エスゾピック(ルネスタ)
エスゾピック(ルネスタ) エスゾピック(ルネスタ) エスゾピック(ルネスタ) エスゾピック(ルネスタ)
商品名 エスゾピック(ルネスタ)
有効成分 エスゾピクロン
メーカー ロイドラボラトリーズ
対応症状 不眠症(睡眠障害)  
個数選択 定価 販売価格 ポイント 商品購入
1錠 1錠
2mg × 30錠 ¥83 ¥2,500 ¥79 ¥2,380 71pt 購入する
2mg × 60錠 ¥83 ¥5,000 ¥71 ¥4,280 128pt 購入する
2mg × 90錠 ¥83 ¥7,500 ¥63 ¥5,720 171pt 購入する
個数選択 定価 販売価格 ポイント 商品購入
1錠 1錠
3mg × 30錠 ¥100 ¥3,000 ¥95 ¥2,850 85pt 購入する
3mg × 60錠 ¥100 ¥6,000 ¥85 ¥5,130 153pt 購入する
3mg × 90錠 ¥100 ¥9,000 ¥76 ¥6,840 205pt 購入する

エスゾピック(ルネスタ)の商品説明

エスゾピック(ルネスタ)

商品詳細

エスゾピック(ルネスタ)とは、国内では2012年に発売がスタートした"ルネスタ"のジェネリックである睡眠薬です。
先発薬のルネスタは、"アモバン"を改良することで副作用を和らげてより睡眠作用だけに特化されました。
そのためジェネリックであるエスゾピック(ルネスタ)も、睡眠薬にありがちなフラつきなどの症状の心配なく服用できます。
また睡眠薬は効果がどれだけ続くかにより、次の4種類に分類されます。

  • 超短時間型
  • 短時間型
  • 中時間型
  • 長時間型

エスゾピック(ルネスタ)は超短時間型に分類され、翌朝に効果を持ちこすことがありません。
そのため"睡眠導入剤"として、不眠症のためなかなか寝付けないとお悩みの方にオススメです。

エスゾピック(ルネスタ)の特徴エスゾピック(ルネスタ)の特徴は、大きく分けると2つあります。

■超短時間型の作用
一般的に、不眠症の症状は4種類に分かれます。

  • 入眠障害 … なかなか寝付けない
  • 中途覚醒 … 途中で目覚めてしまい、そこから寝付けない
  • 熟眠障害 … しっかりと眠った気がしない
  • 早朝覚醒 … 朝早くに目覚めてしまう

エスゾピック(ルネスタ)は効果の持続時間が約5~6時間ほどの「超短時間型」の睡眠薬です。
即効性があり、服用してから10~15分ほどで効果が現れ、1時間ほどでピークに達します。

なので、「入眠障害」や「中途覚醒」に悩んでいる方に効果的です。
また、夜寝る前に服用しても、朝までには効果が無くなっています。

■副作用が少ない
エスゾピック(ルネスタ)よりも前に発売されていた睡眠薬のアモバンは、「苦味」の副作用が強いことが問題視されることもありました。
しかし、エスゾピック(ルネスタ)の有効成分の「エスゾピクロン」はその点が改善され、苦味が軽減されています。

他にも、エスゾピック(ルネスタ)が属する非BZD薬の共通の特徴として、耐性や依存性などの副作用が生じることが少ないということもあり、安全性にも優れています。

エスゾピック(ルネスタ)の効果・効能充実した毎日を送るためには、睡眠は不可欠です。

人の脳には、脳の機能を抑制する受容体があり、その受容体が作用することで、人は眠くなります。
そのような受容体を、「BZD(ベンゾジアゼピン)受容体」と言います

BZD受容体は、さらに2つのω(オメガ)受容体に分類されます。

■ω1受容体 … 催眠作用に関わる受容体

■ω2受容体 … 抗不安作用や筋弛緩作用に関わる受容体

エスゾピック(ルネスタ)は、ω1受容体だけを刺激し、脳の機能を抑えることで眠気を引き出します。
また、この時にω2受容体は刺激されないため筋弛緩作用などが起こらず、ふらつきや転倒などの副作用を抑えて睡眠作用に特化させた向精神薬と言えます。

