レボース(グルコバイ)
レボース(グルコバイ) レボース(グルコバイ) レボース(グルコバイ) レボース(グルコバイ)
商品名 レボース(グルコバイ)
有効成分 アカルボース
メーカー サンファーマ
対応症状 生活習慣病(成人病)  糖尿病  
入荷未定
個数選択 定価 販売価格 ポイント 商品購入
1錠 1錠
25mg × 50錠 ¥50 ¥2,500 ¥45 ¥2,250 67pt 売切れ
25mg × 150錠 ¥50 ¥7,500 ¥42 ¥6,420 192pt 売切れ
25mg × 250錠 ¥50 ¥12,500 ¥40 ¥10,130 303pt 売切れ
個数選択 定価 販売価格 ポイント 商品購入
1錠 1錠
50mg × 50錠 ¥100 ¥5,000 ¥90 ¥4,500 135pt 売切れ
50mg × 150錠 ¥100 ¥15,000 ¥85 ¥12,830 384pt 売切れ
50mg × 250錠 ¥100 ¥25,000 ¥81 ¥20,250 607pt 売切れ

レボース(グルコバイ)の商品説明

レボース(グルコバイ)

商品詳細

レボース(グルコバイ)とは、食後の血糖値の上昇を抑える薬であるグルコバイのジェネリック医薬品になります。
インスリンの分泌を促進するはたらきは無いことから、2型糖尿病の方のみが服用することができます。
食事などから摂取した糖分の吸収を遅らせることによって、膵臓(すいぞう)に負担をかけずに血糖値の上昇を抑えます。
レボース(グルコバイ)は効き目が弱い薬になることから、オイグルコンなど他の糖尿病治療薬と併用することが多い薬になります。

レボース(グルコバイ)の特徴レボース(グルコバイ)の特徴は、2つです。

食後の血糖値の上昇を抑えるために、糖の吸収を緩やかにする
レボース(グルコバイ)に直接血糖値を下げる効果はない

レボース(グルコバイ)は、インスリンの分泌を促して血糖値を下げる生活習慣病治療薬ではなく、小腸にある酵素を阻害することで、糖の吸収を緩やかにする特徴をもっています。

レボース(グルコバイ)の効果・効能食事によって摂取される"糖質"がそのままの形で吸収されることはありません。
食べ物はの中に含まれている糖質は「多糖類」となります。
多糖類が「単糖類」という形に変化することで、はじめてからだへ吸収されます。

小腸に存在している「αグルコシダーゼ」と呼ばれる酵素は、多糖類を単糖類にするはたらきをもっています。
レボース(グルコバイ)は、αグルコシダーゼを阻害する作用があり、単糖類になることを遅らせます。
結果、からだへの吸収を遅らせることになり、食後の血糖値の上昇を抑えることで糖尿病の治療ができるようになります。

使用方法

レボース(グルコバイ)の服用方法は、次のようになっています。

1回100mgを1日3回、食事の直前での服用

ただし、1回50mgからの服用もできるとしており、忍容性(副作用など)を確認した上で1回100mgに増量することもできます。
尚、年齢や症状に応じて用量は適宜増減するものとしています。

レボース(グルコバイ)の注意点他の糖尿病治療薬とレボース(グルコバイ)を併用する場合
レボース(グルコバイ)と他の糖尿病治療薬を併用する場合に「低血糖」が現れることがあります。
併用する場合には、レボース(グルコバイ)を低用量から開始する、または他の糖尿病治療薬の用量を調整するようにして下さい。
重い肝機能障害
レボース(グルコバイ)の服用開始から劇症肝炎などの重い肝機能障害が現れることがあります。
服用開始から6ヶ月以内にみられることが多いので、服用から6ヶ月以内は月に1回のペースでの定期的な検査を行うようにして下さい。
6ヶ月が経過しても、肝機能検査を行うようにして下さい。
消化器系副作用の発現について
レボース(グルコバイ)の服用によって、次のような消化器系の副作用が現れることがあります。
  • 腹部膨満、鼓腸
  • 放屁増加(おならが増える)
時間の経過と共に消失することが多いですが、症状の程度に応じてレボース(グルコバイ)の減量、または消化管内のガス駆除剤の併用も考慮して下さい。
もし副作用が強く出てしまうのであれば、服用を中止するようにして下さい。
糖尿病の診断が確立された場合にのみレボース(グルコバイ)を服用
糖尿病以外にも、血糖値が上昇する病気はいくつもあります。
  • 耐糖能異常
  • 尿糖陽性
  • 糖尿病に似ている症状(腎性糖尿、老人性糖代謝異常、甲状腺機能異常など)
レボース(グルコバイ)はあくまでも、糖尿病に対してのみ効果を発揮することに注意して下さい。
血糖値の検査
レボース(グルコバイ)を服用している期間中は、定期的に血糖値を検査するようにして下さい。
服用してから2~3ヶ月経過しても、食後の血糖値に十分な効果が見られない場合には、適切な治療方法を検討するようにして下さい。
レボース(グルコバイ)服用2~3ヶ月(効果が不十分) ・・・ 食後血糖2時間値が200mg/dl以下にならない
レボース(グルコバイ)服用2~3ヶ月(効果があり) ・・・ 生活習慣改善に加え、血糖降下薬やインスリン製剤のみと判断できる場合には、レボース(グルコバイ)の服用を中止
車の運転など
低血糖を起こす恐れがあることから、車の運転や高所での作業を行う方は慎重に服用を行うようにして下さい。

