ステンドラ
(ステンドラジェネリック)

並び替え
並び替え
ED治療薬 一覧はこちら

ステンドラとは

ステンドラとは、海外での最新のED治療薬になります。
残念なことに、日本では未承認の医薬品となることから、病院やクリニックなどで処方してもらうことはできません。
最新ED治療薬ステンドラは、国内承認されているバイアグラレビトラシアリス、3種類の良いとこ取りとなっています。
海外での人気は高く、日本で承認されれば間違いなく1錠2,000円するシアリスの価格を上回るはずです。

ステンドラの成分であるアバナフィルを開発したのは、実は日本になります。
田辺三菱製薬という製薬会社が、即効性に加えて副作用が少ないED治療薬成分として開発を進めていました。
しかし2001年に、日本および一部のアジアを除いた世界での製造や販売の権利を、現在販売を行っているVivus社に譲渡しました。

そこから2012年にアメリカのFDA(アメリカ食品医薬品局)に承認され、ステンドラとして販売をスタートさせています。
用量には3種類あり、50mg・100mg・200mgがあります。
ちなみに日本と同じアジア圏では韓国で販売も行われており「ZEpeeda」、ヨーロッパ圏では「SPEDRA」という製品名で販売が行われています。

ステンドラのジェネリック医薬品

ステンドラは既に海外では販売がスタートしているので、ジェネリック医薬品が存在しています。
ステンドラのジェネリック医薬品がドラスマアバナになります。
同様に中身の成分には、アバナフィルが含まれています。

海外通販個人輸入代行)を利用することで購入することができ、世界最新のED治療薬を低価格で使用することができます。

また、海外医薬品の販売もあることからステンドラを購入することもできます。
ステンドラの成分であるアバナフィルはアメリカ食品医薬品局(日本の厚生労働省の様な機関)から承認されている成分になるので、ジェネリック医薬品や海外医薬品も安全に使用することができます。

早漏改善効果もあるステンドラジェネリック

ステンドラジェネリックのなかには血管拡張作用と共に早漏を改善する効果を持ち合わせている治療薬があります。
その治療薬とは、ステンドラの有効成分アバナフィルと早漏防止薬であるプリリジーに含まれるダポキセチンをあわせて配合したものです。

お薬110番(以下当サイト)では以下のような商品を取り扱っております。

ED(勃起不全・勃起障害)と早漏は併発しやすい疾患ですので、同時治療をされたい方にオススメの商品です。

ステンドラの特徴

ステンドラは、国内販売が行われているED治療薬すべてを組み合わせたような特徴があります。

  • 鋭い効き目 → バイアグラの特徴
  • 即効性 → レビトラの特徴
  • 食事の影響を受けない → シアリスの特徴

このような従来にない優れた効果を併せ持つことから最新のED治療薬でありながら非常に人気の商品となっております。

ステンドラの効果・効能

EDのような人に知られたくない病気は、服用した方が「効いている!!」と実感できることは大きな心の支えになります。
「また勃起しないかも」という不安をしっかりとした効き目が実感できることで、「勃起できるぞ」に気持ちを切り替えることできます。

また素早い効き目はスムーズに性行為をすすめることができます。
即効性といえばレビトラですが、ステンドラはそれと同じあるいは、少し早いとされています。
早く勃起不全改善効果が現れることで、プレッシャーに感じるこもなく心おだやかに性行為に集中することができます。

そしてシアリスの特徴でもある食事の影響ですが、シアリスは約800kcalまでの食事をとることができました。
しかしステンドラの添付文書には「STENDRA may be taken with or without food」と記載があります。
簡単に翻訳すると、「ステンドラは食事の影響を受けないだろう」になります。
つまり食事の制限がないと言える一方で、"だろう"の部分を見てしまうと多少なりとも食事の影響を受けそうな感じもします。
なので暴飲暴食は他のED治療薬同様に効き目に不安定を感じてしまう可能性があるので、控えめな食事あるいは空腹での服用が良いかも知れません。

ED患者さんにもED治療薬の好みがあるはずです。
ステンドラもしっかりとした勃起不全改善効果があるので、3つの特徴を参考に新しいED治療の選択肢として検討してみてください。

ステンドラの作用

ステンドラの作用は、他のED治療薬と変わらず血管拡張作用になります。
血管を拡げる作用によって、血流不足を改善し勃起をサポートしてくれます。

性的な興奮や刺激を感じると、からだの中ではNO(一酸化窒素)が放出されます。
NOの中には「cGMP」と呼ばれる天然の血管拡張物質が含まれています。
この物質は血管の壁にある平滑筋を緩めるはたらきがあり、cGMPによって血管が拡張されます。

ED患者さんの多くは、この物質がPDE-5という勃起抑制酵素によって分解されてしまいます。
ED治療薬は正式にはPDE-5阻害剤に分類され、ステンドラもこれに含まれます。
つまりステンドラを服用することによってPDE-5のはたらきを阻害し、cGMPの分解を防ぐことができます。
cGMPが正常なはたらきを取り戻すことで血管が拡がり、多くの血液がペニスへと流れ込むようになります。
血流不足が改善されれば、再び正常な勃起状態を起こすことができるようになります。

