レビトラ
(レビトラジェネリック)

並び替え
並び替え
ED治療薬 一覧はこちら

レビトラとは

レビトラとは、バイアグラに次いで国内では2番目に販売をスタートさせたED治療薬になります。
バイアグラの弱点を改善した医薬品とも言われ、国内ではもっとも人気のあるED治療薬となっています。

レビトラには、異なる用量のものが2種類あります。

  • レビトラ10mg
  • レビトラ20mg

中身に含まれる成分はどちらもバルデナフィル塩酸塩となりますが、用量が多いことで効果持続時間なども変化してきます。
国内では2004年から販売が行われており、レビトラ20mgは遅れること2007年から販売が開始されています。
バルデナフィル塩酸塩は水に溶けやすいという性質があり、これはバイアグラにも最新ED治療薬のシアリスにもない独特の特徴となります。
この性質から、服用して体の中で溶け始めるのが早いため、効果が現れるまでの時間が早くなっています。

レビトラを病院やクリニックなどで処方してもらう場合の価格は、次のようになります。

  • レビトラ10mg ・・・ 1,500円
  • レビトラ20mg ・・・ 1,800円

バイアグラと同様に保険適用外となることから、この価格の3割負担という訳にはいきません。
ED治療にかかる全ての費用が自費での負担となり、人によっては価格の高さからレビトラを使ったED治療に二の足を踏んでしまう方も少なくありません。

レビトラのジェネリック医薬品

レビトラを使ったED治療を価格の高さから断念している方は、レビトラジェネリックがオススメです。
レビトラジェネリックには、次の種類があります。

どのレビトラジェネリックも、中身の成分は先発薬と同じバルデナフィル塩酸塩になっています。
同じ成分が含まれているにも関わらず、価格は1錠あたりがどれも先発薬の1/10ほどになっています。
しかも種類によってはゼリータイプといった服用しやすさが配慮された製品もあります。

またジェビトラには1錠あたりの用量が40mgや60mgというのもあります。 レビトラジェネリックは先発薬と効果が変わることもないので、治療費を抑えたED治療をするのであれば各種のレビトラジェネリックがお勧めです。

早漏改善効果もあるレビトラジェネリック

レビトラジェネリックのなかにはED治療効果だけでなく、早漏を改善できる効果の二つの効果を兼ね備えている治療薬もあります。
それはレビトラの成分であるバルデナフィル塩酸塩と、プリリジーと呼ばれる早漏防止薬の成分であるダポキセチンの両方が含まれた薬です。

EDを発症している方はそれと同時に早漏も併発している方が多い傾向にありますが、ED治療薬と早漏防止薬は非常に高価な薬なので同時治療には高いハードルがありました。
そんな方のお悩みを解決してくれるのが早漏改善効果のあるレビトラジェネリックです。

例えばお薬110番(当サイト)では以下のような商品を取り扱っております。

EDだけでなく、早漏にもお悩みで治療費を安く済ませたいという方に是非オススメしたい商品です。

レビトラの特徴

レビトラは、2つの特徴があります。

  • 即効性
  • 食事の影響を受けづらい

レビトラは体の中での成分の溶け出しが早いことから、即効性に期待ができます。
早い方で服用してから15分で効き目を実感することもでき、効き目がもっとも発揮されるまでにかかる時間も42~54分とED治療薬の中ではトップクラスの早さになります。
即効性を特徴としてもつレビトラは、急な予定の時にもED患者さんの強い味方になってくれます。

レビトラの効果・効能

レビトラは血管を拡張させる効果があり、EDを改善する効能を持ちます。
他のED治療薬と比較して、即効性と食事の影響を受けづらいという性質が特徴的です。
即効性に関しては最速で15分で効き目を実感できます。

バイアグラは食事の影響を受けやすかったことから、服用前は空腹である必要がありました。
ED治療薬の成分はどれも腸より吸収が行われるので、食事に含まれる油分などが腸壁に付着してしまうと成分の吸収の妨げになり、勃起不全改善効果が安定しないことにつながります。

しかし、レビトラの成分バルデナフィル塩酸塩は約700kcalまでの食事であれば、安定した効果を期待することができます。
服用前に食事ができるのはバイアグラからの大きな改善点となり、ストレスなく服用が可能となっています。
ただし食事のカロリー以外にも、食事に含まれる脂質にも注意する必要があります。

