ラミシール
ラミシール ラミシール ラミシール ラミシール
商品名 ラミシール
有効成分 テルビナフィン塩酸塩
メーカー ノバルティス
対応症状 カンジタ症  水虫・たむし  癜風(でんぷう)  皮膚真菌症  
個数選択 定価 販売価格 ポイント 商品購入
1錠 1錠
250mg × 28錠 ¥125 ¥3,500 ¥112 ¥3,150 94pt 購入する

ラミシールの商品説明

ラミシール

商品詳細

ラミシールは、水虫・たむしなどで有名な皮膚真菌症に対して有効な治療薬です。
皮膚真菌症とは「真菌(カビ)」に感染することで引き起こされる病気です。
真菌には様々な種類がありますが、ラミシールは、特に白癬菌に対して強い効果があります。
さらに、有効成分の「テルビナフィン」は、爪や皮膚などにスムーズに移動する上に、患部に長く残るため、爪水虫(爪白癬)にも有効です。

また、皮膚真菌症は外用薬での治療が一般的となります。
しかし、それでも効果が得られなかった場合は、からだの内側から治療をすることができる錠剤タイプのラミシールがオススメです。

ラミシールの特徴ラミシールの特徴は、2つあります。

■白癬菌に強い抗菌作用を発揮
■剤形が豊富

白癬菌は、水虫(足白癬)、ぜにたむし(体部白癬)、いんきんたむし(股部白癬)などの原因菌になります。
白癬菌に対して強い抗菌作用がラミシールにはあるので、水虫などに悩んでいる方にはお勧めです。
また、ラミシールは剤形が豊富で、錠剤以外にも2種類あります。


症状や部位に合わせて、使い勝手を考えて使い分けることができます。

ラミシールの効果・効能白癬菌(水虫やたむしなど)やカンジタ症は、真菌(カビ)が感染することで発症する感染症になります。
人に感染する菌には細菌などもありますが真菌とはまったく別ものになり、真菌は人により近い細胞です。
真菌感染の治療には細菌を死滅させる抗生物質ではなく、ラミシールのような皮膚真菌症治療薬が用いられます。

真菌の細胞は"膜"で覆われています。
この膜を「細胞膜」と呼び、真菌の細胞の内外を隔てる役割をし、エルゴステロールという物質でつくられています。
ラミシールは、細胞膜をつくる原料となるエルゴステロールのはたらきを阻害する作用があります。
細胞膜がつくれなくなることで真菌は死滅し、抗菌作用を発揮します。

使用方法

ラミシールの服用方法は、次のようになります。

1回125mgを1日1回の服用

食後の服用とされ、服用量は年齢や症状などによっても適宜増減するとされています。

ラミシールの注意点■ラミシール服用にあたって
ラミシール服用前に必ず副作用などを確認してから服用をはじめて下さい。
体調に変化を感じたら、速やかに医師に相談するようにして下さい。
■危険を伴う作業は控える
ラミシールの服用によって、眠気やめまい、ふらつきなどが生じることがあります。
自動車の運転や高所での作業など危険を伴う作業は控えるか、十分に注意して下さい。

副作用

ラミシールの副作用は、次の通りになります。
過敏症頻度0.1~1%未満発疹蕁麻疹(じんましん)そう痒感紅斑
頻度0.1%未満光線過敏症顔のむくみ(浮腫)リンパ節腫脹多形紅斑水疱性皮膚炎
頻度不明乾癬様発疹血清病様反応
筋・骨格頻度0.1%未満筋肉痛
頻度不明関節痛
肝臓頻度1~5%未満γ-GTP上昇
頻度不明AST(GOT)、ALT(GPT)、LDH、ALPの上昇
血液頻度1~5%未満白血球の減少
頻度0.1~1%未満貧血
消化器頻度1~5%未満胃部不快感
頻度0.1~1%未満腹痛、悪心、下痢、胃部膨満感、食欲不振、口の渇き
頻度0.1%未満嘔吐、舌炎
頻度不明膵炎(すいえん)
精神神経頻度0.1~1%未満めまい、ふらつき、頭痛、眠気
頻度0.1%未満注意力低下、不眠、しびれ
頻度不明錯覚感、感覚鈍麻、不安、抑うつ
泌尿器頻度0.1~1%未満BUN上昇
頻度0.1%未満頻尿
感覚器頻度0.1~1%未満味覚異常、味覚消失
頻度0.1%未満耳鳴
頻度不明嗅覚異常、聴覚異常、聴力低下、霧視、視力低下
その他頻度0.1~1%未満トリグリセライド上昇、総コレステロール上昇、疲労や倦怠感
頻度0.1%未満動悸、むくみ(浮腫)、月経異常、脱毛、発熱、CK(CPK)上昇
頻度不明乾癬、血管炎、インフルエンザ様疾患、体重減少

