生活習慣病治療薬

生活習慣病治療薬の商品カテゴリーをお選び下さい
生活習慣病治療薬一覧

生活習慣病治療薬とは

生活習慣病治療薬とは、以下の症状を治療する薬になります。

生活習慣病になるリスクは誰にでもあります。
どの病気も、進行がかなり進んでから自覚することも多いです。
早期発見によって、的確な治療を行っていくことで、日常生活にあまり支障がでないようにすることが可能です。
病気が深刻な状態に陥ってしまう前に、生活習慣病治療薬を使って治療することが大切になります。

糖尿病治療薬の種類

基本的に糖尿病の治療は、次の2つによってコントロールしていきます。

  • 食事療法
  • 運動療法

生活習慣を見直すことが基本となりますが、これだけでは上昇する血糖値をコントロールすることが難しくなってしまうことがあります。
そこで用いられるのが、糖尿病治療薬になります。

糖尿病治療薬の種類と商品名
糖尿病治療薬の種類 糖尿病治療薬の商品名
スニホル尿素(SU)薬 ヘキストラスチノン/オイグルコン・ダニオール/アマリール
速効性インスリン分泌促進薬 スターシス・ファステック
αグルコシダーゼ阻害薬 グルコバイ/ベイスン
ビグアナイド薬 メトグルコ
チアゾリジン薬 アクトス
DPP4阻害薬 ジャヌビア・グラクティブ/ネシーナ/エクア
SGLT2阻害薬 スーグラ
アルドース還元酵素阻害薬 キネダック

これらの薬は、次のような作用をもっています。

  • インスリンの分泌を促す
  • 腸管から糖が吸収されてしまうのを抑える
  • インスリンへの抵抗性を改善する

生活習慣の見直しと平行して、症状にあわせた糖尿病治療薬を用いることが大切になります。

脂質異常症・高脂血症治療薬の種類

脂質異常症(高脂血症)は、異常な量の脂質が血液中に含まれる場合に発症します。
この生活習慣病には、コレステロールやトリグリセライドなどの物質が関係していて、この数値を下げることができるのが脂質異常症治療薬になります。

脂質異常症治療薬には、次のような薬があります。

脂質異常症治療薬の種類と商品名
脂質異常症治療薬の種類 脂質異常症治療薬の商品名
コレステロール合成阻害薬 メバロチン/リポバス/リピトール
コレステロール異化促進薬 シンレスタール/ロレルコ
胆汁酸吸収阻害薬 クエストラン
トリグリセライド合成阻害薬 ベザトールSR/ビノグラック
コレステロール吸収阻害薬 ゼチーア

こういった脂質異常症治療薬に加えて、食事からのコレステロールの摂取量を管理したり、適度な運動を取り入れていくことが大切になります。

高血圧症治療薬の種類

高血圧症も基本的には、他の生活習慣病と同じく「食事」と「運動」によって血圧が高くなり過ぎないようにコントールしていきます。
この2つの治療を行っても、血圧の下がり具合が不十分であった場合に高血圧症治療薬を使います。

高血圧症治療薬には、次のような薬があります。

高血圧症治療薬の種類と商品名
高血圧症治療薬の種類 高血圧症治療薬の商品名
カルシウム拮抗薬 アダラート・セパミットR/カデュエット/ノルバスク など
中枢性交感神経抑制薬 カタプレス
利尿剤 ラシックス/フルイトラン/アルダクトンA/ヒドロクロロチアジド など
ACE阻害薬 エースコール/カプトリル/コバシル など
直接的レニン阻害薬 ラジレス
β遮断薬 テノーミン/セレクトール/ケルロング など

痛風治療薬の種類

痛風はからだの中に尿酸が溜まってしまう病気です。
尿酸値が上昇し、7.0mg/dl以上で「高尿酸血症」となります。
そこからさらに進行して関節などに炎症を起こすことや、痛みの発作が起きる状態が痛風となります。
痛風治療薬を使って尿酸値をコントロールし、糖尿病や高血圧症、脂質異常症など他の生活習慣病との併発を防ぐ必要があります。

痛風治療薬には、次のような薬があります。

痛風治療薬の種類と商品名
痛風治療薬の種類 痛風治療薬の商品名
痛風発作抑制剤 コルチヒン
痛風発作治療薬 ナイキサン/ニフラン/アルボ錠
尿酸排尿促進薬 ベネシット錠/パラミヂン
尿酸生成抑制薬 ザイロリック/フェブリク/アロシトール錠/サロベール錠など
酸性尿改善薬 ウラリット配合錠など

痛風の痛みの発作は、強烈な痛みだと言われています。
発作によって日常生活が困難になることもあるので、痛風治療薬を使って尿酸値をコントロールするようにして下さい。

生活習慣病治療薬
取扱商品の品質は安心です
梱包方法
丁寧で中身の商品名がわからないような梱包をしています。
安心配送
ご注文から商品到着まで責任を持って取り組みます。
充実サポート
わからないことやご不安な点はメールでお問い合わせください。
配送
ページの先頭へ