表立って症状が現れるのは、からだの中で細菌が増殖し病原性を発揮するからです。

細菌が増殖するために必要となるのが「タンパク質」です。
このタンパク質を作るための器官を「リポゾーム」と呼びます。
しかしリポゾームの形は人と細菌では異なることから、ゾクラー(クラリス)は細菌のリポゾームのはたらきだけを阻害します。
リポゾームのはたらきをゾクラー(クラリス)によって阻害された細菌は増殖することができなくなってしまい、結果的に殺菌作用を発揮してくれます。

使用方法

ゾクラー(クラリス)の服用方法は、次のようになります。

当サイトではゾクラー(有効成分:クラリスロマイシン)250mg/500mgの2種類を取り扱っています。

1日500mgを2回にわけて服用し、1週間~2週間連続して服用。

通常成人による一般感染症の場合
1日400mgを2回に分けて服用。

尚、年齢や症状によっては適宜増減するとしていますが、1回400mgを1日2回を上限としています。

服用期間などは医師の指示に従ってください。

ゾクラー(クラリス)の注意点■決められた服用期間はしっかり守る
勝手な自己判断などでゾクラー(クラリス)の服用を中止してしまうと、完全に細菌を死滅させることができないことがあります。
再発や他の人に感染させる原因にもなるので注意して下さい。
国内性感染症の感染率がもっとも高いのが「クラミジア症」です。
クラミジア症の服用期間は、原則2週間となります。
この服用期間は忘れずに服用することはもちろん、細菌が消えたかどうかを必ずクラミジア検査キットなどで検査するようにして下さい。
■ゾクラー(クラリス)の服用は必要最小限にとどめる
ゾクラー(クラリス)を服用するにあたって、効き目は確認するようにして下さい。
むやみに服用すると、耐性菌(薬が効きにくい細菌)が作られてしまうことがあります。
効き目があれば、服用するのは必要最小限にとどめるようにして下さい。
■服用期間終了後の注意
ゾクラー(クラリス)の服用期間終了後、症状が完治しているかを性病検査キット等で確認するようにして下さい。

副作用

ゾクラー(クラリス)は副作用が少ない方だとされています。
時に、腹痛や下痢などの胃腸症状が現れることがあります。
ほとんどが軽い症状で治まりますが、ひどく続くようであれば医師に相談するようにして下さい。
その他に確認されている副作用症状は、次のようになります。
過敏症0.1~5%未満発疹
頻度不明そう痒感
精神神経0.1%未満めまい、頭痛、不眠
頻度不明幻覚失見当識意識障害せん妄躁病、眠気、振戦(ふるえ)しびれ、錯感覚
感覚器0.1%未満苦味などの味覚異常
頻度不明耳鳴聴力低下嗅覚異常
消化器0.1~5%未満悪心、嘔吐、胃の不快感、腹部膨満感
0.1%未満食欲不振、軟便、口内炎、舌炎、舌変色
頻度不明口腔内びらん、胸やけ、口の渇き、歯牙変色
血液0.1~5%未満好酸球増多
肝臓0.1~5%未満AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇
0.1%未満γ-GTP上昇、LDH上昇、Al-P上昇
筋・骨格頻度不明筋肉痛
その他0.1%未満倦怠感
頻度不明むくみ(浮腫)カンジダ症動悸、発熱、CK(CPK)上昇、脱毛、頻尿低血糖

※赤文字の症状が現れた場合には、ゾクラー(クラリス)の服用を中止するようにして下さい。

重い副作用症状
ショック、アナフィラキシー蕁麻疹(じんましん)、全身の発赤、顔や喉(ノド)の腫れ、ゼーゼー息苦しい、冷汗、顔が白くなる、手足のしびれ、脈が弱い、血圧低下、目の前が暗くなり意識が薄れる
QT延長、心室頻拍 (Torsades de pointesを含む)、心室細動動悸、頻脈(120/分以上)、徐脈(50/分以下)、胸の痛みや違和感、胸苦しい、だるい、めまい、立ちくらみ、気が遠くなる、失神
劇症肝炎、肝機能障害、黄疸、肝不全だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿が茶褐色
血小板減少、汎血球減少、溶血性貧血、白血球減少、無顆粒球症発熱、喉の痛み、口内炎、だるい、皮下出血(血豆・青あざ)や鼻血・歯肉出血など出血傾向
中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、多形紅斑発疹、発赤、水ぶくれ、うみ、皮がむける、皮膚の熱感や痛み、かゆみ、唇や口内のただれ、のどの痛み、目の充血、発熱、全身けん怠感
PIE症候群・間質性肺炎から咳、息苦しさ、少し動くと息切れ、発熱
偽膜性大腸炎、出血性大腸炎激しい腹痛、下痢、発熱、血液便、下血
横紋筋融解症手足のしびれ・けいれん、力が入らない、筋肉痛、歩行困難、赤褐色の尿
急性腎不全、尿細管間質性腎炎尿が少ない・出ない、尿の濁り・泡立ち、血尿、むくみ、だるい、吐き気、側腹部痛、腰痛、発熱、発疹
薬剤性過敏症症候群発疹、発熱、だるい、吐き気、リンパ節の腫れ、皮膚や白目が黄色くなる

