パキシル
パキシル パキシル パキシル パキシル
商品名 パキシル
有効成分 パロキセチン塩酸塩水和物
メーカー GSK
対応症状 メンタルヘルス  うつ病  不安障害  
個数選択 定価 販売価格 ポイント 商品購入
1錠 1錠
20mg × 28錠 ¥178 ¥5,000 ¥160 ¥4,500 135pt 購入する
20mg × 56錠 ¥178 ¥10,000 ¥144 ¥8,100 243pt 購入する

パキシルの商品説明

パキシル

商品詳細

パキシルとは、2000年に国内で認可された抗うつ剤になります。
それまで抗うつ剤の主流は「三環系」と呼ばれるものでした。
しかし副作用が強く、そのために服用を止めてしまう患者さんもおり、うつ病の治療を満足に行うことができないことも少なくありませんでした。
パキシルはSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害剤)という系統に分類され、これは余計な部分に作用しないことから副作用を三環系に比べ遥かに抑えることができています。
安全性が高く、しかもSSRI系統の中では抗うつ効果が強いので病院などでも広く処方されています。

パキシルの特徴パキシルの特徴は、3つあります。

■SSRI系統の中では、抗うつ効果が強い
■抗不安作用があることから、国内でパニック障害などうつ病以外の精神疾患も適応症としてはじめて認められた薬
■半減期が短く、切れが良い

抗うつ効果や抗不安効果が強く、優れた抗うつ剤のようにも思えます。
しかし、三環系に比べ副作用は抑えられているものの、SSRI系統の中では副作用は現れやすい方だとされています。
またパキシルは抗不安作用があることから、メンタルヘルス不全による精神疾患の治療なども可能なことから治療の幅を広げた向精神薬とも言えます。

パキシルの効果・効能パキシルは、SSRIと呼ばれる抗うつ剤に分類される薬です。
SSRIは「Selective Serotonin Reuptake Inhibitor」の略称で、簡単に言うと神経物質であるセロトニンを増やす薬になります。

人の神経と神経の間のことを神経間隙(かんげき:シナプス間隙とも)と呼びますが、パキシルは神経間隙でのセロトニンの量を増やすはたらきがあります。
神経間隙に放出されたセロトニンが吸収(再取り込み)されるのをブロック(阻害)します。
放出されたセロトニンが吸収されなければ神経間隙に残るので、セロトニンの濃度が上昇していきます。

セロトニンの濃度が上昇することで憂鬱な気分を改善したり意欲を高めてくれ、抗うつ効果を発揮し、さらに不安や緊張なども緩和させる抗不安効果も発揮してくれます。

使用方法

パキシルの服用方法は症状によって異なります。
次の服用方法を守って、正しい服用を行って下さい。

■うつ病

1日20~40mg(1~2錠)を夕食後に1回の服用

パキシルの服用開始は10~20mgからとなり、原則として1週間ごとに10mg/日ずつの増量となります。
尚、1日40mgを超えない範囲で服用を行って下さい。

■パニック障害

1日30mg(1.5錠)を夕食後に1回の服用

パキシルの服用開始は10mgからとなり、原則として1週間ごとに10mg/日ずつの増量となります。
尚、1日30mgを超えない範囲で服用を行って下さい。

■強迫性障害

1日40mg(2錠)を夕食後に1回の服用

パキシルの服用開始は20mgからとなり、原則として1週間ごとに10mg/日ずつの増量となります。
尚、1日50mgを超えない範囲で服用を行って下さい。

■社会不安障害

1日20mg(1錠)を夕食後に1回の服用

パキシルの服用開始は10mgからとなり、原則として1週間ごとに10mg/日ずつの増量となります。
尚、1日40mgを超えない範囲で服用を行って下さい。

■外傷後ストレス障害(PTSD)

