抗精神病薬(統合失調症治療薬)

並び替え
並び替え
向精神薬 一覧はこちら

抗精神病薬とは

抗精神病薬とは、主に統合失調症の治療に用いられている薬です。
統合失調症の患者さんには幻覚や妄想、あるいは意欲の低下など様々な症状が見られますが、これらの症状には全て「ドーパミン」という神経伝達物質の働きが関わっていると考えられています。

  • ドーパミンの過剰分泌 ・・・ 妄想や幻覚などの陽性症状
  • ドーパミンの機能低下 ・・・ 意欲低下などの陰性症状や認知機能障害

抗精神病薬は基本的に"ドーパミンの活動を抑える薬"となり、ドーパミンの量を調節し脳の過剰な興奮を抑える作用で統合失調症の症状を改善に導きます。
こうした作用から、双極性障害(躁うつ病)の躁状態の治療薬として用いられることもあります。

また抗精神病薬には「第1世代抗精神病薬」と「第2世代抗精神病薬」の2種類があります。

統合失調症の薬物療法は複数の薬を併用するのではなく、できるだけ1種類の薬だけを選んで服用することが望ましいとされています。
また用量に関しても症状を抑えることができるだけの最低限の用量に調節しなくてはなりません。
長期間服用することもある薬なので、自分に合った薬を選択することが大切です。

第1世代抗精神病薬とは

第1世代抗精神病薬とは古くから使われている薬で、「定型抗精神病薬」とも呼ばれます。
この薬の特徴は効果が強力な反面、副作用も多いということです。
統合失調症の陽性症状には効果的ですが、その他の陰性症状などには効果が低く悪化させる可能性もあることには注意が必要です。

第1世代抗精神病薬は、次の2種類に分かれます。

  • フェノチアジン系
  • ブチロフェノン系

またこれらの薬は現在の医療現場で用いられる機会は少なく、新しい薬が服用できない場合だけ使用が検討されます。

フェノチアジン系抗精神病薬の特徴

抗精神病薬の中でも最も古い薬がフェノチアジン系になります。
フェノチアジン系はもともと麻酔として使われていた薬です。
体内にある様々な受容体に働きかけ、脳内のドーパミン以外にもヒスタミンやアドレナリンなど複数の神経伝達物質の活動を抑える作用があります。
そのため脳の興奮を鎮めるだけでなく睡眠の改善や食欲の増進、あるいは不安感を抑えるなどの効果も期待できる薬となっています。
しかし一方では口の渇きや便秘などの抗コリン作用を生じることが問題視されることもあります。

フェノチアジン系抗精神病薬の代表例が、次のような種類の薬です。

  • コントミン
  • フルメジン
  • ノバミン

など

これらの薬の中では、例えばコントミンには「クロルプロマジン」のようなジェネリック医薬品があります。
同じ成分が含有された薬をより安価で購入することができます。

ブチロフェノン系抗精神病薬の特徴

ブチロフェノン系抗精神病薬もまた、フェノチアジン系と並んで古くから使われている薬です。
フェノチアジン系とは異なり、からだの余計な部位に作用せず体内のドーパミンだけを選んで集中的に働きかけるという特徴があります。
それにより脳の興奮を強力に抑えることが可能になり、統合失調症の代表的な症状である幻覚や妄想などにはとても有効な薬です。
しかし効果が強い分、ドーパミンが不足してしまい錐体外路症状のような副作用も起こりやすいです。

ブチロフェノン系抗精神病薬には、次のような種類があります。

  • セレネース
  • プロピタン
  • トロペロン

など

第2世代抗精神病薬とは

第2世代抗精神病薬とは、第1世代抗精神病薬を改良して作られた薬です。
非定型抗精神病薬」と呼ばれることもあり、古い薬よりも副作用が軽減されているという特徴があります。
また陽性症状にしか効果がなかった第1世代抗精神病薬とは異なり、陰性症状や認知機能症状にも改善効果を期待できます。

第2世代抗精神病薬は、次に挙げる3種類に分けられます。

  • SDA(セロトニン・ドーパミン拮抗薬)
  • MARTA(多受容体作用抗精神病薬)
  • DSS(ドーパミンシステムスタビライザー)

現代において統合失調症は、これらの薬から治療を始めることが基本となります。

SDA(セロトニン・ドーパミン拮抗薬)の特徴

第2世代抗精神病薬の中でも最初に登場したのがSOD(セロトニン・ドーパミン拮抗薬)になります。
名前の通りセロトニンとドーパミン、2つの物質の働きを抑えるという特徴を持った薬です。
脳の部位ごとにドーパミンの数を減らしたり、またはセロトニンの活動をブロックし間接的にドーパミンの数を増やすことで統合失調症の陽性症状・陰性症状・認知機能障害を治療します。

SDAには次のような種類があります。

  • リスパダール
  • ルーラン
  • ロナセン

など

これらの薬の内、リスパダールには「リスコン」や「シゾドン」などのジェネリック医薬品があります。

MARTA(多受容体作用抗精神病薬)の特徴

MARTA(多受容体作用抗精神病薬)は、体内の様々な受容体に作用する薬です。
気分の安定化や食欲・睡眠の促進など幅広い効果を期待できます。
第1世代に属するフェノチアジン系と似たような特徴になりますが、MARTAの方が新しい薬であり副作用も少ないです。

MARTAには次のような薬があります。

  • ジプレキサ
  • セロクエル
  • クロザリル

など

これらの薬のジェネリック医薬品としてはジプレキサに「オリザ」、セロクエルに「クエチアピン」、クロザリルに「スキザリル」などがあります。

DSS(ドーパミンシステムスタビライザー)の特徴

DSS(ドーパミンシステムスタビライザー)は、第2世代抗精神病薬の中でも最も新しい薬です。
その特徴は、"ドーパミンの活動を安定化させる作用"になります。
ドーパミンが過剰な時はその活動をブロックし、またドーパミンが不足している時はその数を増やすことで統合失調症の症状を改善します。

DSSに属するのが、「エビリファイ」という薬です。
国内では2006年に販売が開始された薬で、統合失調症以外には双極性障害やうつ病の治療にも用いられます。
エビリファイには「アリピゾル」「アリップMT」「アスプリト」などのジェネリック医薬品があります。

向精神薬
取扱商品の品質は安心です
梱包方法
丁寧で中身の商品名がわからないような梱包をしています。
安心配送
ご注文から商品到着まで責任を持って取り組みます。
充実サポート
わからないことやご不安な点はメールでお問い合わせください。
配送
ページの先頭へ