リスコン(リスパダール)
リスコン(リスパダール) リスコン(リスパダール) リスコン(リスパダール) リスコン(リスパダール)
商品名 リスコン(リスパダール)
有効成分 リスペリドン
メーカー Consern Pharma
対応症状 統合失調症  
個数選択 定価 販売価格 ポイント 商品購入
1錠 1錠
2mg × 100錠 ¥50 ¥5,000 ¥45 ¥4,500 135pt 購入する
個数選択 定価 販売価格 ポイント 商品購入
1錠 1錠
4mg × 100錠 ¥75 ¥7,500 ¥67 ¥6,750 202pt 購入する

リスコン(リスパダール)の商品説明

リスコン(リスパダール)

商品詳細

リスコン(リスパダール)は統合失調症の治療に用いられる向精神薬です。
ドーパミンやセロトニンの量を調節し、脳の働きを整える作用があります。
またリスコン(リスパダール)は第2世代の抗精神病薬に分類され、副作用が比較的軽減されたため統合失調症の治療現場においても頻繁に使用される薬でもあります。
さらに2016年からは小児の自閉症に伴う易刺激性(かんしゃくや攻撃性など)の症状の改善効果も認められました。

リスコン(リスパダール)の特徴リスコン(リスパダール)には、4つの特徴があります。

■副作用が起こりにくい
■剤型が豊富
■幻覚や妄想などの陽性症状を強力に改善
■陰性症状にもある程度は有効

抗精神病薬の中でもリスコン(リスパダール)は比較的新しく登場し、改良が進んだ第2世代抗精神病薬です。
そのため古い薬よりも副作用が起こりにくく、現在の統合失調症治療においてはリスコン(リスパダール)などの薬から治療を始めるのが一般的になっています。
またリスコン(リスパダール)は第2世代抗精神病薬の中では一番最初に登場した薬で、病院処方の場合は錠剤・OD錠・細粒など剤型が豊富なことも特徴の1つです。

リスコン(リスパダール)の効果としては、統合失調症の陽性症状を引き起こすドーパミンの分泌を強く抑える作用があります。
そのため幻覚や妄想などの症状には特に有効です。
他にも感情の動きが乏しくなったり、無気力になるなどの症状にも改善効果もありますが、陰性症状への効果は控えめであることには注意が必要です。

リスコン(リスパダール)の効果・効能統合失調症の症状は、脳内の特定部位でドーパミンの量が変化することで起こるものだと考えられています。

  • 「中脳辺縁系」でのドーパミン量増加 … 陽性症状(幻覚、妄想など)
  • 「中脳皮質系」でのドーパミン量減少 … 陰性症状(感情が乏しくなる、無気力など)

これらのドーパミンの働きに注目して作られた薬がリスコン(リスパダール)になります。

リスコン(リスパダール)は、「SDA(セロトニン・ドーパミン拮抗薬)」とも呼ばれる薬です。
その作用は2種類あり、第1の作用は脳内の「ドーパミン2受容体」の阻害です。
これにより中脳辺縁系でのドーパミンの活動が弱まり、統合失調症の陽性症状を改善することができます

リスコン(リスパダール)第2の作用は「セロトニン2A受容体」の阻害です。
セロトニンにはドーパミンの分泌量を減らしてしまう働きがあります。
そこでリスコン(リスパダール)はセロトニン2A受容体を阻害し、セロトニンの活動を抑えてしまうのです。
すると先程とは逆に中脳皮質系でのドーパミンの濃度が高まり、やる気を回復させて陰性症状を改善させます。

リスコン(リスパダール)はこれら2つの作用で、統合失調症を治療する薬です。

使用方法

リスコン(リスパダール)の服用方法は、症状によって異なります。

■統合失調症

  • 1回1mgを1日2回の服用から開始し、徐々に増量
  • 増量後は1日2~6mgを維持量とし、1日2回に分けて服用

尚、年齢や症状に応じて適宜増減します。
ただし1日の用量は12mgを超えないようにして下さい。

■小児期の自閉症にともなう易刺激性(体重15kg~20kg未満の場合)