1日20mg(1錠)を夕食後に1回の服用

パキシルの服用開始は10~20mgからとなり、原則として1週間ごとに10mg/日ずつの増量となります。
尚、1日40mgを超えない範囲で服用を行って下さい。

パキシルの注意点■服用後の車の運転や危険を伴う作業は控える
眠気やめまいといった副作用症状があることから、パキシル服用後に車の運転や危険な作業は控えるようにして下さい。
■20代を中心とした若者の服用
若者(24歳以下)のパキシル服用は「自殺行動」「自殺企図」など自殺行動のリスクが高まる可能性が報告されています。
24歳以下の方がパキシルを服用する場合には、慎重に行うようにして下さい。
また海外で実施された試験では7~18歳の未成年には有効性が確認できなかったとの報告もあります。
■パキシル服用開始によって気分が不安定になる場合
パキシルを飲みはじめた時や増量した時に、気分が不安定になることがあります。
家族の方や周囲の方もうつ病患者さんの行動の変化や不穏な行為には注意して下さい。
理由は明確になっていませんが、攻撃性や敵意、衝動性などにもとづく他害行為に発展している報告もあります。
■自己判断によるパキシルの服用中止
パキシルの服用を勝手な判断で中止してはいけません
急な服用中止はその反動によって症状が悪化することや、からだの具合が悪くなることがあります。
軽症から中等程度であれば2週間ほどで症状は回復しますが、重症になると2~3ヶ月ほどかかることもあります。
パキシル服用中止の際は、数ヶ月かけて徐々に減量していきます。
病院処方の場合、5mg錠があることから減量や中止時に5mg錠の服用を行います。
■妊娠中の方
パキシルを服用していた妊婦の方が出産した新生児は、先天性異常のリスクが高まるとの報告があります。
妊娠または妊娠している可能性がある方は、パキシル服用が治療上の有益性が危険性を上回ると判断した時のみの服用が可能となっています。

副作用

パキシルは効果が強い半面、SSRI系統の抗うつ剤の中では副作用は現れやすい薬です。
多いとされるのが、「傾眠」「吐き気」「めまい」「頭痛」「肝機能検査異常」「便秘」となっています。
その他にも、次のような症状が現れることがあります。
全身症状頻度1~10%未満倦怠感
頻度1%未満ほてり、無力症、疲労、発熱、悪寒
精神神経頻度1~10%未満傾眠、めまい、頭痛、不眠
頻度1%未満振戦、神経過敏、知覚減退、躁病反応、感情鈍麻、錐体外路障害、あくび、アカシジア、味覚異常、異常な夢(悪夢を含む)、激越、健忘、失神、緊張亢進、離人症、レストレスレッグス症候群
消化器頻度1~10%未満吐き気、便秘、食欲不振、腹痛、口渇、嘔吐、下痢
頻度1%未満消化不良
循環器頻度1%未満心悸亢進、一過性の血圧上昇又は低下、起立性低血圧、頻脈
過敏症頻度1%未満発疹、そう痒、蕁麻疹、血管浮腫、紅斑性発疹、光線過敏症
血液頻度1%未満白血球増多、ヘモグロビン減少、ヘマトクリット値増加又は減少、赤血球減少、異常出血(皮下溢血、紫斑、胃腸出血など)
肝臓頻度1~10%未満肝機能検査値異常(ALT(GPT)、AST(GOT)、γ-GTP、LDH、Al-P、総ビリルビンの上昇、ウロビリノーゲン陽性など)
腎臓・泌尿器頻度1%未満BUN上昇、尿沈渣(赤血球、白血球)、尿蛋白、排尿困難、尿閉、尿失禁
頻度1%未満霧視、視力異常、散瞳
頻度不明急性緑内障
その他頻度1~10%未満性機能異常(射精遅延、勃起障害等)、発汗
頻度1%未満総コレステロール上昇、体重増加、血清カリウム上昇、総蛋白減少、乳汁漏出、末梢性浮腫
頻度不明高プロラクチン血症、月経障害(不正子宮出血、無月経等)

重い副作用症状
セロトニン症候群落ち着かない、不安、興奮・混乱、不眠、体の震え・ぴくつき、めまい、発熱、発汗、頻脈、下痢、血圧上昇
悪性症候群動かず黙り込む、体の硬直、飲み込みにくい、急激な体温上昇、発汗、頻脈、ふるえ、精神変調、意識障害
錯乱、幻覚、せん妄、痙攣(けいれん)誰も聞こえない声や音が聞こえる、実在しない虫や動物/人が見える、非現実な体験、もうろう状態、混乱/興奮、取り乱す、痙攣(けいれん)
皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)発疹・発赤、かゆみ、唇や口内のただれ、のどの痛み、水ぶくれ、皮がむける、強い痛み、目の充血、発熱、全身けん怠感
抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)だるい、のどが渇く、頭痛、吐き気、けいれん、意識もうろう、気を失う
重い肝機能障害発疹、発赤、水ぶくれ、うみ、皮がむける、皮膚の熱感や痛み、かゆみ、唇や口内のただれ、のどの痛み、目の充血、発熱、全身けん怠感
横紋筋融解症手足のしびれ/けいれん・力が入らない・筋肉痛・歩行困難・赤褐色の尿
汎血球減少、無顆粒球症、白血球減少、血小板減少発熱・喉の痛み・口内炎・だるい・皮下出血(血豆/青あざ)や鼻血/歯肉出血など出血傾向
アナフィラキシーじんま疹、全身発赤、顔や喉の腫れ、ゼーゼー息苦しい

