ラブグラ(ウーメラ)
ラブグラ(ウーメラ) ラブグラ(ウーメラ) ラブグラ(ウーメラ) ラブグラ(ウーメラ)
商品名 ラブグラ(ウーメラ)
有効成分 シルデナフィルクエン酸塩
メーカー アジャンタファーマ
対応症状 不感症(FSD)  
個数選択 定価 販売価格 ポイント 商品購入
1錠 1錠
100mg × 4錠 ¥500 ¥2,000 ¥245 ¥980 29pt 購入する
100mg × 20錠 ¥500 ¥10,000 ¥245 ¥4,900 147pt 購入する
100mg × 40錠 ¥500 ¥20,000 ¥245 ¥9,800 294pt 購入する

ラブグラ(ウーメラ)の商品説明

ラブグラ(ウーメラ)

商品詳細

ラブグラ(ウーメラ)とは、女性の不感症や性的な興奮障害を改善するための薬として発売された、女性用バイアグラ「ウーメラ」のジェネリック医薬品です。
バイアグラは1998年の発売当時「夢の薬」とまで言われた男性のED(勃起不全)の改善をサポートしてくれる世界初のED治療薬になります。
1999年から日本では認可され、ED治療を希望する方たちにはその特徴から今でも根強い人気があります。

ラブグラ(ウーメラ)はピンク色のひし形をした錠剤で、「シルデナフィルクエン酸塩」は100mg配合されており、必要な量をピルカッターで切断してから服用することも可能です。

ラブグラ(ウーメラ)成分シルデナフィルラブグラ(ウーメラ)の成分は「シルデナフィルクエン酸塩」となっています。
この成分を開発したのは「Phizer(ファイザー)」というアメリカの製薬会社になります。

もともとは狭心症を治療する目的で開発されたシルデナフィルですが、臨床試験では思うような成果は得られませんでした。
そこで予備に渡していた治療薬の回収にあたったところ、回収を拒否する方が多くいました。
拒否した理由は「勃起できるから」でした。
そこから成分の研究を進めたところ、血行促進により勃起不全を改善する効果が認められ、人類史上初のED治療薬となるバイアグラが誕生しました。

後に不感症の女性を対象にした不感症治療薬ラブグラ(ウーメラ)が、ジェネリックとして発売されました。

ラブグラ(ウーメラ)の効果・効能男性の勃起はもちろん、女性が快感を得るためにも神経や血管などからだの機能とても重要です。

cGMP(環状グアノシン一リン酸)
天然の血管拡張物質と呼ばれ、筋肉を弛緩する作用によって血管を拡張
PDE-5(5型ホスホジエステラーゼ)
筋肉の中に存在する酵素で、生殖活動に適さない状況下での勃起や性的興奮を抑制する

性的な刺激や興奮を感じ取ると、からだの中ではNO(一酸化窒素)が分泌されます。
この中に含まれているのが「cGMP」になります。
この物質のはたらきによって血管が拡張され、下半身の血流が増加することで性器の感覚が敏感になり、性的快感を感じやすくなるといわれています。

しかし何かしらの原因でホルモンバランスが乱れることにより、cGMPがPDE-5によって分解されるようになってしまいます。

すると、十分に血管を拡張することができなくなってしまい血流不足に陥り、不感症を起こします。

ラブグラ(ウーメラ)は女性の不感症・性的興奮障害の治療薬と呼ばれていますが、正式名称は「PDE-5阻害剤」です。

名前からわかるようにPDE-5を阻害する作用によって、不感症の原因である血流不足を改善します。
つまり、ラブグラ(ウーメラ)の作用は「血管拡張作用」となります。

ラブグラ(ウーメラ)を服用することで、身体がリラックスして血行が良くなり、性的な興奮を覚えたり快感を得ることができるようになります。

ただし、ラブグラ(ウーメラ)は媚薬や精力剤と呼ばれる類のものとは異なり、あくまでも血管拡張作用のみがあるだけで、性欲をUPしたり、興奮を増加させる作用はないことには注意してください。