レビトラの添付文書には「総エネルギーの脂肪の割合は30%以内」と記載があります。
よって700kcalの30%は210kcalになり脂質1gは9kcalになることから、食事に含まれる脂質は23.3g以下でなければならないことになります。
食事をとる際は、700kcal未満かつ23.3g以下の脂質を目安にして食べれば食事の影響は受けません。
ただし食事をとってからの服用に比べ、空腹時の方が効きはじめは早くなります。

また、レビトラの作用時間は、20mgで最大10時間となっています。
これはED治療薬のなかでは中時間作用となり、ほど良く長く効果を持続してくれることから、効き目切れを心配することなく性行為に望むことができます。

レビトラの作用

ED(勃起不全)が起こるのは、ペニスへの血流が不足することが原因となります。
レビトラには勃起に必要不可欠な血液の通り道である、血管を拡張する作用があります。
血管が拡がることで多くの血液がペニスに集まり、再びしっかりとした勃起状態を起こすことができるようになります。

少し詳しく説明すると、「cGMP」「PDE-5」という物質の関係が重要になります。
cGMPは体の中で分泌される天然の血管拡張物質となり、PDE-5は勃起抑制酵素となります。
この物質がどのように勃起に関係しているかが、次の通りになります。

  • ED患者さん → PDE-5が優位な状態
  • 健康な方 → cGMPが優位な状態

男性が勃起状態となる時、簡単に言えばこの2つの物質は対立した状態になります。
ED患者さんはPDE-5が勝った状態が続いてしまうことで、cGMPが分解されてしまいます。
つまり血管を十分に拡げることができず、血流不足に陥ってしまいます。

レビトラの成分バルデナフィル塩酸塩には、PDE-5を阻害する作用があります。
PDE-5を阻害することによってcGMPが活発に活動できるようになり、血管が十分に拡がり多くの血液がペニスへと流れ込むようになります。
ペニスに多くの血液が集まれば勃起を起こすことはもちろん、その維持も可能になります。
なので単に勃起ができない方だけでなく、中折れなどの症状の改善にもつながります。

レビトラの有効性は、70%以上です。
この数字の中には、重度のEDに悩む方も含まれていることから、多くの方に勃起不全改善効果を発揮してくれます。
また重度の患者さんを除けば、レビトラの有効性は90%以上にもなると言われています。

勃起できないことで性生活に支障が出ている方はレビトラを使用することで、再び充実した性生活を送れる可能性が高くなります。
諦める前にレビトラを服用する価値は、大いにあります。

最後に、レビトラは媚薬や精力剤などではありません。
つまり性欲UPなどの効果はなく、あくまでも血管拡張作用のみとなります。
また、レビトラを服用したからといって、勝手に勃起状態となることはありません。
あくまでも性的に興奮することや、刺激を受けることを必要とします。
医薬品になるので、ED改善以外の目的で使用することは控えるようにしてください。

レビトラの飲み方

レビトラを飲む前に正しい飲み方を知っておく必要があります。
この項目では、用法用量と食事の影響の二つに分けて詳しく解説していきます。

用法用量

レビトラの用法用量は性行為の約1時間前に1回10mgを服用するのが基本となります。
体格の大きい人などは10mgで効き目が薄いと感じられる方もいらっしゃるため、副作用が軽度であった場合には20mgに適宜増量することが可能となっております。

その他、高齢者の方や重い肝機能障害をお持ちの方は、血中濃度が上昇する恐れがあるため5mgから服用を開始し、用量を多くしたとしても10mgが上限となります。
また、一度服用したあと次に服用するまで24時間以上の間隔を空ける必要があることには留意してください。

軽い食事の後なら利用できる

レビトラは食事の影響を受けづらいという特徴のあるED治療薬ですが、影響を受けない摂取カロリーには上限があり、700kcalまでとなります。
そしてなおかつ脂質が総摂取エネルギー量の30%以内でなければなりません。
食べ物に例えるなら、すき家の牛丼中盛り程度がちょうど上限に収まる量となります。
ですからこの程度の食事であれば影響をあまり受けずに効果を発揮することができます。