注意点(併用禁忌薬)

パキシルと併用できない薬は、次の2種類になります。

併用禁止■エフピー
  • 発汗
  • 不穏
  • 全身痙攣(けいれん)
  • 異常な高熱
  • 昏睡
こういった症状が併用によって現れることがあるので、パキシルとの併用は禁止されています。
エフピーを服用していた方がパキシルを服用する場合や、パキシル服用後にエフピーを服用する場合には、14日間以上の間隔をおく必要があります。

■オーラップ
パキシルとの併用によってオーラップの血中濃度の増加が報告されています。
QT延長・心室性不整脈などを引き起こす恐れがあることから、パキシルと併用できません。

パキシルを服用できない方■パキシルの成分パロキセチン塩酸塩に過敏症(アレルギー)の既往歴がある方
■MAO阻害剤(エフピー)を服用中、あるいは服用中止から14日以内の方
■オーラップ服用中の方

パキシルとの併用に注意が必要な薬■セロトニンに作用する薬
重い副作用であるセロトニン症候群が現れる恐れがあります。
  • リーマス
  • ジェイゾロフトプロザックなどSSRI系抗うつ剤
  • イミグラン
  • トラマール、ワントラム
  • フェンタニルクエン酸塩注射液
  • ザイボックス
  • セイヨウオトギリソウを含む食品など
  • セロトニン前駆物質(L-トリプトファン、5-ヒドロキシトリプトファン)を含む薬や食品など
  • メチレンブルー
■フェノチアジン系抗精神病剤・非定型抗精神病薬
抗精神病薬との併用によって、重い副作用である悪性症候群が現れる恐れがあります。
  • ピーゼットシー
  • リスパダール
■三環系抗うつ剤
三環系抗うつ剤の作用が強まる恐れがあります。
またトフラニールとの併用によって鎮静および抗コリン作用の症状の報告があります。
  • トリプタノール
  • ノリトレン
  • トフラニール
■抗不整脈剤
併用によって抗不整脈剤の作用が強まる恐れがあります。
  • プロノン
  • タンボコール
また、次の薬はパキシルの血中濃度を50%増加させたとの報告があります。
  • キニジン
  • タガメット
■β遮断薬
併用によって、重度の血圧低下の恐れがあります。
■注意欠陥・多動性障害治療剤
パキシルとの併用によって、注意欠陥・多動性障害治療剤の血中濃度が上昇するとの報告があります。
■抗エストロゲン薬
抗エストロゲン薬の作用が弱まる恐れがあります。
またパキシルとの併用によって、乳ガンの死亡リスクが増加したとの報告があります。
  • ノルバデックス
■抗てんかん薬
抗てんかん薬との併用でパキシルの作用を弱める恐れがあります。
■リファンピシン製剤
パキシルの作用を弱める恐れがあります。
  • リファジン、アプテシン
■抗ウィルス剤
パキシルの作用を弱める恐れがあります。
また、パキシルの血中濃度を60%減少させたとの報告があります。
  • レクシヴァ
  • ノービア
■クマリン系抗凝血剤
クマリン系抗凝血剤の作用を強める恐れがあります。
  • ワーファリン
■強心剤
強心剤の作用が弱まる恐れがあります。
  • ジゴシン
■止血・血液凝固を阻害する薬剤
出血傾向が強まる恐れがあります。

パキシルの口コミ

満足度 ★★★★★
うつ病になってから色々な薬を試してきましたがなかなか効かず、パキシルは自分の中で3番目に試した薬です。 効いてくれるのかと心配もありましたが、この薬に変えてからは気分の落ち込みも少しずつ無くなっていき、いくらか過ごしやすくなりました。
満足度 ★★★★★
社会不安障害と診断されてからパキシルの服用をはじめました。 すぐに効いてくるようなことはありませんでしたが、しばらく飲んでいる内に不安が徐々に感じなくなるようになりましたね。
満足度 ★★★★★
うつが落ち着いてきたのパキシルの感想を書いてみます。 飲み始めた頃は全く効き目がない所か吐き気まで出てきて、正直飲むのが苦痛なこともありました。 それでも2~3ヶ月ほど飲み続けてみたら、吐き気も徐々に落ち着いてきて、気分もちょっとずつ安定するようになりました。 今後は減薬をしていくつもりです。

口コミを投稿する

商品名
満足度
口コミ
ページの先頭へ