オルメシップ(オルメテック)
オルメシップ(オルメテック) オルメシップ(オルメテック) オルメシップ(オルメテック) オルメシップ(オルメテック)
商品名 オルメシップ(オルメテック)
有効成分 オルメサルタンメドキソミル
メーカー シプラ
対応症状 生活習慣病(成人病)  高血圧  
個数選択 定価 販売価格 ポイント 商品購入
1錠 1錠
20mg × 30錠 ¥83 ¥2,500 ¥75 ¥2,250 67pt 購入する
20mg × 60錠 ¥83 ¥5,000 ¥71 ¥4,280 128pt 購入する
20mg × 90錠 ¥83 ¥7,500 ¥67 ¥6,080 182pt 購入する
個数選択 定価 販売価格 ポイント 商品購入
1錠 1錠
40mg × 30錠 ¥100 ¥3,000 ¥90 ¥2,700 81pt 購入する
40mg × 60錠 ¥100 ¥6,000 ¥85 ¥5,130 153pt 購入する
40mg × 90錠 ¥100 ¥9,000 ¥81 ¥7,290 218pt 購入する

オルメシップ(オルメテック)の商品説明

オルメシップ(オルメテック)

商品詳細

オルメシップ(オルメテック)とは、血圧を下げてくれる高血圧治療薬です。
"ARB(アンジオテンシン2受容体阻害薬)"という種類の薬となり、降圧作用だけでなく心臓や腎臓を守ってくれる作用もあります。
しかも飲み合わせの注意や副作用も少なく、服用しやすい薬です。

オルメシップ(オルメテック)の特徴
オルメシップ(オルメテック)には、次のような特徴があります。

■しっかりとした降圧作用
■臓器を保護してくれる
■副作用や併用禁忌が少ない

オルメシップ(オルメテック)が属するARBは、様々な付加効果が期待できる高血圧治療薬です。
その中でも代表的な付加効果が、心臓や腎臓の保護作用になります。
高血圧の状態が長引くとからだに負担がかかり、時には命に関わる病気を引き起こすこともあります。
ARBはそうしたダメージから臓器を守ってくれるので、心不全や腎不全のような病気の薬としても用いられます。

またオルメシップ(オルメテック)には、ARBの中でも最強クラスの降圧作用があります。
その上で副作用や併用禁忌が少ないという特徴もあり、効果・安全性ともに優れた薬と言えます。

オルメシップ(オルメテック)の効果・効能
人のからだには、「血圧を上げる機能」があります。
その1つが"アンジオテンシン2受容体"です。
この受容体に"アンジオテンシン2"という物質が結びつくと、血圧の上昇が起こります。

アンジオテンシン2受容体 + アンジオテンシン → 血圧が上昇

そこでオルメシップ(オルメテック)には、アンジオテンシン2受容体を阻害する作用があります。
受容体をブロックして、アンジオテンシン2がくっつかないようにするのです。
すると血圧の上昇が起こらなくなり、高血圧症が改善されます。

またオルメシップ(オルメテック)には、強力な"インバースアゴニスト作用"もあります。
先に説明したように、アンジオテンシン2と受容体が結びつくことで血圧が上がります。
しかし受容体には何も結びついていない状態でも、単独である程度活性化する働きがあるのです。
オルメシップ(オルメテック)はこのような受容体の活性化も抑えてくれるので、しっかりとした降圧作用を発揮します。

使用方法

オルメシップ(オルメテック)の服用方法は、次のようになります。

10~20mgを1日1回の服用

なお、1日5~10mgから服用を始めることとします。
用量は年齢・症状により適宜増減しますが、1日の最高用量は40mgまでとなります。

オルメシップ(オルメテック)の注意点
■腎動脈狭窄のある患者さん
片側または両側性の腎動脈狭窄がある患者さんにおいて、腎血液量の減少や糸球体ろ過圧の低下による急速に腎機能を悪化させる恐れがあります。
治療をする上でやむを得ないと判断される場合を除いて、オルメシップ(オルメテック)の服用が避けてください。
■高カリウム血症の患者さん
高カリウム血症の患者さんにおいて、高カリウム血症を増悪させる恐れがあります。
治療をする上でやむを得ないと判断される場合を除いて、オルメシップ(オルメテック)の服用が避けてください。
また腎機能障害、コントロールができていない糖尿病など血清カリウム値が高くなりやすい患者さんは高カリウム血症が現れる恐れがあるので、血清カリウム値に注意してください。
■一過性の急激な血圧低下に注意
オルメシップ(オルメテック)の服用により、一過性の急激な血圧低下を起こす恐れがあります。
そのような場合は服用を中止し、適切な処置をおこなってください。
また、特に次の患者さんは低用量から服用を開始し、増量する時は状態を十分に観察しながら少しずつおこなってください。
  • 血液透析中
  • 利尿降圧薬を服用中
  • 厳重な減塩療法中
■ラジレスとの併用
高血圧治療薬ラジレスを併用する場合に腎機能障害、高カリウム血症および低血圧を起こす恐れがあります。
患者さんの状態を観察しながら慎重に服用してください。
なおeFGRの数値が60ml/min/1.73㎡未満の腎機能障害のある患者さんにおいてのラジレスとの併用は、治療上やむをえないと判断される場合を除いて避けてください。
■重篤な肝機能障害に注意
オルメシップ(オルメテック)を含むARBの服用中に重篤な肝機能障害が現れたとの報告があります。
服用中は肝機能検査をおこなうなど十分に観察し、異常があった場合は服用を中止するなど適切な処置をおこなってください。
■手術前は服用しない
オルメシップ(オルメテック)は、手術の24時間前は服用しないことが望ましいとされています。
■車の運転などに注意
オルメシップ(オルメテック)の服用により、降圧作用にもとづくめまい、ふらつきが現れることがあります。
高所での作業、あるいは自動車の運転など危険をともなう機械を操作する際には注意してください。

