インフルエンザ治療薬

インフルエンザ治療薬とは

冬の時期に流行する代表的な感染症として、インフルエンザがあります。
インフルエンザは風邪のようにせきや鼻水、あるいはからだに痛みなどが現れ、周りの人にうつることもある病気です。

そのようなインフルエンザに対して用いられるのが、インフルエンザ治療薬(抗インフルエンザ薬)です。
インフルエンザ治療薬には、主に2つの効果があります。

  • 回復を早める
  • 発症を予防する

インフルエンザ治療薬は簡単に言うと、「インフルエンザウイルスの増殖を抑える」効果を持った薬です。
そのため発症した時に服用すると症状の悪化を抑え、早期回復を望むことが可能になります。

また例えば家族に感染者が現れた場合、インフルエンザ治療薬を飲んでおくことで家庭内での感染を防ぐこともできるのです。

ここではインフルエンザ治療薬の種類や、注意点などについて解説していきます。

インフルエンザ治療薬の種類

国内で用いられているインフルエンザ治療薬には、次のような種類があります。

  • タミフル … 飲み薬 or ドライシロップ
  • リレンザ … 吸入薬
  • イナビル … 吸入薬
  • ラピアクタ … 点滴薬

このように、インフルエンザ治療薬は種類によって剤型が異なるという特徴があります。
またインフルエンザはA型・B型・C型の3種類に分かれますが、これらはいずれもA型とB型のインフルエンザに効果を発揮する薬です。

インフルエンザウイルスは自力では増殖できず、人の細胞を利用することでその数を増やしていきます。
インフルエンザ治療薬は正式には"ノイラミニダーゼ阻害薬"と呼ばれる薬で、ウイルスの働きを阻害することで増殖を防いでくれます。

なおC型インフルエンザだけは原因ウイルスの構造がA型やB型と異なるため、既存のインフルエンザ治療薬では効果がありません。

インフルエンザ治療薬は基本的に病院に行くと処方してもらうことができますが、目的により保険が効かない場合もあります。

治療目的 → 保険が効くため、3割負担のみ
予防目的 → 保険が効かず、全額自己負担

予防目的でインフルエンザ治療薬を服用したい場合は保険が適用されないため、費用が割高になってしまうのです。

しかし近年では海外通販サイトを利用し、病院に行かずとも個人でインフルエンザ治療薬を購入することも可能になりました。
海外通販の場合は自宅で購入までの手続きができるだけでなく、病院に行く場合と異なり診察費などもかからないため治療費を抑えることができます。

インフルエンザ治療薬の注意点

もしもの時には頼りになるインフルエンザ治療薬ですが、いくつか注意点もあります。
ここでは、全てのインフルエンザ治療薬に共通している2つの注意点をご紹介します。

まず、インフルエンザ治療薬は「発症してから48時間以内」に服用することで最大限の効果を発揮する薬です。
症状が出て2日以上過ぎた後に服用しても十分な効果が得られない場合もあるので、早めに飲み始めることが大切です。

またインフルエンザ治療薬を服用した患者さんの中には急に走り出す、部屋を飛び出すなどの異常行動を起こしたという事例も報告されています。
このような異常行動とインフルエンザ治療薬の因果関係は明らかにされていませんが、実際に国内では異常行動による死亡事故が起きたこともありました。

未成年者がインフルエンザ治療薬を服用した場合は万が一の事故を防ぐため、保護者の方が注意深く様子を見守ったり、玄関や窓に鍵をかけるなどの対策をおこないましょう。

インフルエンザ治療薬
取扱商品の品質は安心です
梱包方法
丁寧で中身の商品名がわからないような梱包をしています。
安心配送
ご注文から商品到着まで責任を持って取り組みます。
充実サポート
わからないことやご不安な点はメールでお問い合わせください。
配送
ページの先頭へ