過活動膀胱治療薬

過活動膀胱治療薬とは

過活動膀胱治療薬には2種類あります。

  • 抗コリン薬
  • β3刺激薬

またこの他にも、過活動膀胱の原因によっては異なる薬を用いることもあります。
女性は抗コリン薬を用いるのが一般的とされています。
しかし男性は、前立腺肥大症が原因となっている場合「α1受容体遮断薬」という前立腺肥大症にともなう過活動膀胱を治療する薬を用いることもあります。
排尿トラブルの症状や悩みは、人によってもさまざまです。
治療するかの判断は"自分が困っているか"が1つの目安となってきます。
頻尿や尿失禁などは自覚できる症状であり、それによって日常生活に支障をきたしているのであれば治療をはじめることをお勧めします。

抗コリン薬

抗コリン薬は利尿剤のように排尿を促進するはたらきはなく、反対に膀胱に尿をためるようはたらきかけます。

人が「おしっこをしたい」と感じるのは、自律神経のうち副交感神経が興奮するためです。
この神経の興奮に関わっているのが"アセチルコリン"と呼ばれる物質です。
抗コリン薬がアセチルコリンのはたらきをブロックし膀胱の収縮を抑え容量を大きくすることで、頻尿や尿失禁といった過活動膀胱の症状を治療することができます。

など

なお、デトルシトールには「トルクSR」や「チトロジン」、ポラキスには「オキシパス」や「トロパン」などのジェネリック医薬品もあります。
なので恥ずかしいなどの理由から病院に抵抗がある方は、ジェネリックで個人的に過活動膀胱の治療も可能となっています。

β3刺激薬

β3刺激薬は、その名の通りβ3受容体と呼ばれる部位を刺激する薬になります。
このβ3受容体は膀胱の筋肉(平滑筋)にあり、刺激することで膀胱を広げることができます。
膀胱が広がれば、それだけ多くの尿を蓄えることができるようになるので、尿意切迫感をはじめ頻尿や急な尿もれ(尿失禁)を治療することができます。

  • ベタニス

過活動膀胱の治療は抗コリン薬が主流でしたが、ベタニスの登場によって治療の選択肢が増えるようになりました。
なので、抗コリン薬の効果に満足できない方でも使用することは可能です。

その他

過活動膀胱だけに頻尿などの排尿トラブルが起こる訳ではありません。
男性に限っていえば、前立腺が肥大してしまう前立腺肥大症によって頻尿や尿もれなどの症状が現れることがあります。

前立腺肥大症にともなう過活動膀胱を治療することができるのが、α1受容体遮断薬になります。
前立腺肥大症を治療することはできませんが、服用から1週間ほどで排尿トラブルの改善効果が見られはじめるとされています。

  • ハルナール
  • ユリーフ
  • フリバス

この中でもユリーフにはジェネリック医薬品の「シロファスト」があるので個人的に治療をはじめることができます。
ただし、服用できるのは前立腺肥大症にともなう過活動膀胱の方のみになるので、他の原因で過活動膀胱になっている方は抗コリン薬やβ3刺激薬をお使い下さい。

過活動膀胱治療薬
取扱商品の品質は安心です
梱包方法
丁寧で中身の商品名がわからないような梱包をしています。
安心配送
ご注文から商品到着まで責任を持って取り組みます。
充実サポート
わからないことやご不安な点はメールでお問い合わせください。
配送
ページの先頭へ