※赤文字の症状が現れた場合、ラミシールの服用を中止するようにして下さい。

重い副作用症状
重い肝障害(肝不全、肝炎、胆汁うっ滞、黄疸など)だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿の色が茶褐色
重い血液の異常(汎血球減少、無顆粒球症、血小板減少)発熱、ノドの痛み、口内炎、だるい、皮下出血(血豆・青あざ)や鼻血・歯肉出血など出血傾向
中毒性表皮壊死融解症発疹、発赤、水ぶくれ、膿(うみ)、皮がむける、皮膚の熱感や痛み、かゆみ、唇や口内のただれ、ノドの痛み、目の充血、発熱、全身の倦怠感
横紋筋融解症手や足のしびれ、痙攣(けいれん)、力が入らない、筋肉痛、歩行困難、赤褐色の尿
ショック、アナフィラキシー気持ちが悪い、冷汗、顔面蒼白、手や足の冷え・しびれ、蕁麻疹(じんましん)、全身の発赤、顔やノドの腫れ、ゼーゼーと息苦しい、めまい、血圧の低下、目の前が暗くなり意識が薄れる
薬剤性過敏症症候群発疹、発熱、だるい、吐き気、リンパ節の腫れ、皮膚や白目が黄色くなる
亜急性皮膚エリテマトーデス発熱、倦怠感、関節痛、頭痛、顔やからだ、腕などに紅斑

注意点(併用禁忌薬)

ラミシールの併用禁忌薬は、特にありません。

ラミシールを服用できない方■重い肝障害がある患者さん
■汎血球減少、無顆粒球症、血小板減少などの血液に異常がある患者さん
■ラミシール成分テルビナフィンに過敏症(アレルギー)の既往歴がある方

ラミシールとの併用に注意が必要な薬■ジフルカン、タガメット
ラミシールとの併用によって、ジフルカンやタガメットの血中濃度が上昇するとの報告があります。
併用する際は、十分に注意して下さい。
■リファジン
リファジンとの併用によって、リファジンの血中濃度が低下するとの報告があります。
■抗うつ剤と鎮咳剤(咳止め薬)
以下の薬とラミシールの併用によって、薬やその活性代謝物の血中濃度が上昇することえ薬の代謝が遅れることがあります。
併用には、十分に注意して下さい。
  • トフラニール
  • ノリトレン
  • トリプタノール
  • ルジオミール
  • メジコン
■避妊薬などの卵胞・黄体ホルモン混合剤
ラミシールと避妊薬の併用によって、月経異常が現れたとの報告があります。
■サンディミュン
サンディミュンは免疫抑制剤になります。
ラミシールとの併用によって、サンディミュンの血中濃度が低下したとの報告があります。
また移植後の患者さんは、拒絶反応に十分に注意して下さい。

ラミシールの口コミ

満足度 ★★★★★
水虫を発症したのですが、患部の状態がひどいため塗る水虫薬を使うことができなくて悩んでいました。 でも今回ラミシールを見つけ、飲み薬なら大丈夫だろうと思って購入しました。 いざ届くと全て外国語で書かれているので飲むのは少しためらいましたが、でも意を決して飲み続けてみたらちゃんと水虫が治りましたよ!
満足度 ★★★★★
市販の薬を使っても水虫が治らなかったのでラミシールを買いました。 内服薬はやっぱり効果が高いのか、この薬に変えてからよくなってきています。
満足度 ★★★★★
しらくもにかかってしまいました・・・。 見た目が気になって外出しにくいし最悪です! 水虫と同じ原因菌ということは分かっていますが、水虫用のクリームをそのまま使って良いのかも分からず。 それで調べていたら飲み薬のラミシールを見つけ、しらくもにも効きそうだったので購入しました。 時間はかかりましたが、おかげで完治できたみたいなのでよかったです。

口コミを投稿する

商品名
満足度
口コミ
ページの先頭へ