また、あくまでもラブグラ(ウーメラ)を服用しただけでは興奮状態とすることはできません。
性的に興奮したり、外部からの刺激が必要不可欠となります。

また、不感症の原因にはストレスや生活習慣が原因となるホルモンバランスの乱れ以外にも、過去に受けた精神的なトラウマが原因で引き起こされている可能性があります。

この場合は薬の服用だけでは治療は難しいため、必要に応じて原因を究明し、ゆっくり少しずつ改善していく必要があるかもしれまん。

使用方法

ラブグラ(ウーメラ)の服用方法は、次のようになります。

1回25~50mgを1日1回、性行為の約1時間前に服用

高齢者の方(65歳以上)、肝臓あるいは重い腎臓障害がある患者さんは、血中濃度の上昇が認められることから25mgからの服用となります。
また、1日の1回以上の服用はできず、次に服用する場合は24時間以上の間隔を空けるようにして下さい。

ラブグラ(ウーメラ)の注意点■食事の影響
ラブグラ(ウーメラ)服用前に食事をとると、空腹時の服用にくらべ効き始めまでの時間が遅れることが確認されています。
できる限り、空腹服用を心がけるようにして下さい。
■媚薬や精力増強剤ではないことに注意
ラブグラ(ウーメラ)はあくまでも血管拡張作用のみを有するED治療薬です。
媚薬や精力剤のような作用はないことから、ED治療目的以外での服用は控えるようにして下さい。
■危険な作業は控える
臨床試験から副作用にめまいや視覚障害が確認されています。
ラブグラ(ウーメラ)を服用してからの自動車の運転や危険を伴う作業は十分に注意して下さい。

副作用

ラブグラ(ウーメラ)の副作用は、次の通りになります。
循環器頻度1%以上ほてり、潮紅
頻度0.1~1%未満胸痛、動悸、頻脈
0.1%未満高血圧、不整脈、不完全右脚ブロック、末梢性浮腫
頻度不明心筋梗塞、低血圧、湿疹
精神神経頻度1%以上頭痛
頻度0.1~1%未満めまい、傾眠、昏迷
頻度0.1%未満異常感覚、下肢痙攣(けいれん)、記憶力の低下、興奮、緊張亢進、錯乱、思考異常、神経炎、神経過敏、神経症、不安、不眠症、無気力
肝臓頻度0.1~1%未満AST(GOT)増加
頻度0.1%未満ALT(GPT)の増加、LAPの上昇、LDHの増加、血中トリグリセリド増加、γ-GTP増加、血清リン脂質上昇、血中アミラーゼ増加、血中アルブミン減少、血中ビリルビンの増加、総蛋白減少
消化器頻度0.1~1%未満悪心、胃腸障害、口渇、消化不良、腹痛
頻度0.1%未満おくび、胃炎、胃不快感、下痢、口唇乾燥、舌障害、白舌、腹部膨満、便秘、嘔吐、燕下障害
泌尿・生殖器頻度0.1%未満陰茎痛、射精障害、朝立ちの延長、半勃起持続
頻度不明勃起の延長、持続勃起(プリアピズム)、尿路感染、前立腺疾患
呼吸器頻度0.1~1%未満鼻炎
頻度0.1%未満呼吸障害、鼻閉、咽頭炎、喘息
頻度不明鼻出血、気道感染症、副鼻腔炎
筋・骨格頻度0.1~1%未満関節痛、筋肉痛
頻度0.1%未満骨痛、背部痛
皮膚頻度0.1~1%未満発疹
頻度0.1%未満そう痒症、眼瞼そう痒症、脱毛症、多毛症、発汗、皮膚乾燥、皮膚障害、紅斑
血液頻度0.1未満ヘマトクリット減少、ヘマトクリット増加、ヘモグロビン減少、リンパ球減少症、リンパ球増加症、好酸球増加症、赤血球減少症、赤血球増加症、白血球増加症
感覚器頻度0.1~1%未満目の充血、結膜炎、彩視症、視覚障害
頻度0.1%未満目の乾燥、眼痛、屈折障害、光視症、味覚異常、味覚消失、流涙異常、羞明
頻度不明霧視、視力低下、網膜出血、網膜静脈閉塞、突発性難聴
その他頻度0.1~1%未満CK(CPK)の増加、疼痛、熱感
頻度0.1%未満BUN増加、インフルエンザ症候群、リンパ節症、血中ナトリウム減少、血中リン増加、体重増加、血中尿酸増加、ウロビリノーゲン陽性、尿中ブドウ糖陽性、尿中赤血球陽性、尿中蛋白陽性、疲労、無力症
頻度不明過敏性反応、感染症

