不妊症治療薬

不妊症治療薬の商品カテゴリーをお選び下さい

不妊症治療薬とは

不妊症治療薬とは、妊娠を望みながらも妊娠できない女性が使用するお薬になります。
妊娠するために重要となるのが「排卵」です。
排卵は、卵巣から卵子が排泄されることで精子と出会い、受精卵となるために必須の生理現象です。

不妊症の原因の1つに排卵障害と呼ばれるものがあり、卵巣のはたらきが不十分になっていることがあります。
卵巣がきちんと機能しないことで排卵が起こらなくなってしまい、受精卵となる機会を失うことで不妊症となります。

そこで用いられるのが、不妊治療の強い味方である各種の不妊症治療薬になります。

排卵誘発剤とは、その名の通り排卵を誘発してくれる薬になります。
クロミッドというお薬を用いることが多く、卵巣を刺激することにより成熟した卵胞の数を卵巣で増やしてくれます。
簡単に言い換えれば、元気な卵子を育てることです。
また、排卵を促す効果もあることから、妊娠率を高め妊娠しやすいからだにしてくれます。

クロミッドなどの排卵誘発剤に加えて必要になるのが、排卵検査薬です。
排卵が起こっても卵子の寿命はわずかに24時間と短い上に、受精が可能な状態は6~8時間と限られています。
わずかな時間しか寿命がないことから、排卵日を予測することは妊娠を希望する上でとても重要です。
一方の精子の寿命は長くても1週間とされ、受精が可能な時間は36時間とされています。

そこで、排卵検査薬を使い正確に排卵日を予測することで、もっとも妊娠しやすいタイミングで子作りをすることができます。
排卵日当日よりも妊娠率が高いのが排卵日の2日前になるので、パートナーとタイミングを合わせ協力してもらう必要があります。

また妊娠を確認する上で、大切なのが妊娠検査薬です。
妊娠をしている際に排卵誘発剤などの服用は禁止されていることから、必ず妊娠しているかの検査を行う必要があります。
3つの不妊症治療薬を用いることで、不妊症の改善を目指すことができます。

不妊症治療薬
取扱商品の品質は安心です
梱包方法
丁寧で中身の商品名がわからないような梱包をしています。
安心配送
ご注文から商品到着まで責任を持って取り組みます。
充実サポート
わからないことやご不安な点はメールでお問い合わせください。
配送
ページの先頭へ