副作用

オルメシップ(オルメテック)による副作用症状は、次のとおりになります。
過敏症頻度0.1~0.5%未満そう痒、発疹
血液頻度0.1~0.5%未満貧血、血小板数減少
頻度0.1%未満白血球数増加
精神神経系頻度0.1~0.5%未満めまい、立ちくらみ、ふらつき感、頭痛、頭重感
頻度0.1%未満眠気
消化器頻度0.1~0.5%未満下痢
頻度0.1%未満嘔気・嘔吐、口渇、口内炎、胃部不快感、便秘
頻度不明腹痛
循環器頻度0.1%未満心房細動、動悸、ほてり
頻度不明胸痛
肝臓頻度0.1~0.5%未満ALT(GPT)上昇、AST(GOT)上昇、γ-GTP上昇、LDH上昇
頻度0.1%未満ALP上昇
泌尿器頻度0.1~0.5%未満BUN上昇、血清クレアチニン上昇
頻度0.1%未満尿蛋白陽性、尿沈渣陽性、頻尿
その他頻度0.1~5%未満CK(CPK)上昇、血清カリウム上昇、尿酸上昇、全身けん怠感、咳嗽
頻度0.1%未満浮腫(むくみ)、CRP上昇、トリグリセリド上昇、異常感(浮遊感気分不良など)、胸部不快感
頻度不明筋肉痛、脱力感、疲労、しびれ、味覚異常、脱毛

※赤文字の症状が現れた場合、オルメシップ(オルメテック)の服用を中止するなど適切な処置をおこなってください。

重い副作用症状
血管浮腫まぶた・くちびる・ほほなどの腫れ、ノドがつまる、息苦しさ、話しにくい
腎不全むくみ、尿が少なくなる・出なくなる、血尿、かゆみ
高カリウム血症脱力感、吐き気・嘔吐、しびれ
ショック、失神、意識消失悪寒、冷汗、嘔吐、顔面蒼白、力が抜ける
肝機能障害、黄疸皮膚や白目が黄色くなる、尿の色が濃くなる、食欲の低下、だるい、発熱、かゆみ
血小板減少内出血、歯磨きの時に出血、鼻血、血便・血尿
低血糖発汗、動悸、手指の震え、不安感、悪寒、集中力の低下、眠気、めまい、だるい、モノがぼやける、けいれん、昏睡
横紋筋融解症手足の脱力感、歩行困難、筋肉痛、赤褐色の尿
アナフィラキシーじんましん、顔の腫れ、息切れ、せき、ゼーゼー・ヒューヒューとした呼吸音
重度の下痢体重の減少をともなう下痢

注意点(併用禁忌薬)

オルメシップ(オルメテック)との併用禁忌薬はありません。

オルメシップ(オルメテック)を服用できない方
■オルメシップ(オルメテック)の成分オルメサルタンメドキソミルに対し過敏症(アレルギー)の既往歴のある患者さん
■妊婦または妊娠している可能性のある方
■ラジレスを服用中の糖尿病患者さん(他の降圧治療をしても血圧が十分にコントロールされていない患者さんを除く)

オルメシップ(オルメテック)との併用に注意が必要な薬
■カリウム保持性利尿剤・カリウム補給剤
併用により、血清カリウム値が上昇することがあります。
  • カリウム保持性利尿剤(アルダクトンA、トリテレンなど)
  • カリウム補給剤(塩化カリウムなど)
■リチウム製剤
併用により血中リチウム濃度が上昇し、リチウム中毒を起こす恐れがあります。
血中リチウム濃度に注意してください。
  • リーマス
■ラジレス
併用により腎機能障害、高カリウム血症および低血圧を起こす恐れがあります。
腎機能、血清カリウム値および血圧を十分に観察してください。
なおeGFRの数値が60ml/min/1.73㎡未満の腎機能障害のある患者さんにおけるラジレスとの併用については、治療上やむを得ないと判断される場合を除いて避けるようにしてください。
■アンジオテンシン変換酵素阻害剤
併用により腎機能障害、高カリウム血症および低血圧を起こす恐れがあります。
腎機能、血清カリウム値および血圧を十分に観察してください。
■非ステロイド性消炎鎮痛剤
併用により降圧作用が弱まったり、腎機能を悪化させたりする恐れがあります。

オルメシップ(オルメテック)の口コミ

口コミを投稿する

商品名
満足度
口コミ
ページの先頭へ