ステンドラはあくまでも血流を改善して、EDの症状を改善することのみができます。
ED治療薬を精力剤や媚薬などと誤解する方がいますが、精力がついたり性欲がUPする効果はありません。
あくまでも勃起をサポートする医薬品になることから、安易な使用や興味本意での服用は控えるようにしてください。

ステンドラの飲み方

ステンドラを服用する前に正しい飲み方を知っておく必要があります。
この項目では、用法用量と食事やお酒の影響について解説していきます。

用法用量

ステンドラの用法用量は、性行為の約30分前から1時間前に服用となります。
ED治療薬は性行為の1時間前を服用の目安にしているものが多いですが、ステンドラは極めて即効性が高いため、30分前でも十分な効果が見込めます。

また、1回につき1錠が服用上限で、次に服用するまで24時間以上は最低限時間を空ける必要があります。

食事・お酒の影響はほとんど受けない

ステンドラは食事の影響をほとんど受けないとされていますが、成分自体は腸から吸収されるため、食べすぎた場合はやはり多少なりとも影響が出てくるので、服用前後の食べすぎには注意しましょう。
また、お酒の影響ですが少量であれば影響はありませんが、血管拡張作用により普段よりは酔いやすい状態となっているため飲みすぎには注意です。
アルコールの影響により、性的刺激に鈍感になり、勃起力が低下してしまう恐れがあります。

ステンドラの副作用

ステンドラの副作用として代表的な症状は”目の充血””顔のほてり”です。
薬の効果が効き始めると血管が拡張するため、ほとんどの場合、主作用と共に付随して起こる副作用となります。
次に起こりやすい副作用としては頭痛や鼻づまり、動悸といった症状です。
頭痛が気になるようでしたらロキソニンなどの市販の頭痛薬と併用しても問題ありませんので適宜使用してください。

また、光に過敏になるなど視覚異常が現れる場合や、痛みのある勃起が持続するといった症状が起きることがあります。
ほとんどの場合、効果が切れると共に消えていく症状になりますが、万が一治まらない場合は、非動脈炎性前部虚血性神経症(NAION)持続勃起症(プリアピズム)といった疾患の可能性がありますので、ただちに病院で診察を受けてください。

ステンドラの併用禁忌薬

ステンドラには併用すると危険性の高い薬剤という併用禁忌薬と呼ばれるものがあり、以下で挙げる薬剤とステンドラは併用使用することができません。

■アミオダロン塩酸塩―QTc延長作用が増強する恐れがあるため併用不可
■CYP3A4阻害薬(抗真菌薬など)―血中濃度の上昇により、半減期が延長してしまう恐れがあるため併用不可
■硝酸剤及びNO供与剤―降圧作用が増強させる恐れがあるため併用不可

ステンドラの併用注意薬

ステンドラには併用に慎重な判断が必要な併用注意薬と呼ばれるものがあり、以下で挙げる薬剤とステンドラを併用する際は必ず医師の判断が必要になります。

■降圧剤―血圧降下作用が重複することで必要以上に血圧を下げる必要があるため併用に注意が必要
■CYP3A4阻害薬・誘導薬―リトナビル、サキナビル、ダルナビルといった薬剤と併用する際には医師の判断が必要
■グレープフルーツ―薬の分解が遅れる恐れがあり、薬の成分を必要以上に吸収されてしまい、効果や副作用が強く出てしまう恐れがあるため併用には注意が必要

ステンドラを服用できない方

ステンドラを服用できない方は以下のようになります。

■心血管系障害・重度肝機能障害・重度腎機能障害・低血圧・高血圧のいずれかの疾患をお持ちの方
■半年以内に心臓手術・脳梗塞・脳出血・心筋梗塞の既往歴がある方
■血液細胞に問題をお持ちの方

ステンドラの偽物に注意

通販サイトなどインターネット上で販売されているED治療薬の約4割が偽物であることはあまり知られていません。
厚生労働省も注意喚起を行っていますが、購入している方の多くは自分は正規品を購入していると思っている方がほとんどです。
ですが、ED治療薬は自由診療扱いのため、病院で処方されると治療代が高くなってしまうため、安く購入でき、ジェネリック医薬品も豊富な通販サイトには需要があります。
当然本物を取り扱っているサイトも多いのですが、残念ながら偽物を売る業者は後を絶ちません。
そこで信頼のおける通販サイトの見分け方を紹介しますので通販サイトを選ぶ際の参考にしてください。

■特商法の記載があるか
■事業者名や電話番号の記載があるか
■口コミ件数が多いか
■利用規約や個人情報の取扱いに関する記載があるか

ED治療薬
取扱商品の品質は安心です
梱包方法
丁寧で中身の商品名がわからないような梱包をしています。
安心配送
ご注文から商品到着まで責任を持って取り組みます。
充実サポート
わからないことやご不安な点はメールでお問い合わせください。
配送
ページの先頭へ