皮膚真菌症治療薬
(抗真菌薬:水虫・いんきん・カンジタ)

皮膚真菌症治療薬とは

皮膚真菌症治療薬とは、真菌に感染した時に用いられる飲み薬や塗り薬のことになります。
真菌とはいわゆる「カビ」のことになり、カビと聞くとなんだか汚いもののように感じますが実は身近に存在する菌でもあります。

たとえば、パンやお酒を作る時に醗酵させるはずです。
これは酵母と呼ばれる菌を使用し、これも真菌の中に含まれます。
また、キノコなどもカビの一種としては有名です。
生活の一部ともいえる真菌ですが、キノコに毒キノコがあるように、特定の真菌が感染してしまうことでからだに悪さをはたらく真菌もいます。

これが真菌症と呼ばれるものになり、代表的な病名をあげると次のようなものがあります。

  • 水虫
  • いんきんたむし
  • カンジタ

こういった真菌症は、さらに2つにわけることができます。

■表在性真菌症
真菌が皮膚の表面や角質層に感染

■深在性真菌症
皮下組織やツメ悪化すると内蔵などにも感染

深在性真菌症になる例は稀で、内蔵まで真菌が達するケースとして抗がん剤や免疫抑制剤などを服用している患者さんに起こりやすいと言われています。
つまりほとんどのケースが表在性真菌症になり、水虫やいんきんたむし、カンジタを発症する方は多いのが現状です。

真菌症を発症してから自然治癒することはなく、また中途半端に治療をすると再発のリスクもあります。
また感染症になることから、うつることも考えられます。
大切なのは、気付いた時に速やかに治療し根気強く抗真菌薬を使い続けることです。

皮膚真菌治療薬(抗真菌薬)には、次のような薬があります。

  • ポリエン系抗真菌薬
  • アゾール系抗真菌薬
  • アリルアミン系
  • キャンディン系抗真菌薬

それぞれの治療薬の作用は多少異なりますが、どれも同じように真菌を殺菌したり、増殖を抑えることができる薬となっています。
ここからは、それぞれの皮膚真菌治療薬を簡単にご紹介していきます。

ポリエン系抗真菌薬の特徴

真菌の細胞は「細胞膜」と呼ばれるものに覆われていて、これは細胞を内と外で仕切るために必要な膜となります。
細胞膜はコレステロールに似ている「エルゴステロール」と呼ばれるもので作られています。

ポリエン系抗真菌薬は、このエルゴステロールを破壊する作用があります。
つまり、細胞膜に穴を空けることで細胞内になければならない成分が外へと漏出してします。
この結果、真菌が生存することができなくなり死滅し、殺菌効果を期待することができます。

ポリエン系抗真菌薬にはファンギゾンというものがあります。
適応症状はカンジタになり、消化管におけるカンジタ症の治療に用いられます。

アゾール系抗真菌薬の特徴

真菌は細胞膜の成分としてエルゴステロールを使います。
エルゴステロールが作られるのを阻害すれば、真菌が増殖できなくなります。

アゾール系の抗真菌薬は、エルゴステロールの生成を阻害することによって真菌の増殖を抑える薬となっています。

適応症はさまざまな白癬菌となることから、水虫(みずむし)、いんきんたむし、カンジタなどに効果を発揮してくれます。

アリルアミン系抗真菌薬の特徴

アリルアミン系の抗真菌薬の作用は、アゾール系抗真菌薬とほとんど変わりません。
真菌が細胞膜をつくるために必要なエルゴステロールのはたらきを阻害することで、増殖を抑えてくれます。
また、適応症状も水虫(みずむし)、いんきんたむし、カンジタなど、さまざまな白癬菌が原因の感染症を治療することができます。

アリルアミン系の抗真菌薬にはラミシールがあります。
アリルアミン系の抗真菌薬は成分の移行や貯留性(たまること)に優れている特徴があります。
このことから、少ない使用回数で、効果が長く続くとされています。

キャンディン系抗真菌薬の特徴

真菌には細胞膜以外にも「細胞壁」と呼ばれるものがあります。
細胞壁は糖がたくさん連なった「グルカン」という成分で造られています。

キャンディン系の抗真菌薬は、グルカンをつくる酵素を阻害することによって細胞壁が造られるのを抑える作用を発揮します。
細胞膜と同様に、細胞壁を造ることができなくなった真菌はやがて死滅していきます。

ファンガードは抗真菌薬の中でも副作用が少ないという特徴があります。
また表在性真菌症に含まれる水虫(みずむし)やいんきんたむしなどに効果はありませんが、臓器などに感染する深在性真菌症に効果を発揮してくれます。

皮膚真菌症治療薬
取扱商品の品質は安心です
梱包方法
丁寧で中身の商品名がわからないような梱包をしています。
安心配送
ご注文から商品到着まで責任を持って取り組みます。
充実サポート
わからないことやご不安な点はメールでお問い合わせください。
配送
ページの先頭へ