性病治療薬

性病治療薬の商品カテゴリーをお選び下さい
性病治療薬一覧

性病治療薬とは

性行為などによって性的な接触により感染する病気を性病(性感染症)、あるいは「STD」などと呼びます。
性感染症に感染した際に用いるのが性病治療薬になります。

性感染症に含まれる病気にはさまざまな種類があり、大きくわけると細菌による感染ウィルスによる感染の2つになります。
2種類の中にもさまざまな種類があり、症状はもちろん、使用する性病治療薬なども異なります。

国内で多いとされる性感染症のランキングは、次のようになります。

第1位 クラミジア症 ・・・ 細菌感染
第2位 淋病 ・・・ 細菌感染
第3位 性器ヘルペス ・・・ ウィルス感染
第4位 尖圭コンジローマ ・・・ 真菌(カビ)感染
第5位 梅毒 ・・・ 細菌感染
第6位 HIV ・・・ ウィルス感染

このように性感染症にはさまざまな種類があり、感染した原因菌に合わせた性病治療薬を用いる必要があります。
どの性感染症も自然治癒することは決してありません。
また潜伏期間やウィンドウ期間などがあり、病気の種類によっても発症する時期や検査が可能になる期間が異なります。

放置することは悪化を招き、もし無自覚のまま症状を放置してしまえばパートナーに感染させる恐れもあります。
早期発見・早期治療が肝心になり、性病検査キットによって病気と特定し、病気に合わせた性病治療薬を選択していくことが大切です。
ただし、病院での性病検査において保険が適用されるかどうかは検査の結果にもよります。

  • 痛みやかゆみなどが性器に現れている → 保険適用(3割負担)
  • 不安だからとりあえず検査したい → 全額自費負担

場合によっては検査の結果で陽性(感染している)反応がでている際に、保険を適用してくれる病院もあるようです。
しかし病院によって異なることから、必ず保険適用で治療ができるかは分かりません。
保険適用外での性病治療は検査費用はもちろん、性病治療薬も全額自費での負担となります。

性病治療薬の種類によっては1錠あたりが高額になるものもあるので、患者さんの大きな負担となります。
そこでお勧めしたいのが、海外通販個人輸入代行)を利用した治療方法です。
大幅に治療費を安くすることができるので、負担なく性病治療をはじめることができます。

国内でもっとも感染者数が多いクラミジア症を例に、病院と海外通販を利用しての治療費の価格を比較したものが、次のようになります。

病院と海外通販の利用による治療費の価格比較
病  院 クラミジア検査 ・・・ 2,000~4,000円
ジスロマック1錠あたり ・・・ 約840円
 海外通販  クラミジア検査キット1回あたり ・・・ 約1,000円
  アジー(ジスロマック・ジェネリック)1錠あたり ・・・ 約250円  

検査費用と共に、薬の1錠あたりはジェネリック医薬品であれば1/4以下の価格で購入することができます。
また通院なども考えれば、海外通販を利用した方がお得になることから、性病治療の負担を抑えたい方にはお勧めです。

性病治療薬のジェネリック医薬品

国内で感染者数が多いトップ5までの性病治療薬には、ジェネリック医薬品が存在しています。

性病治療薬のジェネリック医薬品(後発薬)
先発薬 性病の種類 ジェネリック医薬品(後発薬)
ジスロマック クラミジア症・淋病 アジー
クラビット クラミジア症・淋病 LQuin
レボフロックス
ゾビラックス
バルトレックス
性器ヘルペス アジビルDT
バルシビル
ベセルナクリーム 尖圭コンジローマ アルダラクリーム
ビクシリン
サワシリン
梅毒 カンピシリン
アモキシシリン

どのジェネリック医薬品にも先発性病治療薬と同一・同用量の成分が含まれていることから、同じように感染した原因菌を殺菌することができます。
しかも価格が先発薬の1/4以下の価格から購入できるので、服用期間が長くなる場合でも負担の少ない治療を行うことができます。

また、海外通販で性病治療薬による、ジェネリック医薬品の購入には処方箋は必要ありません。
なので再発などに備えて常備しておくこともできるので、早期治療の手助けになります。

性病治療薬の種類

性病治療薬にはいくつかの種類があります。
症状にとって使い分ける必要があるのでそれぞれ簡単に解説していきます。

クラミジア・淋病治療薬

クラミジアは国内で最も感染者数の多い性病で、次いで多いのが淋病となります。
この二つの性病には共通点が多いため、治療薬によってどちらも適用のある薬剤があります。
代表的な治療薬はクラビットとジスロマックです。
異なる点は服用日数の違いとなり、クラビットの方が長く、ジスロマックの方が短くなります。

