パースピレックスロールオン
パースピレックスロールオン パースピレックスロールオン パースピレックスロールオン パースピレックスロールオン
商品名 パースピレックスロールオン
有効成分 塩化アルミニウム、エタノール、乳酸アルミニウムなど
メーカー リーマンAS
対応症状 多汗症(体臭)  
※沖縄県へ発送の場合は開梱確認となる場合がございます。
個数選択 定価 販売価格 ポイント 商品購入
1錠 1錠
20ml × 1本 ¥3,500 ¥3,500 ¥3,100 ¥3,100 93pt 購入する
20ml × 2本 ¥3,100 ¥6,200 ¥2,800 ¥5,600 168pt 購入する
20ml × 3本 ¥2,900 ¥8,700 ¥2,600 ¥7,800 234pt 購入する
20ml × 6本 ¥2,833 ¥17,000 ¥2,566 ¥15,400 462pt 購入する

パースピレックスロールオンの商品説明

パースピレックスロールオン

商品詳細

パースピレックスロールオンは、デンマーク発の医療用制汗剤です。
塗って使うスティックタイプの制汗剤となり、脇の下や手のひらなどの汗をかくことが多い部位への使用にも適しています。
その効果はニオイを隠すことを目的とした市販品の制汗剤と異なり、パースピレックスロールオンは汗腺にフタをして発汗をストップしてくれます。
また1度の使用で数日間効果が続くため塗り直しの手間もありません。
医薬品に指定されているため国内で入手するには医師の処方が必要ですが、個人輸入代行サイトでは処方箋ナシで購入することが可能です。

パースピレックスシリーズの比較医療用制汗剤パースピレックスシリーズには、以下の種類があります。


それぞれ異なる剤型・特徴があるので、ご自身に合った制汗剤を選ぶことができます。

パースピレックスロールオンの特徴パースピレックスロールオンには市販の制汗剤と異なる、様々な特徴があります。

■塗るタイプの制汗剤
■1度の使用で3~5日間も効果が続く優れた持続性
■皮膚への刺激、アレルギー性が少ない無香料タイプ
■香りが無い
■色移りしない

パースピレックスロールオンは多汗症やワキガなど汗の病気に悩んでいる方はもちろん、普段からだを動かすことが多い方にもオススメです。

パースピレックスロールオンの効果・効能パースピレックスロールオンは、汗腺にフタをする効果がある制汗剤です。
中身の成分「塩化アルミニウム」は多汗症の治療にも用いられ、汗腺の中の汗(水分)と反応し水酸化アルミニウムとなります。
さらに水酸化アルミニウムは皮膚内の「ケラチン」と反応し、汗腺の奥に"角栓"を作り出します。

水酸化アルミニウム(塩化アルミニウム + 汗) + ケラチン = 角栓(フタ)

この角栓がフタの役割を果たし、物理的に汗の分泌を抑えてくれるのです。
角栓は手を洗ったり、お風呂に入ったりするだけでは取れず、皮膚のターンオーバー(生まれ変わり)と共に3~5日で自然に排出されます。

使用方法

パースピレックスロールオンの使用方法は、次のようになっています。

①就寝前に汗を抑えたい部位にパースピレックスロールオンを塗布

②パースピレックスロールオンを塗布した部位を完全に乾かしてから衣服を着用

③翌朝、塗布部位を濡れタオルなどで拭き取る

④効果が出るまで1週間程、毎晩塗布(敏感肌の方の場合は1日おきに2週間の塗布)

効果が出始めてからは週2~3回の塗布となります。

パースピレックスロールオンの注意点■使用部位の注意
パースピレックスロールオンは必ず、完全に乾燥した皮膚に使用して下さい。
また傷や裂傷などがある場合には使用を控えるようにして下さい。
■脱毛後の使用
脱毛後48時間以内は、パースピレックスロールオンの使用は控えるようにして下さい。

副作用

パースピレックスロールオンによる重篤な副作用症状は確認されていません。
使用中に皮膚に刺激感や発赤などが生じた場合は、すぐにパースピレックスロールオンの使用を中止して下さい。

注意点(併用禁忌薬)

パースピレックスロールオンとの併用禁忌薬はありません。

パースピレックスロールオンの口コミ

口コミを投稿する

商品名
満足度
口コミ
多汗症治療薬
関連商品
ページの先頭へ