プロギノバ
プロギノバ プロギノバ プロギノバ プロギノバ
商品名 プロギノバ
有効成分 吉草酸エストラジオール
メーカー バイエル
対応症状 更年期障害  
個数選択 定価 販売価格 ポイント 商品購入
1錠 1錠
2mg × 84錠 ¥71 ¥6,000 ¥64 ¥5,400 162pt 購入する
2mg × 168錠 ¥71 ¥12,000 ¥51 ¥8,640 259pt 購入する
2mg × 252錠 ¥71 ¥18,000 ¥45 ¥11,340 340pt 購入する

プロギノバの商品説明

プロギノバ

商品詳細

プロギノバは、女性ホルモンの一種である「卵胞ホルモン」を含んだホルモン剤です。
卵胞ホルモンは加齢と共に減少してしまい、様々な症状を引き起こしてしまいます。

など

プロギノバは、不足した卵胞ホルモンを補うこうとで、これらの症状を緩和させることができます。
突然のほてりや目まいなど、様々な症状を伴う更年期障害に悩んでいる方や、いつまでも女性らしくありたい方などにオススメです。

プロギノバ成分:吉草酸エストラジオール吉草酸という果物のような匂いを放つ物質と、卵胞ホルモンである「エストラジオール」が結合した物質です。
体内に入ると吉草酸とエストラジオールに分かれ、体内の卵胞ホルモンを補う働きをします。

プロギノバの効果・効能女性は、女性ホルモンによって体調が急激に変わることもあるため、そのホルモンバランスを保つことはとても大切です。
女性特有の生理に関する様々な症状は、多くが女性ホルモンのバランスの乱れによるものです。
また、からだの中の女性ホルモンが少なくなると、そのバランスは大きく崩れることとなり、更年期障害などの症状を引き起こしてしまいます

そこで、乱れたホルモンバランスの改善に大きく貢献してくれるのが、プロギノバになります。
有効成分である吉草酸エストラジオールは、からだの中に入るとエストラジオールという卵胞ホルモンに変化し、ホルモン不足を補うことで、更年期障害などの症状を改善してくれます。

使用方法

プロギノバの服用方法は、次のようになっています。

1日1回、1錠を服用

その他の注意点などは、付属の添付文書でご確認下さい。

副作用

プロギノバの副作用は、次のようになっています。
過敏症頻度不明過敏症状
精神神経系頻度不明精神障害の再発
電解質代謝頻度不明高カルシウム血症、ナトリウム・体液の貯留
子宮頻度不明消退出血、不正出血、経血量の変化
乳房頻度不明乳房の痛み、乳房膨満感
その他頻度不明頭痛
※赤文字のような症状が現れた場合、プロギノバの服用を中止して下さい。

注意点(併用禁忌薬)

付属の添付文書をご確認の上、プロギノバの服用を始めて下さい。

プロギノバの口コミ

口コミを投稿する

商品名
満足度
口コミ
ページの先頭へ