その他、クラミジア・淋病に適用のある医薬品として、シプロキサン(※リンク先はジェネリック)・クラリス(※リンク先はジェネリック)・ケフレックス(※リンク先はジェネリック)・ミノマイシン(※リンク先はジェネリック)・サワシリン・アンピシリン・セフゾン(※リンク先はジェネリック)をお薬110番(以下当サイト)では取り扱っております。
また、これらの商品はジェネリック医薬品が豊富なため、先発薬の治療費が高く、経済的に厳しいと感じている方にオススメです。

クラミジア・淋病治療薬の詳細はこちら

ヘルペス治療薬

ヘルペスは国内で淋病に次いで3番目に多い性病です。
治療にはゾビラックスやバルトレックスといった抗ウィルス薬が用いられます。
ゾビラックスを改良した薬がバルトレックスで、プロドラッグとなります。
ですがバルトレックスの方が薬価が高いため、ゾビラックスを治療薬に選択される方もいらっしゃいます。

その他、ゾビラックスのクリームタイプであるアシクロビルクリームやファムビルといったヘルペス治療薬も当サイトでは取り扱っております。
また、これらの商品のジェネリック医薬品も取り扱っているため、治療費を安く抑えたい方はぜひご検討ください。

ヘルペス治療薬の詳細はこちら

コンジローマ治療薬

尖圭コンジローマは国内でヘルペスに次いで4番目に多い性病です。
治療にはべセルナクリームと呼ばれる塗り薬を用います。
当サイトではそのジェネリック医薬品であるアルダラクリームとイミキモドクリームを取り扱っており、病院処方してもらうより安く購入することができます。 ウィルスの増殖を抑制する作用があり、高い確率でほとんどすべてのウィルスを消滅させることが可能です。

コンジローマ治療薬の詳細はこちら

梅毒治療薬

梅毒はかつて不治の病でしたがペニシリンが開発されてから感染者数は大幅に減少しました。
ですが最近になって20前半女性の感染者数が急増しており、母子感染もするため、初期段階で気づき、治療することが重要です。
当サイトでは、梅毒を治療できるサワシリンやアンピシリンのジェネリック医薬品を販売しており、先発薬に比べ安く購入することができます。
また、梅毒セルフテストのような検査キットも販売しており、感染の疑いのある方で病院へ事情があって行かない方などにオススメです。

梅毒治療薬の詳細はこちら

トリコモナス治療薬

膣トリコモナス症は女性特有の性病でトリコモナス原虫が原因となって発症します。
治療にはフラジールやチニダゾールといった治療薬が用いられます。
当サイトではフラジールとチニダゾールのジェネリック医薬品(ファシジンチニバ)を取り扱っております。
膣トリコモナス症は再発の多い性病ですので治療費がかさむことが多いですが、ジェネリック医薬品であれば費用を抑えることができるのでオススメです。

トリコモナス治療薬の詳細はこちら

性病治療薬を個人輸入で通販する

性病を罹患した疑いのあるとき、ほとんどの方が病院で診察を受け、性病治療薬を処方してもらおうとするでしょう。
はじめて性病に罹られた方は病院で診察をまず受けるべきなのですが、性病は再発することの多い疾患です。
再発するたびに病院へ行くと、診察代と治療薬代が合わさり、治療費が負担になってしまいます。

そんなときに頼れるのが海外医薬品の個人輸入の通販サイトです。
こういったサイトは個人輸入する際の税関の手続きや、海外の製薬会社との連絡などを代行してくれ、購入する際はAmazonで何かを購入するのと同じように簡単に購入することが可能となります。

海外の有用な医薬品や価格の安いジェネリック医薬品などを購入することができ、継続服用の必要な服用薬がある方などが主に購入されています。
ですが利用にあたっては処方箋がないため購入は自己責任となり、他人への譲渡はできないなどのルールがありますのでご了承ください。
性病を再発してしまったけど病院代を安く済ませたい方は個人輸入の通販サイトを使い、今まで処方されていた医薬品、またはそのジェネリック医薬品を購入したいただくことで治療費を格段に抑えることができるのでオススメです。

性病治療薬
取扱商品の品質は安心です
梱包方法
丁寧で中身の商品名がわからないような梱包をしています。
安心配送
ご注文から商品到着まで責任を持って取り組みます。
充実サポート
わからないことやご不安な点はメールでお問い合わせください。
配送
ページの先頭へ