これらの副作用は、国内あるいは海外で行われた臨床試験のデータを元に記載しています。
頭痛がひどい時には、ロキソニンやイヴ、バファリンなどの市販の頭痛薬を併用することも問題ないので、いっしょに服用すると良いでしょう。

注意点(併用禁忌薬)

ラブグラ(ウーメラ)の併用禁忌薬は、次のようになります。

併用禁止■硝酸剤・NO供与剤
ラブグラ(ウーメラ)との併用によって、降圧作用が強まり過度に血圧を低下させる恐れがあります。
死亡例もあることから、絶対に併用はしないようにして下さい
  • ニトログリセリン
  • 亜硝酸アミル
  • 硝酸イソソルビド
など
■アンカロン
ラブグラ(ウーメラ)とアンカロンの併用によって、QTc延長作用が強まる恐れがあります。
QTc延長によって、次のような症状が現れることがあります。
  • 低カリウム血症
  • 低カルシウム血症
  • QT延長症候群
  • など
    ■sGC刺激剤
    sGC刺激剤との併用によって、症候性低血圧を起こすことがあります。
    • アムデパス

    ラブグラ(ウーメラ)を服用できない方■ラブグラ(ウーメラ)成分シルデナフィルに過敏症(アレルギー)の既往歴がある方
    ■硝酸剤やNO(一酸化窒素)供与剤を服用中の患者さん
    ■心臓や血管に障害があり、性行為が不適当と考えられる患者さん
    ■重い肝機能障害がある患者さん
    ■低血圧または治療していない高血圧がある患者さん
    ■脳梗塞、脳出血、心筋梗塞の既往歴が6ヶ月以内の患者さん
    ■網膜色素変性症の患者さん

    ラブグラ(ウーメラ)との併用に注意が必要な薬■CYP3A4阻害剤
    ラブグラ(ウーメラ)を代謝する肝臓にある酵素(CYP3A4)を阻害する薬との併用によって、最高血中濃度の上昇やAUCの増加が確認されています。
    AUCは薬が、どのくらいの濃度で、どのくらいの時間、からだの中で作用を発揮したかを示す面積グラフです。
    AUCが増加することで効き目が変わることや、半減期(薬が効いている時間)が延長されるなどのことが起こりえます。
    など
    ■CYP3A4誘導薬
    ラブグラ(ウーメラ)の血中濃度を低下させることがあります。
    • トラクリア
    • リファジン
    など
    ■高血圧治療薬
    ラブグラ(ウーメラ)、高血圧治療薬のどちらも降圧作用があることから、併用によって降圧作用を強めてしまうことがあります。
    ■α遮断薬
    α遮断薬との併用によって、めまいなどの自覚症状を伴う血圧低下を起こしたとの報告があります。
    併用する際は、ラブグラ(ウーメラ)を低用量(25mg)から服用するなど慎重な服用が望ましいです。
    • カルデナリン
    など
    ■カリペプチド
    ラブグラ(ウーメラ)との併用によって、降圧作用が強まる恐れがあります。

    ラブグラ(ウーメラ)の口コミ

    口コミを投稿する

    商品名
    満足度
    口コミ
ページの先頭へ