  • はじめは1日1回、0.25mgを服用
  • 4日目から1日0.5mgを1日2回に分けて服用

症状に応じて適宜増減し、また増量する場合は1週間以上の間隔を空けて1日量0.25mgずつ増やすようにして下さい。
ただし1日の用量は1mgを超えないようにして下さい。

■小児期の自閉症にともなう易刺激性(体重20kg以上の場合)

  • はじめは1日1回、0.5mgを服用
  • 4日目から1日1mgを1日2回に分けて服用

症状に応じて適宜増減し、また増量する場合は1週間以上の間隔を空けて1日量0.5mgずつ増やすようにして下さい。
ただし1日の用量は体重20kg~45kg未満の場合は2.5mg、45kg以上の場合は3mgを超えないようにして下さい。

リスコン(リスパダール)の注意点■起立性低血圧に注意
リスコン(リスパダール)の服用を始めた時・服用を再開した時・増量時に起立性低血圧が現れることがあります。
増量をする時は少量から徐々に行い、低血圧が現れた場合は減量をするなど適切な処置を行って下さい。
■自動車の運転等は控えること
リスコン(リスパダール)の服用により眠気や注意力・集中力・反射運動能力などの低下が起こることがあります。
服用中は自動車の運転等の危険を伴う機械の操作はしないように注意して下さい。
■陽性症状の悪化に注意
リスコン(リスパダール)の服用により、統合失調症の患者さんの陽性症状を悪化させる可能性があります。
服用中は十分に観察を行い、悪化が見られた時は他の治療法に切り替えるなど適切な処置を行って下さい。
■糖尿病の悪化に注意
リスコン(リスパダール)の服用により高血糖や糖尿病の悪化が見られ、糖尿病性ケトアシドーシスや糖尿病性昏睡に至ることがあります。
服用中は口の渇き、多飲、多尿、頻尿などの症状に注意し、特に糖尿病の既往歴や危険因子を有する患者さんは血糖値の測定などの観察を十分に行って下さい。
■低血糖に注意
リスコン(リスパダール)の服用により低血糖が現れることがあります。
服用中は脱力感、けん怠感、冷や汗、振戦(ふるえ)、傾眠、意識障害などの低血糖症状に注意し、また血糖値の測定等の観察を十分に行って下さい。
■血栓塞栓症に注意
リスコン(リスパダール)などの抗精神病薬により肺塞栓症や静脈血栓症などの血栓塞栓症が起こることが報告されています。
寝たきり状態、肥満、脱水状態などの危険因子を有する患者さんが服用する場合は注意して下さい。
■易刺激性に対して用いる場合
リスコン(リスパダール)を小児期の自閉症に伴う易刺激性の治療に用いる場合は定期的に効果を確認し、効果がなかった場合は服用を中止するようにして下さい。