使用方法

エスゾピック(ルネスタ)の服用方法は、次のようになります。

成人は1回2mgを、高齢者は1回1mgを就寝前に服用

尚、用量は年齢や症状によって適宜増減します。
また、服用は成人は3mgを、高齢者は2mgを超えないこととしています。

エスゾピック(ルネスタ)の注意点■増量する場合
通常の用量よりも多く服用する場合は、患者の様子を観察しながら慎重に増やして下さい。
また、症状が改善したら減量していくようにして下さい。
■服用のタイミング
エスゾピック(ルネスタ)は就寝前に服用して下さい。
また、仮眠をとる場合には服用を控えて下さい。
■用量が制限される場合
次のような方は、1回1mgまでの服用となります。
  • 高度の肝機能障害のある方
  • 高度の腎機能障害のある方
また、用量を増やす場合には2mgまでとなります。
■食事の影響
エスゾピック(ルネスタ)は、食事の影響を受けます。
食事と一緒に、または食後の服用は控えて下さい。

副作用

エスゾピック(ルネスタ)の副作用として起こりやすいのが、次のような症状になります。
  • 傾眠
  • 頭痛
  • 味覚異常
  • 口の渇き
  • 倦怠感
など
その他の副作用は、次の通りになります。
精神神経頻度3%以上傾眠
頻度1~3%未満頭痛、浮動性めまい
頻度1%未満不安、注意力障害、異常な夢、うつ病
頻度不明神経過敏、記憶障害、錯感覚、思考異常、感情不安定、錯乱状態
過敏症頻度不明発疹そう痒症
消化器頻度3%以上味覚異常
頻度1~3%未満口の渇き
頻度1%未満口腔の不快感、口内の乾燥、下痢、便秘、悪心
頻度不明消化不良、嘔吐
肝臓頻度1%未満AST(GOT)、ALT(GPT)、AI-P、γ-GTP、ビリルビンの上昇
その他頻度1%未満倦怠感、湿疹、尿中ブドウ糖陽性、尿中血陽性
頻度不明リビドー減退、筋肉痛、片頭痛、背中の痛み、高血圧、末梢性浮腫

※赤文字
の症状が現れた場合、エスゾピック(ルネスタ)の服用を中止するようにして下さい。

重い副作用症状
ショック、アナフィラキシー様症状動悸・息切れ、めまい、かゆみ、蕁麻疹、目の充血、くしゃみや鼻水、腹痛、吐き気、下痢、失神、心停止
依存性薬物依存、不安・悪心・反跳性不眠などの離脱症状
呼吸抑制、炭酸ガスナルコーシス呼吸の抑制、発汗、頭痛、新鮮、痙攣、傾眠、意識障害
肝機能障害、黄疸倦怠感、食欲不振、発熱、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿の色が茶色
精神症状、意識障害悪夢、意識レベルの低下、興奮、錯乱、幻覚、夢遊症状、攻撃性、せん妄、異常行動
一過性前向性健忘、もうろう状態記憶の欠如、意識がもうろうとする

注意点(併用禁忌薬)

エスゾピック(ルネスタ)の併用禁忌薬は、特にありません。

エスゾピック(ルネスタ)を服用できない方■エスゾピック(ルネスタ)成分エスゾピクロンまたはアモバン成分ゾピクロンに過敏症(アレルギー)の既往歴がある方
■重症の筋無力症の方
■急性狭隅角緑内障の患者さん

エスゾピック(ルネスタ)を原則服用できない方■肺性心、肺気腫、気管支喘息および脳血管障害の急性期にあって、呼吸の機能が著しく低下している方
原則、エスゾピック(ルネスタ)を服用することはできませんが、特に必要とする場合には慎重に服用を行うこととしています。

エスゾピック(ルネスタ)との併用に注意が必要な薬■筋弛緩薬・中枢神経抑制剤
エスゾピック(ルネスタ)と併用することで、次の薬の作用が強まる恐れがあります。
併用しないことが望ましいとされていますが、やむを得ず服用する場合は慎重に服用を行って下さい。
  • スキサメトニウム塩化物水和物
  • ツボクラリン塩化物塩酸塩水和物
  • パンクロニウム臭化物
  • フェノチアジン誘導体
  • バルビツール酸誘導体
など
■飲酒(アルコール)
エスゾピック(ルネスタ)といっしょに飲酒してしまうと、お互いの作用を強めてしまうことがあります。
■麻酔
麻酔時にエスゾピック(ルネスタ)を服用すると、呼吸抑制の副作用が現れることがあるので慎重に服用するようにして下さい。
  • チアミラールナトリウム
  • チオペンタールナトリウム
など
■CYP3A4誘導作用がある薬
エスゾピック(ルネスタ)の代謝を促進してしまい、作用を弱めてしまう恐れがあります。
  • リファジン、アプテシン
など
■CYP3A4阻害作用がある薬
エスゾピック(ルネスタ)の代謝を阻害してしまい、作用を強めてしまう恐れがあります。
など

エスゾピック(ルネスタ)の口コミ

口コミを投稿する

商品名
満足度
口コミ
ページの先頭へ