注意点(併用禁忌薬)

ゾクラー(クラリス)と併用してはいけない薬は、次ようになります。

併用禁止■統合失調症治療薬
ゾクラー(クラリス)と併用してしまうと、QT延長など心臓の重い副作用症状が現れる恐れがあります。
  • オーラップ
■エルゴタミン(エルゴタミン酒石酸塩,ジヒドロエルゴタミンメシル酸塩)を含んだ薬
ゾクラー(クラリス)との併用によって、血管攣縮(れんしゅく)など重い副作用症状が現れる恐れがあります。
  • クリアミン
  • ジヒデルゴット
■タダラフィルを含んだ薬
ゾクラー(クラリス)との併用によって、タダラフィルを含んだ薬の作用を強めてしまう恐れがあります。
■C型慢性肝炎1型の治療薬
ゾクラー(クラリス)との併用によって、C型肝炎1型治療薬の血中濃度を上昇し肝臓にかかわる重い副作用症状が現れる、または重症化する恐れがあります。
  • スンベプラ
■C型慢性肝炎の治療薬
ゾクラー(クラリス)との併用によって、C型慢性肝炎治療薬の血中濃度が上昇し悪心・下痢・嘔吐などの副作用症状が現れる恐れがあります。
  • バニヘップ
■オレキシン受容体拮抗薬(睡眠薬)
ゾクラー(クラリス)との併用によって、オレキシン受容体拮抗薬の作用を著しく強めてしまう恐れがあります。
  • ベルソムラ

ゾクラー(クラリス)を服用できない方■ゾクラー(クラリス)成分クラリスロマイシンに過敏症(アレルギー)の既往歴がある方
■併用禁忌薬に該当する薬を服用中の方
■肝臓、腎臓に障害を抱える方で、コルヒチンを服用中の方

ゾクラー(クラリス)との併用に注意が必要な薬■強心剤
ゾクラー(クラリス)との併用によって、吐き気・嘔吐、不整脈などの症状が確認されています。
  • ジゴシン
■スルホニル尿素薬(SU薬)
ゾクラー(クラリス)との併用によって、低血糖による意識障害を起こしたとの報告があります。
など
■作用が強められてしまう薬
ゾクラー(クラリス)との併用によって、次の薬の作用が強まるなどの可能性が報告されています。
  • テグレトール
  • テオドール
  • ネオフィリン
  • サンディミュン、ネオーラル
  • タクロリムス
  • ハルシオン
  • ミダゾラム
  • セロクエル
  • リスモダン
  • セララ
  • レルパックス
  • アダラート
  • ワソラン
  • ディナゲスト
  • ワーファリン
  • オキシコンチン、オキノーム
  • フェンタニル
  • エリキュース
  • イグザレルト
  • プラザキサ
  • リクシアナ
  • イトリゾール
  • インビラーゼ
  • ノービア
  • ミコブティン
  • インテレンス
■脂質異常症(高脂血症)治療薬
ゾクラー(クラリス)との併用によって、脂質異常症(高脂血症)治療薬血中濃度の上昇が確認されています。
それに伴い「横紋筋融解症」が現れたとの報告があります。
腎機能に障害がある方は、特に注意して下さい。
■ゾクラー(クラリス)の作用を弱める薬
次の薬との併用によって、ゾクラー(クラリス)の作用を弱めてしまう恐れがあります。
  • リファジン
  • ストックリン
  • ビラミューン

ゾクラー(クラリス)の口コミ

満足度 ★★★★★
30にして、初めてピンサロというものに挑戦してきました。 すごく楽しかったけど後々心配になり、一応通販で売ってた性病キットで検査をしてみました。 クラミジアに感染していました。 ちなみに性病感染も初体験です。 初めてこんな病気にかかってしまうと不安だらけで、おまけに恥ずかしさもあってか性病科に行くような勇気も出なくて…。 なのでまたしても通販で抗生物質のシンクラーを購入することにしました。 なんとか治ったので一安心です。
満足度 ★★★★★
ペニシリンが私には合わないので、こちらを選びました。
満足度 ★★★★★
市販の薬だと効かないくらいニキビが悪化しちゃって、抗生物質に頼ることにしました。この薬を選んだのは直感でしたけど、ひどかったニキビが治りました!これに決めてよかったです!
満足度 ★★★★★
性病の時に病院に行くと、あんな所までさらけ出すんですよね・・・?病気を治すためとはいっても、なかなか勇気が出なかったので助かりました。
満足度 ★★★★★
クラミジアにかかっちゃって、他の薬を使っても全然治らなかったけどシンクラーを使ったら治りました!

口コミを投稿する

商品名
満足度
口コミ
ページの先頭へ