副作用

リスコン(リスパダール)の副作用症状は、次のようになります。
感染症および寄生虫症頻度1%未満気管支炎、微咽頭炎、咽頭炎、肺炎
頻度不明胃腸炎、感染、膀胱炎、耳感染、インフルエンザ、限局性感染、気道感染、鼻炎、副鼻腔炎、皮下組織膿瘍、尿路感染、ウイルス感染、蜂巣炎、扁桃炎、眼感染、中耳炎、爪真菌症、ダニ皮膚炎
血液およびリンパ系障害頻度1%未満貧血、血小板減少症
頻度不明好中球減少症
免疫系障害頻度不明アナフィラキシー反応過敏症
内分泌障害頻度1%未満高プロラクチン血症
代謝および栄養障害頻度1%未満食欲不振、脂質異常症(高脂血症)、食欲亢進、多飲症、食欲減退
頻度不明高尿酸血症、水中毒
精神障害頻度1%以上不眠症、不安、激越
頻度1%未満妄想、うつ病、幻覚、抑うつ症状、躁病、被害妄想、精神症状、睡眠障害、緊張、自殺企図、錯乱状態、リビドー亢進、徘徊
頻度不明リビドー減退、神経過敏、気力低下、情動鈍麻、無オルガズム症(不感症)、悪夢
神経系障害頻度1%以上アカシジア、振戦(ふるえ)、傾眠、構音障害、ふらつき、頭痛、ジストニー
頻度1%未満鎮静、めまい、立ちくらみ、運動低下、ジスキネジア、パーキンソニズム、錐体外路障害、精神運動亢進、無動、痙攣、注意力障害、構語障害、しびれ感、よだれ、仮面状顔貌、頭部不快感、嗜眠、錯感覚、意識レベルの低下、会話障害(舌のもつれ等)、味覚異常、記憶障害、てんかん
頻度不明末梢性ニューロパチー、協調運動異常、過眠症、弓なり緊張、失神、平衡障害、刺激無反応、運動障害、意識消失
眼障害頻度1%未満調節障害、眼球回転発作、眼瞼痙攣、視力低下
頻度不明眼脂、結膜炎、網膜動脈閉塞、霧視、眼充血、眼瞼縁痂皮、眼乾燥、流涙増加、羞明、緑内障、術中虹彩緊張低下症候群
耳および迷路障害頻度不明耳痛、回転性めまい、耳鳴
心臓障害頻度1%未満頻脈、洞性頻脈、動悸、心室性期外収縮、房室ブロック、右脚ブロック、上室性期外収縮、不整脈
頻度不明徐脈、左脚ブロック、洞性徐脈
血管障害頻度1%未満起立性低血圧、低血圧、高血圧、末梢冷感、潮紅
頻度不明末梢循環不全
呼吸器、胸郭および縦隔障害頻度1%未満鼻閉
頻度不明呼吸困難、咳嗽、鼻漏、副鼻腔うっ血、睡眠時無呼吸症候群、口腔咽頭痛、鼻出血、肺うっ血、喘鳴、嚥下性肺炎、発声障害、気道うっ血、ラ音、呼吸障害、過換気
胃腸障害頻度1%以上便秘、流涎過多、悪心
頻度1%未満嘔吐、嚥下障害、口内乾燥、胃不快感、下痢、胃炎、腹部膨満、腹痛、消化不良、上腹部痛、唾液欠乏
頻度不明腸閉塞、膵炎、歯痛、糞塊充塞、便失禁、口唇炎、舌腫脹
肝胆道系障害頻度1%未満肝機能異常
皮膚および皮下組織障害頻度1%未満多汗症、発疹、そう痒症、湿疹、過角化、紅斑
頻度不明ざ瘡(ニキビ)、脱毛症、血管浮腫、皮膚乾燥、頭部粃糠疹、脂漏性皮膚炎、皮膚変色、皮膚病変、蕁麻疹、水疱
筋骨格系および結合組織障害頻度1%以上筋固縮
頻度1%未満筋肉痛、斜頚、筋攣縮、関節硬直、筋力低下
頻度不明背部痛、四肢痛、関節痛、姿勢異常、筋骨格痛、頚部痛、筋骨格系胸痛、筋痙縮
腎および尿路障害頻度1%未満排尿困難、尿閉、頻尿、尿失禁
生殖系および乳房障害頻度1%以上月経障害
頻度1%未満無月経、乳汁漏出症、不規則月経、射精障害
頻度不明女性化乳房、性機能不全、乳房不快感、勃起不全(ED)、月経遅延、希発月経、腟分泌物異常、乳房腫大、乳房分泌
全身障害および投与局所様態頻度1%以上易刺激性、けん怠感
頻度1%未満口渇、無力症、疲労、歩行障害、発熱、気分不良、胸部不快感、胸痛、顔面浮腫、末梢性浮腫、疼痛、不活発
頻度不明浮腫(むくみ)、低体温、インフルエンザ様疾患、悪寒、薬剤離脱症候群
臨床検査頻度1%以上ALT(GPT)増加、CK(CPK)増加
頻度1%未満AST(GOT)増加、血中クレアチニン増加、血中ブドウ糖増加、LDH増加、血圧低下、血中プロラクチン増加、血中ナトリウム減少、血中トリグリセリド増加、血中尿素増加、心電図異常心電図QT延長、好酸球数増加、γ-GTP増加、グリコヘモグロビン増加、血小板数減少、総蛋白減少、体重減少、体重増加、白血球数減少、白血球数増加、尿中蛋白陽性、Al-P増加、ヘマトクリット減少
頻度不明心電図T波逆転、血中尿酸増加、尿中血陽性、肝酵素上昇、尿糖陽性
傷害、中毒および処置合併症頻度1%未満転倒・転落
頻度不明引っかき傷、処置による疼痛

