歯周病対策

並び替え
並び替え

歯周病対策とは

歯周病とは、口の中に住み着いている歯周病菌によって歯茎に炎症が起こる歯科疾患です。
歯を支えている歯茎や骨が、症状の進行にともない少しずつ壊されていき最終的には歯を失うこともあります。
また歯周病は、糖尿病や脳・心臓の病気との関連性があることも分かっています。

しかも世界的に感染者数が多く、国内でも8割以上の成人が感染しているとも言われており歯周病は他人事ではありません。

歯だけではなく全身の健康すら失いかねない歯周病ですが、セルフケアをおこなうことで予防ができます。
歯周病であることに気付いてから治療を始めるのではなく、そうなる前に歯周病対策を始めましょう。
ここでは歯周病対策の基本やグッズについて解説します。

歯周病対策の基本

歯周病は、歯周病菌が原因で起こる感染症です。
歯周病菌はプラーク(歯垢)の中に潜んでいて、プラークは歯と歯茎の境目(歯周ポケット)に多く存在しています。
そのため歯周病対策は、毎日の歯磨きでプラークを取り除くことが基本となります。

また歯周病を発症した場合に病院で治療をおこなっても、その後歯を磨かなければ再発してしまうこともある病気です。
毎日しっかりと歯を磨いて、歯・口の健康を保ちましょう。

歯周病対策のグッズ

歯周病対策の基本は歯磨きですが、そのために必要となるのは"歯ブラシ"と"歯磨き粉"です。

歯ブラシを選ぶ際は、次のことを参考にしてみてください。

  • 毛先は細め … 歯周ポケットも磨きやすい
  • 硬さは「やわらかめ」 … 腫れや出血が気になる時でも歯茎を傷めない
  • ヘッドは小さめ … 奥歯まで磨くことができる

これらの選び方はあくまでも一例です。
例えば歯茎がまだ健康な場合は「ふつう」の硬さの歯ブラシの方が適しているなど、それぞれの口の中の状態によりベストな歯ブラシは違います。

また歯磨き粉に関しては、次のような成分が含有されているものを選ぶと歯周病対策の効果を期待できます。

■歯肉炎(歯周病の初期段階)
塩化セチルピリジニウム、塩化ベンザルコニウム、トリクロサンなど

■歯周炎(歯肉炎が進行した段階)
トラネキサム酸、塩化クロルヘキシジン、ビタミンE、塩化ナトリウム(食塩)など

これらの成分は歯茎をひきしめたり、出血や腫れを抑えるなど歯周病対策に効果があるものばかりです。

また歯周病対策用として、次のような海外製品もあります。

近年では海外製品を通販で取り寄せることも可能になり、選べる歯磨き粉の選択肢も広がりました。
含まれている成分の種類や配合量なども国内の市販品と異なるので、気になる方は一度お試しください。

ただしどれだけ優れた歯周病対策グッズを使っても、それだけでは歯周病を防ぐことはできません。
毎日ていねいに歯を磨く、それこそが一番の歯周病対策です。

オーラルケア
取扱商品の品質は安心です
梱包方法
丁寧で中身の商品名がわからないような梱包をしています。
安心配送
ご注文から商品到着まで責任を持って取り組みます。
充実サポート
わからないことやご不安な点はメールでお問い合わせください。
配送
ページの先頭へ