アレルギー性鼻炎・花粉症治療薬

並び替え
並び替え

アレルギー性鼻炎・花粉症治療薬とは

アレルギー性鼻炎・花粉症治療薬とは、アレルギー性鼻炎花粉症に共通している鼻の症状、花粉症だけに見られる目のかゆみなどを抑えるアレルギー治療薬のことです。
アレルギー症状は、からだの免疫機能が働きすぎてハウスダストや花粉などの無害なモノ(アレルゲン)にまで攻撃を加えてしまうために起こります。
アレルギー性鼻炎や花粉症の場合は鼻水や涙でからだに侵入したアレルゲンを洗い流し、さらに鼻をつまらせて体内から追い出そうとしているのです。

しかしこうした症状が頻繁に現れると日常生活のあらゆる場面で支障を来たし、仕事や家事が手につかなくなることもあります。
また鼻づまりが原因となり、アレルギー性鼻炎や花粉症の患者さんの多くは睡眠障害を併発しているというデータもあります。

そのためアレルギー性鼻炎・花粉症治療薬で症状を抑えることは、生活の質(QOL)の向上にも繋がります。

アレルギー性鼻炎・花粉症治療薬の種類

アレルギー性鼻炎や花粉症に悩む方は年々増加しており、いまや「国民病」と呼ばれることもあります。
これらの病名は、実は同じ病気のことを表しているのです。

1年中症状が現れるアレルギー性鼻炎 ・・・ 通年性アレルギー性鼻炎
特定の季節だけ症状が現れるアレルギー性鼻炎 ・・・ 季節性アレルギー性鼻炎(=花粉症)

そのため、2つの病気には同じような薬が使用されます。
現在では様々な薬がアレルギー性鼻炎・花粉症治療薬として用いられていますが、代表的なのは次のような薬です。

  • 抗ヒスタミン薬
  • ケミカルメディエーター遊離抑制薬
  • 抗ロイコトリエン薬
  • 鼻噴霧用ステロイド薬
  • 点鼻用血管収縮薬

これらの薬は、"どの症状が強く現れているか"によって使い分けられます。

くしゃみ・鼻水 ・・・ 抗ヒスタミン薬やケミカルメディエーター遊離抑制薬、鼻噴霧用ステロイド薬など
鼻づまり ・・・ 抗ロイコトリエン薬や点鼻用血管収縮薬、鼻噴霧用ステロイド薬など
目のかゆみ ・・・ 点眼用の抗ヒスタミン薬など

以下では、5種類の薬の特徴をご紹介します。

抗ヒスタミン薬の特徴

抗ヒスタミン薬とは、抗アレルギー薬の1つとなりヒスタミンという物質の働きを抑える効果があります。
ヒスタミンはくしゃみや鼻水、またかゆみや腫れを引き起こすこともある物質です。
そのため抗ヒスタミン薬はアレルギー性鼻炎や花粉症の他に、アトピー性皮膚炎や蕁麻疹(じんましん)などの治療に用いられることもあります。

抗ヒスタミン薬は、開発された時期により2種類に分かれます。

■第1世代抗ヒスタミン薬
アタラックス、ホモクロミン、タベジールなど

■第2世代抗ヒスタミン薬
アレグラザイザル、アレジオン、デザレックスなど

まず第1世代抗ヒスタミン薬は初期に開発された薬であり強い効果を持つ反面、眠気などの副作用が起こりやすいことが問題視されていました。
このことを受けて新しく作られたのが第2世代の抗ヒスタミン薬で、こちらはアレルギー症状を抑える効果はそのままに眠くなりにくい薬となっています。
そのため、現在では第2世代抗ヒスタミン薬の使用が主流となっています。

第2世代抗ヒスタミン薬は、例えばアレグラに「テルファスト」、デザレックスに「エリアス」などのジェネリック医薬品が多数登場しています。
またアレジオンのジェネリック医薬品には目の症状に効く「リレスタット点眼液」もあります。

これらのジェネリック医薬品は通販でも購入できるので、症状がつらい時はぜひお試し下さい。

ケミカルメディエーター遊離抑制薬の特徴

アレルギー症状は、花粉などを吸い込んだ時に体内でヒスタミンやロイコトリエンなどの化学物質が放出されることで起こります。
これらの化学物質のことを、「ケミカルメディエーター」と呼びます。

ケミカルメディエーター遊離抑制薬とは化学物質の放出を抑えてアレルギー症状を改善する薬です。
副作用は起こりにくく安全性に優れますが、効果は比較的マイルドだとされています。
また効果が実感できるまで1~2週間程度かかるため、症状が軽い方が服用するのに適した薬です。
ケミカルメディエーター遊離抑制薬には、「アレギサール/ベミラストン」や「インタール」などの薬があります。

抗ロイコトリエン薬の特徴

抗ロイコトリエン薬とは、アレルギー症状の原因となるロイコトリエンという物質の働きを抑える薬です。
抗ヒスタミン薬と似たような効果になりますが、ロイコトリエンは鼻の粘膜に腫れや炎症を引き起こす物質です。
そのため、鼻づまりの症状に高い改善効果を発揮してくれます。

抗ロイコトリエン薬としては「シングレア/キプレス」や「オノン」などの薬があります。
これらの薬はアレルギー性鼻炎や花粉症だけでなく、喘息の治療薬としても利用されます。

鼻噴霧用ステロイド薬の特徴

ステロイド薬は様々な病気の治療薬として用いられています。
"副作用が強い"というイメージもあるため使うのが心配な方も多いかもしれません。
しかしアレルギー性鼻炎や花粉症に用いられるのは、鼻に噴霧するタイプのステロイド薬です。
飲み薬と違って薬の成分が全身に行き渡ることもなく、鼻だけに働きかけるので副作用は大幅に軽減されています。

ただしアレルギー性鼻炎や花粉症の治療は、抗ヒスタミン薬やケミカルメディエーター遊離抑制薬などの服用から始めるのが基本です。
それらの薬だけで症状を抑えられなかった場合は、必要に応じて鼻噴霧用ステロイド薬の使用が検討されます。

鼻噴霧用ステロイド薬には「フルナーゼ」や「ナゾネックス」、「エリザス」などの薬があります。

点鼻用血管収縮薬の特徴

アレルギー性鼻炎や花粉症に見られる症状の1つ、鼻づまりはロイコトリエンという物質により引き起こされます。
ロイコトリエンは鼻の粘膜にある血管を拡張させ、炎症を起こしてしまうのです。
そこで点鼻用血管収縮薬は、反対に血管を収縮させることで鼻づまりを解消してくれる薬となります。

即効性もあり頼れる薬ですが、使いすぎると薬剤性鼻炎を引き起こす恐れもあります。
薬剤性鼻炎が現れると点鼻用血管収縮薬は効きずらくなり、さらに鼻の粘膜が厚くなって鼻づまりを悪化させてしまいます。
そのため長期間使い続けることは厳禁で、1~2週間程度の使用に留める必要があります。

点鼻用血管収縮薬には「ナシビン」や「プリビナ」などがあります。
また、これらの中ではナシビンに「ナシビオン点鼻薬」や「アフリン鼻炎スプレー」などのジェネリック医薬品も登場しています。

アレルギー治療薬
取扱商品の品質は安心です
梱包方法
丁寧で中身の商品名がわからないような梱包をしています。
安心配送
ご注文から商品到着まで責任を持って取り組みます。
充実サポート
わからないことやご不安な点はメールでお問い合わせください。
配送
ページの先頭へ