※赤文字の症状が現れた場合はリスコン(リスパダール)の服用を中止して下さい。

重い副作用症状
悪性症候群高熱、意識がもうろうとする、筋肉のこわばり、四肢の震え、よだれが出たり話しづらくなる、呼吸が荒くなる、筋肉痛
遅発性ジスキネジア唇を何度もすぼめる、下を左右にうごかす、口を動かす、歯をくいしばる、目を閉じてシワを寄せる、四肢が勝手に動く
麻痺性イレウスお腹がはる、便秘、腹痛、吐き気、嘔吐
抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)食欲の低下、悪心、嘔吐、性格の変化、錯乱、けいれん、昏睡
肝機能障害、黄疸皮膚や白目が黄色くなる、濃い黄色の尿、灰色っぽい便、全身のダルさ、食欲不振、かゆみ
横紋筋融解症四肢のしびれ・脱力感、筋肉痛、全身のけん怠感、赤褐色の尿
不整脈動悸、脈が遅かったり早かったりする、脈が不規則になる
脳血管障害高血圧、突然の激しい頭痛、右または左半身の脱力感、うまく話せない、話の意味が理解できない、視野が欠ける、目まい
高血糖、糖尿病性ケトアシドーシス、糖尿病性昏睡口が渇く、全身のけん怠感、悪心・嘔吐、下痢、腹痛、昏睡
低血糖発汗、動悸、手指のふるえ、不安感、悪寒、集中力の低下、眠気、めまい、疲労感、ものがぼやけて見える、けいれん
無顆粒球症、白血球減少発熱、ノドの痛み、全身のだるさ、細菌やウィルスに感染しやすくなる
肺塞栓症、深部静脈血栓症息苦しい、呼吸時に胸の痛み、失神
持続勃起症(プリアピズム)勃起が6時間以上続く、ペニスの痛み

注意点(併用禁忌薬)

リスコン(リスパダール)の併用禁忌薬は、次のようになります。

併用禁止■ボスミン
併用によりボスミンの作用が逆転し、血圧の効果を起こすことがあります。

リスコン(リスパダール)を服用できない方■昏睡状態の患者さん
■バルビツール酸誘導体等の中枢神経抑制剤の強い影響化にある患者さん
■ボスミンを服用中の患者さん
■リスコン(リスパダール)の成分リスペリドンに過敏症(アレルギー)の既往歴のある方

リスコン(リスパダール)との併用に注意が必要な薬■中枢神経抑制剤
併用によりお互いに作用を強め合うことがあるため、減量をするなどして慎重に服用するようにして下さい。
  • バルビツール酸誘導体
など
■ドーパミン作動薬
併用によりお互いに作用が弱まることがあります。
■降圧剤
併用により降圧作用が強まることがあります。
■アルコール
併用によりお互いに作用を強め合うことがあります。
■CYP2D6阻害薬
併用によりリスコン(リスパダール)および活性代謝物の血中濃度が上昇することがあります。など
■CYP3A4誘導薬
併用によりリスコン(リスパダール)および活性代謝物の血中濃度が低下することがあります。など
■CYP3A4阻害薬
併用によりリスコン(リスパダール)および活性代謝物の血中濃度が上昇することがあります。など

リスコン(リスパダール)の口コミ

口コミを投稿する

商品名
満足度
口コミ
ページの先頭へ