副作用

レボース(グルコバイ)の副作用で多いとされるのが、次のような症状になります。
  • 放屁増加
  • 腹部膨満、鼓腸
  • ALT(肝臓数値)上昇
その他にも、次のような症状が現れることが確認されています。
消化器系頻度0.1~5%未満排便回数増加、下痢、腹痛、便秘、嘔気、嘔吐、食欲不振、食欲亢進、軟便
頻度0.1%未満消化不良、口渇、腸管のう腫状気腫症
過敏症頻度0.1~5%未満発疹、そう痒
精神神経系頻度0.1~5%未満頭痛、頭重感、めまい
頻度0.1%未満しびれ感
肝臓頻度0.1~5%未満AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇、γ-GTP上昇、Al-P上昇、LDH上昇
血液頻度0.1%未満貧血、白血球減少、血小板減少
その他頻度0.1%未満むくみ(浮腫)、ほてり、胸部圧迫感、味覚異常、頻尿

※赤文字になっている副作用症状が現れた場合には、レボース(グルコバイ)の服用は中止するようにして下さい

重い副作用症状
低血糖力の抜けた感じ、ふるえ、さむけ、動悸、冷や汗、強い空腹感、頭痛、不安感、吐き気、目のちらつき、イライラ、眠気、ぼんやりする、さらに重くなると・・・異常な言動、けいれん、昏睡(意識がなくなる)
腸閉塞お腹の張り、ゴロゴロ、オナラが増える、繰り返す腹痛、持続する腹痛、嘔吐
肝機能障害だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿が茶褐色
重い肝硬変例における高アンモニア血症の悪化便秘、眠気、もうろう、混乱、けいれん、意識がうすれる

注意点(併用禁忌薬)

レボース(グルコバイ)に併用禁忌とされる薬はありません。

レボース(グルコバイ)を服用できない方重症ケトーシス、糖尿病性昏睡または前昏睡の患者さん
重症感染症、手術後、重い外傷がある患者さん
レボース(グルコバイ)の成分アカルボースに過敏症(アレルギー)の既往歴がある方
妊娠または妊娠している可能性がある方

レボース(グルコバイ)との併用に注意が必要な薬レボース(グルコバイ)(αグリコシターゼ阻害剤)以外の糖尿病治療薬
レボース(グルコバイ)の糖質の吸収を遅らせる作用と、血糖値を降下させる作用が加わることで低血糖が現れることがあります
スルホニル尿素(SU)薬
  • オイグルコン・ダニオール
  • グリミクロン
スルホンアミド系薬剤
  • グルデアーゼ
ビグアナイド系薬剤
  • メトホルミン塩酸塩
  • ブホルミン塩酸塩
  • メトグルコ・グリコラン
  • ジベトス
インスリン製剤
インスリン抵抗性改善剤
  • アクトス
速効型食後血糖降下剤
  • スターシス・ファステック
  • グルファスト
上記糖尿病治療薬の血糖降下作用が強まる薬
  • β遮断剤
  • サリチル酸剤
  • モノアミン酸化酵素阻害剤
など
上記糖尿病治療薬の血糖降下作用が弱まる薬
  • アドレナリン
  • 副腎皮質ホルモン
  • 甲状腺ホルモン
など
強心薬
レボース(グルコバイ)との併用によって、強心薬の血中濃度を低下させることがあります。
  • ジゴキシン
高アンモニア血症用剤
レボース(グルコバイ)の副作用にある消化器系の症状が現れやすくなります
  • ポルトラック原末
炭水化物消化酵素製剤
レボース(グルコバイ)と炭水化物消化酵素製剤のどちらもの効果に影響を及ぼす恐れがあります。
  • ジアスターゼ
など

レボース(グルコバイ)の口コミ

口コミを投稿する

商品名
満足度
口コミ
ページの先頭へ