ですが、影響を受けづらいということなので、空腹時に服用した方が効果もその分だけ早く現れるので、できるだけ空腹時に服用することが推奨されています。

レビトラの副作用

レビトラ服用時によくある副作用症状として、「目の充血」「動悸」「鼻づまり」「頭痛」「顔のほてり」が挙げられます。
ほとんどの方に発現する副作用なので軽度であれば問題はなく、効果が発現した合図だと捉えても大丈夫です。
頭痛の症状が強く出てしまう場合はロキソニンなどの市販の頭痛薬と併用しても問題ありませんので適宜併用してください。

また、特異な症状として非動脈炎性前部虚血性神経症(NAION)があります。
症状として青色と緑色の区別がつかないなどの視覚異常が見られ、ほとんどの場合、レビトラの作用時間が過ぎれば治まりますが、万が一症状が治まらないであったり、視力低下が著しいなどの症状が生じてしまった場合はすぐに医師の診察を受けてください。

その他、プリアピズム(持続勃起症)という症状にも注意が必要です。
4時間以上継続して痛みのある勃起が続いた場合、すぐに医師の診察を受けてください。

レビトラの併用禁忌薬

レビトラと薬の相性が悪いため、併用が禁じられている薬剤は以下のようになります。

■CYP3A4阻害剤(ニゾラールイトリゾール―併用することで血中濃度やAUCの増加の危険性があるため、半減期の延長の恐れがあり、併用することができません。
■硝酸剤・NO供与剤(亜硝酸アミル、ニトログリセリン、硝酸イソソルビド)―併用することで降圧作用が強まってしまい、必要以上に血圧を低下させる恐れがあるため、併用することができません。
■アデムパス―併用することで細胞内のcGMP濃度が高まってしまい、血圧が大幅に下がることで、症候性低血圧を引き起こす恐れがあるため、併用することができません。

レビトラの併用注意薬

レビトラと薬の相性が悪いため、併用に注意が必要な薬剤は以下のようになります。

■カルペリチド―併用することで降圧作用を強めてしまう恐れがあるため、併用に注意する必要があります。
■α遮断薬(ハルナール、バソメット)―併用することで症候性低血圧を発症する可能性を高めてしまうため、5mgから服用を開始するなど、慎重な併用服用が必要になります。
■CYP3A4阻害剤(カソデックス、マクロライド系抗生物質)―併用することで血中濃度やAUCの増加の危険性があるため併用に注意する必要があります。
■CYP3A4誘導剤(デカドロン、リファジン、テグレトール―併用することで血中濃度が低下してしまい、作用が弱まってしまう恐れがあるため、併用には注意する必要があります。

レビトラを服用できない方

レビトラを服用できない方は以下のようになります。

■重い肝機能障害をお持ちの方
■CYP3A4阻害剤を現在服用されている方
■硝酸剤・一酸化窒素(NO)供与剤を現在服用されている方
■バルデナフィル塩酸塩に過敏症の既往歴をお持ちの方
■心臓・血管をお持ちの方で、性行為といった心臓に負担のかかる行為が不適当であると考えられる方
■半年以内に脳梗塞・脳出血・心筋梗塞の既往歴をお持ちの方
■先天性QT延長をお持ちの方
■クラスⅠA・クラスⅢ抗不整脈薬を現在服用中の方
■網膜色素変性症をお持ちの方
■血液透析が必要な腎障害・低血圧・高血圧・不安定狭心症をお持ちの方

レビトラの偽物に注意

レビトラといった人気のED治療薬には偽物があります。
偽物の多くはインターネットを介して流通しており、海外医薬品の通販サイトでそのような偽物を販売する悪徳な業者がいます。
インターネットを介して購入できるED治療薬の約4割が偽物だといわれており、購入の際は信頼性の高い通販サイトを選ぶ必要があります。
信頼性の高い通販サイトの特徴は以下のようになります。

■特定商取引の表記があり、利用規約や個人情報保護方針などを定めている
■サイト内の口コミやネット上の口コミがたくさんある
■正規品の規格と同じ用量の錠剤を販売している
■サイトの運営年数が長い
■極端に薬価が安くなく、相場に近い価格設定である


以上のような点に注意して通販サイトを選ぶのがオススメです。

ED治療薬
取扱商品の品質は安心です
梱包方法
丁寧で中身の商品名がわからないような梱包をしています。
安心配送
ご注文から商品到着まで責任を持って取り組みます。
充実サポート
わからないことやご不安な点はメールでお問い合わせください。
配送
ページの先頭へ